【寝取られ】憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【実話体験談】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。
サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。

遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。

週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。

誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。

本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。

優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。
とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【修羅場】DNFの復讐【実話体験談】

968:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月)13:18:59
しかし世の中なんてなほんと馬鹿ばっかだね

頭の中まっピンクにしてサカリまくってれば嫌でも気がつくだろうっ
ての少しは回りみなよって話しだよな

2ちゃんに事実曝したって実名上げたり特定できること書かなきゃ
問題ないんだろ?

クソムカつくから書いてやれだよw

30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののた
まってさかりまくれるもんだわさ

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年5月30日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【姉と】鬼畜弟が処女姉をたらしこむ話1.75〜マゾ覚醒編〜【実話体験談】

お姉ちゃんの処女を奪ったまーくんは…

<>527名前:まーくん◆V6FP26bb2g投稿日:2007/05/10(木)10:30:24ID:Vywvlpq20<>
先週のゴールデンウィークの話。

いつものように俺の部屋で二人してテレビを見ていた。
「ねえ、姉ちゃん」
「なに?」
「えへへ」
俺は部屋の隅から、かさかさ紙袋を取り出す。
「これ、プレゼント」
「えっ、ありがと」
姉ちゃんは紙袋を受け取った。
「開けていい?」
「いいよ」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月5日 | 実話体験談カテゴリー:姉との実話体験談

【修羅場】【億万長者の】ロミオメール【その後】 【実話体験談】

735円足りませんよ(修羅場の話)

の続き

560:名無しさん@HOME:2010/09/14(火)17:01:100
ジオン軍が解除という噂をきいて。

以前、どっかのスレに投下したんだけど、その後元夫からメールキタ。
元夫が佐藤ゆかり似の同僚と不倫して、
本人らの会社で上司立ち会いのもと問いつめて慰謝料貰って、
それで宝くじ、以下金はあるけど無気力になった、室井滋似の自宅警備員です。
私への接触手段は弁護士さんだけのはずだけど、
フリメにいちかばちかで送ってきた(本人談)らしい。

実話体験談関連タグ

|||

2013年12月25日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【修羅場】サレ夫]DNF[離婚] 【実話体験談】

発覚】嫁の浮気!108回目【決別or再構築】

968:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月)13:18:59
しかし世の中なんてなほんと馬鹿ばっかだね
頭の中まっピンクにしてサカリまくってれば嫌でも気がつくだろうっての
少しは回りみなよって話しだよな
2ちゃんに事実曝したって実名上げたり特定できること書かなきゃ問題ないんだろ?
クソムカつくから書いてやれだよw
30近い女と40近い妻子あるおっさんがよくもまあ愛だの恋だののたまってさかりまくれるもんだわさ
はっきり言って気持ち悪いっての
毎日毎日くだらねー嘘かましてよくもまー出かけるもんだわ
見てろ馬鹿共、地獄見せてやるから
証拠なんて嫌ってほど集まってるし、何から何までわかってんだからよ

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年11月22日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【人妻】祭りの後【実話体験談】

夏祭りが盛況に終わった後の反省会。
その彼女とは、年に何回かある町内のイベントで会う10年来の気心が知れた仲だった。
20数人の参加だったが、偶然隣り合わせの席だった。祭りの間からアルコールが入っていたこともあり、皆テンションが上がっていた。
乾杯の後の彼女の第一声は「元気だった?・・・ここも元気?」と股間を手のひらで触る寸前で止めた・・・がその手にこちらの左手を重ね股間に押し付ける。テーブル下だから他からは見えない。
彼女の指が触手のように動き、玉と棒を的確に把握したと思ったら亀頭を親指と人差し指ではさみ刺激を加えてきた。テーブルの上では月に数回で随分回数が減ったとか、あそこのご主人は毎日だとか、もう何年もレスだとか・・・・・・・その内刺激を受けた所がムクムクと起きだしてきた。「・・ふふ・・・元気出してきたみたい」彼女はバツイチで娘2人を育て上げている。
ワンピースの裾から生の太ももを指で・・・徐々に・・・下着の上から中指でなぞり・・・蜘蛛の巣が張っている?「女はしなくても
別にどーってことないの。男はそうでないでしょ?・・・こんなに元気で月に2〜3回じゃ少なくない?」
彼女の指はしっかり勃起した亀頭のカリを・・・こちらは柔らかいビラを・・・
下着は柔らかい綿素材でピッチリとはしていないせいかビラの形がよくわかる。ビラを開き中心を・・・そしてもっとも敏感な所を・・・・
若手(と言っても30半ば)が歌い出す。ビールから焼酎に替えマイペースにして彼女と密談を続ける。
何人か歌った後に宴会好きな若手(これも30代後半)が金太の大冒険を歌い出す。長い曲だ・・・
途中で女性に替わった。マイクを握る指が艶かしい。中年以上の奥様方が顔を見合わせ苦笑している。
周囲の目が歌い手の女性(30半ば)に集中している間に、ジッパーが下ろされ・・・・・
こちらも下着の脇から指を・・・一本は膣口をもう一本はお豆を・・・少しづつ潤んでくる・・・指が段々中へ・・・彼女の指は漸く取出した勃起のカリを指で輪を作り上下させている。先走り液が流れ、それを亀頭全体に・・・そのせいで指の上下運動がスムースに
なり心地いい。こちらの指も第二間接まで入れたり出したり・・・・「眠っていた娘を起こしたら後が大変かもよ?・・・・大丈夫?」息子も起こされました「そっちは昼寝から目覚めたもんよ・・・私は長い冬眠から目覚めたの・・・・・・だから大変よ!!覚悟なさい!」

実話体験談関連タグ

|||||||

2013年10月11日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【近親相姦】母肉 【実話体験談】

静まり返った深夜の住宅街、家の前でタクシーらしき車の停まる音が聞こえた。
 酔っ払っているらしく呂律の回らない口調で『どうもお世話様でした』と言っているのが聞こえて来る……紛れもなく母、悠里の声だった。

 ―― バンッ ――

 車のドアが閉まる音に続いてエンジン音が遠ざかって行く。
 宿題がちょうど一区切り付いてリラックスしていた少年は、終電の時間をとっくに過ぎても帰宅しない母を少々案じているところだったのだが……無事、帰宅した様子に一応は安堵した。

 ―― ピンポンピンポンピンポン……♪ ――

 それも束の間、車のエンジン音が聞こえなくなったかと思えば今度はドアチャイムがけたたましく鳴り出したのだ……この時間には全く相応しくない鳴り方で。
 午前様となった母は最愛の一人息子である悠吾が出迎えるまで鳴らし続けるつもりらしく、一向に鳴り止む気配が無かった。
 しばらく無視しておこうかとも思ったが近所迷惑になりそうだったので、二階にある自室を後にすると仕方なく一階の玄関へ向かった。

(鍵は持ってるんだから玄関くらい自分で開ければ良いのに世話が焼けるよ……)

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月8日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【妹と】TVゲームに魅せられて 【実話体験談】

TVゲームに魅せられて

「やったあ! 第二ステージ・クリア!」
 手にしていた家庭用ゲーム機のコントローラを振り回しながら、少女は歓喜のおたけびを上げた。
「見て見て、遂にやったよ。凄いでしょ?」
 たった今、テレビ画面に登場した僧衣姿の老人から、天空龍王拳の継承者として認める旨を告げられた少女は、自分の背後でその操作ぶりを覗き込んでいる青年の方を振り返り、
得意満面の面持ちで戦勝報告を口にした。
「…ん、ああ。大したもんだな。洋子ちゃん、本当にこの格闘ゲーム、初めてなの?」
 僅か三十センチ程の距離に位置する、二つに結んだおさげの髪型が似合う整った顔を見つめながら、青年は、洋子と呼んだ少女に問い掛けた。
「うん、このゲーム機も初めて。お年玉で買おうと思ったんだけど、ママが、無駄使いは駄目だって言うから…勝にいちゃんが持ってるなんて本当に嬉しいな。分かってたら、もっと早く
遊びに来てたのに」
 少女は肩をすくめながら、自分が遊んでいるゲーム機と、そしてこの六畳程の洋間の主であろう青年に愛想笑いを向けた。つい最近十三歳の誕生日を迎えた少女の笑顔には
まだ幼さの成分の方が色濃かった。
「ちゃっかりしてるな、洋子は」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年9月26日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【姉と】弟「長い雨だね」姉「そうだね……」ジョロジョロ 【実話体験談】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水)14:23:39.36ID:4cVkAHrA0
弟「お姉ちゃん、また漏れてるよ」

姉「うわっ、ごめんね、弟くん、ぞうきん取ってくるね」

弟「いや、僕もうかつに雨の話題にしちゃったのが悪かった」

姉「……毎度、変なお姉ちゃんでごめん……ね」

弟「気にしないでいいよ、雨漏りだと思えばいいし」

タタタタ……

お姉ちゃんの座っていた所に水たまりが……
指先でそっと触れる。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2013年9月9日 | 実話体験談カテゴリー:姉との実話体験談

【人妻】不倫3年目で【実話体験談】

僕は45歳、不倫相手の奥さまは44歳、友人の妻でもう3年目になります。
最初は友達の家に、ゴルフをするために前日から泊まりがけで行ったのです。
前夜は4人でお酒が入り、10時ころお風呂に入り、気持ちよくなり上がってビールを一杯頂きました。
奥さまは美人妻で、胸のふくらみはDカップぐらいで、Tシャツがモッコリと飛び出して膨らんでいました。
僕が最後のお風呂で、3人はは明日の朝が早いので10時半ごろには就寝してしまいました。
2階建ての家で、客間は10畳ぐらいで3人で休むように布団も敷いてありました。
ビールを飲んで、テレビ番組を見ていると奥さまがお風呂を上がって、浴衣姿で居間に来られました。
「私もビールを飲もうかな」と言いながら、缶ビールを開けてぐいっと一気飲みです。
最初は僕の前に座っていたのですが、屈むと浴衣の前が割れて、大きな乳房が見えるのです。
奥さまの乳房は豊かで、重たげに実った二つの肉房は身体を動かすたびに波打つように弾んでいました。
目の前で挑発されると、浴衣姿の僕の陰茎は突然勃起して、ブリーフを突き破りそうに勃ってきました。
奥さまも「ふふふっ」と笑ってそこを指さして挑戦します。
そばのソファに来て身体を預けてきました。
浴衣の胸を開けて硬くなった乳首を、掌にあててころがします。
彼女の豊かな乳房は、熱帯系の果物の様な芳香を放ち、甘ったるいフェロモンを立ち昇らせていました。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2013年8月29日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談
1 / 212

このページの先頭へ

アクセスランキング