【人妻】【寝取り】勉強会でセックスセックス!性教育は完璧【誘惑】【実話体験談】

<>105 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 23:43:09 ID:XvZHQ3pjO<>
数年前、会社から受けた検定というか試験を、巨乳の同期と一緒に勉強した話を書きためてる。ちょうどいいスレッドがないんだよ。ここに投下するのはスレちですか?

<>106 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 01:16:28 ID:hN9/KYz60<>
いいんじゃない?キボンヌ

<>107 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:50:55 ID:2NSeSOyl0 [1/19]<>
後味のいい話ではないし、長編が苦手な人はスルーして下さい。同期入社の女性は4人いて、3人の胸は大きかった。配属がきまり同じ営業所になったAは、顔もかわいいく一番の巨乳だった。Fは間違いないだろう。Aは営業。一時間以上掛けての電車通い。俺は深夜作業もある現場。俺には遠いのでアパートが提供された。出勤する時間帯も違い、会社で会うことも少ない。たまに会話するくらいだった。身長は160弱。漆黒の髪と化粧が利き過ぎのような気もするが、それを差し引いても白い肌。入社して間もないでのスーツはしっかり着込んでいた。体のラインは分からない。巨乳と知ったのは半年後。会社から行った温泉旅行で、浴衣を着た時に現場の男が盛り上がったらしい。俺は、当日行けなかったかった。

<>108 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:51:58 ID:2NSeSOyl0 [2/19]<>
Aは佐藤寛子になんとなく似ていたので、以下寛子。寛子は天然系で、年配社員からは「ぶりっ子」という死語で呼ばれており、誰かしら媚を売っているように見える娘だった。仕事も人任せなことで、同じ女性社員からも、一部疎まれていた。異性の社員に対しては、年の上下に関わらず必ず、さん付けなのだが、俺のことは入社当初から「俺クン」と呼ばれていた。「俺君」ではなく、「俺クン」みたいな語感。もしくは「俺ク~ン」みたいに聴こえる。ただし、営業成績は良く、その巨乳から受けるセクハラに耐える姿は、俺からはがんばっているようにみえた。

<>109 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:52:57 ID:2NSeSOyl0 [3/19]<>
俺が初めて巨乳を確認したのは、同期の飲み会。テーブルの上に胸を載せる私服姿についつい目がいった。寛子の家は俺の実家に向かう途中にあり、電車で実家に帰るときたまに会ったりした。そのうち俺は適当な中古車を買い、時間が合えば実家に帰るついでに送る日があった。俺には彼女はいたが、遠距離だった。会話はいつも会社の話をして終わり。大量に同学年のいる学生と違って、大半が先輩か後輩か上司か部下である会社には同格の者は少ない。女性で職種は違っても同期というのは気軽に話せる、特別な存在を感じた。3年目で会社で必要な検定試験を受けるよう言われて、勉強することになった。大した試験ではないが、落とすと恥みたいな感じ。現場の俺にとってまあまり必要を感じてない。しかも、日常業務と関連があるので、特に勉強の必要もない。だた営業の寛子は、一から勉強が必要であった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月1日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】【寝取り】勉強会でセックスセックス!性教育は完璧【誘惑】【実話体験談】

105 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 23:43:09 ID:XvZHQ3pjO
数年前、会社から受けた検定というか試験を、巨乳の同期と一緒に勉強した話を書きためてる。ちょうどいいスレッドがないんだよ。ここに投下するのはスレちですか?

106 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 01:16:28 ID:hN9/KYz60
いいんじゃない?キボンヌ

107 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:50:55 ID:2NSeSOyl0 [1/19]
後味のいい話ではないし、長編が苦手な人はスルーして下さい。同期入社の女性は4人いて、3人の胸は大きかった。配属がきまり同じ営業所になったAは、顔もかわいいく一番の巨乳だった。Fは間違いないだろう。Aは営業。一時間以上掛けての電車通い。俺は深夜作業もある現場。俺には遠いのでアパートが提供された。出勤する時間帯も違い、会社で会うことも少ない。たまに会話するくらいだった。身長は160弱。漆黒の髪と化粧が利き過ぎのような気もするが、それを差し引いても白い肌。入社して間もないでのスーツはしっかり着込んでいた。体のラインは分からない。巨乳と知ったのは半年後。会社から行った温泉旅行で、浴衣を着た時に現場の男が盛り上がったらしい。俺は、当日行けなかったかった。

108 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:51:58 ID:2NSeSOyl0 [2/19]
Aは佐藤寛子になんとなく似ていたので、以下寛子。寛子は天然系で、年配社員からは「ぶりっ子」という死語で呼ばれており、誰かしら媚を売っているように見える娘だった。仕事も人任せなことで、同じ女性社員からも、一部疎まれていた。異性の社員に対しては、年の上下に関わらず必ず、さん付けなのだが、俺のことは入社当初から「俺クン」と呼ばれていた。「俺君」ではなく、「俺クン」みたいな語感。もしくは「俺ク~ン」みたいに聴こえる。ただし、営業成績は良く、その巨乳から受けるセクハラに耐える姿は、俺からはがんばっているようにみえた。

109 名前:105[sage] 投稿日:2010/03/19(金) 22:52:57 ID:2NSeSOyl0 [3/19]
俺が初めて巨乳を確認したのは、同期の飲み会。テーブルの上に胸を載せる私服姿についつい目がいった。寛子の家は俺の実家に向かう途中にあり、電車で実家に帰るときたまに会ったりした。そのうち俺は適当な中古車を買い、時間が合えば実家に帰るついでに送る日があった。俺には彼女はいたが、遠距離だった。会話はいつも会社の話をして終わり。大量に同学年のいる学生と違って、大半が先輩か後輩か上司か部下である会社には同格の者は少ない。女性で職種は違っても同期というのは気軽に話せる、特別な存在を感じた。3年目で会社で必要な検定試験を受けるよう言われて、勉強することになった。大した試験ではないが、落とすと恥みたいな感じ。現場の俺にとってまあまり必要を感じてない。しかも、日常業務と関連があるので、特に勉強の必要もない。だた営業の寛子は、一から勉強が必要であった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年3月20日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング