【人妻】酔った勢いで妻を晒してしまった・・【実話体験談】

今年のGWに同級生と飲み会があったのですが
同じ日に妻も職場の仲間と食事会(飲み会)があり子供たち4人を私に実家に預けて出かけました。私は44歳、妻は41歳、子供は高校生の長女と中学生の次女、小学生の三女と長男という家族です。妻から『二次会の後、カラオケに行くから少し遅くなります。』とメールが着ていました。
私たちは居酒屋を出てスナックへ行く予定が私の家で飲もうってことになり
タクシー2台で私と5人の友人がコンビニ経由で我が家に到着、飲み会の続きをしていました。しばらくして酔った妻もタクシーで帰宅、そのまま飲み会の輪に加わり
上着を脱ぎタンクトップと膝までのスカート姿で最初は床に正座してたのですが
気づくといつの間にかソファー側に座り友人の一人に少し持たれかかっていました。話題は下ネタというか妻の胸の話で盛り上がっていました。
妻は少しポチャっとした体型で巨乳&デカ尻で、妻が帰宅するまでも友人たちが胸を揉んでみたいとか
話のネタになっていたので、その延長だったのです。
実際に妻は巨乳でブラをしていれば素晴らしい胸なのですがブラを外すと見事に垂れています。
お腹も皮が垂れて妊娠線が目立ちます。妻は二人の友人に挟まれて満足そうな笑顔でしたが、酔って眠そうな虚ろな目をしていました。
しかしそんなことはお構いなく二人の友人は妻の胸やお尻に軽くタッチしていました。
最初は「きゃー」とか「エッチねぇ」とか言って友人の手を振りほどいていましたが
途中から何も言わなくなったと思ったら眠ってしまってました。その時気づいたのですがソファーの反対側に座っていた三人の友人の視線が妻の下半身に集中しているようで
妻の方を見るとスカートの裾が上がり股も少し開いてるようで向かいの友人たちには股間の下着が丸見えのはず・・・
と思った瞬間に酔ってたこともあったのか私の悪魔の部分が騒ぎ出したのです。立ち上がると三人の後ろに回り込み妻の股間を覗きこみました。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】美咲【実話体験談】

友とか女友ってなんか書きづらいので、仮名つける。
俺が武(タケル)友は洋介 女友は美咲 女友友と元カノはもうどうでもいいや。

あれから俺は、とりあえず普通に生活してた。
あまり余計な事を考えないように、出来るだけ残業して
そんで家帰ってメシ食って寝るって感じ。
でもその合間合間に美咲のことは考えてしまう。
女友友の話を聞いたあと、少し女性として意識してしまい、
さらには洋介との過去を聞いて以来、完全に気になってしまっている。
それは美咲に対する純粋な恋愛感情じゃなくて、
「他の男に取られるくらいなら~」という、下衆な独占欲もあると思う。
それでも気になるものを気になるし、でも気になったところで
元カノの話とは違い、洋介と美咲が何をしようが、
俺にどうこう言う権利など全く無いからどうしようもなかった。
それでも、もう一度きちんと洋介と話をしようと思い、

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】浮気がバレて、嫁に制裁された、、【実話体験談】

自分の家の寝室で、後ろ手に革手錠で拘束された状態で床に座らされている。
目の前では、嫁が知らない男にフェラをしている。
嫁は全裸で口にチンポをくわえながら、俺のことを見続けている、、、

『あんたも、あの子にこうしてもらったり、こうしてあげてたんでしょ? ホント、マジキモイ、、、』
言い訳をしたいのだけど、口に大きなボール状の口枷を突っ込まれているので、しゃべることも出来ない、、、

嫁とは結婚して6年経つ。お互いに30歳で、子供はまだいない。
嫁は、ひいき目なのかも知れないが、かなり美人で、スタイルも良く、結婚できたのが本当に奇跡だと思っていた。
顔は、ケイゾクの頃の中谷美紀に似ている感じで、本家と違って巨乳でもある。

黙っていると冷たい印象のある嫁だが、中身は女の子そのモノで、可愛らしい趣味ばかりを持っていたりする。ただ、強気なところもあって、滅多にないが喧嘩になると結局俺の方が謝る感じだった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月20日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】エロ雑誌モデルの妻【実話体験談】

以前、テレビで美術モデルに素人、それも主婦がしていると言うのを見ました。
お金もあるんでしょうけど、裸を見せる事に自信があるんでしょうね。
そんな番組を見て、ふと昔の事を思い出したんです。
結婚して数年がたった頃なんです。
セックスがマンネリ化していても浮気する勇気も金も無い小心者の自分は、せいぜいエロ雑誌を見て想像を逞しくするだけでした。
そんなネタの一つにある雑誌に人妻ヌードを紹介しているコーナーがあって、こいのコーナーも目当ての一つでした。
えっと、隣の美人妻なんとか?だったか、そんな様な覚えがあります。
今でこそ、そんなモデルがいますが、本当に素人かも?と思わせるのに充分で、そこそこレベルの女性が脱いでいたんで好きだったんです。
買っても、用が済んだら、すぐ捨ててしまったりしていたんですが、ある号に妻に似た感じの女性が載っていたのがあって隠していたんです。
ある日、家に帰ると、隠しておいたその雑誌が机の上に乗っているじゃありませんか!
まぁ~その後は、想像の展開でした
妻曰く、S君(←自分のことです)が男だからこう言うのに興味があるのは判るけど、ちょっと許せないとか
やっぱり、女性は、夫が自分以外の女に性的興味を持つと嫌なんでしょうね。
しかし、幸だったのが、そのモデル女性が妻に似ていたからでした。
そんな言い訳を言うと、やがて機嫌が直り、このコーナーを見始めていました

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】先輩に彼女作ろうと奮闘してたら俺が結婚する破目になった【実話体験談】

俺:割と社交的だけど人の好き嫌いが激しい 25歳フツメン
A先輩:ものすごくいい人だけど女とまともに話せない ピザデブヲタ34歳 

結婚する破目になった子を嫁とする
かなり小柄(140台)でちょい巨乳(D)。まあまあ可愛い。
幼稚園~中学校まで同じ学校にいた。A先輩絡みで偶然再会することに。

A先輩とは出身大学や学部が同じ事もあって、結構年が離れてるけど仲良くしてもらってた
事の始まりは1年弱ほど前に2人で飲みに行った時。

A先輩「あーなんか最近さびしいんだよね」
俺「え、どういうことですか?」
A先輩「なんかこのままずっと一人で、家に帰っても会話する相手もいないのかと思うとさ」
俺「Aさんずっと彼女とか要らない、ヲタ道を生きるって言ってたじゃないですか!」
A先輩「それは去年までの話。俺もやっぱ人のぬくもりが欲しいよ」

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】彼女が喰われた話【実話体験談】

昔彼女が喰われた話書きます彼女は年下だけどクールでしっかりした娘。
無口っていうか必要最低限のことしか喋らない。
あと結構口が悪くて、俺にはよく毒を吐く。
同性の友人に対してはそこまで辛辣では無いみたい。
ただ周りに無関心というか、人付き合いが不器用そうな感じ。
素っ気無い猫というか、ハリネズミみたいなキャラ。
目つきも悪いし。
だけど本当は優しくて、そこに惚れた。
すごいおばあちゃんっ子だから、老人にはすごく自然に気配りが出来て、惚れたのもそういうところ。
彼女(以下理恵)と出会ったのはバイト先。
理恵が高二で俺が大学二年の時。
バイト帰りにたまたま一緒のバスに乗ったんだけど、向こうは俺に気づいてなくて、でも
俺も声をかけるつもりなかった。
すごい無愛想な印象だったから、話しかけてもどうせ冷たくあしらわれると思ったしね。
そんでしばらく乗ってると、バスの中がすこし険悪な雰囲気が流れた。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月17日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 1【実話体験談】

私の妻は恥ずかしいカラダをしている。
神様のいたずらとしか思えない。
服を着ている時は非の打ち所がない完璧なスタイル。
少し古いがキョンキョン似の色白で身長168と背が高く、Fカップの巨乳の持ち主だ。
しかし服を脱がすと印象がガラリと変わり、
いささかグロささえ感じてしまう。
かたちが良くツンと上を向いた白い胸には似つかわしくない直径7センチもある乳輪。
出産経験もないのに黒くてブツブツしている。
性器に至っては、縦にも長い大きく黒いびらびら。
人差し指の先ほどあるクリトリス。
そして全身毛深い。
私は毛深い女性フェチなので、処理を禁止している。
黒ぐろと伸びた腋毛、
全身に濃いめの産毛がビッシリ生えていて、色白なので良く目立つ。
乳輪に渦巻くように乳毛が生え、へそから陰部 アナル周りからお尻のほっぺたにまで汚らしく生い茂っている。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月16日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】7千万円【実話体験談】

とんでもない借金を背負ってしまった。妻が先物取引で7千万円の穴を空けてしまった。支払い期限まで、3ヶ月を残し俺と妻は途方にくれていた。俺達の家庭は、妻と同級生で42歳、高校生と小学生の男の子2人の4人家族だ。俺の両親と義父母には、経済力はなく心底まいっていた。唯一支払いの可能性があるのが、妻の義兄(姉の旦那)だが、義姉の結婚に反対した義父母の考えで絶縁状態となっていた。義兄は不動産会社社長でほとんどヤクザのような人間で52歳、義姉は、妻より4歳年上の46歳で専業主婦。しかし、義姉の体の問題で子宝には、恵まれなかった。どうにもならない状態で俺と妻は義姉を通じて、義兄と面会することになった。見た事もないような屋敷に俺と妻は赴いた。義兄は出迎えると同時に
義兄 『どういう風の吹き回しだ。俺達とは絶縁したんじゃあねえのか?』
俺 『兄さん すみません。借金をしに来ました。』と一連の事情を説明した。
義兄 『ああっ 虫が良すぎやしねえか? 散々俺達を無視したくせに、助けてくれだって』
妻 『兄さん 私が悪いんです。お願いしますお金を貸して下さい。』妻は土下座をした。義姉は義兄に逆らえず、ただ話を聞いているだけだった。
義兄 『ふざけるんじゃあないよ。結婚して10年 何の音沙汰もなく、来たと思ったら金貸せだ~』
俺 『本当にすいません。でも兄さんしか頼る人がいないんです。お願いします。』俺も土下座をした。
しばらく、義兄は考えていたが、義姉から下話があったのだろう、とんでもない提案をしてきた。
義兄 『まあ、そうは言っても可愛い マコちゃん(妻)のためだし~ 俺の妹だからな~ 考えてやっても良いけど。』とニヤニヤして妻と義姉を交互に見る。続けて
義兄 『どうだいマコちゃん。俺達には子供がいねえ そこでだ、俺達の子供を産んでくれねえか?』
妻と俺は義兄の提案に呆気に取られていたが
義兄 『ヨシ子は子供が産めねえ体だ。しかも人工授精もできねえ。同じ姉妹だから俺とマコちゃんの子供ならほとんど変わりねえだろう?ん~ どうだ?俺の提案にのってくれたら、1億でも2億でも出してやる。俺は手前の子が欲しいんだよ。あんた達みてえにさ~。それとも四十過ぎちゃあ産めねえってか』と一方的に話し出した。
義兄 『まあ無理にとは言わねえが、考えてみてくれ。ヨシ子とは話済みだから』俺と妻は顔を見合わせて考えたが、考える余地など最早無い所まで追い詰められていた。妻が俺を見て頷き
妻 『わかりました。産ませて頂きます。その代わり人工授精でお願いします。』と泣きながら答えた。
義兄 『馬鹿言っちゃあいけないよ。7千万貸して、その上まだ金出せってか~ いくら掛かると思ってんだ~ あ~ 俺が種付けして孕ませるほうが、金掛からなくていいじゃあねえか~ あ~』と怒りに満ちた表情で俺達を睨んだ。さっきまでは、1億でも2億でもと言っていたくせに、心変わりが激しい奴だ。しかし、何度も言うようにその時は、選択の余地がなかったのだ。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年7月15日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】 二番でも良いと言って結婚した嫁と 【実話体験談】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。

麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。

麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。

でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。

1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。

そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月15日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】寝取られた男【実話体験談】

あれは去年の10月。
俺は1人暮らしをしていた。
ごく普通のサラリーマン。
結婚を前提に(俺が勝手に思ってた)彼女もいた。
2つ年下の彼女。割と可愛い方だと思う。
脱いだら凄い系で、俺の大好きなムッチリ巨乳な彼女だった。
付き合い始めの頃は、会うたびにヤリまくった。
俺が2人目だと言っていた彼女だったが、ヤリまくったせいで徐々に開花してきていた。
ギャグでピンクローターをバイブを買ってきたら、何気に気に入っちゃって。
バイブでオナニーしながら、俺とキスをするのが大好きな彼女だった。
付き合い始めて2年ちょっと。
彼女の高校からの友人とその彼氏を含めた6人で別荘に行った。
別荘とは名ばかりで、10畳ぐらいの部屋とお風呂しかないロッジ。
俺は全員初対面で、とくに楽しい感じでもなかった。
彼女は全員と会った事があるらしく、かなりはしゃいでいた。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月14日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング