【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【実話体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。
そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。
夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。
しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。
夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。
夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。
発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、
私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。
ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。
売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。

給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。
しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に
私も同意見でした。
なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月8日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】ネトラレに関する一考察 【実話体験談】

ネトラレという言葉が市民権を得て、
エロ分野におけるひとつのジャンルを形成したのはここ数年のことである。
比較的新しい、このネトラレというジャンルについて私は以前から大きく二つの分野に分けられるということについて、
大衆がもっと留意すべきであると考えていた。
この場を借りてその考えを披露したい。

まず、言葉どおりのベーシックなネトラレは、
自分の妻ないし、恋人が、他の男に陵辱されるというパターンである。
これはネトラレの基本形と言って良いだろう。

そしてもうひとつのネトラレは、
自分の物では無いが、ずっと自分が憧れていた意中の女性が他の男に陵辱されるというパターンである。
自分の妻でも恋人でもないので、原義的にはネトラレとは言えないはずだが、
これもネトラレのジャンルに含めて考えるべきだろう。
特に、自分など相手にしてくれそうにない、いわゆる高嶺の花である女性が、

実話体験談関連タグ

|

2014年10月16日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】真美【実話体験談】

ちょっと前の話なんだけど、彼女がイタズラされますた。
自分には寝とられ属性は無いと思ってたんだけどね・・・
去年の年末の話なんだけど、彼女が俺の実家に一緒に帰省した時に、
いとこ達からエッチな事をされてしまった話をします。
俺は24歳、彼女(真美)は22歳で、同じ大学のサークルで知り合いました。
真美は少しぽっちゃりしていて、童顔で背も低く可愛らしい感じなのですが、
それとは対照的に胸はGカップ92cmとかなり胸が大きく、
ぽちゃ巨乳が好みの俺には最高の彼女でした。
俺には10歳違いの姉と6歳違いの弟(智之)がいて、
姉には俊樹(11歳)と悠太(6歳)という子供がいました。
この2人は兄弟だけど性格が全く異なり、俊樹は誰にでもちょっかいを出す
イタズラ好きなヤツで、逆に悠太は今でも母親と一緒に寝たり、
お風呂に入ったりするような甘えん坊なヤツでした。
彼女を家族に紹介して、夕食もひととおり済ませた後、
俊樹と悠太がお風呂に入る事になったのですが、

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月6日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】妻が【実話体験談】

私は45歳、妻は40歳になります。結婚したのが35歳ですから丁度10年になり、子供は8歳・6歳になります。
妻と男の関係を私が知ったのは1年ほど前です。私の出張が1日短くなり深夜に帰宅したときでした。妻には別に言う必要もなく、また深夜帰宅ですから、起きててもらうのも悪いと思いそのまま自宅へと向かいました。私の住むところは田舎で田んぼに囲まれた家々が点在する田舎町です。駅からタクシーにて自宅へ向かい、自宅近くの辻で下ろしてもらいました。家の門まで歩くていくと見なれない車が車庫の脇に泊まってました。一瞬門の脇にの身を隠すと妻が玄関より、トレーニングウェア姿で出てくるのが見えました。そして男も車外へ出ようとドアをあけたとき、車内灯で男の顔が見えました。その男は近隣に住む男、50代で農家は片手間、普段は工場で働いている挨拶程度は交わす男です。
やがて妻と男は車庫の中に消えていきました。私は心臓が飛び出そうになりながら、車庫の横の小窓から中を覗きました。
妻は男の前にしゃがみこみ、男から差し出されたモノを咥えてました。怒りと屈辱で殴りかかろうと思いましたが、なぜか足が動きませんでした。何故妻と男が?接点は?いつから?・・いろいろな思いが巡りただ覗きこむだけの私がいました。
やがて男は妻を立たせると壁に手をつけさせました。妻は腰を男のほうへ向け、懇願するように・・。男は妻の下半身へ顔をつけ、顔を擦り付けるように舐め回しました。妻の口元がが薄明かりの中で、半開きになってるように見えました。男は妻のアソコを指で広げるようにし、挿入しました。激しく腰を振る男、堪える様にたたずみ壁に手をつける妻、そして乳房を鷲掴みにし、まるで陵辱するように妻を・・。
私は股間は股間に手をやり、おもむろに出してしごきました。
数秒で私の精液は地面に落ちましたが、まだ固くなったままでした。男の動きが激しさを増したと思うと急に止まりました。妻の中ではてたのです。妻はウェアのポケットからティシュを取り出すとアソコを押さえて男のほうを見て微笑んだ気がしました。
妻は見を整え玄関へと戻り、男はまだ車庫の中です。数分で妻が缶ジュースか何かを男に差し出しました。タバコを吸いながら飲み干す男と見ている妻・・。声はほとんど聞き取れません。
男は暫くすると、妻のズボンを下ろし手で責め立てます。妻の口が男の口で塞がれ、妻も男の手に合わせ腰を振ります。私の前では見せた事もないような姿です。声がほとんど聞き取れない状態見ていると、まるで夢そのもののような気がしました。
そして向かい合わせで立ったままでの行為・・。
男の背中に廻る妻の手・・。男は下卑た笑い顔で妻を見ている気がします。男と妻が車庫から出てきたのは1時間後くらいだと思います。男の車を出す前に妻が門から外を確認、そして車が去って行きました。私は妻が家に入っても暫く動く事が出来ませんでした。
何も聞こえない、何もないような道をただ歩く私でした。

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年7月1日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】陵辱に喘ぐ、最愛の妻【実話体験談】

私は40歳、妻の亜希子は35歳になりました。
私にはSMの性癖があり(無論、Sの方ですが)、
新婚当初その行為に驚愕し戦いていた妻も、
今では被虐と羞恥に嗚咽を洩らす淫乱な人妻となっています。
数年前まで私は、そんな従順でM女としてもほぼ完成された、妻の亜希子に十分満足していたのです。
ですが、近年の妻に対する性の虐待心とも呼称出来る、
ある願望が私の中に芽生え始めました。
「妻の犯されている場面を、その場で見たい。それも縛られて、苦悶に喘ぎながら陵辱される所を・・・」
自分で言うのも恐縮ですが、妻は美しい女です。35歳になりましたが、その肉体は爛熟し、
乳房や尻も豊かで、女としての色香を十分に感じさせるのです。その妻を・・・。
何とも恐ろしく、歪んだ妄想でした。ですが、出来ないと思えばそれは私の中でより肥大化し、
抜差し成らぬ塊へと変貌していったのです。そしてついにそれを実行へと移す決意をしました。
その願望の為、私は様々な策を練りました。
先ずは妻を陵辱する相手・・・これが一番悩みました。
チャットや雑誌を只管読み漁る日々が続き、結局はそのリスクの高さに、相手探しを断念しました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月28日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】許嫁NTRたったwwwwwww【実話体験談】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/08/28(水)00:25:08.56ID:4heDsX8e0<>

おちんちんベロベローんwwwwww

  

<>3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2013/08/28(水)00:26:36.77ID:GzssVjG60<>

はいはい
詳しくいえよ

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月23日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】仕組まれた温泉旅行【実話体験談】

妻の友達家族といった温泉旅行の話をします。
妻”ミユキ”は最近スイミングスクールに通い始め、誘われたのはそこで友達になったご夫婦からだそうです。
妻の話だと以前から温泉旅行は数家族で行ってるみたいで、当番制で1家族が子供達の面倒を残ってみて温泉旅行に行くのは残りの家族で夫婦水入らずというものでした。
私達家族は初参加という事でもあり、居残り組みから外され、久しぶりの夫婦旅行という事もあり参加をOKしました。
温泉に着くと早速露天風呂に向かいました。
この頃になると旦那さんたちともすっかり打ち解けて、お互いの仕事の話や妻との馴れ初めの話をするようになりました。
湯船につかりながらF氏がしきりに妻のことを褒めています。
「奥さん、美人ですよね。うらやましいなぁ」
「そんなことないですよ。もう三十路ですし、Fさんの奥さんこそ可愛いじゃないですか」
「それはないな(笑)・・・ところで話は変りますが・・」
「・・奥さん一筋なんですか?」
「そんな当たり前ですよ」
「じゃあ、奥さんは?」
「妻も浮気はしたことないと思いますよ」
F氏の突拍子もない質問の意図がわからずにキョトンとしている私にF氏はさらに話を続けました。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月13日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】親友の彼女に【実話体験談】

さきの連休期間中、親友の草津とその彼女が俺の家にきた。
草津の彼女は27歳のOLで、AV女優の大堀K奈に激似の女だ。
草津には申し訳ないとは思うのだが、オナペットにさせてもらっている。
この日のきっかけは、まあよくある話なんだが、3人で行楽地に行った帰りに駅近くの
俺の家で飲み明かしているうちに全員が寝入ってしまったというパターンだ。
そもそも、その行楽地に行こうという事になったのは、俺には彼女ができず、連休期間中
もどこへも行く予定すらないという、俺の愚痴を草津が真に受けてくれたことから始まった
ものだ。
現地では何かと草津が気を使ってくれ、例えば乗り物に乗るときでさえ、彼女と俺を座らせ 
てくれたりなど、かえって恐縮するくらいだった。
そんな彼女、仮に大堀とするがこれがまた、俺好みの肉感で、隣に座って楽しんだ絶叫系
ライドでも身体を寄せてくるので、正直勃起してしまい、しかも俺の大好きな「黒系タイツ」着用ときては、興奮するなというほうが無理な相談だった。
この日は、閉園近くまで3人でわいわいと楽しんだわけだが、大堀がたまには3人で居酒屋
でも行きたいねと言い出したことから、繁華街に居酒屋のある俺の家近くに下車する事とな
ったことから、この話は始まる。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月5日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】妻を育てる4/4【実話体験談】

スナックでの乱痴気騒ぎと、ラブホテルでの合宿型調教の一部始終を妻から聞き取った翌朝、リビングで向き合った妻に問いただしました。
「もし、Aさんから、またスナックへ誘われたら、出て行くのか?」と。
妻は、しばし沈黙しましたが、うつむいて答えました。
「もう、Aさんから誘われてるの」と。
「いくのか?」
「...........うん。いつもは行かないけど。」
妻の説明では、ホテルからの帰途に車の中でバイブ責めをされながら、何度もAさんに「また、(スナックへ)来るんだよな!」と尋ねられたそうです。
初めはためらっていた妻も、最後はBさん、青木さんにひとみさんまで加わって責められた挙句、涙を流しながら「いきますぅ!!!」と約束させられたそうです。
そんな約束なんか、どうでも良いのですが、やはり「妻の身体がそれを求めている」のでしょう。
後日、青木さんと連絡を取ると、妻を説得しているシーンをビデオに撮影していなかったのは、全員参加(笑)で妻を責めていたためにビデオの撮影係がいなかったためであり、他意は無いとのことでした。
逆に、Aさんからの私への伝言として、「新しいプレーをする時は私の意向を確認することや、妊娠には気をつけること、ビデオで報告すること等の、私が提示した約束は守る。スナックへ来るのは、手の空いた時だけで良い。手当てと帰りのタクシー代は払う。」等の条件を提示してきました。
私は、妻が私から遠ざかっていくような感覚に悩みましたが、私では導けない快感に犯されていく妻の姿を見ることの誘惑に負け、最終的には妻をスナックへ行かせることにしました。
妻が持ち帰るビデオテープがもたらす、エロビデオとは比較にならないエクスタシーと背徳感に捉えられていたのです。
それから、私の妻は、月に2度弱くらいの割合でスナックへ出かけるようになりました。
子供を持つ主婦としての役割もありますし、生理等の体調もあります。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月4日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻を育てる3/4【実話体験談】

ゴルフの景品として、青木さんとその得意先の3名に一晩貸し出された妻は、それまでとは違う性的興奮を体験し、そのことは妻の内面奥深くに影響を与えました。というのも、妻を抱く時に、「ゴルフの夜」のことを聞きただすと、明らかに激しい興奮を示すのです。性的興奮を受けている女性は、耳元で囁いた言葉に素直に反応するものです。ですから、バイブで妻をジラすように責め上げながら耳元で囁く様に問いただしてやるのです。
「あの日は興奮したんだろう?」
「…………」
「興奮しました、、、、、だろう?」
「興奮しました…」
「筆で嬲られた時はどうだった?」
「つらかった、、、、」
「でも、興奮したんだろう?」
「はい、、、、、、」
「骨の髄までか? そうなんだろう?」
「何も、考えられなかった、、、、、、」
「俺のことも考えなかったのか、、、、、、、」
「はい、、、考えられなかったの、、、、、 あぁ、ごめんなさい」
こんな感じです。そして、激しく昇りつめながら壮絶に果てていくのです。きっと、その日の夜のことを思い出しながら興奮しているのでしょう。
ただ、自宅での性交渉と言うものには色々な制約がつきものです。子供もいるし、所詮はマンション暮らしです。凄惨なまでの性的興奮を享受してしまった妻を、私とのかぎられた交渉で満たしてやることができているのかどうかということが、私の中で引っかかり続けていました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月3日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング