【近親相姦】義妹と淡い気持ち8ー完結ー【実話体験談】

「お兄、それすごく恥ずかしいよ・・・///」美菜ははにかみながら嬉しそうに僕の事を見つめた。「うん、僕も同じ事おもった」つられて僕もはにかむ。幸せな甘い時間が流れ、ただ見つめ合ってるだけで胸にある感情が溢れ出す。「今だって、これからも・・・。ずっと一緒にいようね」まるで磁力に引き寄せられたかのように二人の顔が近ずいてゆき、そして・・・                       ー1年後ー                                                         僕等は、周りの反対を押し切り街を出た。今は美菜のお腹の中に新しい家族が産声を上げるその日を楽しみに、二人の事を知ってる人のいない街でひっそりと暮らしています。

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月8日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【妹と】ちょっとした冒険【実話体験談】

俺20、妹16だったころ親戚の家で
2人で同じ部屋に泊まったのだが、
不眠症がちだと言う妹は睡眠薬を飲み熟睡。

夜中にふと気が付くと、なんと抱きつかれている。
普段はヤンチャでそんなことするような奴じゃないし、
俺も彼女がいるので欲求不満というわけではない。
枕の替りにされたのだろうと思って抜け出そうとするが、
彼女が居るのは俺側の布団。とりあえず仰向けにさせるが、
起きる様子も無い。
せっかく寝れたのに起こすのも悪いと思いそのままにしておく。

だが男が布団で考え事をしているといつかはエロにたどりつくのは自然。
横には無防備の体がある。いつのまにか胸もふくらみ、
立派な女体だ。しかも薄いパジャマにノーブラ。

実話体験談関連タグ

||||

2014年2月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】妹のチア姿【実話体験談】

1ヶ月くらい前だが、学校の臨時応援団でチアリーダーさせられた妹が
コスチュームのまんま部屋で爆睡してたことがあった。
どうやら試合応援の後、学校の用意したバスで帰ってきて上下の
ウインドブレーカーを脱いだところで寝てしまったらしい。
普段は可愛いだとかそんな感情は一切ないのだが、チアコスにムラムラ
してしまい危ない興奮をおぼえた。
さすがに脱がすようなことはしなかったけど、じっくり視姦してから
スコートをめくってブルマみたいな青のアンスコに顔をおもいっきり
近づけて匂いをかいでみた。
少しアンモニア臭を感じたが、何かそれ以上に興奮させるエロエロ臭を
発していて3分くらい嗅ぎまくってしまった。

俺の持ってる最上級AV以上にドクドク出た。

実話体験談関連タグ

|

2014年2月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【修羅場】修羅場にならなかった悪戯【実話体験談】

結果的に仕返しに失敗したんでスレ違いだと思うが、その辺は容赦してくれ。
少しキャラを強調してあるが、おおむね実話。まあ、ネタ認定は自由だけどな。

親戚に「ゲンさん」というオジさんがいた。

うちの父より少し若い。長いこと「お父さんの従兄弟だよ」と聞かされてたが、
父の異母弟…つまり祖父が生前、愛人に生ませた子だと、ずっと後になって知った。
母親(祖父の愛人)が早くに亡くなり、幼い頃から本家で育てられたが、
義務教育を終えるとすぐ働き始め、夜間高校を経て職人になったそうだ。

とにかく破天荒というかムチャクチャな人物だった。

本家の仏壇は仏像の代わりに仏画を飾ってあるんだが、ゲンさんは高校時代、

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月8日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【妹と】唯はお兄ちゃんにしかおっぱい見せたりしないよ2【実話体験談】

<>666名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/11/11(土)09:36:37ID:P1a2NTZ20<>
続きだけど、きのうの俺と妹の話。
これ以上はスレ違いだから、これで最後にするよ。

おとといで一気に距離が縮まった、俺と妹。
朝、洗面所で会った。妹はパジャマ姿で歯を磨いている。
オレを見ると妹はきのうのことを思い出したのか照れっくさそうに笑って、
「おはよう、お兄ちゃん」
「おはよう、唯」
パジャマ姿の妹は本当にかわいい。みんなにも見せてあげたいぐらい。ガラガラと口をゆすいで、口元をタオルで拭く。オレはとっさに、歯を磨き終わった妹のあごをつまんで、ちゅっとキスをした。
いきなりキスされた妹はびっくりしたような顔をして、
「もう」
と、言って恥ずかしそうにうつむいた。いままでガマンしてたけど、これから妹にこんないたずらがし放題。これから通りすがりにお尻触ったり、おっぱい触ったりするぞと、オレはひとりでにやけてしまう。
二人はそれから登校した。
一緒の電車に乗る。降りる駅はちがうけど。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【修羅場】新婦、嫁を変えてもらえ【実話体験談】

160:愛と死の名無しさん:2009/01/30(金)16:00:47
新婦の姉(未婚)がすごい美人で、新郎一族が控え室で興奮気味に大騒ぎ。
新郎叔父が浮かれて大声で「今から新婦を姉の方に変えてもらえー」
と、叫んでた所へ支度の整った新婦とその親族が控え室に入室。
新婦側にばっちり聞かれて緊張が走る室内。
席についた新婦はお通夜のような一堂を見回し満面の笑みで一言。
「○○さん(新郎)に釣り合うのは絶対私の方だと思いますよ。うひゃはは」
新婦が笑ったことで場は持ち直したがその後の新郎一族はお葬式状態で不幸な結婚式だった。

173:愛と死の名無しさん:2009/01/30(金)16:53:51
今更言い出しにくいが160は自分の結婚式で〜〜の話で申し訳ない。
泣かずにあんなことが言えたのは、あの日は私も相当浮かれてたからだと思う。
新郎一族は旦那も含めてほぼ全員がずんぐり体型で見た目がまさに「たのしいムーミン一家」
その中に混じると姉はさしずめミムラ姉さん。そして私はヘムレンさん(←昆虫採集が趣味の人?)

実話体験談関連タグ

||||

2014年2月8日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【近親相姦】姉妹丼やったことがある人いる?スレから【実話体験談】

<>670:なまえを挿れて。:2012/06/16(土)06:22:27.08ID:DPOMtk1K0<>
先々週、海外在住の姉夫婦が義兄側の親類の結婚式参列の為に一時帰国したのだが、
丸々2週間の休暇を取ってきた事もあり、
久々の再会も兼ねて姉夫婦と俺と嫁、そして妹夫婦で箱根に温泉旅行に行ってきた。

一泊目の夜に酒も入って盛り上がった際に泥酔したうちの嫁が義兄に絡み始めた事で、
悪乗りした妹の提案で6Pのスワッピングをする事となった。

大学時代に準ミスだった美貌のうちの嫁目当ての義兄と義弟は
俺以上に乗り気で2人で2晩に渡って散々嫁を攻め立てていた。

姉は俺との高校以来約30年ぶりのセックスと言う事で終始狂った様に乱れまくった。
既に更年期に突入している姉とはいえ、中学高校と散々ハメ狂い、
俺にとっては嫁以上に愛着のある女でもある姉には思い入れが深い事もあって、
最近は性欲減退気味の俺でも何度も抱くことが出来た。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月8日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【妹と】妹の胸【実話体験談】

もう2年も前の話だが、当時18の妹に初めて彼氏ができた。
口が悪くて憎たらしい妹ではあるが、顔はかなり可愛くて、今までフリーだったのが不思議だった。
少し複雑な気持ちではあったが、反対する理由もないし、幸せにはなってほしい。
「男ができたのは祝ってやるけどさ、ちゃんと避妊はしろよ?」とからかってやると
「バカ!エ、エッチなんかさせるかよ!何言ってんだよ!」と顔を真っ赤にして期待通りの反応をする。
「だってお前、いまどきエッチもさせないで付き合ってるとかありえないだろ。すぐ振られるぞ?」
と追い撃ちをかけると「・・・できないものは・・・できないの・・・。」と表情を少し曇らせる。
ちょっと様子が変だが、貞操観念がしっかりしてるのが分かって何か嬉しかった。
「まぁあれだ、その平らな胸じゃ無理もないかw」と捨て台詞を吐いて自分の部屋に入ろうとすると
「失礼だな!これでもちゃんとDカップありますぅー!」と意外な返答。
Dカップ。これには俺が少しドキッとしてしまい固まってしまった。
「・・・わかったぞ。アレだろ、乳首黒くて見せられないんだろw」と苦し紛れに言ってやると
今度は妹が一瞬固まって、無言で2階の部屋に行ってしまった。

あちゃー、やっちまったか?と思ったがもう遅い。

実話体験談関連タグ

||

2014年2月7日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】朝起きたらシリーズ 朝起きると、妹に看病されていた……らしい。【実話体験談】

<>346:(1/3)339[sage]:04/07/0205:01ID:zxeilhpW<>
口直しに。なるかな?

 朝起きると、妹に看病されていた……らしい。
 らしい、というのは、あいつの姿が見えないからだ。
 俺は体を起こすと周りを見渡した。誰もいない。額から落ちた濡れタオルを拾う。
「ん……」
 布団の脇に丸いお盆が置いてある。コップに入った水と、薬袋(何の薬だ?)と、ぐずぐずに
なったお粥(?)が乗っていた。その隣に、妹の小さな小さなポシェット。
 おもしろ半分にポシェットを取って、中身を見ようとする。

 がたがたがたっ

 襖の向こうで物音がした。俺は声をかける。
「おーい、いるのかー?」

実話体験談関連タグ

||

2014年2月7日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【寝取られ】友人の妻を寝取った話あるんだけど・・・、話していい?【実話体験談】

<>712 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:07:28 ID:mhMLFIXS0 [1/8]<>
友人(妻子あり)に呼ばれてそいつの家に行ったけど、家の前まで来たのに本人と連絡が取れなかった。インターホンを鳴らすのもあれなんで、「仕方ねーな」と思い、友人から連絡が来るまで近くの公園で時間を潰していた。30分くらい経って、そろそろイライラしてきたので帰ろうかと思ったら、公園の前を友人の奥さん(21歳)がベビーカーを押しながら通っていた。こちらに気付いた様子で、「どうしたの?」と聞いてくれた。俺「○○から連絡があってきたんだけど、連絡がつかなくて・・。家には居ないんだよね?」奥さん「さっき、電話があって仕事が長引いて少し遅くなるって言ってたけど・・」俺「そっか・・。じゃあ今日は帰ろうかな」奥さん「たぶんすぐに帰ってくるし、家にあがって待ってたら?暑かったでしょ?お茶でも飲んでてよ」と、俺は友人の帰りを友人の家で待つことになった。

<>713 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:08:28 ID:mhMLFIXS0 [2/8]<>
部屋に入って気が付いたのだが、今日の奥さんの服装はかなりエロイ。いや、本人にはエロイつもりは無いのだろうが、デニムのホットパンツにタンクトップというかなりの露出度だ・・。10代の頃から知っているので、妹という感覚しかなかったが、ここ最近、大人の表情を見せるようになり、俺にも愛想よくしてくれるようになったので、密かに奥さんのことを気に入っていた。正直言って俺のドキドキは止まらなかった。お茶をもらった後は、特に会話も無く、奥さんは赤ちゃんをあやしていた。家に入ってから30分ほど経ったが、友人はまだ帰ってこない。あまりにも会話がないので、俺から突破口を開いた。

<>714 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:09:09 ID:mhMLFIXS0 [3/8]<>
俺「赤ちゃん大きくなったね。夜泣きとかするの?」奥さん「結構するよぉー。ねぇ〜?」と赤ちゃんを抱きかかえて俺の隣に座った。俺は赤ちゃんのほっぺをつんつんしたり手を触ったりして、「子供をかわいがっている」感を出したが、ホットパンツから見える太ももがエロすぎて、視線は自然と下の方にいっていた。太すぎず細すぎない、ほどよいムッチリ感。すると奥さんがタオルをサッと太ももにかけて、「もう!」というような顔で俺の方を見た。「ごめん!」と俺はとっさに謝った。奥さんは「フフフ」と笑いながらウトウトしている赤ちゃんをベッドに連れて行った。お尻を突き出すような恰好で赤ちゃんの寝顔を見ている奥さん。俺はそのお尻と脚から目が離せない俺。アソコは完全にフル勃起。さっきの意味ありげな奥さんの笑顔の事も気になるし、その時の俺は「何かが起こって欲しい」という願望しかなかった。

<>715 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:09:46 ID:mhMLFIXS0 [4/8]<>
ベッドから戻ってきた奥さんはなぜか俺の隣に座った。目は合わせずに視線はTVに向けられたままだ。自然と右手が奥さんの太ももに触れていたが、俺は手を離す事が出来なかった。最初はヒンヤリとした感触だったが、次第に体温を感じるようになり、余計に離れられなくなった。まだ奥さんは俺の方を見ない。俺もTVを見るフリをして太ももやタンクトップの隙間から胸の谷間を覗いたりした。もう我慢できそうになかった。でも、これ以上はヤバイと思い、手を太ももからどけようと少し手を動かすと、パッと奥さんが俺の方を向いて、手を握ってきた。「えっ?」と思ったけど、そこからはどっちから先にモーションをかけたかわからないが、俺たちはキスをしていた。舌を絡め合い、俺は手で太ももを弄った。奥さんも俺のチンコを弄ってきたので、俺はさらに興奮して脚だけじゃなく胸を攻めた。タンクトップとブラを捲し上げると、少し濃い目の褐色をした乳りんと乳首が見えて、肌の白さと相反して余計にエロく感じた。

<>716 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:10:13 ID:mhMLFIXS0 [5/8]<>
俺が乳首を吸うと、奥さんが「あァ・・!」と声を漏らした。「乳首も揉んで・・・!」と奥さんが言うので言うとおりにしたら、乳首から乳白色の母乳が飛び出した。俺は寝転がって、奥さんを上にまたがらせて、顔の上に胸を持ってこさせて一心不乱に乳を吸った。そして俺はそのままで、奥さんを回転させて、69の状態になった。俺はもうパンツの中がパンパンだったので、早く舐めてくれという意思表示も込めて、早々に自分でパンツを脱いだ。バチーン!と凄い勢いでチンコが飛び出したので、「すごい・・・」と奥さん。自分自身でも驚いた。今までで最高の勃起力かもしれない・・と。奥さんは俺のチンコを丁寧にフェラチオしてくれている。俺はホットパンツからはみ出たお尻と、内ももを思う存分舐めた。ホットパンツをグイっと引っ張って、アソコを確認すると、既にトロトロになっていたので、俺と奥さんは全ての服を脱ぎ、再び69に勤しんだ。

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月7日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング