【人妻】寝盗られた。【実話体験談】

[<>1] スレッドオーナー: 次郎 :2012/05/06 (日) 13:30 ID:xXja6Sx2 No.1527<>0
その男とは今日が初めて。
夫婦生活に不満はなかったが、新しい刺激を求め3Pに興味を持ち、ついに実行する事となった。
男とは事前に電話で打ち合わせをしていて、あくまでも私たち夫婦のサポート的な役割をお願いしていた。
車中で軽い話の中、とうとうホテルへ到着。
ドアを開けて室内へ。
その時、男が急変した。
男「奥さんイイ女だよね」と妻に抱き着き、いきなり唇を奪った。
唖然として私は何も出来なかった。
男は私の事など気にせず、そのまま妻を後ろ向きにして壁に手をつかせてお尻を突き出させた。
男「いいケツしてるよ・・たまんないね」
そう言って妻のお尻をまさぐりスカートの裾をまくりあげた。
普段からTバックしか履かない妻のお尻は男の恰好の餌食。
男は舐めまわすようにお尻をまさぐる。
そして男の指が妻の秘部へと・・・。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月28日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】従兄弟【実話体験談】

10年も前のことで時々思い出しては胸を痛めてましたが最近はすっかり忘れてました。
妻と2年の交際の上、結婚を決めプロポーズをしてOKを貰ってルンルンの毎日を過ごしていた時でした。
出張が1日早く帰れるようになったので、遅い時間でしたが妻のアパートに泊まるつもりで、急に行って喜ばせたかったので電話をせずにお土産持参で12時ごろ着きました。
灯りは点いてない様でもう寝たのかなと思って合鍵をつかって中に入りました。
入り口に男物の靴が有り、ちょっと状況が飲み込めないので音を立てないように上がりました。
ベットの置いてある部屋の扉が開いていて、話声がかすかに聞こえてきたのでそーと近づいてみると、スモールライトに
抱き合って寝ている男女の腰から下が見えたのです。
心臓は弾けそうで脈拍は破裂しそうに早く、何がなんだか理解できずに、まさか信じていた婚約者が別の男と寝てるなんて。
『ゴメンナサイね、私のワガママで、でも愛してるのは修三さんだけだから結婚するの』と私の名前を口に出します、誰なんだ相手は・・・・
『今夜が最後だから思い切り楽しみましょう』と妻が言うと
『俺達いとこ同士だから結婚は出来ないのは分かってるけど好きだった、俺の中では女は京子だけなんだ、幸せになって欲しいけど時々会って欲しい』涙声で話してるのはいとこの真一君で何度か会ったことがあり、好青年のイメージを感じさせる妻より5歳年下と聞いてた彼であった。
『ダメ、結婚したら修二さんの妻としてしっかりしないといけないからケジメをつけないと。真一も彼女を見つけて結婚しないといけないよ、元気出して最後なんだから』と妻は真一君のペニスを銜え『あ〜美味しい、私が男にしたんだから私を感じさせて』とジュッパジュッパと音をたてながらフェラをする、私のときは慣れない仕草をするのですが年上の妻は積極的に行為に集中していた。
彼のペニスはミルミル大きくなり私より大きいと思った。
体を移動して彼の顔に自分のオメコを持って行き69の体位になり妻は声を出していた。
こちらは真っ暗で向こうからは見えないようで2人の世界がそこにはあった。

実話体験談関連タグ

||||||

2014年8月25日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】奥手でおとなしい嫁が後輩に仕込まれた4【実話体験談】

嫁の真奈美が、俺に隠れて隆司とセックスをしていたことがわかってしまった。
真奈美は、あくまでもマッサージだと言っているし、キスは禁止しているようだ。
家での俺に対する態度も、一時悪くなった気がしたが、今は良好そのものだ。
相変わらず、週に2〜3回隆司とデートに行っている。
最近では、平気で土日などの休日を、一日デートに使うこともある。隆司と一緒に買ったペアリングは、常に身につけている、、、
そして、デートから帰ってくると、激しくセックスをするのがパターンになっている。
セックスをしながら、真奈美が俺を挑発するようなことを言って興奮させてくる。
隆司とは、腕を組んで歩いたとか、映画の間中ずっと手を握っていたとか、そんなことを言ってくるのだが、セックスまではしていないという感じで話す。
実際にはしているのがわかっているし、裏切られたという気持ちも少なくない。
だが、冷静に嫁の話を聞いていると、確かに嘘はついていない。
うまくはぐらかすというか、流れを作って話をしている。俺が、”セックスしたんだろ?”と聞いたら、ちゃんと白状しそうな気もする。
だが、嫁が俺のことを嫉妬させて興奮させて来ることに、幸せと興奮を感じているのも確かだ。
しばらくは、嫁を信じてこの状況を楽しもうと思っていた。
そんな矢先、久々に3人で遊ぶことになった。
ボーリングやカラオケをしようという話で、仕事終わりに俺たちが車で隆司を迎えに行った。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月24日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】寝取られ男【実話体験談】

以前妻の浮気話しを聞かされてから私は普通のセックスでは物足りません。ここ何年間は興奮するようなセックスが出来なくて欲求不満ぎみ。妻に「興奮させるような話しないの?」と聞いても「もうないよ」と言われ・・・あの時、暴露された時みたいな興奮が忘れられなくて。年に何回か高校の同級生と飲みに行ってくれる時、妻が帰って来るまでの間が何とも言えないムラムラ感がたまりません。浮気して来てくれるかな?と思えば思うほど興奮します。結局何もなく帰宅する妻なんだけど。家で待っている時に妻の淫らな写メなんかが送られて来たら最高に興奮するのにな。皆さんは俺が興奮するような体験ありますか?あったら聞かせて下さい。

実話体験談関連タグ

||

2014年8月23日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【実話体験談】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】誠実な人【実話体験談】

私達夫婦(40代)が、権藤さんに出会ったのは一昨年の秋のことでした。
町内会での廃品回収で、一際熱心に働かれていたのが権藤さんだったのです。
年齢は40代、実直そうな男性で人柄も良く、それは廃品回収での働き振りからも察することが出来ました。
廃品回収後、缶コーヒーを飲みながらの一服中に交わした会話、権藤さんが実は近所に住んでいるといことをきっかけに、私達夫婦と権藤さんの交流が始まります。
料理が得意だという権藤さん。
そう遅くない時期に、互いの家を行き来し、ホームパーティを開くようになりました。
私達は、その交流を通じて、権藤さんの多くを知りました。
早くに奥様を亡くされていること、一人息子は今東京の大学に進学していること等。
もっとも、実感されたのは、その人柄の優しさでした。
その優しさに私たち夫婦は癒され、ますます権藤さんとの距離が近くなり、妻と二人で日曜の夕食の買い物に行くことも珍しくなくなりました・・・。そんなある日、終業時刻に近い頃、権藤さんから電話が携帯に掛かってきました。
話したいことがあるとのこと・・・。
私達は駅前で落ち合い、駅の近くの喫茶店に入りました。
深刻そうな権藤さんの顔・・・。
唐突に切り出した言葉・・・。
「奥様を抱きたいんです・・・。」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】ATM男【実話体験談】

188 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/05(木) 11:09:16
携帯から
今出張中
電車降りたら、前を嫁と知らん男が一緒に歩いてる
現在備考中
嫁はバスセンタでバス待ち中
キヨスクで新聞と写ルンです買った
今タクシーの中、運ちゃんに事情説明して協力してもらってる。バスを追跡予定
これからどうすればいい

189 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/05(木) 11:11:06
とにかく尾行するしかないだろうな
落ち着けよ
深呼吸して冷静さを保て

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】妻と大学生【実話体験談】

妻は42歳、二十歳で私と結婚して既に22年。 高校生と中学生の息子がいる。
子供が手を離れたので地元のショッピングセンターに入っている衣料品屋でパートを始めた。
妻は結婚前から日記をつけている。
昨年の9月、妻の留守中に妻の日記を開いてしまった。
そこに書かれていたのは妻の浮気の事実。
7月某日 M.Yと台場へ ・・・
7月某日 再びM.Yと台場へ 車内で・・ パパごめんなさい。
8月某日 M.Yと錦糸町でカラオケ 求められたけど最後までは× パパと息子たちの顔が・・
8月某日 西船K(ホテルの名前) パパごめんなさい。 でも一線は越えなかったからね。
     M.Yと別れるのが怖い。 母子ほども年齢が離れているのに
8月某日 西船K 覚悟はしていた。 M君若いから。 私壊されちゃいそう。
9月某日 錦糸町Y(ホテルの名前) M君の中で出されちゃったけど大丈夫かな。 ちょっと心配。
その後、M.Yの正体を妻に問い詰めた。
妻の日記は妻のハンドバックや小物が入ったクローゼットの奥の小引き出しの中にありました。
そこにあったのは直近の2冊でした。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月21日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】寝取られフェチ【実話体験談】

わたしは人にあまり言えないような性癖があります。
それはいわゆる「寝取られフェチ」
気っかけは、高校生の頃に付き合っていた彼氏と
わたしの友達が浮気していたことが発覚してからでした。
S気のある元彼が友達との浮気の一部始終をどんなだったか報告してきました。
背は低くて華奢なのにFカップはあってパイズリしてもらったとか、
クリトリスが大きく舐めやすいから69は二人とも夢中になって
舐め合いベッドのシーツがぐっしょり濡れるほどだったとか。
浮気されて悔しい思いしましたが、話しを聞かせれてわたしの
アソコは濡れてきれるのがわかりました。
それからというもの、寝取られフェチのわたしは浮気されて怒ることはありません。
最近あった出来事は、旦那さんと会社の後輩である女の子Mが家に遊びにきた時のことです。
食事してお酒も少し飲みいい感じになってきたところ、わたしは後片付けをはじめました。
Mの姿が見えないと思い、旦那さんに聞いたところ
「さ・・さぁ?トイレじゃ・・ないかな・・あっ」

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年8月19日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】醜い男達【実話体験談】

妻が学生時代にオタク達の性欲処理として使われていた。
このことを思い出すと悔しさと興奮が混じった、
言葉では表せない気持ちになります。
妻(Y子)は一つ年下、155センチの細身な体で
胸はBカップと小さいのですが形がよく、
また整った顔立ちで年齢よりかなり幼くみえます。
美人というか可愛い感じで、喋り方が特徴があります。
昔から危機感がないのかガードが甘く、
いつも胸元が開いた服を着ており前屈みになると
その可愛い乳首が見えるのではないか?とハラハラしますが、
本人は「誰も私のおっぱいなんて見ないよ~」
なんていいながら顔を赤らめています。
出会いは大学時代でした。
自分と同じ下宿の後輩達と妻はゼミ関係でよくつるんでおり、
私達は時々廊下で話したりするうちに仲良くなり、

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月18日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング