【浮気・不倫】掲示板で都内住すみのエロい人妻見つけたw 【実話体験談】

まいは、都内に住む人妻。といっても、まだ22歳。若妻だった。
高校を卒業してスグ、18歳で結婚。すぐに子供が生まれ、保育園に預けながら
某洋服販売店でバイトしていたらしい。

18歳で結婚したけど、決してすれてるわけではなく、それと正反対のマジメな純
朴な子。街中でキャッチセールスに捕まると、延々と話を聞いてしまうのだそうで、
他人を疑うことを知らないらしい。

目鼻立ちははっきりしていて、美少女という印象で、はじめて見たときはラッキー
と思った。10代に見えるから、この美少女という表現が一番しっくりくる。

まいは、チャットはおろか、こういう出会い系自体はじめての体験だったそうだ。
確かに純情そうだし、世間知らずな印象だ。彼女はチャットで会う約束をして
落ちてから、“会う”ということがどういう意味か考えて愕然としたそうだ。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月22日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】美咲【実話体験談】

友とか女友ってなんか書きづらいので、仮名つける。
俺が武(タケル)友は洋介 女友は美咲 女友友と元カノはもうどうでもいいや。

あれから俺は、とりあえず普通に生活してた。
あまり余計な事を考えないように、出来るだけ残業して
そんで家帰ってメシ食って寝るって感じ。
でもその合間合間に美咲のことは考えてしまう。
女友友の話を聞いたあと、少し女性として意識してしまい、
さらには洋介との過去を聞いて以来、完全に気になってしまっている。
それは美咲に対する純粋な恋愛感情じゃなくて、
「他の男に取られるくらいなら~」という、下衆な独占欲もあると思う。
それでも気になるものを気になるし、でも気になったところで
元カノの話とは違い、洋介と美咲が何をしようが、
俺にどうこう言う権利など全く無いからどうしようもなかった。
それでも、もう一度きちんと洋介と話をしようと思い、

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】新婚だったけど遊びまくった私 【実話体験談】

スペック
26歳 既婚
156cm 42kg
関西在住

小野真弓に似てるってよく言われる

結婚したのは6年前、ハタチのころ

わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】美帆の寝取られメモリーPart.2【実話体験談】

幼稚園の上司、久保との体験。
あの一件で久保の行動がおかしくなる事は無かったし
相変わらず父兄からの信頼が厚い美帆は行動的に仕事をこなしていた。

それに引き替え、ボイスレコーダーの美帆のあの声をオカズに
毎晩オナニーする俺は
それを覚えたばかりの中学生のようだった。

そして俺の部屋でのセックスも
「あー先生!美帆先生!したかった!あー最高だー」
と、妄想させると、やっぱり、一段と燃え上がる。
「もうダメ、逝っちゃいそう!気持ちイイ!イクッ!イックー!」

「誰の事、考えてる? やっぱ久保主任の事?」と聞くと
「確かに・・・そう、久保先生のは凄かった。でも大きさじゃなくってね・・・」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】セックスレスの人妻は簡単 【実話体験談】

セックスレスの人妻というとそれなりの年齢を連想するだろうが、

「まい」はまだ22歳の若妻だった。

高校を卒業してスグ、18歳でデキ婚。相手は同級生だそうだ。

翌年には子供が生まれ、保育園に預けながら某洋服販売店でパートしていたらしい。

結婚は早かったが決してスレてるわけではなく、普通にマジメで純朴な子。

街中でキャッチセールスに捕まると、延々と話を聞いてしまうタイプだ。

純粋で、他人を疑うことを知らないお人好しかもしれない。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】壮絶覗き【実話体験談】

チョットした(でも過激です)出来事を話しますね。
 私のSFである彼女は美容師であるため、従業員がいます。又取引先(機材の販売営業マン)等の飲み会も年に3〜4度行われている様です。
 私も友達と言う事で、この会に誘われ、のこのこと付いて行きました。
 飲み会が始まると、従業員も営業マンも先程まで私に敬語を使っていたのに、いつの間にかタメ口になっている始末です。良い意味のタメ口であり、私も年甲斐もなく大はしゃぎしてしまいました。
 会が始まって3時間ぐらい経ったのでしょうか。私も酔っていたのですが、周りはベロンベロンに酔っていて、みんなどうやって帰って行くんだろうかと心配になるくらいです。
 彼女の方を見ると営業マン2人に囲まれバカ話を楽しんでいる様子です。
 私もそろそろ、酔いを覚ますつもりで場を少し離れ彼女らの様子を見ていたのですが、彼女の側に居た営業マンの1人がなにやら酔った勢いで、口説いているようなのです。このような光景は良く見るものですから私は、さほど気にしませんでした。
 しばらくたって、私も自宅に帰るつもりで、彼女を捜したのですがその場にいないのです。
 近くにいた従業員の女の子に聞いたらトイレじゃないですか〜〜〜との事。
 飲み会の支払いがあるため帰ってはいないと思ったのですが、私も催してきたのでトイレに立ちました。すると、トイレの前で彼女と先程の営業マンがなにやら話していたのです。
 聞き耳を立てていると、営業マンは彼女に最近会って貰えないんですね・・・最近のお気に入りは私の事をさしているのでしょう、今日つれてきた男ですか?と問いつめていたのです。
 彼女は、そうじゃ無いけど・・・ご免なさい・・・
 今度時間が空いた時にねチュッと営業マンにキスをしたのです。
 こ・こ・こ・こいつもSFなのかと思った次第です。
 彼女が戻って来ると、私を見つけ家に来るんでしょと耳打ちして来たのですが、私は「ごめん」・・今日は帰らないといけないと言いました。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月20日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】寝とられ?【実話体験談】

昔あった寝取られ?に近い体験です。

自分:21歳、大学3年生、塾講師のバイト、身長169cm
麻美:17歳、高2、小柄151cmのロリ系
先輩講師:23歳、医学生、身長185cm

当時、英語を担当していた麻美から告白を受けて1年ほど付き合っており、キス~エッチまで全て自分が初めての相手でした。
麻美は、講師飲みの際のありきたりな話題「塾内で誰がかわいいと思うか?」等の時に結構名前が挙がっており、それを聞く度に「その子、実は俺と付き合ってるんですよ」と少し優越感に浸っている自分がいました。

そんな最中、塾終りに3人の講師仲間で飲みに行った時のこと。
先輩講師の人が俄かに信じがたいことを話し始めました…。

先輩「程よく酔ってきたところで、爆弾投入しようか?(笑)」
僕ら「爆弾?…ですか?」
先輩「言っておくけど、お前らにだけしか話さない…というより話せないから他の人には絶対内緒だぞ!」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月20日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】エロ雑誌モデルの妻【実話体験談】

以前、テレビで美術モデルに素人、それも主婦がしていると言うのを見ました。
お金もあるんでしょうけど、裸を見せる事に自信があるんでしょうね。
そんな番組を見て、ふと昔の事を思い出したんです。
結婚して数年がたった頃なんです。
セックスがマンネリ化していても浮気する勇気も金も無い小心者の自分は、せいぜいエロ雑誌を見て想像を逞しくするだけでした。
そんなネタの一つにある雑誌に人妻ヌードを紹介しているコーナーがあって、こいのコーナーも目当ての一つでした。
えっと、隣の美人妻なんとか?だったか、そんな様な覚えがあります。
今でこそ、そんなモデルがいますが、本当に素人かも?と思わせるのに充分で、そこそこレベルの女性が脱いでいたんで好きだったんです。
買っても、用が済んだら、すぐ捨ててしまったりしていたんですが、ある号に妻に似た感じの女性が載っていたのがあって隠していたんです。
ある日、家に帰ると、隠しておいたその雑誌が机の上に乗っているじゃありませんか!
まぁ~その後は、想像の展開でした
妻曰く、S君(←自分のことです)が男だからこう言うのに興味があるのは判るけど、ちょっと許せないとか
やっぱり、女性は、夫が自分以外の女に性的興味を持つと嫌なんでしょうね。
しかし、幸だったのが、そのモデル女性が妻に似ていたからでした。
そんな言い訳を言うと、やがて機嫌が直り、このコーナーを見始めていました

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】新婚なのに欲求不満で浮気した 【実話体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる

結婚したのは6年前、ハタチのころ

わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

3:名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/01(月)13:54:55.92

出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】愛クリームの激しさ【実話体験談】

更年期に入りセックスにも萌えなくなっていた妻。そんな時、週刊誌の広告「アイクリ−ム」を試してみようと思った。女の五十二歳はまだ成熟した女の躰だった。新しい刺激を開発する事によって、珍しく妻は萌え、妻とは充実した夫婦生活が続いた。
愛クリーム購入
二月下旬、暖かい早春の陽を浴びた土曜日の午後、週刊誌で見た愛クリームを手に入れようと、勇気を出して薬局に立ち寄った。その効用について店主に聞くと「女でないので判りません…」と呆気ない返事だった。返事にしようがなかったのだ。それは小さなチューブ入りのクリーム状の粘液だった。
夏休み(1回目)
アイクリ−ムを手に入れて半年が過ぎていた。七月が終わる月曜日の夜明け前、妻の寝姿を見てこれを使用してみようと思った。どんな効き目があるのか、又妻がどのように反応するのか、試してみたかった。そのクリームは小豆の大きさ程を本来は女性の性器に直接すり込むというものだったが、妻にはそのことが云えず、そのクリームを、こっそり自分の陰茎先端の笠にすり込んで妻の局部に間接的に塗りつけようと思った。妻のパンティを脱がせ腿を拡げた。いつもは手で局部を愛撫するのに、塗布した陰茎を妻の柔襞の部分に直接あてて肉壁に沿ってすり込むようにした。特に突起部分を陰茎の先端で擦り続ける。五分は経ったろうか…、それが妻の部分にしみ込んだのか、妻の動きが大きくなり、からだを捩って乱れてきた。妻が萌えてきた。平素は乱れを見せない慎ましやかな妻だが、こんなに乱れる事は珍しいことだった。薬の効き目があったのだ。
酷暑(2回目)
日中の暑さも夜には幾分涼くなった。薄着で横たわる女の艶めかしい肢体が男を呼び起こす。この夜も、一週間前と同じことを繰り返す。夫の陰茎による直接の愛撫を受けている妻は、女陰が鋭く充血し、いつもと違う興奮を模様してくるのに気が付いたのか、妻は「…何か付けているの…!」と聞いたが、「いや…、いつものゼリーよ…!」と云って誤魔化して摩擦を続けた。 その日の妻は、気分が今一つ、盛り上がらないのか「…今夜はいくら努力しても駄目なの…!」と云った。盛り上がらないのだ。仕方なく私は、放射する決意をした。
夏の夜風(3回目)
夏の夜風が部屋に流れ込む八月終りの金曜日の夜、下半身を裸にした妻の内襞を指先で揉み続ける。薄闇に妻の黒い股間が見える。潤み始めた頃合いを見て、予め準備しておいたアイクリームを陰茎の笠にそっと刷り込み、妻の上に覆い被さり、妻の陰部に充ててすり込んでいく。突起部分を擦る内に妻の動きが激しくなり、のたうち回った。滅多にない激しい動きだ。その動きと柔肉の絞り込みにに耐えられず、妻を強く抱き締め果てていく。まだ達しない妻は、私が果てた後も、暫く私の陰茎を締め付けて女体の動きを止めず、私は、軟弱する陰茎を我慢しながら、妻のその動きに合わせ続けた。
建築位置決定(4回目)
秋風が吹きはじめた九月初めの土曜日、新築する家の位置決定に立ち合った。新居の建設が軌道に乗ったという精神的な安らぎもあってか、その夜十時、妻は、私の誘いに素直に応じてくれた。陰茎の先端に刺激剤をそっと付けておき、それをすり込むように妻の肉壁を摩擦すると、又も激しく乱れた。それは五十二歳女の性に目覚めて乱れる成熟した女の躯であった。激しく乱れた妻の動きもやがて終わった。 三十分間妻を愛して終えた。
秋深まる朝(5回目)
九月が終わる日曜日の朝、妻の躰にに寄り添っていく。五時五十分だ。妻に知れぬように、そっと愛クリームを肉棒の先端に付けておく。妻の浴衣の裾を捲り、パンティをづらし陰部を曝けだす。指の前技は差し控え、塗布した陰茎の先端で妻の突起部分を集中的の擦り続ける。それが肉襞に沁みる頃から妻の動きが激しくなった。妻の身体を私の上になるように誘導すると、妻はそれに応じて馬乗りにまたがり、積極的に上から陰茎の背面で突起部分をこすり付けている。私もビックリするほど妻の動きが激しくなった。妻は、激しく躰を硬直させ、私の胸の上に伏せ込み、倒れ込んで動きが止んだ。妻は声をだすことはなかったが、その息遣いは愉悦して極限に達したことが伺えた。四十分間の交を終えて見ると時計は六時三十分を指し朝の光が窓に射しこんでいた。
地鎮祭 (6回目)
秋深まった日、新築する敷地の地鎮祭が行われ、二人揃って式に臨んだ。式に臨んでいる妻の後ろ姿。ねずみ色のカ−デガンにチェックの襞のあるスカ−トがよく似合ったいた。背後ろからスカ−トを捲りたい欲情に襲われる。その夜、横たわる妻の下半身を脱がせた。その頃、性交の度に愛クリームを使っていたし、妻はその度に快感を感じ取ったのだろう。妻は私の差し出す手を素直に受け入れて、やがて今夜も妻に激震が走った。妻は積極的に騎乗位になって私の肉棒に擦りつけた。いつもは淑やかな妻が今宵も乱れてくれた。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング