【人妻】保母さんの妻がプールで【実話体験談】

妻、真美子26歳、俺27歳会社員。
子供はまだいない。
妻の真美子は保育園でも美人で優しい保母さん。
子供達にも人気で、いつも子供達が妻の傍にいる。
そんな妻と、夏休みのある日、少し離れた所にある大きなプールに行くことになった。
妻に、黄色のハイレグのビキニの水着を買いそれを着るように頼んだ。
いやいやながら承諾した妻。
ハイレグなのでビキニラインを手入れしようと妻にいい俺が剃ってあげた。
もともとそんなに濃くない妻の陰毛は、すぐにパイパンになってしまった。
妻も、久々に見る自分のパイパンの性器に興奮したのかその日はかなり激しくエッチした。
そして、出発の日の朝。
アソコが少しチクチクすると言う妻に、剃刀でツルツルに仕上げて出発した。
しばらくして、目的地のプールに到着した。
すでに水着を着ていた俺達は、そのまま更衣室に荷物を預けてプールで待ち合わせをした。
少しすると、黄色のハイレグビキニを着た妻がやってきた。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年3月8日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】大事なものは大事にしろ 1【実話体験談】

不安と緊張と興奮のないまぜになった表情を浮かべる貴島友一は、傍らに寄り添う妻の顔を見た。
 
 智香のおっとりとした清楚な顔には、友一と同種の、しかしどちらかと言えば不安と緊張が主の表情が浮かんでいる。
薬指に指輪の嵌まった左手が、不安そうに彼の腕に添えられている。
 夫の友一が二十六歳、妻の智香が二十五歳の二人は、幼い頃から互いだけを見てきた幼馴染同士であり、
そのため、二十代も半ばに達した今、軽い倦怠期を迎えていた。
お互いから新鮮味が失われ、互いに異性としての魅力を感じなくなりつつあるのである。
 彼らはその倦怠期を打破するため、友一の発案により、とある試みに臨もうとしているところである。
 円らな瞳が真っ向から友一を見据えた。そこには不安と恐怖があった。
乗り気でない妻を押しきる形での決定だったため、友一の心はずきりと痛んだ。
「なあ、智香、どうしても嫌なら……」
 思わず口にしかけた言葉は「いいの」というやや強い言葉に打ち消された。
「だって、見られるだけなんでしょ。それなら……恥ずかしいけど、別に……」
「お前がそう言うなら……」
 二人は、スワッピング相手募集用の会員制サイトで知り合った青年を待っているところである。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月8日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【修羅場】やっぱり○○○は怖い【実話体験談】

<>496名前:おさかなくわえた名無しさん[]投稿日:2007/08/27(月)23:22:33ID:Vd4xIWMq<>
俺の武勇伝ではなくて助けてもらった話
ネタみたいな話だが一応実話w

俺は横浜の大学に通ってたんだ。
趣味のバイクのローンを返済する為、ビデオ屋でバイトをしてた。
バイトは時給の良い深夜に入ることが多かったんだが、
結構暇な店で楽な仕事だった。
ただ、店の場所が結構ヤバメの場所ということもあり、
バイトの日は毎日のようにヤクザの事務所に配達をさせられていた…
そのヤクザは店長の知り合いで、断れなく行くのはいつも俺の役目だった。
でも、俺が選んで持っていくビデオはそのヤクザのツボにはまるらしく、
「○○(←俺の名前)が持って来るビデオはいつもおもしれいなぁ」とか
「○○がいつも持って来いよ」とか言ってくれて、
チップを貰ったりして結構可愛がってもらっていた。

実話体験談関連タグ

||

2014年3月7日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【浮気・不倫】友達の家で【実話体験談】

僕が子どもの頃、親友だったタケシの家にはよく通ったものでした。
夏休みなどは毎日のように遊びにいくこともあり、タケシの家族にも顔なじ
みだったのです。
中学になってからは野球の部活の帰りにタケシの家によることがあり、その
時はシャワーを進めてくれたのです。
そんな中2の時の話。
夏休みの野球の部活の帰り、タケシに誘われタケシの家に寄っていくことに
なりました。
タケシのお母さんにシャワーを浴びるよう進められて浴びることにしまし
た。
二人で一緒に入るのはもう狭かったので一人ずつ入ることになり、ユニフォ
ームを脱いで、トランクスだけの格好になりタケシの部屋でタケシが終わる
のを待っていました。
そして、シャワーが終わったタケシが全裸でタオルで体を拭きながらやって
きたので、僕はお風呂場へ行きました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月6日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】自宅接待で妻が上司に【実話体験談】

一度専務を連れてきたいんだけどいいかな。
その問いに妻は二つ返事でOKしてくれました。
私は42歳、妻は今年30歳になり、子供はいません。
専務の接待は毎週なのですが、今回はねた不足もあり、自宅で済ませようと思い、妻にお願いしました。
当日がき、夜の8時頃に自宅に専務を招きました、玄関を開けると妻が出迎え、丁寧に専務に挨拶をし、奥のキッチンへと招きいれ、早速食事を開始しました。専務は妻を気に入ったらしく、酔いも手伝ってか横に座るようしつこく言い出し、妻も困ってましたが、私の立場を考えてか、同意してくれ、横に座りビールの酌をしはじめました。
妻はB85W56H81で身長は147しかなく、小柄なトランジスターグラマーで巣。玄関を開けた時点で、専務が妻に対していやらしく見ていたのは感じていましたが、それ以上の警戒心も持たず、逆に妻を視姦され、喜んでいる自分がいたのが現状でした。
グラマーなスタイルに輪をかけるように露出度の高い服装に、専務も理性を失いかけていっるようで、叙序にタッチが頻繁に行われるようになりました。妻の服装は、上はピンクの胸元の開いたTシャツでブラのシルエットが胸元から見えるスタイルの形をしており、下はミニのフリフリのスカートで、角度によるとパンティが見えてしまうような代物でした。
対面に座った私に妻が目で訴えてきますので、テーブルの下を覗くと専務が妻の股間に手をおき擦っているのが見えました。
その光景はいやらしく、妻のミニのスカートの内部のピンクのパンティがいやらしくくい込んでいるのが見えています。
私は目線を上に戻し、妻にビールを持ってくるように頼み、席を立たせました、するとキッチンのから妻が声をかけてきて、私にどうにかしてくれとお願いしてきたのです。
私は妻をなだめるように軽くキスをし股間をまさぐり、少し辛抱してくれ、今日だけだから、そういい妻を言い聞かせ席に戻りました。
妻も納得し、席に戻ったのですが、私はひとつ不可解な点がありました。さっきの行為の時妻の股間が湿っていたのです。
言葉と裏腹に、妻も実は感じているのでは、そう思い、もっと妻と専務の接点を深くし、展開を見てみたくなりました。
そのような感覚で、またテーブルの下を覗くと、先ほどと同じく、妻の股間に専務の手があり、、今度はパンティごしに中心部をなぞる光景に変わっていました私は興奮を覚え、妻の顔を見ると、妻も何食わぬ顔をし、じっと耐えていました。この先どうなるのか?また報告します。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年3月4日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/27【実話体験談】

2008年8月27日(水)
こんにちは細川幹夫です。
先日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂くべくスタートしました!
予め言っておきますが、最終的に寝取れるかは分かりません・・・
結局、日曜日にスポーツクラブの会員になったのですが、闇雲に行っても遭遇するわけが無いので、高沢の嫁が、週にどれ位通っているのか、高沢から探る事にしました。
早速、月曜日から世間話を多めにして、色々聞き出しました。
幹夫:「そーいえば高沢さんの奥さんて、働いてるんすか?」
高沢:「あ?働いてねーよ、専業だよ専業」
幹夫:「へーイイっすねー、でも奥さん働かなくて家計は大丈夫なんすか?」
高沢:「はぁ?お前何言ってんの?俺が旦那だぜ?余裕だよ」
幹夫:「マジすかー!スゲーっすねー、・・・でも奥さん毎日暇じゃ無いんですか?友達とでも楽しくやってんすか?」
高沢:「知らねー、まぁ毎日運動してるらしいから、そこそこ充実してんだろ、同じマンションに友達も出来たっぽいしなー」
幹夫:「あーそりゃ充実してますねー!」
高沢:「嫁を満足させてっから、浮気も楽しめんだよ!」
幹夫:「えーマジっすか?浮気してんすか?」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月3日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】職場の40歳子供二人持ちを食べました【実話体験談】

職場の40歳子供二人持ちを食べました。
旦那単身赴任中とのことで、夕食を誘ったところ、
近くの実家からお祖母さんが子供の面倒をみてくれる日を
指定されて、すんなりOK。

近くにある隠れ家風の個室居酒屋に入る。最近は半個室〜完全個室まで
細かく仕切った居酒屋が多いので、込み入った話も周りに聞かれることも無く
こういう場合にはお勧めです。
徐々にエロ話に持ち込むと案の定食いついてきた。浮気にも興味アリで
男性経験的には結婚まであまり遊ばなかったのと、多少のアブノーマル話は主婦仲間
からいつも興味津々で話を聞いているようで色々質問されました。
(ちなみに自分はスカ以外はそこそこ経験済なので、そういう体験談を色々話した)

<>30名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2008/02/15(金)23:53:08ID:UHu7QXcm0<>

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月3日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】夫と私の秘め事【実話体験談】

私は、30歳になる専業主婦です。
夫とは、5年前にネットで知り合い半年程で結婚しました。
夫は10歳年上で40歳、小さいながらも会社を営んでいます。
私は、元々エッチで中学生の頃から野外オナニーやSM道具を使って家でオナニーをしていました。
夫もエッチ大好きで、特に野外露出やSMと言った事を好んで女性にする為、直ぐに別れられていた様です。
そんな時、私と出会い意気投合の末、結婚となりました。
もちろんお互い今の生活に満足している為、子供は作りませんでした。
休日は2人で、車を出し人気の無い山中で車を止めると、私は全裸になり夫は写真を撮影します。
数枚写真を撮ると、今度はロープで体を縛り散歩させられ、四つん這いのままポーズをとると、また写真を撮ります。
最後は、夫がバックから挿入し中にフィニッシュするんです。もちろん私も一緒に逝きます。
誰かに見られるんじゃないか、ハラハラしながらの野外露出は快感です。
夫は、山中に限らず、至る所でのエッチな行為もしてきます。たとえば、エレベーター内で、誰もいない時は必ず
私のスカートを捲りあげ、パンティを露わにしたり、映画館で映画を見ている時も、胸元を全開にして胸を曝け出したりします。
そんな夫が、最近他人に抱かれる私を見てみたいと言いだしたのです。しかも、大勢にSMチックに抱かれる所を見たいと
言うんです。私は流石に困りましたが、他人に抱かれるという事にも興味ありましたし、夫公認ならとOKしました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月2日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻のストリップ【実話体験談】

この話はもうかなり前の話で恐縮ですが、書いてみたいと思います。 私達夫婦は独身時代から、当時のテレクラで知り合った単独男性と3Pを楽しんだり、
あるマンションのカップルラウンジ等で遊んでいました。 その後、結婚をしましたが、当時まだ子供の居なかった私達は二人で温泉旅行に行き、
混浴温泉等で刺激を楽しんでいました。 その日も休みを利用して、ある九州の小さな温泉に行きました。
食事の後二人でぶらぶらと温泉街を探索していると、
50歳位のオバサンが呼び込みをしている小さなストリップ小屋がありました。
何となく刺激を求めて二人で入りました。
キャパ20席位の小屋の中には、九州の他県から地域の旅行で来たらしい、
年配の温泉客7~8人のグループ一組だけが居ました。ショーが始まって驚いたのは、
呼び込みをしながら入場料を集めていたオバサンが舞台に立ったことです。
先客のグループ客も苦笑していました。 そこで、変態旦那の私の頭の中にパチンと弾けたようにある考えがよぎりました。「妻を舞台に立たせて曝したい!」私はその考えを妻の耳元で打ち明け、説得しました。
妻は私の申し出に多少驚いた様子でしたが、
元々、露出癖もありM性質の妻は、
お酒の勢いも手伝ってか、
以外とすんなり私の思いを受け入れてくれました。 早速、私達は客席後方にある機械室のような部屋に行き、
小屋主と思われる親父さんに私達の趣味の事を話して、お願いをしました。小屋主は照明のスイッチを触りながら、少し考え込んでいましたが、

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年3月1日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】目覚めたら妻が【実話体験談】

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。
久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。
ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。
隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?
のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。
階段の途中で、妻の声が聞こえた。
「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」
明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?

鼓動が早くなる。ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。
耳を澄ませて中を伺う。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ、時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。
僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月26日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング