【寝取られ】廃墟の洞窟に消えた汚嫁と間男【実話体験談】

<>338 恋人は名無しさん sage 2007/07/03(火) 14:20:56 ID:aOKnM2t20<>
投下します
携帯電話もWindowsもプレステも無かった遠い遠い昔。
本社勤務だった俺は突然営業所開設と新規市場開拓を命じられて某地方都市へ
転勤しました。
それから毎日が激務の連続だったけど何とか営業所を立ち上げて顧客も獲得し
売り上げもそれなりに順調に伸びて利益が出るようになった頃、仕事関連で
地元の若い女の子と知り合い一年程度の付き合いを経て結婚しました。
結婚と同時にそれまで住んでいたアパートを引き払い、一戸建ての借家を借り
引っ越して結婚生活を営んでいたのですが・・・・・・
問題は結婚して3年程度経った頃発生しました。

<>341 恋人は名無しさん sage 2007/07/03(火) 14:35:26 ID:aOKnM2t20<>
ある朝いつも通り営業所に出勤し入口ポストの新聞と郵便物を取って事務所に
入り事務机の上にそれらを置いた時、無地の封筒に(○○様)と書かれた私宛

実話体験談関連タグ

||||

2014年5月12日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】侵姦コンパ【実話体験談】

「あぁっ、ぁんっ、ぁぁあぁぁあっ」
「マジでカワイイな、オマエ。反応もイイしよ。今年の新入生初めてのアタリだぜ」
「はぁっ、ぁあぁんっ、ぁはぁぁあっ」
――ナンダ、コレハ。
酩酊した脳が、突然の状況に明確な答えを弾き出せない。まるで電池の切れかけた電卓の様に、バラバラの思考が脳内に浮かんでは消える

聞こえて来る声。その持ち主は間違える筈もない、僕の彼女。今時の学生にしては珍しい黒髪ロングの、僕の彼女。一緒の大学を目指して
頑張って合格した、僕の彼女。今日も新歓コンパに一緒に参加した、僕の彼女。
周りの友人からも羨ましがられる清純派の――そうだ、僕の彼女だ。
「あーヤベ、きもちイイ」
「はぁぁあんっ、ダメっ、激しいですセンパイっ」
セン、パイ?
――おい。おかしいだろ?なんでセンパイ、いや、コイツは僕の彼女とセックスをしてるんだ!?おかしいだろ!!
レイプか?だとすれば、いや、だとしなくても絶対に許さない。センパイであっても関係ない。僕はコイツは許さない。コイツをボコボコ
に殴って、彼女を――

実話体験談関連タグ

||||

2014年5月12日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】浮気されたが逆に興奮した。【実話体験談】

地味で他の男との浮気などありえないと思っていた妻が浮気していました。
相手は同じ職場の社員で、妻の上司に当たる人物です。
この1~2年、急に「残業」が増え、いわゆる突発的な「休日出社」も数回ほど
あるわりには手当額も低く、多少の不信感がありましたが、浮気をしているなど
これほども思ってもいませんでした。
今にして思えば、給料明細も見せる事がなかった(見ようとも思わなかった)ので、
妻の「今月の残業代が・・・云々」という言葉づらのみで一喜一憂していたのが笑えますが。
妻の携帯電話もよく鳴っていたので、大方浮気相手のものからが大半だったのでしょう。
トイレにこもり、メールをしている事もありました。
「XX子からの連絡よ。」という妻の言葉を疑いも無く信じていました。
きっかけは「OX美と1泊の旅行に行く。」という妻の一言から浮気を疑うようになった事です。
それらしく、某旅行会社のパンフを見せながら値段が安いのなんのと饒舌で楽しそうにはしゃいでいた
妻でしたが、旅行当日の街中で妻と一緒に旅行にでているはずのOX美さんに遭遇したのでした。
OX美さんはこちらに気づくことなく歩いてゆき、そのまま近くのデパートに買い物に行きました。
見間違いかと思い、それから数刻してから妻の携帯に電話をかけてみましたが、不通でした。

実話体験談関連タグ

||||||

2014年5月11日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】妻がバイト先の若者と(2)【実話体験談】

妻とM君の関係が何処まで進んでいるのかを調べるため、
すごく抵抗感があったのですが、妻の携帯メールが見ることにしました。
妻も嘘をついているのだからと自分を納得させ
妻が入浴中にハンドバックの中の携帯に手をだしました。
二人のメールは、簡潔でたわいもないものでしたが、
やりとりの数が多くて二人の親密度を知るのに十分なものでした。
例のデート直後のやりとりを見ると。
妻の「若い頃を思い出して楽しかったよ」と、M君の「大人の女性って素敵ですよね」
というようなことが書いてありました。この小僧が、何を生意気なことをと腹も立ちましたが、
私は胸がバクバクして勃起しました。ただ、その時点でセックスはしていませんでした。
その夜ベッドで、M君のことに話を向けました。
「彼は真面目で素直だよな、彼女とかいるの?」
「いないみたいよ」「そうか、お前ああいう若者好タイプでしょ(笑)」
「タイプってことはないけど、今時めずらしいいい子だと思うよ」と、こんな世間話から入り、
だんだん話を核心に近づけていきました。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年5月11日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】彼女の本性【実話体験談】

2年前インターネットであるサイトを見つけた。
『あなたの彼女の本性暴きます』
何だろうと検索していくと、自分の彼女が浮気しないか試しませんかというような内容だった。
自分としてはすごく気になる内容、自分は少し緊張しながらも掲載されていたメールアドレス
にメールを送った。
数時間後返信。
「お問い合わせありがとうございます。こちらはあなた様の彼女、大事な方があなた様への
裏切り行為をしないか調査するサイトでございます。(中省略)以下の内容にご同意して
頂ける方のみ応募下さいますようお願い致します」
1.彼女様の情報を虚偽なく提供して頂きます。
2.彼氏様のご協力(一部)をお願いします。
3.彼女様とのやりとりは全て報告させて頂きます。
4.この調査によってお二人の関係など、何が起きても責任は取りません。
5.彼女様の同意があった場合のみ、性行為を行う可能性があります。
6.途中で計画の中止、阻止はお受けしません。

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年5月11日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】性感マッサージ【実話体験談】

僕は一度でいいから我が妻が他の男に抱かれることをいつも想像していた。
結婚当初は考えもつかないことであったが子供ができ成長しマンネリ化した頃から
いつのまにかそう考えるようになっていた。
しかし妻は厳粛な家庭で育ったせいか、貞淑でカタブツでテレビなどで見る不倫
浮気などはまるで別世界のように考えていた。
三五歳になると身体の線は少し崩れてきたが女の魅力はますます磨きがかかってきた
と思う、髪はセミロングヘアで顔は童顔だが綺麗だ。背は163センチと普通で決して太っていない。
同僚や友人は美人で色気があり羨ましいと妬む。
そんな妻を誰かに抱かしてみたいという考えは異常であり変態かも知れない。
でも実際に妻の仕草を見ているとそう思ってしまうのだ。
これが愛の究極というのは大げさな考えなのだろうか。
僕が仕事の関係で都内へ出張することとなった、支店長会議だ。
妻のそのことを告げると珍しく一緒に行きたいと言う、久しぶりに東京へ行きたい
と言い出した。
子供は親に見てもらい何年か振りに妻と二人きりで出かけることとなった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年5月11日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻がバイト先の若者と(1)【実話体験談】

最近まで私達は平凡な夫婦でした。でも妻の不倫から少しずつ平凡ではなくなってきています。
私は40代、妻は30代後半、美人ではありませんが男好きのするタイプだと思います。
事の起こりは妻が近所のセレクトショップで働き始めたことです。
特に収入が必要だったわけではなく、家にいるより外で働きたいことが理由の趣味的な仕事でした。
元々その店で扱っている小物類が好きな妻は、毎日楽しそうに通っていました。
スタッフは知人である店のオーナーと男女の学生と妻。
オーナーは他にも店をやっていて忙しく、
妻に能力があれば、その店の店長にしようと考えていたようです。
1人で店番できそうな小さな店でしたから、2人1組のシフトで働いていました。
最初は顔見知りのオーナーが妻を誘うのを心配していたのですが
妻は学生アルバイトのM君との方と気が合ったようです。
妻は家で店の事をよく話しました。中でもよく話題に出るのがM君のことで、
彼に興味があり可愛いがっていることがよく分かりました。
私が冗談めかして「M君と不倫するなよ」などというと、
「変な事いわないでよ、あんな若い子、絶対あり得ないわ」などと否定しました。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年5月11日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】フェラチオしちゃった☆【実話体験談】

大学1年生の当時、純子という女の子と付き合ってました。
違う大学のコだったんですが、大学入ってすぐのコンパで知り合いました。
お互い大学入りたてということで、テンションも上がってたんでしょう。
一目ぼれに近いかたちでしたね。僕も純子も童貞×処女だったのですが、
純子の誕生日にようやく結ばれました。
僕は一人暮らしでしたが、純子は実家暮らし。親が結構干渉したりする
家で門限も決められてました。そんな中、青臭いながらも恋人として
たくさん記念日をつくったりして、楽しい学生生活を満喫してたと思います。
純子のイメージとしては奥菜恵さんを想像していただければ良いと思います。
そんな中、大学の友達と純子の友達を家に呼んで飲み会をしました。
週末だったので、純子も「女友達と遊ぶ」というありがちな
嘘を親についてくれて0時近くまで、ウィイレしたり、
コンビニのお菓子の批評をしながら飲んでました。
時間も時間で徐々に人数も減っていき、俺と純子と大学の友達の
浩二が残りました。(浩二は中田浩二をイメージしてくれれば良いと思います)

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月10日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】身も心も奪われて、ついには先生の愛人に…その後の妻は2【実話体験談】

以前にも投稿しましたが、また妻と性感マッサージの先生が愛し合っている所を目撃(見せつけられた)しました。
あれから、もうすっかり先生の女にされてしまった妻は、私とのノーマルなSEXでは満足できなくなってしまい
私がどんなに妻を攻め立てても、喘ぎ声すら出してもらえません。
それどころかSEXの最中、妻は「私が先生にイヤらしい性感マッサージを受けている所を、あなたにもう一度見られたい」
と私にしつこく誘ってくる始末です。。
当然、それを聞いて激しい嫉妬心が込み上げてきますが、それよりも診療所でのあの出来事!!
私が見ている前で、初対面の男に妻が寝取られてしまったあの興奮をまた味わいたいという気持ちの方が強く
結局、一緒に先生の所に行こうと言う事になったのです。
早速妻は、携帯で先生と会う約束をして、今回は夫である私も同行する事を告げると、先生も何故か即OKの返事。
約束したとたん、私は前回の事を想像してしまいSEXが終わったばかりだと言うのにビンビンに勃起してしまいました。
すぐ妻にもう一回しようと求めましたが、「明日の性感マッサージが終わってからね」と断わられました。
当日になり、妻はノーブラに黒いミニワンピース、その上に薄いカーディガンを羽織った姿で出かける準備を済ませ
私の所へ歩み寄ると、徐にワンピースの裾を捲り上げ「ねえ、今日は先生の大好きな下着を穿いてみたの!!どうかな?」
妻が穿いていたのは、お尻が半分しか隠れない程、布面積の少ないとても小さなピンク色のパンティでした。
それは、妻の手持ちのパンティでも私が一番気に入っているパンティだったのです。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年5月10日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】映画のついでに【実話体験談】

 短大を出て,病院でご飯づくりに携わっている彼女。今年で24歳のなつみだ。ある日の夜なつみと電話で話をしていると「あ,キャッチが入ったから待ってて」と言うので電話を切った。数分後に再びなつみから電話がかかってきた。
 なつみ「ねえねえ,今から映画見てくるね。」
 俺  「えっもうすぐ22時だよ。」
 なつみ「もう友だちにいいよーって言っちゃったもーん。」
 俺  「いいけどさぁ。いつもの真由美ちゃんか?」
 なつみ「今日は真由美はいかないよ。」
 俺  「ふーん。・・・。」
 なつみ「23時半に終わるみたいだから家につくのは24時かな。帰ったらまた電話するね。」
というわけで時計の針が夜中の1時をまわったところで携帯が鳴った。
 さて,このときは追求はしなかったが,後日この日の帰りが遅かった理由を聞いてみた。思ったとおりだった。一緒に映画を見に行った相手はよく遊ぶ男(遼)で,恋愛関係になったことはなく,ご飯を食べたり映画を見たりするだけの関係らしい。そしてりょうには彼女がいる。
 そんな男と映画を見終わって帰ろうと映画館の近くを歩いていると,あやしい男が声をかけてきた。簡単に言うと「カップルでAV出ませんか?」ってこと。最初は二人で笑っていたらしいが,男の巧みな話術によって,話だけは聞いてみようということになったらしい。で,当然のように,二人でエッチなことをして出演料をもらうという説明だったみたい。
「実はただの友だちで・・・」なんていう話をしていたら,AV男が「その方が面白い」とうことになり,出演料が最初の説明のときよりもよくなって・・・。出演OKしたらしい。
人が通らない場所へ案内されて,立ったままキスしながら服の上から胸もんで。ここまでで3,000円ゲット!したらしい。
「服をまくって生で揉んでみよっか—。」「かわいいねー。」
なんて言われてるうちにほんとに遼に後ろから生乳を見られながらもまれたってさ。10,000円ゲット。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年5月10日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング