【浮気・不倫】義母と…【実話体験談】

あれから、私は妻と子供が退院してから公私共に仕事や雑用に忙殺され、仕事のシフトの時間帯も変わり義母と会えない日が続いてました。
もはや娘婿と義母の関係ではなく、男と女の関係。。。。
以前、義母からもちかけられてた2人きりの旅行は、妻になんと言って説明したらいいのか…答えがでないまま保留になってました。
会えたくてもあえない…そんな気持ちが日に日につのると~私の義母に対する欲望は日増しに押さえきれないぐらいつのりました。
あの妻よりきめ細かな年齢を感じさせない義母の透き通った肌に顔をうずめて息をフゥ~と首すじから背中にかけて後から上に形よく位置付いてる胸を鷲掴みにまわし揉みにし揉みほぐしたい。
私は一度食べた時から義母の魅力的な体をいつしか愛しくて愛しくて虜になり妻かいようがいるまいが食べ続ける願望、欲求は私の理性ではセーブできない域に達してました。
もう義母のやらしいえっちな体からは離れられない。
まさしく一回食べたらやめられない…そんな心境でした(笑)
私は毎日のように一日でも早く、以前のように義母に会いたい、会ってお互いの体をはげしくぅ貪り抱きあいたい思いをつのらせていました。
そして、まもなくその好機がおとずれたのです。
子供ができてから妻は、子育てや家事に追われ~ゆっくりゆったりする時間がないので私は一つの案を考えていました。
それは幼児をもつ奥さん方が集う子育てサークルです。
ネットで見つけた地元のサークルで子育ての事をメインに幼児の健康状態チェック、家庭の事、その他さまざまな事を情報交換、会食などして親睦を深めるサークルです。
妻に話すと大喜びで即日入会しました。
毎週火曜にあるらしいです。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月30日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】先輩に、今度遊びましょうと【実話体験談】

遠距離恋愛中の彼女がいた。ある時ケンカして、ふられた。
寂しかったおれは、すぐ近くに住んでる女の先輩に電話して
留守電に「今度遊びましょう、私の部屋は角を曲がったラーメン屋の2階です」
って伝言入れといた。
ところが別れた彼女からはすぐに電話が来た。未練がある様子。
1週間後に会って、Hもしたし、けどすぐ「付き合う」という形にはしたくないらしい。
微妙な関係のまま、また遠くに帰った。
彼女とは仲直りっぽくなったし、まーいいかー、と思ってたら
夜、突然、女の先輩が部屋に来た。
「あの電話は何なのよー」とか言って。
聞けば彼氏もいるそうだ。
「彼女にふられて寂しくて」と言ったら
「そういうこともあるわよねー」とすごく分かってくれる。
しばらくくっちゃべっていた。
元々年上の女が好きなおれは先輩に微妙に触りたくなって、

実話体験談関連タグ

||||||

2014年6月30日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】野球拳【実話体験談】

文章が下手で申し訳ありませんが、最近の体験談をお話します。
私たちは40台の夫婦です…今回、一人息子が野球部を卒業することになり、父兄会の役員で『1泊2日でお疲れ様会』を行った時の出来事をお話させて頂きます。
出席者は…会長ご夫婦、副会長ご夫婦と会計の私たち夫婦の3組6名と監督さんの計7名でした…。
会長夫婦(50台半ば)…会長は少し頭が少し薄いおじさん、奥様は酒井和歌子似の熟女美人。
副会長夫婦(40台前半)…副会長は普通の会社員、奥様は色白ポッチャリ系。
私たち(40台半ば)…自分で言うのも何ですが、妻は40半ばにしては綺麗な方かと思います。
監督…29歳独身
出来事は…食事が終わり…飲み会…泊まりでは無い副会長ご夫婦が帰られた後、泊まりの会長ご夫婦と私たち、監督の2組5人がまだ飲み足りないので2次会を…と会長ご夫婦の部屋で飲みなおすことになった時です…どれくらい時間が過ぎたでしょうか…
結構酔っ払った会長が…『さて、ここで野球部役員慰労会恒例の野球拳をしようではありませんか~』
と言い出したのです…私達は『え?…唖然…』
(会長ご夫婦は2年前の長男が野球部の時の役員だったため…2回目の役員慰労会)
会長曰く『野球部役員慰労会では恒例なんですよ~役員の妻同士が真剣勝負で野球拳をするんですよ…』って…^^;
私も妻も最初は冗談だと思い…たとえ本当でもいくら同じ役員を1年間してきたとは言え、他人の男性の前で…また独身の監督の前でなんて…と最初は拒んでいたのですが…。
会長さんの強引とも思える誘いや、『最後ですし…』の言葉で…お酒が入ってることもあり私達は『納得?』で野球拳を承諾しました。
(妻は戸惑いを隠しきれてない様子でしたが、正直…私は会長奥様の50台半ばには見えない…芸能人で例えるなら酒井和歌子似の奥様に以前から好意がありましたので…妻に心の中で『頑張れ!』と言いながら妻が負ける事など頭に無く承諾したと思います。)

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月30日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】黒い下着【実話体験談】

妻は浮気をしている… 今、私は単身赴任中だが数ヵ月前から妻に変化を感じた。
私は43才、妻は34才、共に仕事を持ち子供はいない。
妻とは約1年半セックスレスの状態。月に二度自宅に帰るが妻とはセックスをしない。私は単身赴任先で知り合った女子高生と援助交際に溺れている。
先月のこと、予定外の帰宅をした。インターホンを鳴らすと、妻は不在だった。家に入ると真っ直ぐ寝室に向かい妻の使うタンスを開けると、今まで見たことのない淫らな下着が目に入った。「勝負下着か…」思いながら下着を手にすると小箱を発見した。コンドームだった。36個入りの箱の中はゴムが3個残っていた。何気にゴミ箱を目にし、中を漁ると体液の付着したティッシュにくるまった使用済みのゴムがあった。次に洗濯カゴへ向かった。中を物を全て出してみて唖然とした!男用の下着と妻の汚れた黒い下着があった。
妻の浮気は明確だった。しかも妻は家に男を連れ込んでいた。私はしばらくして猛烈な興奮が湧いてきた。家を出ると俺は再び単身赴任先へ急いで車を走らせた。いつもの女子高生に連絡を入れた。都合が悪いと言われたがいつもの金の倍を告げると強引に呼び出した!夕方近くに戻り女子高生と会うと俺は近くのホテルに即連れ込み早々に持参させた制服に着替えさせると激しくハメた!今頃妻は何処かの男とセックスしている光景を思い浮かべながら俺は夢中で援助交際の女子高生とセックスを繰り返した。やがて俺は激しい射精を女子高生の制服に発射した。いつもマグロに近い女子高生は気が付くと激しく感じていた。オジサンどうしたの?凄いよ…女子高生はトロトロだった。その後俺は再び自宅へ向かった。深夜に到着すると俺はバレないように家に入った!家の中は真っ暗だった。静かに居間のドア開けた途端、妻の激しい喘ぎ声が聞こえてきた!居間の奥にある和室からだった。襖の隙間からは明かりがもれていた。中を覗くとそこには妻と全く不釣合いなしかも自分よりも年上らしき中年男が夢中で妻を抱いていた!
結合している下半身は丸見えで、男のナニは自分よりも遥かに大きくセックスもAV並みのものだった!妻は狂っていた!時折激しく唇を重ね合う光景に俺のナニはいつしか激しく勃起していた…
凄い!凄いよ!と何度も何度も叫びながら妻は快楽に溺れていた…やがて男の腰遣いがとてつもなく高速になると突然妻からナニを抜き妻に咥えさせた!大量の精液が妻の口に発射されていた…

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月29日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】痴漢に感じる妻【実話体験談】

平日を利用して妻M(42歳)と旅行へ。
新幹線へ乗るべく在来線にて移動中の出来事です。
時間帯悪く結構混雑しているなか、或る駅にてさらに乗車客多く、一人二人挟んで少々離れる立ち位置となりました。
妻は背中を向ける格好となり私は後姿を見る体勢。
程なく妻がうつむいてモジモジしている様子が後姿から伺えます。
よく見ると後ろ二人前二人の年配男性4人に囲まれるなか痴漢行為にさらされている様子。
ですが、いまひとつ確信持てない状態がしばらく続きました。
しかし、その後妻がどうにか首だけ振り返り、何事も無いようにニコッと笑顔で大丈夫?と逆に私を気使うサインを口パクにて送ってきます。
 気のせいだと安心しつつ満員電車に身を委ねつつ、
更に込み合う車内で妻をチラチラと確認いたしておりました。
すると、また妻がモジモジ動いております。
どうも気に掛かり僅かな隙間に肩を入れ態勢立て直すと、
妻は4人に尻を揉まれ、上着の後ろ横から胸を鷲掴みされ、手はお互いの指を絡めるように繋がれています。
妻は天井を仰ぎ見る格好で成すがままにされています。
後姿にて表情は判りませんが完全に受け入れている事は間違いなさそうです。

実話体験談関連タグ

|||||

2014年6月29日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】後輩の彼女【実話体験談】

もう2、3年前のことなんですけど、3個下(当時高一)の後輩が家に彼女を連れて遊びにきました。いきなり来たのでビックリしましたが、せっかく来たので中に入れてやることにしました。
 その後輩が俺の部屋に来て早々、いきなり土下座をしたのです。何事かと思いまずは話を聞くと『1時間でいいから部屋を貸して欲しい。』と言うので、”ここはラブホじゃないんだよ”と思いつつもOKしました。(何をするのかは承知の上で…)
 そして俺は1時間どこで過ごそうか考えつつ家を出て近所のコンビニへ行き立ち読みをし、1時間後家に戻りました。
 部屋に入ると1時間経ったにも関わらず、後輩とその彼女はまだ俺のベッドの中でいちゃついており、俺はその時自分の彼女と倦怠期(?)ってやつでご無沙汰だった為、その行為に対し無性に腹が立ち布団を引っぺがしてやりました。
 俺が帰ってきたのも知らなかったのか、いきなり布団を引っぺがされて2人は全裸で放心状態。俺はそれを見て心の中で爆笑しつつ『早く帰れよ』と言いすぐに帰しました。
 ただこのとき残念だったのが、後輩の彼女はナイスバディの持ち主なのにすぐ服を着せ帰してしまったことです。
 前置きが長くなりましたが、ここからが本題・・・・
 数日後、その彼女が忘れ物を取りに1人で家に来たのです。
 彼女は『この前はゴメンナサイ』と謝ってきたので、俺は『いいよ別に。それよりゆっくりしていけば』と家に入るよう促すと彼女は『いいんですか!』となんなく入りました。
 まずは俺の部屋に通し、彼女をベッドに座らせ(ベッドしか座るとこないんですけどね…)俺は隣に座りました。特に変わった話題もなく、淡々と時間が過ぎていたのに、(話してる間、前に見た彼女の裸を想像してエロい目で見てたからかな…?)彼女がいきなりキスしてきたのです。
 そこからはもう俺の理性も吹っ飛び、Dキスになり服の上から彼女の胸を揉み、ベッドに押し倒しました。
 すると彼女は『服がシワになるからまず脱がせて』というので、愛撫しつつゆっくり脱がしていきました。脱がしていくうちに彼女の豊満なバストが露になり、高一にしてはデカいなと思っていたので『何カップなの?』と聞くと、恥ずかしそうに『‥F‥だよ‥。』と答え、久々に大きな胸を見た俺はその胸にしゃぶりつきました。
 巨乳は感度が悪いとよく言いますが、全然そんなこともなく、むしろ敏感で、乳首に舌を這わせると、『…っあ…っん』とかわいく小さな声であえぎ『…もっとしてください』と催促してきました。かなり久々のHに俺のあそこは爆発寸前です。俺も急いで服を脱ぎ、ベッドイン!
 布団の中でDキスをし、唇から耳、首筋、胸、へそと順に舌を這わせ、いよいよ彼女のあそこへ…ってところで、彼女が『クンニはイヤ…』と拒みました。
(嫌だから彼氏にもさせてないとのこと)なんだよと思っていると、『かわりにフェラするね!』といい俺の息子を頬張りました。なんと彼女はフェラがめちゃめちゃ上手で1分もしないうちに果ててしまました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月29日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】陵辱に喘ぐ、最愛の妻【実話体験談】

私は40歳、妻の亜希子は35歳になりました。
私にはSMの性癖があり(無論、Sの方ですが)、
新婚当初その行為に驚愕し戦いていた妻も、
今では被虐と羞恥に嗚咽を洩らす淫乱な人妻となっています。
数年前まで私は、そんな従順でM女としてもほぼ完成された、妻の亜希子に十分満足していたのです。
ですが、近年の妻に対する性の虐待心とも呼称出来る、
ある願望が私の中に芽生え始めました。
「妻の犯されている場面を、その場で見たい。それも縛られて、苦悶に喘ぎながら陵辱される所を・・・」
自分で言うのも恐縮ですが、妻は美しい女です。35歳になりましたが、その肉体は爛熟し、
乳房や尻も豊かで、女としての色香を十分に感じさせるのです。その妻を・・・。
何とも恐ろしく、歪んだ妄想でした。ですが、出来ないと思えばそれは私の中でより肥大化し、
抜差し成らぬ塊へと変貌していったのです。そしてついにそれを実行へと移す決意をしました。
その願望の為、私は様々な策を練りました。
先ずは妻を陵辱する相手・・・これが一番悩みました。
チャットや雑誌を只管読み漁る日々が続き、結局はそのリスクの高さに、相手探しを断念しました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月28日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】妻を強姦する【実話体験談】

嫌われているのはわかっていた。そばによると鳥肌が立つといわれるくらいだ。いまさら愛があるとはいえない。
そばを通るとよける姿にいらっとした。
「こい」
寝室に連れて行くと、小言を言われると思ったんだろう。
「なによ、早くして」
投げやりな言葉
「おまえ、いいかげんに しろよ」
残酷な 気分が わいてきた。
そのまま
両腕を後ろでにまわしてのっかかった。
予定通りに 身動きはできなくなった。
「やめて」
冷たく言い放つ
かまわずに、スカートに手をいれてパンティーに手をいれる。
何ヶ月ぶりだろうか

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年6月28日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】情けない夫【実話体験談】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。
 それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。
 ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。
 私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。
しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。
ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。
 すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。
 妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。
 その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ−に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ−トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス−パ−で売っている安いチョコだったのです。
 いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・
 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。
 そして、K君が妻の腰に手をまわしていたようなのです。私はあまりのショックその場から逃げたくなりました。だが、ふと我に帰った。不思議な興奮状態でもありました。
 もちろん、あんな若造に妻を寝取られてただ見ているのは自分のプライドが許さないと言う怒りもあったのですが。何故か、私は気づかれない様に静かに家に入ると、なんと、2階の私達の寝室から喘ぎ声のようなものが聞こえてきたではありませんか。
私は二人に気づかれないように階段を上って、そっと少し開けっぱなしになっている寝室の中を覗きこんで見ました。
そこには自分の息子と同じ年齢の少年にしがみつく妻の姿があった。私は興奮しました。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月27日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】スイミングスクール【実話体験談】

結婚7年目を迎えた。ひとり息子は小学生になり専業主婦の妻も少し自由時間がとれるようになった。ある日妻がスイミングスクールに通いたいと申し出てきた。友人の勧めで体系維持と健康の為に通うのだそうだ。インストラクターはどんなヤツだ?と思ったが、頑張って来い!と即答し男らしさを演出してみせた。
妻が通い始めて2ヶ月ほど経ちスクールにも慣れ、妻も生き生きしているように見える。いつも妻はスクールの報告をしてくれるが、あまり興味の無い話なので話半分で聞く。
「今日は○○さん、平泳ぎの動きがおかしくて・・」
「へえ、そうなんだ~」
・・・・
「あ、それと先週行けなかった分補習してくれるって」
「そうなんだ、じゃあいつもと違う生徒さんに出会えるね」
「そうじゃなくて、授業がない日にわざわざやってくれるんだって」
「ほう、すごいサービスだなぁ」
そこで以前より話題に出るオーナー兼インストラクターの加納先生を思い出す。色黒で筋肉質、面白い授業で主婦に人気があるらしい。
「ってことは、加納先生とワンツーマンなのか?」
「違うよ。もう1人補習の人いるって言ってた。」
「そうか・・」
生徒が2人と聞いて少し安心したがどうもスッキリしない。加納先生に妻が体を触られているんじゃないかと前から気になっていた気持ちが強まる。補習は俺が外回りの日だった。気になった俺は得意先に行くのを午後に回し、スイミングに妻に内緒で行ってみる事にした。
スクールの建物から一番離れた駐車場に車を止め、授業が始まった頃合を見て中に入る。2階の入り口から入ると受け付けがあり、すぐ横に付き添い人が見学できるソファーが並ぶ。プールは1階にある為、上から見下ろす目線で見学が出来る。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年6月26日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング