【人妻】信用したことが・・【実話体験談】

妻と大学に受かったため、隣県で過ごしている娘に会いに行きました。
車で二時間かけて、娘の住むマンションへ着き、久し振りの家族で、ドライブがてらに森林公園に行く途中に事は起きました。
山道を運転してると、急にパンクしてしまい、左端の広い所に寄りました。
タイヤ交換しようにも、ナットが固くて回りません。業者に連絡しようにも、携帯は圏外です。
困っていると、二台のワンボックスが私の前に止まり、助かったと思いました。
50代くらいの優しそうな男二人が出て来て、パンク修理してくれるとの事でした。
修理の間、男の車に、「妻と娘に乗ってなさい」と言われ、甘えて乗る様に言いました。その時、娘がトイレに行きたいと言い出し、男が、トイレまで連れて行ってあげると言われ、何から何まで甘えました。
娘だけでは、不安なので、妻も行くことになり、三人で行きました。
男は、二人になると、「さっきの車に道具がのってた。取って来るから待っててくれ」
と言うと、出て行きました。
あとになれば、トイレだけだから、すぐ戻って来るのに、と思いますが、その時は、親切な人なので、何も疑ってませんでした。
それから、10分たっても、帰って来きませんでした。

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年8月20日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】見せ付けセックス2【実話体験談】

激しいセックスが終わった後、なつきと光司は、動けない僕を尻目に、風呂場に向かった。
僕は、放心状態だった。
情けないことに僕は二度、しごいてもいないのにパンツの中で射精に至っていた。
30分ほどたって、なつきと光司は部屋に戻ってきた。
僕はテレビのある部屋で呆然としていた。何を考えていたのかそういう記憶はいっさいなかった。
なつきは何もなかったかのように、「Yはあのソファで寝てよね。もう電気消すから」
僕は逆らうこともできずに、光司となつきが一緒に寝ているベッドの横にあるソファに横になった。
2人はさすがに疲れているのか、抱き合いながらすぐに眠ってしまった。
僕はしばらくは眠れず、1人涙を流した。
その日はアルバイトもあったのでそのうち眠りについた。
パンパンパン!
その音で僕は眠りから覚めた。しばらくは何が起こっているのか、理解できなかったが、そのうち昨日のことが夢ではないという光景が目の前に飛び込んできた。
ベッドの上で、なつきが光司に激しく後ろから突かれている。
なつき「あぁぁぁぁ〜〜〜!!こうじぃぃ〜〜いっちゃうよぉぉぉ〜〜!!」
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】「痴行媾悦①‥花火ⅠⅡ」【実話体験談】

『旅情:花火Ⅰ』
 いくら夫婦でも 勤めもあれば家事もありますから、いつもSexのことを考えているわけではありません。家での日常生活には 一応の手順もありますから、寝る時間になって 床に就いても、一方がその気になり 誘われて相手が応じても、多少の触れ合う時間があって お互いに濡れてくると云うことになります。いわゆる 前戯が必要になる訳です。
しかし旅行のときは 私が改めて念を押さなくても 女房は自然に月のものは避けるし、お互いに昼の内から 夜の触れ合いが頭の端にあって、いつか 期待が頭一杯に膨らんできます。そういう思いでの中でも 特に夢のように美しく印象的だったのは、熟年になってから女房と行った 北海道の洞爺湖の夜でした。
 私が 秋も10月に入ってからに札幌に仕事があり、女房も 久しぶりに北海道に行きたいと言い出しました。一緒に札幌まで行き 私はそのまま札幌で仕事をし、女房は一足先に洞爺湖のホテルに先行します。泊まりを洞爺湖にしたのは 温泉だけなら定山渓でも良かったのですが、新婚旅行以来の洞爺湖が見たかったのと 夜のイベントに10月末まで花火が見られると云うことがありました。私が夕方6時過ぎにホテルに入り 予約した最上階の部屋番号を確かめて、ドアを ノックします。「ハイ…」と声がして ドア・チェンをしたままドアが少し空き、私と確認すると 一度ドアを閉め、「お帰りなさい!」と 改めて ドアが開きます。女房は既に一風呂浴びたらしく ホテルの浴衣に半纏を引っ掛けています。髪を洗ったらしく まだ乾き切っていないのが、妙に 色っぽく見えます。
 今のように 自宅外で「お帰りなさい」と云われると、(よく2号さんが云うとは 聞きますが)「密室の 男と女」が意識され 妙に嬉しくソソラれるのが男心です。私は今朝別れたばかりなのに 何だか懐かしさで一杯になって、後ろ手にドアの錠を掛けるや 女房の肩を抱き締めて唇を寄せます。女房は家だと 同じように背中へ手を回して来て抱き合うのですが、今日は私に抱かれたまま 両手を前に回して私のペニスとタマをギュツと握って来ます。(「お帰りなさい」の後が これか…、ヤル気 満々だナ!)私は我慢できず 舌を絡め、そのまま女房をベッドに連れて行き押し倒し 着物の裾を掻き分けて股を探ると、女房ももう 外陰の辺りまでヌルヌルになっています。私のペニスも もうピンピンに勃ち切り脈打ちます。唇を合わせたまま 着ているものを脱ぎ捨て、女房に乗り掛かろうとすると 「ネェ… 一風呂浴びて来ない?」と云います。女房のキレイ好きは知っていますので そうしようかと思いましたが、何せペニスが勃起し反り返って 外風呂に行ける情況ではありません。「シャワーでも 良いい?…」と云うと 「私が 洗って上げるわ」と云います。
 マル裸になり風呂場に行って ペニスを反り返らせたままタオルに石鹸を泡立てていると、女房も裸になって 入って来ます。黙ってタオルを渡し 仁王立ちになっていると、背中から尻 胸からお腹そして腿から足とタオルで洗い流し、最後にタオルを桶に置いて 素手でペニスからタマそして尻の穴まで、あの優しい細い指先で洗い上げ 一度シャワーで石鹸を流すと、仕上げのように ペニスのシゴキに掛かります。左手で造った手の筒で棹をシゴキながら その人差し指と親指の輪で、チョイチョイと雁首の処を引っ掛けるのが堪りません。その内 ペニスの先にヌルが出始めたと見るや、左手の刺激を続けながら 右手の掌をグランス(亀頭)に当て、ヌルをそこへ塗り回すように 撫で始めます。その良い気持ちのような 頼りなくやるせ無いような快感に腰が抜けそうになって、思わず女房に抱きつき口を吸って 女房の陰部に手をやり、オマメからヴァギナの辺りを コスリ立ててしまいます。
 女房もそこで結構ヨクなったらしく 腰がヘタリ掛けますが、辛うじて 「ベッドで 行かない?」と云います。私もその気になり ざっと大きなタオルで水気を拭うと、それを女房に渡して一足先にベッドに行きます。裸で大の字になると ペニスはもう上向きに勃ち切って青筋を立てて肚にくっついて、ピクンピクンと 脈打っています。そこへシオらしく 前をタオルで覆って女房が来るので、そのタオルをむしり取ると 女房は私の上にドタッと覆い被さって来ます。夢中で舌を絡め腿を深く挟み合って スリスリし合っているともう頭が白くなります。気が付くと女房も 私のペニスの裏側の付け根に、陰毛からオマメの辺りを擦り付け グイグイと腰を使っています。その内 「ハァ…」と 突っ張るような気配がして女房の動きが止まります。グッと抱き締めてやり 少しして「イッちゃった の?…」と囁くと、蚊の鳴くような声で「ゴメン…」と云います。女房の身体を 下にしてやり、「入って良い?…」「ウン…」で 挿入しようとしますが、もうお互いに陰部はヌルヌルなので 一度拭くことにします。
 私はティッシュを取り 自分の棹からタマ周辺を拭いた後、グッタリしている女房の股をM字に開けさせ ヌルヌルの陰毛からオマメ、大陰唇小陰唇から 会陰部肛門までスッカリ拭き取り、最後に 中指をそっとヴァギナに差し込んで、ズルズルになった中の粘液を掻き出します。この頃は お互いに濡れ方が激しいので、始めの頃と違って 少し濡れ方が足りないくらいで挿入しないと、ズルズルで 快感が少ないのです。女房もそれが判っていますから 黙って私に身体を任せて呉れています。今度は私が上になり 敢えて股を開かせずに、閉じたままの両足の間に ヌメリ気の少ないペニスを押し込んでやります。なかなか入りませんが 女房も腰を使ったりせず眼をつむっています。やや「侵してヤルゥ!」みたいなS的気分で 狙いを定め、思い切ってグイと突いて遣ると ペニスがブスッとヴァギナに突き立ちます。女房も 何やら「侵される」ようなM的な快感があるらしく、途端に 「アッ…」と身体を反らせます。そこで静かにユックリと手前から奥へグランスを送り込み 引くときにの雁首が膣壁をシゴクように深く抜き差しすると、女房がその雁首の縁を 膣壁で感じているのが良く判ります。「どうォ?…」と聞くと 珍しく「イイの… そこをもっと…」と云います。
 いつもは 自分の感じ方など口にしない女房が、今日は旅先のせいか 羞恥心から開放されて、して欲しいことを 口にして呉れるのも嬉しく、私も出来るだけ それに応えたくなります。今日の女房の絞まり方は いつものようにヴァギナの口と奥で絞まるので無く、珍しく 膣全体が引き 締まっています。ペニスの雁首で 膣の襞を静かにシゴイてゆくのに、堪らない 抵抗感の快さがあるので、今日は腰を使うと云うより 雁首に神経を集中して、できるだけ抽送(出し入れ)のストロークを ユックリ大きく動かします。女房もそのつど 「そう… ソコを…」と教えて呉れるので、それにイキを合わせ 女房の首に手を回し、舌を絡めると云うより 口を半開きに、だらしなくヨダレを塗り合う感じに 唇の周辺をヌラヌラと舐め回し、直ぐ達しないように気を付けながら 長く々々とユッタリと身体を波打たせます。
 どれだけ時間が経ったか 今日はお互いにイカないのに膣の中が直ぐズルズルになるので、途中で2度ほど ペニスを抜いて中の粘液を掻き出し、ペニスを拭いては 挿入し直す快感を楽しんでいる内に、いよいよ腰の辺りに 妙なむずがゆさと昂まりがこみ上げて来ます。女房はとみると もういつイッテもオカシクないほど乱れ切っています。耳元に口を寄せ 「イッテも 良いい?…」と聞くと 微かに「ウン…」と応えるので、ペニスを膣の天井の 唇のような感触のある処に押し付け、クリグリと柔らかく静かに腰を回すと 「ハァッ…」と反り返って女房がしがみ付いてきます。私は強く抱き返すと同時に緊張を解き イクに任せダクダクと射精すると、私の精液がヴァギナの天井に吹き上げると同時に 女房の熱い絶頂汁がグランスにダラリと掛かります。股を絞め合い口を合わせて 今度は大きくタップリと舌を吸い、暫くは硬直したように動けませんでしたが、やがて二人は静かに脱力し 抱き合ったまま放心状態になりました。(Ⅱへ続く)(「茫々録・鶏肋抄」より)

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月6日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・恵美さん編【実話体験談】

良樹の奥さん(智ちゃん)が仲間に加わったことで二組の夫婦と岡本君とで遊ぶ機会が増えてきました。
刺激を受けた岡本君は奥さん(恵美さん33歳)に総てを話し、謝罪と理解を求めました。
最初は理解できなかった恵美さんですが、
「最近、家に帰って来ないことが度々あるから浮気を疑っていたけどそんなことをしていたのね。あなたが本当に私も一緒に遊ぶのを望んでいるなら経験してみるわ。だけど、知らない人とは嫌よ。最初はあなたも居ないで欲しい。」
と、言う事で私と良樹に連絡してきました。
いつも遊んでいる私達ですから簡単な打ち合わせです。
当日、岡本君は恵美さんを送ってきてすぐに家に帰って子供さんの相手をするようです。
私と良樹は土曜日の午後1時にスーパーの屋上駐車場で二人を待ちました。
少し遅れて岡本君の車が入って来ました。
私たちも車を降りて岡本君と恵美さんを迎えます。
岡本君が私たちと恵美さんを紹介しました。
恵美さんは身長150センチぐらいですが肉感的な可愛い感じの奥さんです。
恵美さんが私の車の後部座席に乗り込むと、岡本君が耳打ちしてきます。
「恵美の事を宜しくお願いします。帰りの時間は気にしないで下さい。子供は僕が見てますから・・・日曜の夕方まで大丈夫ですよ。それに、恵美は安全日なので避妊の心配もないですから・・・。」
岡本君は家に帰っていきました。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月4日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】信用したことが・・3【実話体験談】

「若いだけに、締まりも抜群だ」
男は腰を振り始めた。私は、妻が犯されていることも忘れ、目の前で娘が犯されている光景に、見入っていた。「あ・・い・いや」
娘は、泣いてましたが、抵抗は、ほとんどしてませんでした。
男は、フイニッシュに入ると、ペニスを抜き、娘の腹に出しました。
また男は、娘にしゃぶらし、物が復活すると、また犯した。
そして、終わると
「よーし、次はあんたの嫁を味合うとするかか!もっとも、まだ、使えればの話だがな」男は、車から出て行った。
娘は体中、精液をかけられ放心状態だった。私は、その光景に我を忘れ、ズボンを脱ぎ、一気に入れた。
「お父さん・・なんで?」
娘の、哀しそうな声も無視し、無我夢中で腰を振り、中出しした。射精が終わると
「父親が娘を犯したらいけないな」
そこには、男達と妻がいた。
「この家族もお終いだな」
妻は、冷めた目で私を見ていた。
男達は、妻と娘を犯し始めた。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月29日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・8【実話体験談】

直樹と岡本君とで妻の誕生日を祝った翌週に〇〇商事の木下君から「飲みに行きませんか」とのお誘いがあった。
勿論、妻を貸し出す件である。
写真の女性は私の妻だと告白する決心はついていたのでOKしました。
私は愛に了解を得るため連絡ととりました。
「愛、木下君から電話があったよ。今晩、飲みに行くから・・・木下君との貸し出しプレイを打ち合わせてくる」
「あなたにお任せします。私はあなたの望む女になるわ。」
「じゃ、少し遅くなるから・・・」
私は電話を切りながら、私には妻の不安な気持ちが伝わってきます。
今まで、私と一緒に複数プレイなどは経験してきましたが、妻一人で他の男に抱かれるのは初めてです。
今まで知らなかった快感を知る事によって、淫乱な女になっていくことを期待して木下君に会いに行きました。
酒の席は居酒屋ですが個室を予約してくれていて秘密の話しをするのには好都合です。
小一時間ほど仕事の話などしましたが木下君が鞄からUSBメモリーを出して
「ここに妻の記録が入ってます、家で確認して下さい。社長が信頼してる友達がたに見てもらって結構です。私達には子供がいません、妻は仕事もしてませんのでいつでも貸し出しできますよ。社長の彼女さんとプレイする前に友達と楽しまれますか?ビデオさえ撮っていただけたら私も楽しめますから・・・」
「いや、連絡を取ってみないとわからないなぁ?それより、木下君。君に話さないといけない事があるんだ。」
「社長なんでしょう?話しって・・・」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月26日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】美和子物語 竹下さんの浮気【実話体験談】

週末は竹下さんとのデイトで過ごすようになっています。
水曜日に電話が有って場所と時間を約束していました。
彼と落ち合って食事を済ませてから彼の住まいへ行きました。
美和子は濃厚なキスだけで朦朧としています。彼の包み込むような舌がにくい。
いつもはキスから始まって、69スタイルで相互愛撫を始めるのですが今日は違っています。
彼が私の上にかぶさって正常位から始まりました。私のベビーは彼のお口での愛撫を望んでいますのに・・・。
69スタイルをお願いしましたら、彼が正常位からずり下がってキスして呉れました。
私も彼のジュニアーをキスしたいと思いましたので69を試みますが彼が許してくれません。
『変だな』と、思って合体を中止し、彼にブランデーを飲ませてから質問しました。
疲れていらっしゃいますか?と言いましたら、仕事が多忙で疲れているとの説明でした。
何時もでしたらジュニーへの愛撫や合体して5分くらいで最初の射精が有ります。更に、4~5回の射精が有りましたのに・・・。
この日に限って射精の兆しが有りません。
女性の六感で、『浮気している』と悟りました。
酔っぱらった竹下さんをベッドに横たえましたら彼がすんなり従って呉れました。
暫くすると軽い寝息を立てています。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月23日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 4【実話体験談】

ついにセックス解禁日
仕事の休みを取り、ドライブに出掛けることにした。
性欲の塊のようになってしまった彼女も、
今日こそはセックスが出来ると、
普段より積極的に私の命令に従った。
ノーブラノーパンに黒い乳首が透けない程度のブラウスと短めのスカートを履かせた彼女を助手席に乗せ出発。
人の少なそうな郊外に車を走らせた。
腕と脚の毛は普段の生活のなかで目にすることがあったが、
横目に見えるスラリと伸びた真っ白い毛深い脚に興奮した。
昼食に立ち寄ったレストランで向かい合わせに座り、人目を盗んで胸を露出させるよう指示した。
二ヶ月ぶりに目にする卑猥な乳輪、
しかも誰に見られてもおかしくないシチュエーションに胸が高鳴った。
店員や他の客にばれない様にコソコソとボタンを外す彼女。
チラリと見える谷間には、濃い産毛がみっしりと生え揃っていた。
そして露わとなった乳房も産毛で覆われ、

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 3【実話体験談】

彼女とセックスするたびにイヤラシイ乳輪とバカでかいクリトリスに興奮しまくっていたが、
付き合い始めて一年位の頃だろうか
私は彼女に更なるいやらしさを求めた。
もともと毛深い女性が好きだったので、恥ずかしさもあったが思い切って彼女に女性の体毛フェチだと告白した。
勿論、彼女は驚いていた。
彼女は嫌がっていたが何とか説得して、首から下全ての無駄毛処理をやめさせた。
毛の生える途中経過を見ずに完全に生え揃った姿を味わいたかった私は、
二ヶ月間禁欲をした。
その頃の彼女はセックスの快感を覚え、性欲も強くなっていたので、
毎晩のように誘って来たが、私は断り続けた。
そのうちになぜか私と彼女の間に主従関係が築き上げられていった。
私はオナニーをしていたが、彼女はオナニーもしたことないような女だったので、完全な禁欲生活。
欲求が溜まりに溜まった彼女は私が言うイヤラシイ命令に従う様になったのだ。
初めのうちは、ノーブラでデートしてみたり、
処理されていない腕毛や脚の毛を露出させて出掛けさせたりと。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月20日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 2【実話体験談】

私と妻は出会い8年前
現在 私が36歳 妻が34歳
結婚して3年。
私と付き合うまで妻は男性経験がなかったそうだ。
彼氏が出来たことがない子が居るから会うだけ会ってみてと女友達の紹介で出会った。
初めて会った時、美人だしスタイルもいいし、明るく性格も良さそうだし、
付き合ったことがないなんて信じられなかった。
デートを重ね、そろそろかなって雰囲気になった時に彼女から結婚して欲しいと言われた。
まだセックスもしてないが、私も結婚するならこの人かなと思っては居たものの驚いた。
付き合って二ヶ月、まだキスしかしてないのにもう結婚の話⁈
笑いながら彼女に言った。
聞く自分のカラダにコンプレックスがあり、結婚する相手じゃないて見せたくないというのだ。
どんなコンプレックスか聞くのも野暮だと思い、
将来の結婚を約束した。
その晩自宅に彼女が泊まることになり、彼女の裸を見ることになった。

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年7月19日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング