【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 完結 【実話体験談】

前回↓

最初から読みたい方は↓

天野と近藤、2人の男の手によってあっという間に絶頂に達してしまった菜穂は、身体を大きく仰け反らせた後、足腰をガクガクと震わせてカーペットの上に崩れ落ちるようにして座り込んだ。

「ハァ……ハァ……」

菜穂は自分でもあまりに早くイッてしまった事に驚いていた。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月9日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 2 【実話体験談】

前回↓

12

菜穂の返事を聞くと、天野はニンマリとした笑顔を見せた。

「いやぁ良かった、奥さんが話が分かる方で。」

「あ、あの……本当に夫には……」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月4日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【近親相姦】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子 【実話体験談】

康太のズボンの上から、そのいきり立ったペニスを触る白い指。康太はまだ一年で、思春期の扉を開けたばかりの彼は、やっと毛も生えそろってきたというところだった。

そんな康太のペニスを優しく触りながら、
『最近してないでしょ? また、ためちゃわない?』
と、優しい笑みを浮かべながら聞いてくるのは、康太の母親だ。肩より少し長い髪で、童顔の彼女はまだ若々しく、女子大生の中に混じっても違和感がない感じだ。
いくら早くに康太を産んで、それほど歳がいっているわけではないにしても、異常なほど若々しい。
彼女は、いつものピンク色のエプロンの下に、薄い紫の縦に織り目の入った長袖のセーターを着ている。普通の主婦の格好だが、童顔の彼女がしていると、料理教室に通うOLのように見えてしまう。

そして、康太を母乳で育てた事で妊娠前よりも大きく育った胸は、エプロンの上からでもはっきりと存在を主張している。
そんな彼女が、椅子に座る康太の前で床にひざまずき、優しくズボンの上からペニスを撫でながらそんな事を聞くのは、恐ろしく背徳的で淫靡なモノに聞こえる。

「だ、大丈夫だよ! 一人でやるから!」
康太は、慌ててそんな事を言う。顔も真っ赤で、照れているのがよくわかる。
『平気なの? 一人でやりきれるの?』

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年3月6日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【浮気・不倫】続・新妻絶頂 【実話体験談】

前編:新妻絶頂

電話が鳴ったのは、一週間分溜った洗濯物を干し終わった時だった。
よく晴れた土曜日である。美佳の銀行も健介の会社も週休二日だったが、健介は仕事が残っているからと言って午前中に出かけてしまっていた。
今日はどうしても家にいて欲しかったのだけれど、そういえば婚約したばかりだった去年の夏も、健介は土日返上で働いていた。
年に一ヶ月のことだから、仕事だけなら我慢しなくてはいけないのだろう。
しかし今日はその上、学生時代の先輩の結婚式の二次会があるとかで、帰りが遅くなるという。
美佳はそれだけでも欠席して早く帰ってきて欲しいと頼んだのだが、健介は例によって柔和な口調で拒んだ。
「そうもいかないよ、なるべく早く帰って来るようにはするけど。ごめんな。」
「でも毎日遅くて疲れてるんだし…。」
「ああ、大丈夫だよ。ずいぶん実家にも帰らせてもらってるし。」
「そんなにここに帰るのが疲れるの?」
「そういうんじゃないよ。仕事は遅いけど、寝る時間はきちんと取ってるから大丈夫、ってこ と。」
「そう…じゃあ、できるだけ早く帰ってね。」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月23日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】人妻 香苗 1 【実話体験談】


食卓に美味しそうなタイ料理が香る。

辛味と酸味の効いた旨みのあるスープ、トムヤムクン。魚介のすり身で作ったタイ風さつま揚げ、トートマンプラー。そして丁寧に作られた生春巻きと、パラパラに仕上がったチャーハン。

食卓に並んでいる料理達は実に彩り豊か。タイ料理は夫・祐二の大好物である。

今日は夫婦にとって何か特別な日という訳ではなかったが、明日は休日であったし、なんとなく香苗は祐二のために頑張ってみたのだ。

祐二 「ん……美味しい、香苗はまた腕を上げたね。これからは外にタイ料理を食べに行かなくてもよさそうだな。」

香苗 「フフッそう言ってもらえると頑張って作った甲斐があるわ。ねぇ祐二、生春巻きも食べてみてよ、今日初めて作ってみたんだけど、どうかな?」

実話体験談関連タグ

||||

2014年9月24日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】どうしよう 俺【実話体験談】

まぁ現在進行形の話なんですが…
自己紹介など…
俺、48才 地方の商社の中間管理職。仕事はデスクワーク2/3 外回り1/3って感じです。
妻、43才 パートで会計事務所に月曜日から水曜日まで基本働いている。隔週で木曜日まで働くことがある。
事の発端は、部下が風邪で休んでしまいまして彼の担当する所のご用聞き+納品に行くことになった時の話で…
出社して一通り事務を片づけて品物を営業車に入れて納品先に向かいました。まず地元のお得様に荷物を配達し隣の市のお得意様に行きました。
隣の市と言っても県外でして私は国道をひた走りました。
俺、F市に向かって片側二車線の道路の左側を走っています。軽く右側を追い越す軽自動車…
車種・色とも見なれたもの、「妻の車と同じだ」と軽く思っていました。
ふとナンバーを見ると妻の軽と同じ…「あれ~A子だ」とつぶやきました。
今日は木曜日だがパートが無い週、私はF市に買い物でも行くのかな思いました。
道路は市街地に入りました。私はいたずら心が出て「どこに行くんだろ」とついて行けるところまでついていこうと思いました。気分は尾行する刑事気分!
この行動、不幸の始まりました…涙。
妻の車は国道と高速IC交わる付近を走っています。
近くには大きなショッピングセンターがあります。妻はそこに行くのかな?と思いました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_4【実話体験談】

(この子も脅えているのね……)
 雄太の肌は青ざめており、薄い脂肪にあばら骨が浮き出ていた。朱美はその一本一本を確かめるように指先を滑らせてゆく。
「あっ……」
 雄太の背筋がしなり、衰えを知らない男根が大きく揺れた。朱美の乳房も腕の動きにつれてたぷたぷと震え、その先では乳首はゆっくり回っている。
「ね、ねえ……。雄太くんも触っていいのよ」
 揺れる男根を見据えたまま促すと、雄太は回る乳首を凝視して応えた。
「ど、どこを触ればいいの?」
「どこでもいいのよ。好きなところを……」
「ど、どこでも?」
「ええ、どこでも……」
 手を伸ばそうとして、雄太が目を瞬いた。眼前の乳首がぷくっとふくれたのだ。ほんのわずかな膨張だったが、瞬きを忘れるほど凝視していたので見間違いではない。
「あ、朱美さんも気持ちいいの?」
「え?」
「朱美さんの乳首、ふくらんだよ」
 朱美の頬が引きつった。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月13日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜①)」【実話体験談】

何かで見たが 「初夜は 合意の強姦だ」と云う言葉がある。確かに初夜には 肉体的のみならず、精神的にも当事者‥特に 花嫁の心の問題を無視して、コトが 運ばれる傾向が強い。それは時に 花婿の恣意でも無く、時の権力者とか 村やその一族の権力の維持のために行なわれる。あるいは権威の事大主義で 形式を維持・厳守したり、権威の統制力を高めたり、性的妄想を 閉鎖社会の享楽に供することもある。
それは多く 性と言う非公開の個人的な秘事に、その手続きがあることで 第三者が公然と介入する根拠にされる。つまり‥極まりだから 悪いけど‥堂々と形式を執り行わせてもらうよ‥と云う訳である。考えれば このブログで私が書いた記事の中にも「新規参入者の 一族との和合」「特殊な血統の 濃縮維持」「媾合可能年齢(初潮・精通)の 通過儀礼」「血族の俸禄継承のための 嫁姦」「夜這い対策の 女通し」等があった。
その場では 花嫁や女通しを受ける娘の側には、全くと云って良いほど 発言する余地は無い。それも‥ 肉体的に侵されるだけで無く、その行為を一般に公知することが 付帯で無く‥本来の目的のように段取られている。花嫁はその初めてその局面に遭遇し、未知だった意外な情況を 肉体的な苦痛と精神的な衝撃を克服して、とにかく消化し‥止まらずに、恥ずかしくてもそれを凌ぎ切って 先へ進まなければなら無いのである。
            
前に書いた「女通し」の場合でも 無垢で清純な生娘は、親戚の叔母が 待ち女郎になって介添してくれるとは云え、始めて会った年配の男の前で いきなり丸裸にされ、男と叔母との媾合の仕方を見せられる。そして男に抑え込まれ叔母に拘束されて 脚を割られ180度に拡げられ、これも始めて目にする巨大なマラを オメコに割り挿れられる。そしてオメコに熱い子種を浴びせ掛けられ 男と女のスル‥一通りを教え込まれるのだ。
更に娘は その余韻も覚めぬ内に、広間で酒盛りをして待つ 親戚の連中に、髪を梳き流しの(今‥ヤラれて来ましたと 言わんばかりの)姿で、股の間のマラの異物感を感じたまま、ガニ股で這い出して 報告とお礼の挨拶をさせられる。場合によってはその場に 破瓜の鮮血に染まった敷布が披露されるのである。その姿を見て 宴会は大いに盛り上がり、一同はその嗜虐的な刺激を基に 家に戻って銘々に媾合に励むのだろう。
この場合でも肉体的な破瓜と 精神的な被虐的な露出の強姦性を比べるなら、明らかに 精神的なトラウマの方が遙に大きいことが想定される。このことの連想から 私は、(恐らく そう云う形式が色濃く残っているであろう)皇室などの事情は どうなっているのか?が気になり、ネットで 調べてみた。もちろんネットで‥ 全くの真実が得られるとも思わなかったが、取り敢えず手掛かりくらいは 得られるのでは無いかと考えたのだ。
その結果‥判ったことは 果たして次のような 大変な形式に満ちた手続だった。もちろんこれは 真実であるか否かは保証の限りでは無いが、如何にもそれは 〝在りそうなこと〟である。そしてその行事の 精神的な拷問性は、生まれてからズッとそんな感覚に馴れている皇室育ちの人間よりも、新たに民間から皇室に這入った人間への 衝撃が大きく、その心中は察するに余りがあり 私などは想像しただけで昂奮してしまった。
資料は 「皇族ってセックスの知識どこで入手するの?」2006-02-08T⑩:28:05+09:00 《VIPOIR:vip板観測所(a view point of VIew Point より)》である。興味のある方には 是非とも原文のご一覧をお奨めする。以下の説明は 私が多少ともアレンジしたり、一部‥表現を 変えている処があるからである。皇族の結婚式は もちろん昼間の、宮中三殿での行事には 何の不思議も問題も無く、違和感は その後の行事である。
『皇族の初夜の儀式は 「入浴潔斎の儀」から始まる。昼間の儀式は 宮中三殿の賢所で行う「賢所大前の儀」や、親と子の杯を交わす「朝見の儀」など、正式な束帯と十二単の衣装を纏うのが 大変だが、間違え無いように 試行も行なうだろうし、間違えたら付き添いが直してくれるから 問題は無い。』
まぁ‥ここまでは 肉体的な疲労ぐらいで、馴れてい無いと 地髪を鬢付け油で固めるのが‥固めるのも落とすのも 大変だと云うくらいいの事である。
『それらの一連の結婚の儀を 滞り無く終えると、いよいよ初夜を迎えるための 準備の行事になるが その最初が「入浴潔斎の儀」である。簡単に云えば 風呂に這入って身を清めるのだが、その入浴たるや 昼の疲れを洗い流す‥ようなものでは無い。
それはその日 結婚の式を終えたばかりの男女が、その意志に関わらず 執り行われる、神聖な初夜を迎えるための 儀式を超えた‥実質的には検証の入浴なのだ。
女‥花嫁は 巫女と呼ばれる女官(正式には 神社の処女の娘とされるが、実際に行われるのは 大概‥皇族に仕える中高年の女性だと云う。(そりゃぁそうだろう‥ 未通の処女では、これから入浴を兼ねて行う‥ 女が処女か?媾合に耐え得るか?の検査など‥出来はし無いのだから‥)
巫女は 女(花嫁)と一緒に入浴する。浴室に入ると女は (少し‥股が透き弛むくらいの 足の間隔で)仁王立ちに立たされ、それからはそのままの形で、一切‥自分では 自分の身体に手を触れてはなら無いのだと云う。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年4月10日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】金持ち熟女の変態率は異常【実話体験談】

<>1:名無しさん@ピンキー:2012/05/17(水)11:41:15.85ID:MWTOzzltP<>

出会い系で、熟女とエッチして15Kもらった。

アナルを30分以上舐めさされた。

二度とやりたくない。

思い出しただけでも吐きそう(´ж`;)ォ・・ォェッ・・・

<>3:名無しさん@ピンキー:2012/05/17(水)11:54:47.78ID:nUEO8YJB2<>

業者乙といいたいところだけど、話聞いてみたい気もする

<>7:名無しさん@ピンキー:2012/05/17(水)12:06:16.78ID:KRSCCGLLv<>

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月6日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】妻の裏切りから【実話体験談】

ここに投稿されてる皆さんは奥さんや彼女が犯されているシーンを見て勃起したとか書いていますが私は全く勃起どころか性的興奮はありませんでした。
怒りと情けなさで胸が張り裂けそうになりました。
私の妻は40歳過ぎですが清楚で真面目な女でした。
ところが突然、借金の督促が山のようにきたのです。
サラ金だけならともかく闇金業者まで押しかけてきたのです。
300万余りあったはずの預貯金も無くなっていました。
年収は700万ほどですのでそんなに金に困るはずもないと妻を問い詰めました。
最初は長女の大学入学に大金がいったとか親戚に貸したとか言ってましたがそんな嘘はすぐにバレます。
バレたら泣いて謝るだけで何に使ったのかは言いませんでした。
妻の両親と兄弟に来てもらって話をしようかと言うとやっと泣きながら話だしました。
妻は昨年の正月に同窓会に出席したのですが、それから元彼だった同級生とメールをするようになり昨年の春から関係を持ったのだそうです。
しかしその元彼ってのがロクな男じゃなかったのです。
携帯やデジカメで妻の裸体を撮っていてそれをネタに小遣いをせびってきたのです。
私や娘にバレるのが怖くてお金を渡していたのですが少しづつ金額も大きくなり、また複数プレイを強要したりして段々と墜ちていったようです。
預貯金を使い果たすとサラ金や闇金を紹介して金を借らせては持って行ったのです。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月18日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング