【寝取られ】妻から女へ 1【実話体験談】

素敵な男性が現れ、アプローチされれば浮気!?をしてしまう世の奥様。ましてや先の『妻の裏切り』を拝見し思ったが、水商売で活躍している女性が多いこと。 旦那の理解があっての事だけれどもお互いに信頼と辛抱が必要である。夜の仕事となるとお酒が付き物。お互いに少々なことがあっても目をつむらなければならない。しかしながら、限度がある。仕事が終わってからアフターといってさらに食事などについていかなければお得意様になってくれない。客は体がお目当ててだから酒を呑ましてホテルに連れ込もうとする。一回や二回は断ってもまたこれがひつこいのだ。だから負けてしまって罪悪感もいつしかなくなり、旦那に発覚したときはかなりの交際期間がたって体も心もその男のものになってしまっていたというケースが多いこと。実は我が家がそうだった……。
20年間勤めた会社が倒産し、仕事を探しているとき妻が私も働きに出ると言い出した。40歳も過ぎて社会経験なし。『そう簡単にはいかないぜというと明日の夜から……。』『夜から……。』つづく

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月29日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】会社の後輩と【実話体験談】

メクとの事は、もう10年位前のことです。
随分前のような気もするし、ついこの間のような気もします。
彼女は当時23歳で彼氏がいました。一方私は29歳で既に結婚してました。
いわゆる不倫です。
メクは会社の後輩で、入社してきた当初はあまり気に留めていませんでした。
胸もどちらかと言えば小さい方でしたし、脚もやや太めでしたし、とくにスタイルが
良いわけでもなく、好みの顔でもありあませんでした。ただ素直でまじめそうでしたので、
悪い印象ではありませんでした。
初めて会ってから半年以上、何もありませんでした。 が、その歳の忘年会、
彼女はかなり酒が好きらしく、良い感じで酔っていました。1次会が終ったあと
5、6人で次に行こうということになりましたが、彼女は結構フラフラで、
次の店に行く余裕はありませんでしたので、とりあえず彼女の家に行こうと
いうことになりました。集まった者は皆結構酔っており、飲みの続きをすることも無く、
雑魚寝状態で寝始めたのでした。私も結構酔っていたので、横になってました。
メグはほとんど寝ている状態でフラフラでしたが、私の隣に来て横になりました。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年3月26日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】娘とのSEX【実話体験談】

娘は1×歳 最近SEXをするようになりました。
最近では、もう触るだけで濡れてくるので、娘のマンコにスムーズに挿入できます。
この事は、妻も承知しており、積極的に娘にSEXの予備知識を教えていました。
こうして家の中では、いつでも娘を抱くことができます。
先日も夫婦の寝室に娘を呼んで、3人でSEXをしました。
妻の前では、娘とする時にはコンドーム付けて、絶対妊娠をしない様に、今は偽装しています。
一方、妻には妊娠しない様にピルを飲ませ続けて、『やっぱり生は気持ちがいいよ!』と何回も逝ってもらいます。
しかし、もう数年したら長年の夢をを実行する予定です。
それは、娘に対して中出しを続けて、私の精で孕ませる事です。
もちろん、女の子が生まれるように願って、出精します。
もし上手くいけば、20年後には生まれてきた女の子(娘?孫?)も抱く事が出来るでしょう。
そして、この子も孕ます事が出来れば、親子3代に渡って自分の子を産ませる事が出来ます。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月22日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】彼女の本性【実話体験談】

付き合って3年の彼女、私と同じ専門学校の同級生でした。彼女には、当時他に彼氏がいたのを知った上で、一緒に飲みに行ったりドライブしたりと仲良くなり、結果私が彼女を奪った形になりました。それから卒業して月日が経つと、彼女にいささか飽きがきていました。そんなある日、昔からの友人Aと2人で飲みながらふと「俺の彼女とセックスしてみないか?」とAに言うと、最初は冗談と思い笑っていましたが、本気と分かり、「別にいいけど」と計画開始。Aも彼女とは顔見知りなので、私の家に2人を呼び出し、私が急用でいなくなりAと彼女を2人きりにさせて、Aが上手く口説き、その時に彼女が拒否したら止めるというルールを作って週末に実行しました。私の両親が親戚の結婚式で遠方に泊まりがけで家を空けるから絶好のチャンスです。夕方に彼女が家に来て、軽く食事しながらお酒も、その1時間後に偶然Aが来た風に。3人でワイワイしてましたが携帯が鳴ります(アラームをセット)従兄弟が事故で病院に運ばれたから出てくる(当然嘘)と家を出ますが、すぐ勝手口から戻りました。リビングで会話してる2人を尻目に2階の私の部屋のクローゼットに隠れる。タイミングを計り、私の部屋に移動するAと彼女。クローゼットからは2人がルーバーの間から丸見え。彼女の手に肩にさり気なく触れる手慣れたAは何やら彼女の耳元で囁く。内心私は彼女は拒否するはずだと勝手な思い込みあり、心臓の音が聞こえるんじゃないかと心配するくらい興奮状態でした。「あ…」と彼女。Aが耳たぶを甘噛みしていた。そのまま右手が彼女のCカップの胸を揉みだす。「やめ…て」裏腹に無抵抗な彼女に嫉妬とも欲情とも分からぬ極度の興奮で自分のチ●ポは痛いくらい硬くなり先からは我慢汁が大量に。濃厚なキスをされながらAは遠慮なくスカートの中へ手を滑らせ、パンツの脇から指を入れた。しばらくしてAはキトキトに愛液滴る中指をクローゼットの方に見せてくれた。彼女は「絶対に彼には言わないでね」と念を押して、Aのファスナーを自分から下げ、そそり立つチ●ポに細く白い指が3本からまる。赤黒いチ●ポと白い指のコントラストがひどく淫靡だった。いつも私にするようにゆっくりと指を上下させて、チ●ポの先から出る我慢汁を確認すると指を根元側に下げ、チ●ポの皮が張った状態にして彼女は左手の細い人差し指で我慢汁を円を描きながら伸ばし、ピンと張った裏スジに絡めて刺激する。Aはそれが凄くいいらしく喘ぎ声が漏れた。「しゃぶろうか?」やけに積極的な彼女に怒りを覚えたが私のチ●ポはギンギンで情けない。いつもはスッポリくわえて上下させるフェラも、Aが相手なら、やらしく尖らせた舌先を出してチ●ポの根元からチロチロと尿道までを何往復も、カリの周りも丹念に舐めながら、左手は同時に袋を器用に揉みほぐしている。先程からイニシアチブをとられたAが「ズッポリくわえて」と促すと、瞬く間にチ●ポを飲む込み口内では舌が絡んでいるのか、Aが「ああ…そう、上手」と本気喘ぎを。私に見られてるという背徳の快楽も併せて、彼も興奮のるつぼなんだろう。と思いながら私も無意識にしごいていました。Aはたまらず彼女をテーブルに押し倒し、スカートをめくりパンツをズラして濡れ過ぎたアソコを私に見えるようにして、挿入が分かるようにゆっくりと入れました。彼女の遠慮ない「ああ…すごい、すごいイイ」という喘ぎ声が室内に響き渡った。Aはゆっくり腰を使い、出し入れの感触を楽しむようにつかんだ細い彼女の腰を眺めていた。私は射精寸前で何度もこらえ、何故かAと同時にイキたいと考えました。しばらくしてAも限界が来て、徐々に動きが早くなり「アァ!!」と射精の瞬間に抜き、上手く外出し成功。大量の精液が彼女の尻を汚し、最後の射出は彼女の肩まで飛んでいた。私もほぼ同時に腰が抜けるかと思う程の射精を左手の中にして溢れていました。しばらく頭が真っ白でしたが、この3人の関係はもうやめれないなと覚悟を決めた夜でした。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年3月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】妻を含めた2×7の乱交体験【実話体験談】

当時、俺30歳・妻27歳。
妻と出会って2年ほど交際して結婚。1年後に男の子が生まれた。
F県でサービス業界の中堅企業に働く至って普通の男、妻は結婚してからは専業です。
互いの両親とも仲良くやっており、まあ良くも悪くも極普通の男と思って頂いて結構です。
恋愛経験も人並みだと思う。ただ妻によく言われるが、典型的なO型で人付き合いも好きで、好奇心旺盛な細かいことは気にしない単純なS男。
顔は老けて見られるので決して良くないと思う。
妻は出会った当時幼稚園でバイトしていた。
俺はあまり意識しないんだが、電車で痴漢にあったり園の父兄に口説かれたりした事もあったみたいなので、
ルックスは少なくても人並みはあると思う。
身長は157で体重は45キロ。スリーサイズは覚えていないが胸はDカップ。後、足が体系の割には長い。
子供は好きだが男性に対しては非常に人見知激しく大人しいM性格。その為、経験人数も俺以外で2人。
それで、子ども生まれて全然旅行とかも行けなかったし、俺も仕事で疲れまくっていたので溜まった有給使って妻と二人で
隣の隣の県にある田舎の穴場的なホテルに1泊夫婦旅行に出掛けた。
スローライフ的にのんびりしたかったので、車じゃなくてJRやローカル線を使ってのんびり移動。
子供は妻の実家に預かって貰った。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月20日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】ナイロントリコットパンティのクロッチに【実話体験談】

私は43歳のごく平凡なサラリーマン。妻は1つ年上44歳の何処にでもいるタイプの専業主婦です。最近、様子がおかしいなあと思ったら浮気していたんです。中学一年の男の子が一人います。
浮気がわかったのは近所のお婆さんから「奥さん、駅で会ったけど挨拶しようと思ったけどご主人じゃなかったからやめたわ」「えっ!どういう事ですか」「50歳くらいの男の人と腕組んであるいていたからあなたばかりと思ったけど…。気をつけた方が良いわよ。あら、余計なこと言ったかしら」と言って立ち去って行った。
暫くぼんやりとして信じられない……
まさか……
ヘェ……
と言う感じだった。平凡で派手な感じはなくただ、何となく様子がおかしかったのは確かです。
何となく結婚して20年近く経つとわかるんです。空気みたいなものだとよく言いますが、臭うんです。問い詰めても白状するわけありません。
興信所もあたりたいと思います。妻は1日何をしているかはっきり言って不明です。
セックスも週一回位ありましたがここ二ヶ月前くらいから何の理由もなく拒否するんです。ただそんな気分にならない……と
どうしたもんだろう今日は気分が優れないので欠勤してます。女房は買い物に駅前のスーパーに買い物に行くと言うので一緒に行くと言うとゆっくりして家にいなさいとさっさと家を出ていきました。洗濯物が飛ぶかと思うくらいの風が吹いています。
ヒラヒラとナイロン系のショーツが
あのギャザーで波打ったクロックに接する私だけが知っていたはずの大事な女房の秘部を自由にしている奴がいるのかと思うといてもたってもいられなくなった。干してあるショーツを手にとると柔らかくクロック部分の裏布は微かに黄ばんだ染みがあり洗濯では落ちないくらいに汚したのか
妻の下着なんか興味がなかったが……?あのクロッチに当たるおまんこをと思うと嫉妬で狂う。
やはり、一度それとなしに問いただそうと思う。何か良い方法はないものか。
女房は痩せ型で顔は平凡でしかし正上位でのセックスを好み必ずかにばさみのように足を腰に絡ませ逝くときは「いっぱい流し込んで」と言い腰を激しく振る。

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年3月20日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】変態夫婦?【実話体験談】

私の性癖は、娘(5歳)が寝たのを確認し可愛いぷりぷり割れ目に勃起したペニスをおしつけ射精することです。舐めてヌルヌルにし娘の可愛い寝顔を見ながら割れ目にぶっかけます。その行為を嫁に見てもらいながら射精します。はじめはめちゃくちゃ怒られましたが今は呆れ、嫌とはいいながら見てくれます。そして、割れ目にぶっかけた精子を嫁に舐めて飲んでもらい、ペニスを綺麗にしてもらうと夫婦のセックスのはじまりです。
実の娘にこんなことをしているという思いが夫婦の営みを激しくさせます。でもやめられません、娘の割れ目は最高です。今夜も自分の娘で射精します。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月19日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】変わっていく妻【実話体験談】

先日、久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
 妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
 早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。
 ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。しかし、隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?
 私は何の疑いもなく、のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。
 階段の途中で、妻の驚いたような怯える声がした。
「いやぁー あー え、えぇー だ・ ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」
明らかに嬌声とわかる。
 私はとっさに身をかがめて様子を伺った。まさか? 同僚が妻を犯しているのだろうか?
 私は、鼓動が早くなる。何故かわたしは、ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングのそばまで進んだ。
耳を澄ませて中を伺った。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ
時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。
我が家であるにもかかわらず、ドキドキしながら、僅かに開いたドアの隙間からリビングの中を覗いた。
妻は押さえ込まれていた。ソファに座る形で、同僚に脚を大きく広げられてあえいでいた。
ベ ージュのスカートが捲り上げられ、すでにブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月17日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】私の性癖【実話体験談】

私は男性38歳既婚者です。
私の性癖…趣味…それは妻を始め、今までお付き合いした多くの女性、
体だけの関係を持った女性達、人妻達、ほぼ全ての女性が身に付けていた
パンティを頂きコレクションにしている事です。通常の男性ならば女性の体が目当てで口説いたりすると思うのですが
私の場合は女性の体(SEX )が目的で口説いたりお付き合いするのでは無く
その女性が身に付けているパンティをモノにする目的で近づきます。
私はいつもSEX をする前に、まずその女性がどんなパンティを穿いているのかを必ずチェックします。何故チェックするのかと言えば、私好みの下着
(紐パン.極小パンティ.極小Tバック.サイド部分が1㎝以下の細いパンティ.)
を穿いているかどうかを確認したいが為にチェックしているのですが
女性が自ら衣服を脱ぎ自動的に下着姿を確認ができる場合と
衣服を着たまま抱き合ってキスをしたりという状態の時に
お尻を何気なく撫でてパンティの形を確認したりしています。確認の結果その女性がどんなに美人であろうと、おばさんパンツ
少しでも大きいパンツを穿いていた場合はモノにはしません。
只淡々とSEXをして終了…即サヨナラします。しかしその女性が私好みのパンティを身に付けていた場合には
前戯で女性と絡み合っている最中でも、私の頭の中では

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月14日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】彼との旅行【実話体験談】

こんなこと誰にもましてや主人や家族とても話せませんからここで告白させて下さい。結婚20数年の兼業主婦50才です。
先日、元同僚の彼(と言っても職場が変わってからは、メールのみのお付き合いが3年程でした。彼は52才で既婚)と温泉地へ紅葉狩りの1泊2日の旅行に行きました。勿論、家族には出張と言いました。
旅行のきっかけは私が最近家族や主人の不満をメールしていたためか、或いは心に隙があったのか。私の中で彼が好きだったのは事実です。さんざん迷った挙げ句”OK”しました。日が近づくにつれドキドキ感でいっぱい、家族に悟られないようにしました。この歳まで不倫どころか男性は生涯主人一人しか知らない私、「本当に行くの?」と自身に問いかけ、でも最近主人はかまってくれず寂しさもありました。
当日、朝早く家を出て待ち合わせの場所に行くと既に彼は待っててくれています。高速を走り、紅葉狩り、お互い何時しか夫婦気分でした。こんな楽しい時間は最近では全くありませんでした。
旅館では彼が夫婦としてチェックイン。すぐに温泉に浸かり館内レストランで食事。食後のコーヒーを飲んでいる時、「はっ」と思いました。部屋に戻れば、と思うと…
仲良く二組のお布団が並んで敷かれています。彼は「レストランは暖房効きすぎ、汗バンバー」と言いながら部屋のお風呂に行きました。私はこの後を考えるだけでドキドキ、明かりを枕元の行灯だけにしてお布団にもぐっていました。ほどなく彼がお風呂から上がってきて「もう寝ちゃたの」「起きてるよ」と背中向きに返事をしました。
「横に行ってもいい」「はい」
隣にきて抱きしめられました。「ゴメンネ、ゴメンネ私…」「分かってる、軽い女と違うこと位」
「恥ずかしいから暗くして」
私は彼に全裸を曝しました、彼も全裸になりました。「見てみる?」と彼のモノが口元に、私は思いっきりほお張りました。でも「私のあそこは恥ずかしいから見ないで」と。しかし彼の指は許していました。そう、指だけでいかされていました。
彼が上に来て「挿れるよ、いい」「はい」
私の中に彼がきました。大きいとかそんなことどうでも良かった。私は一人の女になっていました。
さんざん子宮を突かれ再びいかされました。
「もう少ししか我慢できない」彼の言葉に私は気がつきました。無防備だと。
「出して欲しい所言って、お腹、足、お口、どこがいい」「どこに出したいの?」「あなたの望む所」

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年3月10日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談
10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング