【浮気・不倫】彼女との合コン【実話体験談】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを
彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き
合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが
たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして
まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為
     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【近親相姦】母そっくりのデリヘル嬢と母子相姦プレイ 【実話体験談】

大学に入ってすぐ、童貞のくせに熟女風俗にハマッた。
俺、高校まで男子校だったんだが、卒業した先輩から「人妻風俗はいいぞ〜」と
聞かされてて、合格して独り暮らしを始めたら絶対行く!と決めてたんだ。
先輩が愛用してたのは熟女デリヘル。
ただ、下宿に呼ぶのはなんか怖かったから、俺は最初、外で待ち合わせてラブホテルへ行くタイプのにした。
電話するときは、やっぱりドキドキした。
来た嬢は30代半ばくらいかな。
美人でも不細工でもない普通の奥さん風だ。
よく分からんから90分コースを選択。
手コキとフェラと素股で1発ずつ、全部で3発抜いてくれた。
俺が初めてだと知って、いろいろ教えてくれたし、感じも悪くなかった。
貧乳なのは俺的に残念だったけど、最初にしては当たりかな。
出費は痛いけど満足したんで、また頼もうと思った。これが全ての始まりだ。
その2週間くらい後、どうしようもなく溜まって、またデリにお願いしようと決意。
2回目で少し度胸がついたし、ラブホ代ももったいないんで下宿に呼ぶことにした。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月7日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【妹と】俺の布団で寝ていた妹に挿入した 【実話体験談】

スペック(少しフェイク)
俺:25、中肉中背。おぎやはぎに似ていると言われる。社畜。
妹:22、150cm、Fカップ。アニソン歌手のLiSA似。不眠症。
妹との仲は良い。
一緒に遊びに行ったりはしない。
妹は家にいるときに俺のiPadminiRetinaディスプレイ
で勝手にネットをしている。
昨夜も俺のベッドでiPad弄っていたので、
俺は背中合わせに寝ながらiPhone弄っていた。
妹は不眠症気味(多分軽く鬱)で寝る前に睡眠薬を飲んでいるのだが、
最近薬が変わったようで、薬が効いてくると酔っぱらいみたいになる。
俺のベッドで眠られると邪魔なので、
寝てしまう前にベッドから追い出す必要があるのだが
昨夜は半分眠りかけてしまった。

実話体験談関連タグ

|

2014年12月1日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【寝取られ】最悪な交渉 (完) 【実話体験談】

友里を貸し出して7日目
ついに貸し出し最終日になりました。
私は貸し出し4日目から家に帰ることが憂鬱でたまらなくなり、その日からずっと会社に寝泊りしています。
その間にも、会社には押尾からのDVDが毎日一枚ずつ送られてくるのですが
正直、見ると悲しくなるのはわかりきっているので、全て目を通すことなくずっと放置していました。
そして案の定、
7日目の今日もお昼に、押尾からDVDが送られてきました。
このDVDが送られてくるたびに、中身は見ずとも本当に毎日、不快な気持ちになります。
しかし、そんな思いも今日で最後だと思うと気持ちが楽になります。
午後からの仕事も、ここ一週間で一番集中することができ、はかどりました。
そして夜になり、この日の業務も無事に終了しました。
ここ3日ほど、どうせ会社に泊まるならと睡眠時間を削り頑張ったおかげか、ほんの少し業務に余裕ができ、明日は1か月ぶりに休みをとることができました。
そのまま家に帰ることもできたのですが、明日が休みということ、
友里が帰ってくるのが明日の朝だということもあり
今日も会社で睡眠し、明日の朝に帰宅することにしました。

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年8月17日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】今から浮気しますw 【実話体験談】

結婚してから刺激がない。
毎日退屈。
嫁さんの事を嫌いになったわけじゃないけど、
なんだかなぁー。

こいつらって・・・・。
何考えて生きてるんだ?
バカか?アホか?それともこれが正常なのか?
そう思ったが暇つぶしにイタズラで返事を送ってみる。

「いくつ?」
「17」
「どんなことしてくれるの?」
「手とか口ならいいよ」
「いくら?」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】妻の友人がコンパニオン!! 【実話体験談】

僕は25歳で妻子がいます。
先日、無性にやりたい気分になったので、クリニックに行きました。
そこへは数回行ったことがあり、コンパニオンは人妻ばかりというのがウリの
店です。
久しぶりだったので指名はせずフリーで入りました。
待つこと10分男子店員に案内されて個室に入りコンパニオンを待っていると
なんと、結構家に遊びに来る妻の友人「M」だったのです。
Mは結婚1年くらいです。
家に遊びに来ている内にそのMのことを結構気に入っていました。
なんせ、色っぽいのです。
しかし、こんなとこでばったり会ってしまって、どうしていいのか・・・。
すると、「Kには(僕の妻)黙っててね。」
僕の方こそ、「あいつにはこんなとこに来たこと内緒だよ」
「しかし、どうしてこんなとこで働いてるの?」
「お金が欲しかったから・・・。絶対内緒だよ。」

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月2日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】彼女と合コン 【実話体験談】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似

彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3〜4回することも珍しくなかった。

彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月26日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww 1/2 【実話体験談】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。
初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。

ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。
馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。

俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。
特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。
普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。

4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。

俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。

俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月10日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】売られていた妻【実話体験談】

売られていた妻
40歳になる妻の話です。
私は単身赴任中の43歳会社員です。妻とは同じ大学の部活で知合ったことがきっかけで卒業後も交際し結婚にいたりました。
私は、勤務地から自宅までそんなに遠くないこともあって、仕事が比較的暇な週末を利用して月に1~2度家に帰るといった生活がもう2年くらい続いています。夫婦生活のほうもうまくいっています。ただ、一年くらい前妻が私に内緒で借金をしていた時期がありました。そのことに気付いた私が他の預金を切り崩しなんとか返済しましたが、妻の話によると最初は生活費の不足分を少しずつ借りているうちに金額が大きくなってしまい、言い出せなかったと・・
妻はまじめな女で私の知る限りでは、私以外には男性を知らないはずです、見た目は比較的男好きするタイプだと思います。
本題に入ります。半年程前、私にとって衝撃の出来事がありました。
ネットで風俗店のサイトを見ていたところ私たちが住む隣の県のデリヘル風俗嬢を紹介するページを眺めていたのですが、その中に顔を右手で隠しブラとパンティーだけでソファーに座る女性を見つけました。
顔にはかなりきついモザイクがかけてあり識別はできません、ただその風俗嬢は体型以外に雰囲気というか感じがとても妻に似た女性だったのです。見れば見るほど髪型にしても腕の日焼け具合を見る限りは妻のようにも思えるのです。じっと画像の嬢だけを眺めていました。
この嬢が妻だとしたら・・・あってはならないことだし、妻を疑うことも・・・ましてやそんな妄想をしてしまう自分自身を不思議に感じました。
それでも色々なことが頭を過ぎります。
以前の借金の時に・・・実は返済は済んでいなかったのか・・・だから私にも言えず・・・知られずにお金を稼ぐことを考えて・・・風俗に・・・いや、私は写真の風俗嬢が着けている下着に見覚えなんかないし・・・でもぼんやり見える髪型が以前の妻と似ているような・・最近髪型を変えた理由はこの画像のため・・・でも紹介欄の年齢は30歳になっている、いくら風俗でも10歳以上も偽らないだろう・・・デリヘルなら隣の県へのデリバリーなんて非効率なことはしないだろう・・・妻が人前で下着姿の写真なんか撮らせるはずがない・・まして、初対面の男に体を使ったサービスなんて・・・そんなことができるはずがない・・・そんなことを考えながら、少し興奮している自分に驚きました。
完全に風俗嬢として働く妻を想像してしまっていたのです。こんなシーンです。お客からお金をもらう妻、お客に抱き寄せられる妻、お客と唇を重ね乳房を鷲摑みされる妻、お客の股間を愛おしそうに洗う妻、股間に顔をうずめる妻、股を広げられ指で掻き回される妻、お客の愛撫で声をあげる妻、口いっぱいに射精を受ける妻、お客にお礼を言って次の指名をねだる妻、そしてまた違うお客の元に運ばれる妻、60分12,000円で買われる妻・・・
この風俗嬢が妻じゃないほうがいいに決まっている。
しかし、この嬢は妻かもしれない・・・私自身勃起していたのです。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年7月9日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2 【実話体験談】

ミキとトオルさんは、まだ舌と舌を絡ませあっていた。
もう完全にお風呂場はミキとトオルさんとの2人だけの世界になっているようだった。
しばらく様子を見ていると、トオルさんがミキの舌を「ペロペロ、チュパチュパ」と吸いだした。
いわゆる舌フェラというやつなのだろう。舌フェラなんて漫画の世界でだけのキスだと思っていた。
こんなキス、やっぱりミキが好きなはずがないと彼女の顔に目を向けると、先ほどと同様、いやそれ以上に頬を赤らめ
今まで俺に見せたことのないようなエロイ顔で体をよがらせて、この行為を受け入れていた。
そして驚いたことにトオルさんが焦らすように顎を引くとミキもそれにあわせるように顔をトオルさんに近ずけ舌を突き出した。
俺はキスと乳首への愛撫だけでこんなにミキをエロくさせられるなんて思ってもなく、とてつもない敗北感に襲われた。
俺のSEXがトオルさんのキスだけに負けた気がした。
俺はSEXでもミキをこんな顔にできたことがない。
こんなやりとりが数分間続いた後に
ふとトオルさんがキスを辞めミキにつぶやいた
「もっと気持ちよくしてほしい?」と。
ミキはその質問に対し、あれだけ感じていたにも関わらず、やはりまだスワッピングを受け入れられてはいないのか黙り込んでしまった。
俺的にはもうここらへんで嫁を返してほしかった。

実話体験談関連タグ

|||

2014年7月7日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング