【人妻】我が家の性の事情前編【実話体験談】

俺は性欲が異常に強い、裕福な家庭に生まれ金には困らないので、18から週2ペースで吉原通い週末はマンションにデリヘルを1日買い、それ以外はナンパ三昧でセックスをしまくりだ。
縛られたくないので、特定の彼女は作らなかったが、まだ大学2年なのに両親から、後継ぎをとせっつかれて、お嬢様クラスと見合いを連発。相手の好感触を尻目に、全て断ると、
ある日、
父が上京してきた。酒を酌み交わしながら、気まずそうに、
話を切り出した。
(良樹、お前女嫌いなのか?)
『えっ何で?』(何でって、彼女も連れて来ないし、見合いも断るし、ほら、何て言うか、今流行りの・・・)
『流行り?、』
(うん、その、何だ、ホモって言うのか)
『なっバカ言うなよ、女好きだよ』(そうか、安心したよ。)
まぁ男どおしだし、色んな女とセックスしたいから、彼女を作らない事情を話した。
すると、酒の力も手伝ってか、父も性欲が異常に強いと、話しだした。
何でも、抱き飽きないように16の女を(母親)嫁にしたが、時々出合い系で浮気してるんだそうだ、
この夜は、
部屋にデリヘルを呼び親子で楽しんだ。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年8月25日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻のオナニー【実話体験談】

妻45歳。結婚して初めて見ました。一緒になってもう24年が経ちます。てっきり私が寝ていると思って、お布団に入る前にパジャマのズボンを脱ぎショーツも脱いでいるんです。てっきりお誘いかなと思ったら、仰向けに寝て両脚をM字に開き、押し殺した声で
一人慰めているんです。其の時間が何分だったか判りませんが
しばらくしていたように思います。終ると枕元のティッシュを何枚も取り出し、処理をしている気配です。今朝起きると傍のゴミ箱にその後が附いたティッシュが捨てられてありました。起きて顔を逢わせても全くそんな様子も見せず、いつものとおりに振舞っていました。1年に何度か私が求めると自分から私のペニスをにぎって来て口に含んだり飲み込んだりしますが、オナニーなんてする妻とは思いませんでした。

実話体験談関連タグ

|||||

2014年8月25日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻と他人のセックスを見ながら1【実話体験談】

私はしがない会社員で、妻(32歳)と平凡に暮らしております。
妻も取り立てて「美人」であるとか、「芸能人のだれだれに似ている」とかいうこともない、十人並みの容姿です。
私も妻もお互い、三十路になってから出会い、結婚したのでそれなりにセックスの体験もありました。
妻は過去5人ほどの男性と身体を重ねていたようですし、私もそれほど多くないにしろ、それなりに女性と身体を
重ねていました。
「お互い、セックスはあっさりしたもの」と思い込んでいたのでしたが、ある事件をきっかけに私は、愛する妻が
「他人の性の対象」となっていることに強い性的興奮を覚える事に気が付いてしまいました。
今から1年ほど前の冬のことです。
私の弟で、大学生になったばかりの佑(ゆう)が、都内の大学に通うためのアパート探しの間だけ、私の家にやっ
かいになることとなり、約ひと月半ほど同居することとなったのでした。
弟がほしかった妻は、佑を「自分の弟」のように可愛がっていたため、この話に乗り気でしたが、私は妻とのセッ
クスが唯一の楽しみであったので、その邪魔をされるという思いからあまり乗り気ではありませんでした。
佑が家に来て2週間ほどしたころでしょうか。
家事、特に洗濯が私の主な仕事なのですが、妻が「洗濯物がきちんとたたまれてしまって無かったわよ!」といっ
てきたので、まぁそんなこともあるかと軽く受け流していたのでしたが、今までそのようなことを妻に指摘された

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月25日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】従兄弟【実話体験談】

10年も前のことで時々思い出しては胸を痛めてましたが最近はすっかり忘れてました。
妻と2年の交際の上、結婚を決めプロポーズをしてOKを貰ってルンルンの毎日を過ごしていた時でした。
出張が1日早く帰れるようになったので、遅い時間でしたが妻のアパートに泊まるつもりで、急に行って喜ばせたかったので電話をせずにお土産持参で12時ごろ着きました。
灯りは点いてない様でもう寝たのかなと思って合鍵をつかって中に入りました。
入り口に男物の靴が有り、ちょっと状況が飲み込めないので音を立てないように上がりました。
ベットの置いてある部屋の扉が開いていて、話声がかすかに聞こえてきたのでそーと近づいてみると、スモールライトに
抱き合って寝ている男女の腰から下が見えたのです。
心臓は弾けそうで脈拍は破裂しそうに早く、何がなんだか理解できずに、まさか信じていた婚約者が別の男と寝てるなんて。
『ゴメンナサイね、私のワガママで、でも愛してるのは修三さんだけだから結婚するの』と私の名前を口に出します、誰なんだ相手は・・・・
『今夜が最後だから思い切り楽しみましょう』と妻が言うと
『俺達いとこ同士だから結婚は出来ないのは分かってるけど好きだった、俺の中では女は京子だけなんだ、幸せになって欲しいけど時々会って欲しい』涙声で話してるのはいとこの真一君で何度か会ったことがあり、好青年のイメージを感じさせる妻より5歳年下と聞いてた彼であった。
『ダメ、結婚したら修二さんの妻としてしっかりしないといけないからケジメをつけないと。真一も彼女を見つけて結婚しないといけないよ、元気出して最後なんだから』と妻は真一君のペニスを銜え『あ〜美味しい、私が男にしたんだから私を感じさせて』とジュッパジュッパと音をたてながらフェラをする、私のときは慣れない仕草をするのですが年上の妻は積極的に行為に集中していた。
彼のペニスはミルミル大きくなり私より大きいと思った。
体を移動して彼の顔に自分のオメコを持って行き69の体位になり妻は声を出していた。
こちらは真っ暗で向こうからは見えないようで2人の世界がそこにはあった。

実話体験談関連タグ

||||||

2014年8月25日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻の変貌【実話体験談】

妻は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。
年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。
皆さんの様に自慢と言える位の美人ではありませんが、胸はDカップ程あり
身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたい位なんです。そんな妻への不満を友人は、真剣に聞いてくれました。
ある日の事、友人と飲みながら妻の愚痴をこぼしていた時です。
「俺の友人で、女の扱いが上手いやつ居るんだけど・・・奥さんの事話してみたんだ」
「へぇ~・・でどうだった?」
「ん~彼に言わせれば、数日で淫乱な女になるって自慢げに言ってた!」
「出来る訳無いよ!本当堅物で、入れると痛いって怒るし・・・無理無理」
「一度、彼に会って話してみるか?」
「あ~いいよ。今すぐにでも・・・」 酔った勢いもあった。
「ちょっと電話してみるよ」
そんな訳で、友人の友人Aさんに会う事になったんです。
20分程して、Aさんが現れました。
凄くカッコいい感じで、体もガッチリした体育会系で、話も落ち着いた感じで信頼がおける人でした。

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年8月24日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】奥手でおとなしい嫁が後輩に仕込まれた4【実話体験談】

嫁の真奈美が、俺に隠れて隆司とセックスをしていたことがわかってしまった。
真奈美は、あくまでもマッサージだと言っているし、キスは禁止しているようだ。
家での俺に対する態度も、一時悪くなった気がしたが、今は良好そのものだ。
相変わらず、週に2〜3回隆司とデートに行っている。
最近では、平気で土日などの休日を、一日デートに使うこともある。隆司と一緒に買ったペアリングは、常に身につけている、、、
そして、デートから帰ってくると、激しくセックスをするのがパターンになっている。
セックスをしながら、真奈美が俺を挑発するようなことを言って興奮させてくる。
隆司とは、腕を組んで歩いたとか、映画の間中ずっと手を握っていたとか、そんなことを言ってくるのだが、セックスまではしていないという感じで話す。
実際にはしているのがわかっているし、裏切られたという気持ちも少なくない。
だが、冷静に嫁の話を聞いていると、確かに嘘はついていない。
うまくはぐらかすというか、流れを作って話をしている。俺が、”セックスしたんだろ?”と聞いたら、ちゃんと白状しそうな気もする。
だが、嫁が俺のことを嫉妬させて興奮させて来ることに、幸せと興奮を感じているのも確かだ。
しばらくは、嫁を信じてこの状況を楽しもうと思っていた。
そんな矢先、久々に3人で遊ぶことになった。
ボーリングやカラオケをしようという話で、仕事終わりに俺たちが車で隆司を迎えに行った。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月24日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】777の話【実話体験談】

777 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 19:58:49
不倫されて離婚が成立したんだが、ちょい体験談書いてよろしいでしょうかね?
785 名前:777 ◆bvYPVBf45c[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 20:08:01
んじゃ少し失礼して…。
メモ帳にまとめて投下。
俺 27歳
嫁 27歳
間 30歳(未婚)
小梨
共働き
俺の年収 700~800万程度
嫁の年収 400~500万程度
大学時代に色々あって付き合い始めて、お互いの就職と共に結婚。
子供好きなんで、俺としてはすぐに子供が欲しかったけど、
働きたいっていう嫁の希望で子供はしばらく作らないでおこうってことに。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月24日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】寝取られ男【実話体験談】

以前妻の浮気話しを聞かされてから私は普通のセックスでは物足りません。ここ何年間は興奮するようなセックスが出来なくて欲求不満ぎみ。妻に「興奮させるような話しないの?」と聞いても「もうないよ」と言われ・・・あの時、暴露された時みたいな興奮が忘れられなくて。年に何回か高校の同級生と飲みに行ってくれる時、妻が帰って来るまでの間が何とも言えないムラムラ感がたまりません。浮気して来てくれるかな?と思えば思うほど興奮します。結局何もなく帰宅する妻なんだけど。家で待っている時に妻の淫らな写メなんかが送られて来たら最高に興奮するのにな。皆さんは俺が興奮するような体験ありますか?あったら聞かせて下さい。

実話体験談関連タグ

||

2014年8月23日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】誠実な人【実話体験談】

私達夫婦(40代)が、権藤さんに出会ったのは一昨年の秋のことでした。
町内会での廃品回収で、一際熱心に働かれていたのが権藤さんだったのです。
年齢は40代、実直そうな男性で人柄も良く、それは廃品回収での働き振りからも察することが出来ました。
廃品回収後、缶コーヒーを飲みながらの一服中に交わした会話、権藤さんが実は近所に住んでいるといことをきっかけに、私達夫婦と権藤さんの交流が始まります。
料理が得意だという権藤さん。
そう遅くない時期に、互いの家を行き来し、ホームパーティを開くようになりました。
私達は、その交流を通じて、権藤さんの多くを知りました。
早くに奥様を亡くされていること、一人息子は今東京の大学に進学していること等。
もっとも、実感されたのは、その人柄の優しさでした。
その優しさに私たち夫婦は癒され、ますます権藤さんとの距離が近くなり、妻と二人で日曜の夕食の買い物に行くことも珍しくなくなりました・・・。そんなある日、終業時刻に近い頃、権藤さんから電話が携帯に掛かってきました。
話したいことがあるとのこと・・・。
私達は駅前で落ち合い、駅の近くの喫茶店に入りました。
深刻そうな権藤さんの顔・・・。
唐突に切り出した言葉・・・。
「奥様を抱きたいんです・・・。」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻と大学生【実話体験談】

妻は42歳、二十歳で私と結婚して既に22年。 高校生と中学生の息子がいる。
子供が手を離れたので地元のショッピングセンターに入っている衣料品屋でパートを始めた。
妻は結婚前から日記をつけている。
昨年の9月、妻の留守中に妻の日記を開いてしまった。
そこに書かれていたのは妻の浮気の事実。
7月某日 M.Yと台場へ ・・・
7月某日 再びM.Yと台場へ 車内で・・ パパごめんなさい。
8月某日 M.Yと錦糸町でカラオケ 求められたけど最後までは× パパと息子たちの顔が・・
8月某日 西船K(ホテルの名前) パパごめんなさい。 でも一線は越えなかったからね。
     M.Yと別れるのが怖い。 母子ほども年齢が離れているのに
8月某日 西船K 覚悟はしていた。 M君若いから。 私壊されちゃいそう。
9月某日 錦糸町Y(ホテルの名前) M君の中で出されちゃったけど大丈夫かな。 ちょっと心配。
その後、M.Yの正体を妻に問い詰めた。
妻の日記は妻のハンドバックや小物が入ったクローゼットの奥の小引き出しの中にありました。
そこにあったのは直近の2冊でした。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月21日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング