【寝取られ】弟の嫁と再婚 【実話体験談】

バツ1不妊症の男です。今年で38歳になります。
昨年再婚しました。相手は、弟の嫁です。

自分は3人兄妹の長男で長女と、次男がいますが、血ががつながっていません。
まぁ兄弟仲は普通だと思いますが、お互いそこまで干渉しないかんじです。
歳も弟とは9歳はなれてます。

4年ほど前、その弟が女を作って失踪しました。
結婚して2年後あたりから、離婚の話は出てましたが、
できちゃった婚で、子供もいたのでなんとかもっていたという感じでした。
その後、離婚は成立しましたが、
嫁は両親がいなく、子供はうちの親や自分が面倒みてました。

昨年弟が再婚して子供も出来たと、妹に連絡があり、父親は激怒していました。
そんな折、嫁と再婚してはどうかと自分が居ない所で話が進み、

実話体験談関連タグ

||||

2014年12月4日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】イイ夫婦の日(11月22日)記念NTR 【実話体験談】

現在私35歳、妻 千尋32歳。若くして結婚しすぐに子宝にも恵まれました。

息子は現在中学2年生。
中学受験を経験して現在、偏差値の高い有名な私立中学に通っています。
この話は一昨年の中学受験の頃からの話となります。

中学受験を間近に控えた頃、息子が通っていた進学塾では最終的な志望校
の決定をする為に、最終テスト結果を元に子供と保護者で三者面談を実施
していました。

息子の第一志望校は非常に偏差値の高い有名校なのですが、最終テスト結果で
は合格率が非常に低く、2ランクぐらい落とした学校を塾からは勧められましたが
やはりどうしても第一志望校に行かせたい故に、第一志望校を無理を承知で受験
して第二、第三志望校は息子の偏差値範囲内の学校を受験する事としました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年11月25日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】スタバでビッチに逆ナンされホテルに連れ込むも短小を笑われた 【実話体験談】

1年ぐらい前の冬のはなしです。
いま社会人2年目で24歳の男です。

会社から資格をとるように言われ、休みの日は近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。
そのスタバは駅の近くにあって、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。

夕方5時ごろでしょうか、そろそろ帰って夕飯の仕度をしようと思い、店を出ました。
駅前の道を歩いていると、後ろから声を掛けられました。

「すいません、、ちょっといいですか?」

見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。
実はその子、スタバにいたときからちょっと気になってたんです。
というのも、、着ているニットの盛り上がり方がやばい!
ロリ顔で巨乳って反則だろ…

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年11月15日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた完 【実話体験談】

僕にとっては完璧で、ルックスも性格も100点満点と思っていた嫁の美月。山本美月そっくりの、日本人離れした美しすぎるルックスは、僕ではとても釣り合いが取れないと思うほどでした。

そして、偶然知り合った美月の元カレ前田さん。僕のつまらない好奇心と、嫉妬心、虚栄心で、2人を引き合わせてしまいました。

あっという間に、以前の熱量を取り戻してしまった2人。その上、美月は気持ちを秘めていただけで、ずっと前田さんの事を想い続けていたことがわかってしまいました……。

僕は、美月から別れを切り出されることを覚悟しました。

でも美月は、僕と前田さんとの間で揺れ動く気持ちに、とんでもないケリの付け方を選びました。
受精しやすい3日間、毎日前田さんと子作りをして、妊娠したら僕の元から離れ、前田さんと一緒になる……妊娠しなかったら、今まで通り僕と暮らす。

人生を、そんなギャンブルみたいなことに任せるなんて、どうかしていると思います。でも、それくらいしなければ決められないという事なのかもしれません。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月12日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】社長が嫁との子供が欲しいらしい 【実話体験談】

25名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/01(日)18:59:43.09
会社の取引先のベンチャー企業の社長(43歳)と仲良くさせてもらってる。
社長はバツ1で娘が1人いるらしいけど元妻が会わせてくれないらしい。

居酒屋で飲んでる時、その社長がオレの嫁とデートしたいとか、子供を産んで欲しいとか言ってきた。
冗談だとは思うけれど、少なくともオレの嫁のことが好みらしい。
もしかして、オレが寝取られ好きなのを見破られているのか…

28名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/02(月)01:24:08.47
俺なら喜んで嫁を差し出す。

29名前:名無しさん@ピンキー投稿日:2012/04/02(月)09:41:32.58
「どうぞ嫁のマンコの形が変わるまでヤリまくってください」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】社長が嫁との子供が欲しいらしい 2 【実話体験談】

前コピペの続き

678:25◆W5wNclw7ro:2012/09/30(日)16:17:15.34
気持ちを落ち着けさせようと大変でした。
社長から話を聞いた後も1人で1時間ほどマックで想像を繰り返してましたし。

金曜に社長の会社に訪問に行きました。その場では嫁のことが話題に出ることもなく。
仕事をしている時はお互い真剣で。。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】好きな子が幼馴染のヤリチンに喰われた話 【実話体験談】

7月の朝、正幸は自宅のマンションから夏服の制服姿で自転車で高校に向かっていた。

信号待ちで止まり、正幸は自転車のカゴに入っている鞄から携帯電話を取り出しメールを確認した。

[昨日寝ちゃってたぁ、ごめんね]

正幸はその文を見て、顔に笑みを浮かべながら返信のメールを打った。

[いいよいいよ!じゃあ学校で!]

正幸は1年生の時から同じクラスの神谷綾香に恋をしていた、その期間は長く、もう一年以上の片思いだ。昨日は夜遅くまで綾香とメールをしていた。

学校に着いた正幸は教室に向かう途中の廊下で教室に向かって歩いている綾香の後姿を見つけた。

(あ!綾香ちゃんだ!どうしよう…おはようって言おうかな…)

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月2日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】人妻 香苗 4 【実話体験談】

27

恭子 「香苗さ〜ん!」

香苗 「ぇ……?あ、恭子さん。」

それはある日の朝の事だった。

香苗がゴミ出しに行くところで、後ろから来た恭子が声を掛けてきた。

恭子 「おはようございます。」

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年10月9日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】男三人に彼女を交えてゲーム 【実話体験談】

<>158名前:えっちな18禁さん投稿日:2013/10/21(月)12:53:00.00ID:Dhz7P3I+0<>
いつだか彼女と麻雀やって友人に抱かれたって書いたものですが、進展(?)あったので出勤前に少し書きます。

あれから彼女は目に見えてエロくなってきた。
それまで自分としか経験無かったから、他人の味と背徳感混じりの快感を同時に味わってしまったのが大きいんだと思う。

週末あってHするときも、愛撫中に「もっと触って」とか、自分で気持いいところを押し付けて騎乗位とかするようになった。
で、行為中に俺がふざけて「あいつらとのHはどうだった?」ってきいてみた。
すると最初は黙ってたけどしつこく聞いたら「・・・めっちゃ・・・気持ちよかった」って言われた。
その瞬間もう頭がなんか変になって、ガンガン突きまくって俺すぐイッてしまった。

<>159名前:えっちな18禁さん投稿日:2013/10/21(月)13:07:01.09ID:Dhz7P3I+0<>
でピロートーク。
たわいない話を少ししてから話を戻して聞いてみた。

実話体験談関連タグ

||||||

2014年10月6日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】嫁が僕に内緒でSNSをやっていた 【実話体験談】

嫁の美咲とは、来月で結婚してやっと一年になる。結婚前に付き合っていた期間も、たかだか1年弱だったので、知り合ってからまだ2年くらいしか経っていないことになる。なので、まだ新婚気分が抜けていない感じで、仲良く楽しく毎日を過ごしている。

美咲とは、趣味(新撰組)が同じで、土方歳三資料館で偶然知り合った。といっても、この時は一言二言会話を交わした程度で、凄く可愛い子だなと思った程度だった。住む世界が違うというか、僕なんか相手にもされないと思ったのを良く覚えている。

それが、偶然京都に旅行に行った時、池田屋跡で再会して、凄く驚いた。さすがに、日野で会って、すぐにまた京都で再会したので、会話も盛り上がり、そのあと一緒に壬生寺などに行くことになった。

美咲も僕も、身の回りに新撰組マニアがいないこともあり、なおかつ、お互いに住んでいるのが中野と杉並という隣同士ということもあり、よく一緒にお茶をしたりするようになった。

でも、この期に及んでも、僕は趣味友として仲良くしてもらっているだけなので、勘違いするなと自分に言い聞かせていた。
後で聞いて驚いたが、日野で出会ったときに、美咲は運命的なものを感じてくれていたそうだ。

「なんで? 何を気に入ってくれたの?」
僕は美咲にそれを聞いて、驚いてそう聞き返したものだ。
『なんだろう? 一目見て、なんかビビッときたのかなw』
美咲は、はぐらかすように笑いながら言った。本当に、笑うと電車男の彼女にそっくりだ。あの話も、出来すぎな感じの話だったけど、僕と美咲の出会いから結婚に至るまでの話も、出来すぎな感じだったと思う。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月27日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング