【人妻】妻の過去が気になる今日この頃【実話体験談】

去年の暮れに妻が結婚前に勤めていた会社の女友達が遊びに来た時の事です。
鍋を囲みワイワイガヤガヤ楽しくやっていました。
お酒が進むにつれ妻たちの男関係の話が出始めてきました。
会社の誰々と付き合ってたとかそのたぐいです。
元々お酒の強くない私ですが女性に囲まれつい調子に乗って飲みすぎてしまいウトウト・・
女性陣はガンガン飲み続けていました。
私は1人席を外れ近くのソファーでごろ寝。
酔いも回りウトウト状態で微かに妻たちの話し声が聞こえたり聞こえなかったり。
ウトウトしてどれくらい経ったのか分からない頃「あんたよく上司と不倫してたよねぇ〜」みたいな声が耳に入りました。
どうやら妻の事らしいのですがほろ酔いの私にはよく分かりません。
でも気になった私は寝た振りのまま聞き耳だけを立てていました。
「あんた○○さんと旅行にも行ってたでしょ」
妻「2回くらい行ったかな?」
「えっ 2回も行ったのぉ〜? 温泉行ったのは知ってるけど他にもあるの?」
妻「もう1回も温泉。 結構いいとこでさ、露天風呂が部屋にも付いててね」

実話体験談関連タグ

||||||

2014年5月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】俺と奈々子さん【実話体験談】

5年ほど前のことなんだけど、当時会社の子で付き合って間もない彼女が居たんだ。藤崎奈々子を清楚な感じにした(本人にちょっと失礼な表現だが)
俺には手が届かないような子だったんだが、仕事の関係でちょっと近くの
役所まで送って行ったのをきっかけに食事に行く事になり付き合うことになったんだ。奈々子さん(仮名)は英語ペラペラで、会社入ってそれほど経ってないのに
客と電話やメールでやり取りをして皆からも人気、評価ともに高かったんだ。
奈々子さんは、学生時代に年上の彼氏が居たらしいんだけど会社入ってから別れて、
だから仕事を頑張ってたって言ってた。俺たち二人の事は誰にも言ってなくて、
俺もこんなきれいな子がフリーなんて・・って思ってたけど、周りの先輩や上司に飲み会とかで
いろいろ言われてもうまくあしらっていたからあまり心配しないようにしてた。付き合ってからは、人並みにデートをしてキスをして・・・
そこからの奈々子さんのガードは結構堅かったけれど、それでもすごく幸せだったんだ。
週のうち2~3回一緒に食事して買い物したり、夜景を見に行ったり、
すごく月並みだけど人を好きになるってことはこういうことなんだ、って思ってた。今考えたら、いつも夜10時までには家に帰らなきゃって言ってたし、
会えない日に電話やメールしても夜の10時から11時はほとんど連絡つかなかったのは不安だったけど
まさか「本命の人」がいるなんって思ってもいなかったんだよ・・・。年末、奈々子さんは家族で両親の実家に帰るって言ってたんだけど、
「年が明けたら京都に初詣に一緒に行こう。実家が京都の方だから現地で会おう」って
待ち合わせの場所を決めたんだ。。

実話体験談関連タグ

|||||

2014年5月22日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】エッチな夫婦仲間【実話体験談】

私30歳、妻27歳、結婚3年目の夫婦です。
今は、私の会社宿舎に住んでいて、家賃が安く助かっています。
妻も近くのスーパーでパートで働き、”いつかマイホーム!”を目標に頑張っています。
そんな宿舎生活も3年が過ぎ、今では近所に仲のいい夫婦2組が出来ました。(寺岡さん・石井さん)
皆20代後半の若い夫婦。私達同様マイホーム目指して貯金する仲間!
子供は、家を購入した後で・・・って思っている。
3組の夫婦は、週末一緒に過ごす事が多く、酒を飲んだり・食事をしたり、時には旅行にも・・・。
年が近い事とお互い一緒にいて不愉快な思いが無いと言うのが、長い付き合いになっていると思うが、
何より、皆エッチ好きと言う事が仲良しの秘訣に思える。
まぁ、こうなったのも酒の席(男性陣だけ)で夫婦の営みが気になった寺岡さんが、自ら暴露を始めた事にあった。
寺岡夫妻もエッチ好きで、3回/週で行っていると言う。しかも普通のSEXでは満足出来ないらしく、
道具を使ったり、時には外ですると言うのです。外は開放感があり、しかも誰かに見られるかも?と言う状況に
興奮が高まると言います。
私を始め石井さんも驚きながらも、興味津々・・・。
その日は、お互い暴露大会!お互いの奥さんがあんな事を・・・こんな事まで・・・って、想像を超えた実話に

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年5月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】騙された男達【実話体験談】

高校の2年の時、同じクラスになったのをきっかけに付き合い始め、21歳の時に妻が妊娠。
妻は短大を出て働いていましたが、私は学生だったので親に無理を言ってお金を借り、入籍して一緒に暮らし始めて早や25年。当時妻は妊娠、出産、育児と慌しく、私もまた学生を続けながら休日や夜間はバイトをし、就職活動、就職と忙しい日々で、甘い新婚生活とは程遠い暮らしを送っていました。その後もすぐに2人目が出来た事で、ずっと子供中心の生活を送ってきたのですが、子供達が大きくなるに連れて2人の時間も増え、昨年下の息子が私達の手を離れて2人だけの暮らしになった頃には、当時出来なかった事を取り戻すかのように休日には2人で出掛け、平日の夜も時間の合う日は仕事帰りに待ち合わせて、食事をしたりするようになりました。

夜の生活も若い新婚夫婦のようにはいかないまでも、月に1度するかしないかに減りつつあったのが徐々に増えて、週に1度はするようになっていて、他の日でも眠る時にはどちらからとも無く手を繋ぐなど、周りの人には恥ずかしくて言えないような生活を送るようになっていました。特に妻は完全にその気になっていて、セックスの時以外はしなくなってしまっていたキスを度々せがんで来るようになり、私はその度に妻を強く抱き締めてそれに応え、そんな妻が可愛くて仕方ありません。ところが2人だけの暮らしになってから3ヶ月ほど経った頃、会社から帰ると玄関に男物の靴が置いてあり、それを境に妻が徐々に変わっていってしまうのです。
「近藤と申します。図々しくお邪魔してしまって、申し訳ございません」
私は彼と初対面でしたが、初めて会ったような気がしません。
それと言うのも、妻は役所に勤めていますが彼とは1年前から同じ課で働いていて、妻の話によく出て来ていた男だったからです。確か年齢は私達よりも10歳下で、子供が2人いると聞いたことがあります。2人は深刻そうにしていたので私は席を外しましたが、彼が帰った後の妻の話によると、彼の奥さんが浮気をして子供を連れて実家に帰っているので、その相談に乗っていたそうです。
「離婚は決まっているのだけれど、条件で揉めているらしいの」
その後の妻は頼られたのが嬉しいのか、彼に没頭して行ってしまいます。
「今夜待ち合わせて、映画でも観ないか?」
「ごめんなさい。近藤君が苦しそうだから、今夜愚痴を聞いてあげようと思って」
それは平日だけでなく、世話を焼けなくなった子供達の代わりを彼に求めているかのように、休日までも会うようになって行きましたが、年齢が離れている事や彼と会う時は私に必ず言っていくことから、浮気などは全く疑いませんでした。しかしそれは、次第に後輩の相談に乗ると言う範囲を超えていきます。
「今日は彼の家に行って、食事を作ってあげたの」
「一人暮らしの、男の家に行ったのか」
「もしかして妬いているの?彼とは10歳も違うのよ。私のようなおばさんを相手にする訳が無いじゃない。外食ばかりだから、たまにはと思っただけ」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】4年生の佐智子さん【実話体験談】

<>860 名前:えっちな21禁さん[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:09:37 ID:yBQQWonc0<>
ゼミの合宿で好きだった先輩が
他大のサークルの男に部屋に持ち帰りされたのは桶?
<>862 名前:860[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:20:28 ID:yBQQWonc0<>
それでは、少しこの場を借りまして・・・・
俺、20代後半のしがないサラリーマン。
ちなみに、年齢=彼女いない歴=童貞歴。魔法使いまであと一歩。
今日はやっと取れた夏休みでゴロゴロしている。
夏の終わりになると、思い出すことがある・・・・・
って、これ俺は毎日思い出してるな、ズリネタだから(w
<>863 名前:860[sage] 投稿日:2005/08/29(月) 09:25:37 ID:yBQQWonc0<>
×年前、俺は都内某私立大学に通う大学三年生だった。
俺の所属していたゼミでは、ちょうど今頃ゼミ合宿があって、
4年生がそこで卒論の発表をすることになっていた。
3年生は聞き役として出席。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月20日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】姉さんみたいな存在【実話体験談】

181名前:lion[sage]投稿日:04/10/1620:29:19ID:???
あれは中学を卒業して、アルバイターとして働いてた時の話。
おれはPCを買ってて、インターネットに嵌ってた。
そのころのプロバイダーはinfowebというところで
のちにニフティーと合併?して@ニフティーとなったところである。

infowebではサービスとしてチャットを提供していて
俺はそこのチャットに足しげく通っていた。
そのころチャットにいるっつーのは
仕事中なのに暇してる中年のオッサン(不倫したがり)とか
暇そうな主婦とかが多かった。
そんななかで俺は最年少の特別浮いた存在だった。
HNは厨臭いがリオンと名乗っていた。

182名前:lion[sage]投稿日:04/10/1620:33:57ID:???

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年5月20日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】我妻物語(ミニスカート編①)【実話体験談】

はじめまして。地方都市に住む会社員35歳です。妻33歳とは職場結婚で4年目。子供はいません。
結婚以来、「妻物語」に刺激を受け、私もいくつかの願望を実現することができました。
これまで貴重な体験を読ませていただいた皆さんへのご恩返しのつもりで、私の「妻物語」を披露させていただきます。
あまり過激な内容ではありませんが、初心者の奮闘記として温かくお読みいただければ幸いです。
結婚当初の私の願望は、妻の「露出」でした。
妻物語や露出系のサイトをのぞいては1人で興奮していましたが、実現には踏み切れませんでした。
妻はいわゆる総合職で勝ち気なタイプ。願望を伝えることはありませんでしたが、おそらく抵抗すると思っていました。
ところが、結婚して約1年後。思いがけずチャンスがめぐってきました。近くの大都市への1泊旅行の時でした。
私たちの職場は休日が不規則で、互いに忙しいこともあり、2人で出かけられるのは月に1度あるかないか。
妻は久々のデートに上機嫌でした。イタリア料理のランチを食べながら、私は妻に何気なく話を持ちかけました。
「久々にお前のミニスカート姿が見たいなあ。まだ30歳なんだし、きれいな脚をいつも隠してるのはもったいないよ」
妻は身長165センチ。モデルみたいな細さではありませんが、学生時代に運動で鍛えた引き締まった体型です。
でも、職場ではパンツスーツばかり。20代後半からはプライベートでもスカートをはくことはありませんでした。
私の突然の提案に、妻は意外にも「そうねえ。たまにはミニスカートもスカートいいかも…」と、まんざらでもない様子。
私はすかさず畳み掛けました。「絶対似合うって! 俺が金払うから、今から買いに行こうよ」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年5月20日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】俺が負けたので、彼女が手コキした完  バッドエンド【実話体験談】

明雄のPCからコピーした動画ファイルには、俺の同棲している恋人の典子と明雄の、AVのようなセックスが収められていた。

明雄に無理矢理関係を迫られているのでは?等とも思っていたが、どうみても典子の方が積極的に楽しんでいる。
初めは、何とか典子を取り戻そうと考えていたが、それも無理だと思い始めていた。何よりも、動画で典子が言っていることは、あまりにもショックが大きすぎた。
仮に典子と明雄の関係が終わったとしても、もう典子と今までと同じようにはやっていけるはずもないと気がついた。

典子はまだバイトから帰ってこないので、他の動画も見てみた。
どれも濃厚なセックスが収められていて、どんどんやることがエスカレートしていったいた。

この動画では、典子のアナル処女を奪うシーンが収められていた。

動画が始まると、どう見てもラブホテルのような内装の部屋が映り、SMの台みたいなものに乗せられて拘束されている典子が映った。その、出産する時に乗せられるような台に乗せられて、手首足首を固定されている典子。
その顔には、黒の皮のような目隠しがされている。
ほとんど全裸だが、胸だけカップがない枠だけのブラを着用している。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月19日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】私の罪・妻の功6(未完)【実話体験談】

前編:私の罪・妻の功5

妻の後を追って、こんな関係を阻止しようか…
妻の後を追って、また覗き見するのか…
このまま寝たふりで朝を待つのか…
混濁した意識の中で、かなりの時間考えていました。ふらつく体を支え、私は立ち上がりかけました。
すると、私を呼び止める声がして、「覗きに行くんですか?」と問い掛けられました。
鼾をかいて寝ているものだと思っていた社員の一人が、体を起こしていました。その男は他の社員と同じく、妻を叔父の愛人だと思っているらしくて、「澄江さんいい女ですよね。実は私も目を覚ましていたんですよ。社長とキスしてるところから盗み見していて、覗くなら一緒に行きましょう。」
と立ち上がりました。
私はそんなつもりではないと、拒絶しようとしましたが、その男に体を押されるまま叔父の寝室がある2階へと上がっていきました。澄江をまさか私の妻だとは思っていないその男性社員は、寝室に向かう間、声をひそめながら私に囁きます。
「実は噂は聞いていたんですよ。社長の家の飲み会に誘われて、秘書の澄江さんが参加してる時は、適当に飲んで寝たふりをしてろって…いい事があるって、これだったんですね。」
厭らしい笑顔を浮かべる男に相づちを打ちながら、すでに何度も行われてしかも社内の噂にまでなっている事に、ショックと嫉妬の感情がのしかかってきました。
叔父の寝室らしい部屋が見えました。
よく見ると若干明かりが洩れています。一緒にいる男が呟きました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年5月19日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】いきずり【実話体験談】

結婚して10年 初めて夫以外の物を味わってしまいました。
たまにランチに行く友達と九州に2人だけで旅行に行きました。
友達が良い男見つけて遊ぼうか??って言い出したの。え〜〜って思ったけど、飲んでたこともあり旅先のアバンチュールも良いかな??  そしてそんなことできると思ってなかったです。
友達が声かけて、同年代の地元の男性と4人で飲むことになり、いつの間にかカップル状態で2人ずつになり飲んでました。
気持ちのテンションも上がり、気持ちよくっていい気持ちでした。
店でて私はふらつき、男性の腕にしがみつくと抱き寄せられて、路上でキスされたのです。
顔は赤らみ血が上り、男性の胸に顔を沈めてました。
男性の腕にしがみつく感じで歩き、ホテルに入りました。これから何が始まるかわかってました。
入りなり熱いキスされ 頭がボーとしちゃって そのままベットで服着たまま愛撫されて、酔いもあり気持ちいい感じでした。
いつの間にか2人とも裸で抱き合ってて、キス・・ 男性の舌が首から乳首にお腹、そしてクンニされて私のあそこは洪水のように濡れてきちゃって、私から男性の物を掴み入れてました。
激しい突きとピストンされて、精液がお腹にきてお腹が温かく感じました。
それからが私がいまままでに無い行動でした。
私からペニスを握り、銜えてしゃぶいり 2回目のエッチに入り、私もものすごく感じて、初と言うくらい雄たけびを上げる感じで叫びはじめてたのです。
2回目は一緒にいったと思います。精液が口に出され、手でなぞりながら虫の息感じで余韻に浸りました。
数分愛撫されて 3回目はバックから突き上げられてもう快楽以上に感じてました。

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年5月18日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング