【人妻】寝取られに興奮・・・【実話体験談】

2人の子持ちで47歳になる妻の話です。
妻が、ある日突然、夜のバイトをしたいと言い出しました。
話を聞いてみると、週末限定でスナックで勤めてみたいとの事でした。
週末だけなら、まぁ取り合えず行ってみたら?と軽い気持ちでOKしました。
結婚前は、証券会社に勤める普通のOLで、夜の仕事とは全く縁遠かったのですが、持ち前の明るさで、面接もクリアし、早速勤め出しました。
勤めてみると、非常に楽しいようで、毎週末を楽しみにしていました。
客層は悪くなく、サラリーマンや自営業者が多いとの事で、私も安心していました。
3ヶ月くらいたった頃、「どう?相変わらず楽しい?」と聞くと、妻は、「むちゃくちゃ楽しい!!」と。
「お客に誘われたりするの?」
「何人かに食事に誘われてるけど、断ってる」
「なんで?」
「だって、あなた、そういうのO.K.しないでしょ?」
「・・・・・」
以前から、妻が他の男とHする場面を想像すると、興奮するようになっていた私は、
「好きなタイプの男がいたら、アフターOKだよ。」と言ってしまいました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】嫁には3人の恋人がいた2 【実話体験談】

私は、実際に自分の目で見ても、まだ信じられなかった。まさか自分の妻が不貞を働いていたなんて、まったく気がつきもしなかった。
ピルの件も、生理を軽くするためとか、他の理由だと思っていた。

それがいま、画面の中では売春婦のような格好の優香が、ソファに両手をつき康夫君を誘っている。誘っていると言うよりは、命令しているという感じだ……。

優香は、普段は白や薄いピンク系の下着しか身につけない。ナースだったときのクセだと言っていた。多分、透けないようにということだと思う。ただでさえ、その大きめの胸のせいで、患者にセクハラめいたことをされる機会が多かった優香のことなので、とくに気をつけていたのかもしれない。

それがいま、黒の穴の開いたショーツとブラを身にまとい、ガーターベルトにストッキングまでしている。
普段は清楚系の格好ばかりで、顔もおっとりとした優しい顔の優香が、こんな格好をしているとギャップですごく淫靡に見える。

でもそれは、私のための下着ではなく、はるかに年下の、しかも息子の同級生のための下着だ。
息子の交友関係はほとんど知らないので、康夫君が息子の友人なのかどうかは知らなかった。報告書を見ると、それなりに仲の良い友人ということのようだ。

康夫君は、さっきの優香との恐ろしくエロいエッチで、勢いよく射精しすぎてセルフ顔射をしてしまった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月7日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 7 【実話体験談】

54

富田 「じゃあ果歩ちゃん、俺の首に腕をかけて・・・そう・・・。」

ソファの上で正上位の体位で繋がっている2人。

上半身を近づけた富田の指示通り、果歩は富田の首に腕をかけて、富田に抱きつく様な格好になる。

富田 「しっかり捕まってろよぉ・・・よっと。」

果歩 「え・・・キャアッ!」

富田は、果歩の脚を抱えると、そのまま果歩の身体を持ち上げてソファから立ち上がったのだ。

性器を結合させたままの立位、いわゆる駅弁と呼ばれる体位になった富田と果歩。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年11月24日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら4 【実話体験談】

嫁の希と、軽い気持ちで行ったカップル喫茶。でも、みっちゃん夫妻との出会いもあり、運命を変えるほどの衝撃的な体験をしてしまった。

何度目かの軽いプレイの後、とうとう僕の目の前で、みっちゃんの異形の極太ペニスを生で受け入れた希。
僕は、その姿を見て信じられないくらいの興奮を覚えていた。そして、希も見たことがないくらい乱れに乱れ、失神してしまった……。

そして今、目の前で失神している希。足がだらしなく開いていて、その付け根のアソコからは、白い精液があふれ出ていた。
そして希の顔は、満ち足りた感じで幸せそうで、みっちゃんとのセックスが本当に良かったというのを物語っているようだった。

希は、見た目はちょっとヤンキーっぽいし、言葉づかいとかも含めて、清楚とか上品という感じではない。
でも、過去はどうだったのかわからないが、今は僕に一途で、浮気なんかもしていないと思う。

カップル喫茶に始めて行くことになった時も、僕には何もしちゃダメとか、他の女性を見て興奮するのもダメだとか言っていた。そんな風に嫉妬する希が、たまらなく可愛いと思っていた。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月24日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】可愛い年下の彼女がおっさんに公開調教されてた 【実話体験談】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。

それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。
ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。

レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。
学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。
ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、

今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。
いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。
「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」
少しむくれて言うレナちゃん。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月24日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 2 【実話体験談】

11

果歩はどうしようもなく、淫らな気持ちを抑えることができなかった。

ふと部屋の時計を見る果歩。もう0時を回って日付が変わっている。

明日は日曜だし、学校もバイトもないし。

――寝坊してもいいんだから――

いつもなら眠りにつく時間、しかし眠気はまったくなかった。それは初めてこんなにも興奮しているからなのかもしれない。

果歩はさっき見たDVDの中の女性が言っていたことを思い出す。

『まずはタオルを準備して。これはもしかしてあなたのオマ○コ汁がいっぱい溢れ出てベッドやソファにシミができてしまうかもしれないから。気になる人は準備しておいてくださいね。』

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月30日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      友人妻編【実話体験談】

私の妻を友人に抱かせてから2週間が過ぎようとしている時です。
巨乳の奥さんを持つ友人から飲みの誘いがきたんです。私はもう一人の友人と彼の家に向かいました。
玄関を開けると、奥さんが立って迎えてくれたんです。
相変わらずの巨乳です。服を着ている上からでも十分に大きさが分かる位です。
何年振りに見る彼女は、若干老けたでしょうか?リビングに入ると、友人が幼い子供を抱き座っていました。
「よく来たな!まぁ座れよ」
「あ~子供か!随分大きくなったなぁ。何才だっけ?」
「もう3歳になるよ」そんな中、奥さんがキッチンで夕食の準備を進めていた。
「本当にいいのか?今日抱かせてくれるんだろ」
「あ~いいよ!そのつもりで来たんだろ!」
「奥さんいくつだっけ?」
「もう34になった。大分体の張が無くなって来たけどなぁ」
「でも相変わらずデカいなぁ・・・何カップだっけ?」
「Gだったけど、最近Hになったとか言ってたなぁ」
「Hカップ!!!パイズリ出来るなぁ」そんな事を考えているだけで、股間がMAX状態だった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月7日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻の昔話【実話体験談】

妻が21才で職場の同僚として出会った時、43才のバツイチのおじさんと1年くらい付き合っていたそうだ。
妻はまだ結婚するつもりはなかったが、それなりに経済力があるおじさんだったので、子供ができたら結婚しようと思っていたらしく、おじさんがデキ婚狙いで中出しするのを拒否しなかったそうだ。
いわゆる週末婚で、金曜日の夜から月曜日の朝まで、おじさんのマンションに通っていたと聞いた。
毎週末に最低10発は中出しされ、朝から晩まで「子作り」に励んでいたそうだ。
おじさんは「こんなかわいい娘に会社の悪い虫がつかないように」と言って、月曜日の朝は早く起き、出勤前に1~2発中出しや顔射をして、妻に自分の精子を「マーキング」するのが、凄く好きだったらしい。
当時、妻はかなり童顔だったが、毎週月曜日の朝に会社で挨拶する数時間前に、オヤジの精子をマンコや顔にたっぷり注がれていたと思うと、かなり興奮する。

実話体験談関連タグ

|||||

2014年8月17日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】罪な悪趣味教員【実話体験談】

某中学校の教頭でほどなく校長になる教員です。
これまでの悪行を考慮すると教師とは言い難い悪教員でした。
赴任した中学校の母親や同僚教員との淫行は日常茶飯事でした。
いい思いもしましたが世の中に生まれず闇に葬った子供は数人います。
生徒の母親、同僚、同僚の奥さんとの淫靡な思い出回想です。中学生の父兄は子供のより良い進学を望み教員にいろいろな接触をしてきます。
贈り物や飲食会を開催し教員との接触を図ってきました。
美味しそうな母親は成績の手心や内申書のことを話すとほとんど股を広げ生膣深く私の
精液を受け入れてくれました。
男子生徒の母親で30代半ばの良美がいました。
父親は近くの大手工場勤務のブルーカラーでした。
美味しそうな色気のある肢体で美人な母親なのでいつものように子供の成績を話題に良美に
近づきました。
隣町のカラオケで良美に成績や内申書は教師しだいと話すと少し考えて
「分かりました」と私の陰茎を引き出し即フェラを始めてくれた。
良美の下着を剥ぎ取り生膣を舐め回すと艶声を出し始めたので

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月11日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】変態な妻の過去【実話体験談】

夫であれば誰でも一度は気になるのが妻の過去の性体験であろう。
妻は当然処女でなかったので、結婚する前に過去に何人かの男に抱かれたのは確かだ。
お古と言われればそうであるが、そういう私も過去に何人かの女性と付き合ったことがあり、
お互い様ということで、結婚当初は妻と結婚できる喜びの方が大きく、
過去の性体験は気にならなかったが、妻を愛おしく思うにつれ、妻の過去まで独占したくなり、
妻の性体験が気になり始めた。
いつ誰にどのようなプレイをしたのか、私より前に果たして精子を膣に注ぎ込まれたことがあるのか。
細身だが豊満な体を一体どれだけの男が知っているのだろうか。
複雑な感情が入り混じる。
取り戻すことができない妻の過去に対する憤り。
どのようなプレイをしたかに対する妙な興奮。
複雑な気持ちが入り交ざる中、妻にSEXの最中に聞いてみた。
妻とのSEX中に過去の性体験を聞いたら、びっくりした見たく
『そんなこと聞くの初めてね。男ってみんな知りたがるのかな。』と言った。
そんな妻は自分の性体験を語り始めた。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月31日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談
1 / 1812345...10...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング