【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【実話体験談】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】銀行マンの妻に5発程注入 【実話体験談】

話は2、3ヶ月前の話になります。

するとMなのでたくさん突いて欲しいと書き込みを行っていた、伸枝という子からメールが返ってきました。

わずか1時間位やりとりをしてアド&写メ交換をして逢う約束をしました。
伸枝は29歳で銀行マンの妻でした。
平日の昼間に待ち合わせ場所に行くと、写メよりも数倍可愛い子が立っていました。

俺は心の中で小さくガッツポーズすると、その子に「伸枝ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。

車に乗り込み1時間位ドライブをしてから近くにあったファミレスで遅めの昼食を取りました。

そこで話を聞くと3ヶ月位旦那とはレス状態で、旦那は出会い系にハマってると話してました。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】〜悦子との不倫〜 【実話体験談】

SEとしてまだ駆け出しの頃、配属された客先で悦子と出会った。

その客先は世界有数の大手企業で、やはり大手らしく、女性の社員や派遣社員が多かった。
正社員はいかにもコネで入った感じの実家が資産家らしい、お嬢様、ただし美貌には不自由な人ばかりだった。

その反面、女性派遣社員は粒ぞろいで、並以下のルックスの人など皆無だった。
その中で俺は悦子という女性に惹かれた。

俺と悦子の席は離れてはいたが、俺の席の真横にコピー/FAX/プリンタの大型複合機があった為、
しょっちゅう悦子が俺の横を通っており、それで俺の目に入った形である。

身長は157、かなり明るめのライトブラウンに染めたストレートロングヘアで、
肩甲骨の下あたりまで伸びており、いつも甘く爽やかなコロンの香りをまとっていた。

芸能人で言えば、ぶっちゃけ杉原杏璃にかなり似ており、唯一の相違点がおっぱいが貧弱である事だった。(笑)

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2015年6月3日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】ウェディングプランナー「抵抗してもするんでしょ?」 【実話体験談】

式場回りをしていて某ホテルウエディングの式場へ足を運んだ。
プランナーのLさんは色白ですごくタイプの子だった。

式をしたあと、夜に良い部屋に泊まれるのがウリだとLさんは言っていた。
CMもやっているのでその印象を書いたりアンケートに答える。

Lさんは白の薄いブラウスを着ているのだがサイズが少し大きく、アンケートの
説明で前にかがむと隙間から中のブラが見えそうになるので目線がそっちに行ってしまう。
横に式場を一緒に回っている真理がいるので気づかれないように見る。 
 
ガーデン挙式もやっていて、通路から外で他の人がやってるのを見せてくれたが、
前に立っているLさんの横幅のあるオシリばかりコッソリ見ていた。

「ガーデンウェディングいいですよね、私もいいトシなんで両親から早くしろと
言われてて。

実話体験談関連タグ

||||||

2015年4月28日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 6 【実話体験談】

46

果歩 「ハァ・・・ン・・・ハァ・・・・。」

連続して2度の絶頂に導かれた果歩。

依然果歩は目を瞑り、ビクビクと身体を痙攣させながら絶頂の余韻に浸っている様だった。

富田は果歩の秘部に挿入していた2本の指をゆっくりと抜いていく。

ヌポッ・・・・

ネットリ湿った音を立てて抜かれた富田の指。

果歩を乱れさせた2本の指にはトロ〜っとした白濁した濃い液体がまとわり着いていた。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月27日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 2 【実話体験談】

11

果歩はどうしようもなく、淫らな気持ちを抑えることができなかった。

ふと部屋の時計を見る果歩。もう0時を回って日付が変わっている。

明日は日曜だし、学校もバイトもないし。

――寝坊してもいいんだから――

いつもなら眠りにつく時間、しかし眠気はまったくなかった。それは初めてこんなにも興奮しているからなのかもしれない。

果歩はさっき見たDVDの中の女性が言っていたことを思い出す。

『まずはタオルを準備して。これはもしかしてあなたのオマ○コ汁がいっぱい溢れ出てベッドやソファにシミができてしまうかもしれないから。気になる人は準備しておいてくださいね。』

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月30日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】26才の夏【実話体験談】

俺もちょっと書いてみる。俺:26歳社会人
彼女:23歳社会人(アナウンサータイプで真面目っ子)
学生時代から4年付き合ってて、彼女の家にほぼ同棲状態だったんだけど彼女が就職して一年目で同僚の男に言い寄られるハメに。
俺は言い寄られてること全然知らなかったんだけどさ。
で、ある日、俺が家に帰ったら彼女は居ない。
まあぃぃかと思って、寝たんだけど彼女は朝方帰宅。
友達と飲んでたらしい。実は、2ヶ月以上セックスレスで年にセクロスも数回程度で、仲も悪くなってきた頃合。
普通ならメールでしたりすると思うんだけど、仲が良くないとなかなかメールしづらいんだよねw
そんで、それ以降はなんか態度がおかしいと感じて、彼女の携帯を付き合って以来はじめて調べるとパスワードかかってる。
携帯の説明書見ると初期パスワードが載ってたので、それを入れるとあっさりと解除できたw
で、調べると「昨日は楽しかったね。」とか1人の人物からやけにメールが来てるw
名前は苗字になってるから男かどうかは分からないけど、状況からして男だろなと思った。
んで、次の日に「好きな人できた?」ってなんとなく聞いてみると彼女は動揺w
色々、問い詰めると、「実は同僚の人から告白された」とか言ってきた。
それで、「今後はどうするの?」とか色々話し合って結局、結論は出ないまま。

実話体験談関連タグ

||||||

2014年8月17日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】震災で胸がデカくて可愛い部下と車で一夜を共にした話 【実話体験談】

■スペック
俺:当時32歳、今34歳。身長175程度。IT会社勤務。

後輩ちゃん:当時23歳、今25歳。155cm程度ちっちゃい。胸デカい。

うちの会社は所謂二昔前ベンチャー上がり、現在東証一部の会社。

そこに中途入社で入った俺は、判りやすい肩書きで言えばプロジェクトリーダーのような仕事をやってるのね。

社内ではそこそこ出力の高いチームだと自負している。

2年前までチームのメンバーと役割は以下のような感じだった。

俺:社外とのやり取りとか上司とのやり取りとか、部下への指示とかが仕事。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月1日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】卒業旅行の王様ゲームで…【実話体験談】

その命令は
「彼女とCは小部屋で、僕とBはベットで就寝する。」というものでした。僕は先ほどの出来事のあった小部屋にいかせたらヤバイと思いました。しかしCは興奮していてまた彼女を引っ張り連れていこうとしましたが、なんとか彼女の後ろ手に縛られていた手をほどくことができました。これなら彼女も抵抗出来るし鍵をかけられても中から開けることができます。
僕も疲れきっていて、Bも泣き疲れていて仕方なく命令通りに就寝することにしました。
僕はBと寝ることは出来ないので、離れたソファーで寝ました。
疲れきっていたのですぐ眠りについてしまいました。しかし、心は決して休まらず、30分ぐらいで起きてしまいました。Bを見ると泣き疲れて完全に寝入っているようです。僕はどうしても彼女たちが気になり、小部屋に近づきました。
すると…最悪な出来事が起きようとしていました。
「んっ……ぅ…」「…ふぁ…ぁ…」などと彼女のくぐもった声が聞こえました。
僕は鼓動が早くなりました。
先ほどのガラス張りのところから中を見ると…彼女の上にCが覆い被さり彼女の首筋を舐めています。
ふと見ると彼女の手はCの制服のネクタイによってまた後ろ手に縛られていました。きっと彼女が眠ろうとしているすきに縛ったのでしょう。
僕は彼女を助けようドアを開けようとするとやはり中から鍵がかけられてしまっていました。もうどうすることも出来ませんでした。
Cはというと首筋を舐めながら、先ほどのように彼女のブレザーとシャツのボタンを外しましたが、王様ゲームの時よりも大胆に彼女の制服を脱がし、縛られている手首のあたりまで剥ぎとりました。
手首のあたりに制服が引っ掛かっているものの彼女の上半身はピンクのブラだけの状態です。その姿はとてもイヤらしい姿です。僕はその姿に見入ってしまいました。
首筋を舐めていたCは彼女の耳などを舐め、だんだん胸のほうに近づいていきます。
「あ……ぁ…ふっ………」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月31日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】3.11の日にSEXしたせいで。。【実話体験談】

立った。勝手に語っていく。

スペック
 俺:当時32歳、今34歳
身長175程度
 IT会社勤務

 後輩ちゃん:当時23歳、今25歳
 155cm程度ちっちゃい
 胸でかい

うちの会社は所謂二昔前ベンチャー上がり、現在東証一部の会社。
そこに中途入社で入った俺は判りやすい肩書きで言えば係長?プロジェクトリーダー?
のような仕事をやっているのね。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング