【妹と】いとこに、中だし【実話体験談】

いとこに、中だし投稿者:マツタケ投稿日:7月31日(火) 6時20分48秒
京都に嫁に行った、いとこ(由美)が子供と2人で2週間の里帰り
タイミングが良いのか悪いのか、由美の親達は今朝、くじ引きで当たった
グアム旅行(3泊4泊)
由美が怖いから、おにいちゃん家に来てと、電話してきた
由美は俺の2歳下で27歳、小さい時から俺のことを『おにいちゃん』
と呼んでいる・・・事件は30日22:00頃
夕方いとこの家に到着、由美とは由美が子供を生んだ時以来・・3年ぶり
だった、由美は段々色気が出てきた、あとは、相変わらず、スゴイ巨乳ぶり
俺は昔、牛女とか言って、由美をからかっていたのを思い出した
由美は食事の仕度、俺はビール飲みながら三歳児と追いかけっこ
昔話しをしながら、食事を終えると、俺はテレビを観ながら寝てしまった
すると、すぐ隣りで由美がこっちに、お尻をむけ子供を寝かしつけていた、
『おにいちゃん、ごめん起こしちゃつた?』
『大丈夫』とねぼけ眼で返事した

実話体験談関連タグ

||||||||

2013年11月10日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】義姉のマサージが男を立たせた【実話体験談】

考えてもいなかった夏の昼下がり、義姉のマッサージが男を屹立させた。思いもしなかった義姉と一線を越えることとなった。それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。
妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、義姉は一人暮らし、まだ四十五歳の女盛りだ。家は、山間にぽつんと建つ一軒家で、隣家とは百メートルは離れていて誰にも災いされない静かな環境にある。
妻は昼食を済ませて買い物に出かけた。田舎の広い家には義姉と二人だけになって、私は六畳の居間に寝転がっていたが腰が痛く、つい「…腰が痛い…」と声を漏らした。すると近くにいた義姉が 「揉んであげようか…」 と言ってくれた。私は例え義姉とはいえ、独り身の女性に触られることに戸惑いを感じたが 「そうですか…申し訳ないことですが、少し揉んでください…」と言うと義姉は、「じゃぁ、その浴衣を羽織って…、そこに、うつ伏せになって…」と云った。私が言われるままうつ伏せになると、義姉の手は、肩、背中、腰、尻朶、太腿と揉みほぐしてくれて、心地よい時間が過ぎていった。
やがて義姉は 「右を上にして横になって…」 と云ったので、云われるままに向きを変えると、義姉は、私の右腕、右腰、右足と揉んでくれていたが、主には太腿を中心に揉んでくれていた。時々、義姉の手が太腿の付け根あたりに触れる。義姉は意識して触れているのかどうか、わからないが、心地よい変な気分になった。からだが次第に仰向けに変化していく。心地よさに恥ずかしいと思いながらも、とうとう仰向けになってしまった。太腿の付け根あたりを揉まれると本能的に男が怒り出し、それを押さえようと意識すればするほど、それは屹立してくるのだった。ついに肉棒を隠している浴衣がテント状に膨らんでしまった。義姉は知らぬ顔をして揉み続けていた。
怒りだしていることを義姉に知られるのが恥ずかしかった。それでも義姉は、怒棒に近い付け根あたりを、さりげなく触れてくる。(あぁ、もう…、どうでもいい…、触って欲しい…) そんな気持ちになってきて、恥ずかしさを通り越した。ついに私は勇気を出して
「ねぇ…、真ん中も揉んで…」と云った。すると義姉は
「まぁ、駄目ですよ…そんなところは…」 と云いながらも、さりげなく怒棒に触れながら「妹の旦那さんに、こんな事をするのは、妹に対して申し訳ないわ…」と言い、私は、
「大丈夫…、黙っていれば…」と云った。
そのうち女の本能が勝っのか義姉は、、私の浴衣をそっと拡げて、パンツの上から摘んでくれた。暫くパンツ越しに摘んでくれていたが、やがてパンツのゴムに手をかけて、その強張りを恐る恐る取り出した。その怒棒は鋼鉄のように固く、赤銅色をして怒り狂ったように聳え立っていた。恥ずかしさはもう無かった。義姉は夫が亡くなってから初めて男の怒棒を目にしたことだろう。義姉はその聳え立つ怒棒を潤んだ瞳で見つめながら、柔らかい手つきで怒棒を上下に扱いてくれた。
私は、横に座っている義姉のスカートを捲り、尻朶や太腿を撫でていたが、義姉が扱く強烈な刺激に射精しそうになるのを、グット我慢し堪えた。それもとうとう我慢の限界にきた。私は勇気を出して 「ねぇ、いれさせて欲しい…」と云うと、義姉は 「ダメですよ…そんなこと…。入れることは出来ないわ…。触るだけよ…。妹に悪いから…」と言いながらも、頬は紅色に染まり、瞳は色濃く潤んでいた。
私は義姉のスカートを捲ってショーツのゴムに手を掛けてそれをずらそうとした。すると義姉は「このまま扱いて上げるから、出していいよ…」と言う。私は義姉の温もりに包まれてみたかった。「ダメ…、入れさせて…」というと義姉は「困った子ね…、」という。私はなおも義姉のショーツをずらそうとすると義姉は「…待って…、自分でするから…」 と言って、半立ちになって自分でショーツをづらした。
そこには四十五歳熟女の下半身全裸が現れた。肢体の線は多少崩れてはいたものの、まだ女の色艶は充分にあった。妻よりもふっくらとして肉付の良い尻朶と太腿だった。女の丘は妻よりも濃い黒い陰毛で覆われていた。
さすが年上の女だけあって、義姉は仰臥している私に跨ってきた。私の目の前に義姉のあそこが丸見えになった。跨ったことで、閉じていた恥裂がやや割れ、上辺りに女の蕾が見えた。妻の蕾は肉襞に隠れていて見えにくいのに、義姉のは大きいのか、それは、そら豆のような大きさで跳びだしてピンク色をしていた。その周辺はすっかり愛液で潤んで、光沢に輝き、いつでも怒棒を受け入れる態勢は整っていた。
義姉が怒棒を掴んだ。その先端がそら豆に擦りつけられると、私は跳び上がらんばかりの快感に襲われたが、グット堪えた。義姉はそのまま上に乗って男塊を吸い込ませた。妻のそこは狭く、進入するのが窮屈なのに、義姉のそこは緩んでいて滑りが良かった。すんなりと入ってしまった。女によってこんなにも違うのかと思った。
義姉が馬乗りになって動き出した。、顔は汗にまみれ、髪を振り乱しながら上下に律動する。私の左手は義姉の蕾を擦り、右手の指は乳房を揉んでいた。そして下から突き上げた。突き上げるたびに苦しげに顔が歪む。やがて二王様のように背を伸ばして絶叫の様相を呈した。女が絶頂に達するときは、こんなにも激しく乱れ、髪を振り乱し、顔が汗ばみ、顔の様相が一変するものかと思った。妻が見せたことのない形相だった。その凄く荒れ狂う女の形相を見て、私はこの女に精魂尽くし、この女を征服したという満足感をしみじみ味わっていた。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2013年11月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】美華を汚せ!! 4【実話体験談】

美華に合計四発の精子を飲ませました。何度も何度もフェラをさせ、精子が出そうになると美華はパクリと亀頭をくわえます。ドピュドピュ。「ごくん…んあ〜ごくん…んあぁ」と喉を大きく鳴らしながら精子を飲みます。俺は指がふやける程、マンコの中に指を突っ込みました。嫁さんには悪いのですが、お上品なフェラやセックスは嫌いです。つまらない!!美華は本当に最高の性欲処理生肉人形です。美華の顔に尻を向けると美華は両手で尻を広げ、俺のケツ穴を舐めたり穴を吸ったりします。俺は部屋の中を探し、コンドームを見付け装着しました。美華の上に覆い被さり美華のマンコにチンポを挿入しましたのですが、美華は少し痛いらしい。俺はゆっくりチンポを出し入れさせました。美華の声が気持ち良さそうになったので、激しくチンポを動かしました。美華は凄い叫び声をあげてます「あぁぁ!んあぁぁ〜!!」美華を抱き抱え、ズバァン、ズバァン、パン!パン!!パン!! 「ひぃーん、もう駄目、駄目、んんー!!」凄い力で抱きついてきます。全身をビククン、ビククンと痙攣させてました。美華の腰だけは器用にクネクヌ動いていて、美華の顔は汗だらけで顎をガクガク震わせながら上を向いて口を開けてました。

実話体験談関連タグ

|||

2013年11月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】美華を汚せ!! 3【実話体験談】

全開の口内で汁を受け止めて凄くエロい!!チンポから予想以上の我慢汁が垂れてネバァ〜、トロトロォ〜ン、美華の口内に落ちています。俺は美華のパンティーに手を入れ、マンコを触りました。手のひらに凄い量のマンコ汁を確認でき大洪水でヌルヌルしてます。美華!!凄い事になってる!!ヌルヌルだぞ!!俺はクリトリスを刺激し、マンコ全体をグチャグチャします。「いやぁ〜あぁぁ、うあぁ!!もう駄目、もう駄目…んんん!!!」美華が激しく痙攣しました。美華の口内にチンポを突っ込みます。亀頭を必死にチュパチュパ、ベロベロ、美華のフェラはヌルヌルしてて温かい♪くわえ込んだ口を激しく上下にピストンしてます。俺も負けずとマンコをクンニしました。室内には美華のあえぎ声が響いてます。俺は更に激しく腰を動かし、美華にフェラさせます。「美華!!気持ちいいぞ!!美華、出そうだ…直接出すから飲め!!!」大きい声で 「うん!うん!!はぁはぁ、だひぃて!!!チュバチュバ…」俺のチンポが美華の口内で脈打ちました。ドピュドピュドピュ!!チンポが動くと美華の唇もグイグイと動き、喉もゴクリ、ゴクリと動いていました。「まだ出そう?」その後三回精飲させました。

実話体験談関連タグ

||||

2013年11月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】美華を汚せ!! 2【実話体験談】

俺の横に座りました。俺も服を脱ぎパンツ一枚になります。イケない遊びしないか?美華は頷きました。美華のブラを剥ぎ取り、ポヨンと胸が現れました。美華を抱き寄せキスをし口の中に舌を突っ込みました。美華も自然に舌を絡ませてきます。「凄く可愛いいよ!!」俺は美華の胸を大きく回しながら揉み乳首をクリクリと刺激させます。「はぁはぁ」初めて聞く美華の声、「あっ!駄目…」俺は乳首を舐めたり吸ったりを10分以上続け、美華にチンポを握るように指示しました。俺はたまらずパンツを脱ぎ捨て、勃起したチンポと金玉をブランブランさせて胸を揉みまくります。美華が肉棒を掴みました。美華が「あぁぁ」と声を上げる度にチンポを握り締めてきます。美華!!気持ちいいか?「うん、変になりそうだよ…あっんん」美華!!口開けろ!!いっぱいしゃぶれ!!美華の口内が全開に開いてます。「アアア…んあぁぁ」凄い俺が夢見てた理想のエロい表情をしてます。俺のチンポがゾクゾクしてきました。全開の口内めがけて俺は激しく手コキをしました。亀頭から我慢汁が垂れて美華の口内に糸引きながら落ちていきます。美華は口内をベロベロしながら我慢汁を味見してる様に見えました。

実話体験談関連タグ

||||

2013年11月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】美華を汚せ!!【実話体験談】

八月頃の話です。学生共は楽しい夏休み♪学生の中には部活やバイトに専念してる奴も多いと思います。俺は暑いので営業をさぼり自宅で涼み、俺の嫁さんは仕事に行って留守です。家には誰も居ないので、俺は裏DVDを見ながらオナニーをしてました。オナニーの最中にピンポーンとチャイムが鳴りました。外には嫁さんの妹(美華)が居ました。美華は部活の帰りで、俺の地元学校で試合があったそうです。俺は美華を家の中に入れました。美華は部屋に入ると直ぐ俺に甘えてきます。嫁さんと結婚する前は小学生の美華と一緒に風呂入ったり、一緒に寝たり、遊んだりしてました。久しぶりに見る美華は凄く女性らしくなり、胸も大きくなったように思えます。美華は昔と同じ様に抱きついて胸の感触が伝わってきます。俺の嫁さんより胸が大きく柔らかい事を確信しました。オナニー途中の俺は獣になってました。美華に制服が汚れるから着替える様に言いました。美華が制服を脱いでます。美華は背を向け、ブラウスを脱ぎました。上半身がブラジャーだけになってます。俺は美華のブラホックをプチッと外しました。美華は「エッ!!」落ちそうなブラを押さえ驚いてます。そのままこっちに来る様に言いました。

実話体験談関連タグ

|||||

2013年11月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】蔵の中 (早苗義姉さんを見ながら・・・)【実話体験談】

江戸川乱歩が集めた蔵書の数々が納められている「幻影城」という蔵をご存じの人もいるかと思います。
僕の実家にも死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵があり、兄の結婚を契機に蔵を改築し、
僕が過ごす部屋をしつらえてもらいました。
食事と入浴以外はその蔵で寝起きし、たまには悪友たちのたまり場にもなっていました。
冷暖房も完備されていたので、快適でした。
翌日が休校日という日は、スケベなDVDを見てオナニーに興じてみたり、パソコンで人妻とチャット
しながらオナニーもしていました。
そんな高校卒業も間近な2月後半、兄嫁の早苗さんが僕の蔵に来ました。
早苗さんは大の歴史マニアで、父の残した蔵書を暇なときに読みにきていたので、この日もそんなノリ
かと思い、蔵に入れました。
普段なら1階の蔵書が収められた書棚から好きな本を選んで自室に戻るのですが、この日は珍しく2階
に上がってこようとしていました。
数分前まで僕はオナニーをしていたので、部屋にはDVDや精子を拭ったティッシュが散乱していたため
急ぎ部屋を片づけ、早苗さんをいれました。
「お〜、若い子の部屋って感じだなぁ。」と部屋を見回しながら言う早苗さん。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年11月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】この夏のこと【実話体験談】

今年の夏、同い年のいとこの娘、かなえをオンナにしてしまいました。
いとこは33でバツⅠ、田舎にある実家に戻ってます。
毎年恒例で僕ら家族は田舎へ遊びに行くのですが、そのときの楽しみが
バツのいとこを抱くことです。
前のだんなしか男を知らないらしく、いろんなことが新鮮に感じるようで
毎年、家族の目を盗んではヤッテました。
大きなお尻がたまらなく最後はいつもバックからぶちこんでます。
今年もまた、海水浴に行った家族を尻目に、誰もいなくなった家でいとこと
のセックスを堪能していたのですが、
「コト」と廊下が鳴る音がしたので
「おい、誰か帰ってきたんじゃねー?」といとこにいいましたが
「へいきよぉ〜・・・あ〜ん・・・まだ〜・・つづけてぇ〜ん・・」と
セックスに夢中。
まあいいやと続けてると、今度はふすまが少し開いた気がしました。
なにげなくそっちの方に目を向けると、すきまからいとこの娘、かなえ(1

実話体験談関連タグ

|||||

2013年11月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】手当たりしだい・・・【実話体験談】

50も半ばになると少しは落ち着くと思っていたが・・・
今年の正月、嫁の実家に親戚が集まった時のこと。
両親と我が家、義妹夫婦で6人で飲み始めて大分酒が回って来た頃。
両親は先に寝る事になった。
嫁も久しぶりの酒で酔って「久しぶりに母さんと寝る」と二階へ
残ったのは義妹夫婦と私。
義弟と飲み比べになり、義妹は「私は寝る」と奥の部屋に。
午前1時過ぎた頃、義弟は完全に酔い潰れコタツでそのまま寝てしまった。
私も寝ようと思いトイレに行くと奥の部屋から光が少し漏れていて義妹が
むこう向きに寝ている姿が目に入り、すけべ心が頭を持ち上げました。
音を忍ばせ部屋に入り、唐紙を閉め、膝をついて前に布団の前まで進み
義妹の様子を伺うと寝息をたてています。
腰の辺りから布団の中にそっと手を忍ばせていきました。
義妹のパジャマのズボンゴム部分に到達し、そこからお尻、股間へゆっくり
様子を伺いながら触れるか触れないか位に移動し、パジャマのゴムの中に

実話体験談関連タグ

|||||

2013年11月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】危険な情事。【実話体験談】

35歳、既婚者の会社員です。彼女の名前は真実、16歳の高校二年生です。
あるサイトで仲良くなり1ヵ月くらいで逢う約束をしました。
待ち合わせは車で1時間半程かかる駅で、物凄く田舎の駅でした。
しかし当日は、約束の時間には現われず1時間くらい待ちましたが、結局ドタキャンされ逢えませんでした。
帰る途中にメールがあり気分が悪くなったとの事で謝られ、明後日逢いたいと言われた。ここまで来たら一応、
了解とメールしました。後日、遅れる事30分彼女が来ました。
写メ以上にメチャ可愛く、土屋アンナ似で155㎝くらい、Tシャツの上から分かる推定Eカップはあろう巨乳に目がいきました。
車内で話をしてドライブに誘うと、今日は夕方用事があるからあまり遠くに行けないと…。
仕方なくカラオケへ誘うも、近場は友達に逢うかもとの事で、田舎なので近くに遊ぶ所がない…。
冗談でラブホならカラオケとかゲームがあるんじゃんと言うと、彼女は少し考えたが了承しました。
もう頭の中ではこんな可愛い子とH出来るんだと思い、Jrも爆発しそうになりました。
30分程走り国道沿いのホテルを発見し入室。
ソファーで歌を3曲ずつ歌ったころ彼女に近ずき優しく髪をなで、キスをしました。
そのまま首筋をなめ、Tシャツの上から胸を触りました。「ダメ」と彼女の甘い声が聞こえました。
Tシャツをまくりあげピンクの可愛いブラが表れました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月7日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング