【近親相姦】妹とセックス体験談(春休み)【実話体験談】

妹が可愛いと思ってしまい、春休みの時にセックスしてしまった…(笑)
僕は今年で高校1年になり、ちょっとお盛んな時期です。
僕には中1とちょっと年の離れた妹がいる。ほんとに純粋で、エッチな知識を全く知らないような子です。普段は超元気でハイテンション。うちは父と母が離婚して、母と妹と僕の3人ぐらしで、母は仕事でだいたい夜遅いです。遊んで帰ってくることもあるので朝とかもあったりします。
そんな環境で僕は春休みの間、部活が無い日は妹の宿題を手伝ったりご飯を作ってあげていました。一緒にいる時間がとても長いです。妹の体や、可愛い顔立ちをみているとムラムラしてしまいました。すごくドキドキして、ちんこがもうやばいことになっていた。母もいないことだし、少しだけ…という気持ちで、妹を二階の僕の部屋に呼び出しエッチをしてもらうことにしました。フェラが僕は1番気になるプレイだったので妹にフェラしてもらうことにしました。妹に、
『ちんちん舐めてくれない?ちょっとでいいから!』
妹はフェラという行為を当然しらないと思うので、直でそう言いました。すると妹はちょっと嫌そうな顔をしました。予想はしていましたが、どうしてもして欲しかったのでしてくれたらなんでも言うことを聞いてあげると約束したら、あっさりしてもらえることになりました。
僕はベッドに座って、妹に膝立ちになってもらい咥えてもらうことになりました。ちんこを妹の口にあてがい、パクッと咥えてもらった。舌がまったく動いてなかったので、
『舌動かして…チュパチュパして欲しい』
妹はしっかりリクエストに答えてくれました。妹の不器用なフェラは正直最初の方は下手くそであんまり感じませんでしたが、僕が指示した通りにやらせていくとどんどん気持ち良くなっていきました。
『あー…すごく気持ちいい…』
僕は妹のツヤツヤの黒髪をギュッとつかんで妹の頭を前後に動かす。その光景がすごく興奮して、もうすぐで出そうになった時、
『今からおちんちんから液が出るから全部飲んでくれっ!』そういって思いっきり、腰と妹の頭をつかんで前後に動かし、僕は大量に妹の口に出した。気持ちよすぎでもうおかしくなりそうだった。妹はちゅぱちゅぱ音を立てて、俺のを飲んでいた。口を離して最初に妹は、
『すっごい苦いー…もう飲みたくない』
しかし、僕はこの気持ちよさを知ってから次の日からフェラを頼むようになった。毎回妹に嘘をついては中に出していた。決まって妹は洗面台にダッシュして吐き出していた。多くて1日に3、4回は口に大量に出していた。スマホで動画をとったりもした。
そして春休みも終わりそうな頃、妹の処女を奪ってしまった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【寝取られ】見せ付けセックス2【実話体験談】

激しいセックスが終わった後、なつきと光司は、動けない僕を尻目に、風呂場に向かった。
僕は、放心状態だった。
情けないことに僕は二度、しごいてもいないのにパンツの中で射精に至っていた。
30分ほどたって、なつきと光司は部屋に戻ってきた。
僕はテレビのある部屋で呆然としていた。何を考えていたのかそういう記憶はいっさいなかった。
なつきは何もなかったかのように、「Yはあのソファで寝てよね。もう電気消すから」
僕は逆らうこともできずに、光司となつきが一緒に寝ているベッドの横にあるソファに横になった。
2人はさすがに疲れているのか、抱き合いながらすぐに眠ってしまった。
僕はしばらくは眠れず、1人涙を流した。
その日はアルバイトもあったのでそのうち眠りについた。
パンパンパン!
その音で僕は眠りから覚めた。しばらくは何が起こっているのか、理解できなかったが、そのうち昨日のことが夢ではないという光景が目の前に飛び込んできた。
ベッドの上で、なつきが光司に激しく後ろから突かれている。
なつき「あぁぁぁぁ〜〜〜!!こうじぃぃ〜〜いっちゃうよぉぉぉ〜〜!!」
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】酔った勢いで妻を晒してしまった・・【実話体験談】

今年のGWに同級生と飲み会があったのですが
同じ日に妻も職場の仲間と食事会(飲み会)があり子供たち4人を私に実家に預けて出かけました。私は44歳、妻は41歳、子供は高校生の長女と中学生の次女、小学生の三女と長男という家族です。妻から『二次会の後、カラオケに行くから少し遅くなります。』とメールが着ていました。
私たちは居酒屋を出てスナックへ行く予定が私の家で飲もうってことになり
タクシー2台で私と5人の友人がコンビニ経由で我が家に到着、飲み会の続きをしていました。しばらくして酔った妻もタクシーで帰宅、そのまま飲み会の輪に加わり
上着を脱ぎタンクトップと膝までのスカート姿で最初は床に正座してたのですが
気づくといつの間にかソファー側に座り友人の一人に少し持たれかかっていました。話題は下ネタというか妻の胸の話で盛り上がっていました。
妻は少しポチャっとした体型で巨乳&デカ尻で、妻が帰宅するまでも友人たちが胸を揉んでみたいとか
話のネタになっていたので、その延長だったのです。
実際に妻は巨乳でブラをしていれば素晴らしい胸なのですがブラを外すと見事に垂れています。
お腹も皮が垂れて妊娠線が目立ちます。妻は二人の友人に挟まれて満足そうな笑顔でしたが、酔って眠そうな虚ろな目をしていました。
しかしそんなことはお構いなく二人の友人は妻の胸やお尻に軽くタッチしていました。
最初は「きゃー」とか「エッチねぇ」とか言って友人の手を振りほどいていましたが
途中から何も言わなくなったと思ったら眠ってしまってました。その時気づいたのですがソファーの反対側に座っていた三人の友人の視線が妻の下半身に集中しているようで
妻の方を見るとスカートの裾が上がり股も少し開いてるようで向かいの友人たちには股間の下着が丸見えのはず・・・
と思った瞬間に酔ってたこともあったのか私の悪魔の部分が騒ぎ出したのです。立ち上がると三人の後ろに回り込み妻の股間を覗きこみました。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月22日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】後輩を誘惑する彼女 3【実話体験談】

ここからはK子から後日聞いた話を投稿します。
僕が部屋を去った後、Yは落ち着きなっかたのか黙り込んでしまったようで、真性Mで年下好きなK子は自分から仕掛けたらしいです。
K:「ねぇ、彼氏公認でいろんな男と寝る私、Yからしたら不思議?それとも私たちカップルって変態って思ってる?
Y:「・・・・いえ」
K:「変態かもね 笑 、でも私はエッチが大好き。彼にも理解してもらってるの」
Y:「・・・・・」
K:「あの晩もね、親戚の子の話、私からしかけたんだ。じつはその子のお兄さんともエッチしてて、彼それ知ってたの。で、私がお風呂入ってたら、歯を磨くふりして私の裸覗いてたのよ。だから誘ちゃった」
Y:「・・・・なんて誘ったんですか?」
K:「あら、Yクンも私の話に興味あるんだ。聞きたいの?笑、男の子って本当に女の子のエッチに興味あるよね〜。笑」
Y:「・・・・・」
K:「普通に王道パターン・・・背中流して・・・・って」
Y:「・・・・・」
K:「笑・でもその子、カズ君っていうんだけど、脱がして風呂場に入ってきた時点でフル勃起・・・なんか下心見え見えだったのよね。私も分かってたから、『覗いてたんでしょ、でこんな大きくしてたの?」ってやさしく言ってあげちゃった。指先でライトタッチしながらね。あとは流れに任せてその場でエッチしちゃった」
Y:「あの・・・・・弟さんとエッチしたってのも本当ですか?」
K:「本当よ。聞きたい?」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月4日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】見せ付けセックス1(具体的内容)【実話体験談】

僕が高校2年生の頃の話です。
高校2年生の春、初めて僕に彼女ができました。
彼女の名前は、なつき(ということにします)といいます。彼女の身長は170センチ位あり、スタイルも抜群でまるで芸能人のようなかわいさでした。顔は北川景子さんに似ています。
当然彼女はもてまくりました。同じ学年だけではなく、学校中に彼女のことを狙っている男達がいたのです。
僕は1年生のときは彼女とは違うクラスだったので話したことはありませんでした。当然彼女に特別な思いもありません。只、きれいな人だな、程度に思っていました。
2年生になり、僕は彼女と同じクラスになりました。席も近かったせいもあり、
僕は彼女と話すようになりました。
僕は身長も163しかなく、顔も至って普通だったので、彼女のような女の子と付き合えるとは思っていなかったのですが、意外にも僕となつきは話が合い、
よく話すようになりました。
僕はあっという間になつきを好きになりました。
女性経験のない、普通の男がなつきのような美人と仲良くなれば、当然なのかもしれません。
僕は彼女と一緒に学校を出て日に思い切って家に誘ってみました。
なつきは快く承諾してくれました。
とは言え、こんな僕に何か踏み込んだことをする勇気などあるはずもなく、特に何もしないまま、彼女が帰る時間になったのです。
なつきは男友達も多く、自分だけが特別じゃないんだと、自分に言い聞かせていた僕ですが、その裏で、彼女も僕に好意を持っていてくれているのではないだろうか、そう思ってしまうほどなつきは僕と楽しそうに話してくれる。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月2日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】妄想の果てに【実話体験談】

私は40代後半の主婦です。
数年前から仲の良かった同級生たちとプチクラス会のようなものを年2回ほどしてきましたが
回を重ねるごとに他の組の子らも参加するようになり、それならいっそ本格的に同窓会する?
ってことでクラス会で中心になっていた子らが世話役になり急遽準備して開催しました。
準備会ってことでランチや食事会も数回行い、それもそれで盛り上がり楽しかったです。
7クラスの同級生の住所連絡先を調べ名簿の作成と大変でしたが無事に案内を発送して当日を迎えました。
参加者は50名ほどでしたが初回にしては上出来だと主人にも褒めてもらい楽しく過ごしました。
帰宅が午前様で主人の機嫌はよくなかったですが(汗
私は若くして結婚出産、そして育児に追われ家族のために頑張ってきました。
体型(太っている)のこともあるのですが子沢山で自分のことにかまっていられなかったし
交友関係も子供の学校の父兄会やご近所が中心であまりありませんでした。
でもここ数年は子供たちも就職したりして高校生の子供一人になり自由な時間も増えました。
自由な時間が増えると一緒にお茶したりランチに行くのはバツイチや独身の友達でオシャレや男関係の話とか
今までの私には縁のないわからない話が多いのです。
もう恥じらいも薄くなった年代ですから下ネタの話とかどこの店にはイケメンの若い男の子がいるとか

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月1日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】うちの娘 5【実話体験談】

喫茶店で聞かれました。
「露出が好きですか?」
私は返しました。
「キライ?」
妻は首を横に振ります。
妻と妹は高校の同級生です。
他市からここに越して来たのです。
話は昔に戻ります。
妹に露出を教えたのは私なのです。
きっかけは悪戯。
その頃両親は共働きでした。
妹は私に懐いていました。
幼稚園から帰った妹のパンツが少し汚れていたのです。
泥のようでした。
パンツを脱がせました。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月15日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】友人の彼女がソープ嬢【実話体験談】

私が学生の時の話である。私は実家のある町の隣の県の県庁所在地の大学に通っていた。その頃あちこちにソープランドがあり、よく楽しんでいた。実家に帰った時、隣の大きな町のソープランドに行った。そのときのソープ嬢(泡姫)を見て驚いた。私の友人の彼女で、同じ大学に通う女学生で顔見知りだった。清楚でまじめな感じの女学生なのにソープ嬢とは。彼女も私を見て驚いていた。でも私はお金を払っており、またペニスはぎんぎんに勃起していたのでとにかく通常のサービスを受け勃起したペニスを挿入し、中出しで射精して1回戦を終わった。そこでちょっとお話をした。彼女、仕送りが十分でないのでアルバイトで学費の不足を補っているとのこと。高給で効率のよいアルバイトはソープ嬢とのこと。大学と同じ町のソープだと顔見知り人と出会うかもしれないので通勤可能範囲の隣の県のソープにした。土曜日、日曜日などの休日に働いているとのことだった。付き合っている彼とはデートのたびにセックスしている。彼にはこのこと、絶対に内緒にしてほしい。もちろんあなた(私のこと)がソープを楽しんでいるなんて誰にも言わないとの約束をしあった。それから2回戦、3回戦をした。同じ大学の同学年の顔見知りの女学生とセックスできて興奮していたようだ。彼女の源氏名も聞き、その後、彼女が卒業するまで何度もそのソープに行き彼女の体、彼女とのセックスを楽しんだ。金を払っている客だから当たり前だけど。時々、友人と彼女がデーとしているのに出会った。その時は同級生としてにこにこと挨拶をし、世間話などをしていたがソープのことにはまったく触れなかった。その後、卒業してからその二人が結婚したとの知らせがあった。その友人、夫婦だから毎日ただで彼女とのセックスを楽しんでいるな。よかったな。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年6月13日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】かわいそうだね、抜いてあげようか【実話体験談】

この間、男三人でスナックに飲みに行ってしばらくしたら、高校の先輩の女の子
3人組が来て一緒に飲みましょうということになったんですよ。
ちなみに、みんな結婚しているし子供もいるんだけど。
俺はその中のYさんと話しているうちに、週に何回Hしていると言う話になったん
です。
Y「ねえ、今週何回してる?」
俺「はっ、何がですか」
Y「何がってさ、あれよHしてる?」 
俺「ええ、まあ・・・」と言ったものの、実はここ2ヶ月くらいしていない。
五歳と二歳の子育て中で下の子供を寝かしつける内にカミさんも寝てしまう、
時々迫ってみるけど、何かぐっすり寝てるんだよな。
でなんとなく、していないわけと話したら。
Y「えっ、してないの、インポじゃないよね。」
俺「いや違いますよ、」
Y「じゃあ我慢してるの、そんなこと出来ないでしょ、もしかしてソープ?」

実話体験談関連タグ

||||||

2014年5月25日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】女友達のお願い SとM【実話体験談】

ゴールデンウィークも終わり、普段の生活に戻った。
休日中は、俺の両親が「泊まりに来い。」と俺達家族を招待していたので、
この時だけは俺自身も実家に泊まらされる羽目になり、自由と言うものは全く無かった。
それに仕事で休みなど無かったせいか余計にストレスが溜まっていた。
俺はずっとA美の事を思っていた。
彼氏とどうなったのか凄く気になっていた。
ゴールデンウィークが明けた日の昼休みにA美からメールが入った。
「電話してもいい?」
俺はこの日は現場に入っていて電話が出来る状態では無かったので、
「ごめん。現場に入っているから今は無理。」とメールを返信し、
ものの30秒もしない内に「了解です。」とA美からの返信メールが入った。
「やはり駄目だったんだな。」とたったこれだけのA美からのメールでそう悟った。
はっと思い出したように俺はメールをし直す。
「今日から4日間現場に入るからその後俺から連絡する。」
本当にメールは面倒臭いので嫌いだ。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月17日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング