【浮気・不倫】★北の国から〜美樹と彼女と、時々、アネキ★【実話体験談】

<>187:えっちな18禁さん:2006/12/21(木)07:46:33ID:8aw3v89OO<>
あまりエロい話じゃないんだけど俺が高校生の時の話
兄貴の結婚式に行ったら受付に女性が居た
第一印象は『凄く綺麗なお姉さん』って感じだった
でも話す話題や勇気など、当日の自分にはあるはずもなく
結婚式が終わると真っ直ぐ家に帰るだけだった

それから何ヶ月か経ち学校から帰ると
居間の方から数人の女性の楽しそうな声がした
兄貴の嫁の友達が遊びに来てるらしい
俺は彼女が遊びに来てたので、さっさと2階の自分の部屋に彼女を連れて行き、着替えた後
ジュースを取りに居間の方へ向かった

兄貴の嫁の友達は二人遊びに来ていて、一人は結婚式で見た
あの『お姉さん』だった

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月5日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】ものすごい底辺【実話体験談】

サークルに入った時、一緒に入った同学年の彼女は直ぐに先輩Aと付き合い始めた。
1年程度経過した頃は、いつの間にか先輩Bと付き合っていた。
それからさらに半年程度経過し、先輩Bと別れ俺と付き合い始めた。
俺に取っては純粋な恋だったけど、彼女は完璧に開発済みで、高一の頃から経験を積み
上は40歳のオッサンから下は16歳の当時の同級生まで20人以上の経験があり、正直凹んだ。
結構、清純に見えたが女は分からないなと凹んだ。
先輩Aの就職の内定記念会があって、先輩Aがぜひ俺の家で飲み直そうと家にきた。
先輩Aは、就職祝いに久々やらせてくれって彼女に迫り、肩を抱いて胸を触り、
おおっ懐かしい。最近彼女いなくて久々なんだよとご機嫌。なぁいいじゃん。と俺に聞くので彼女次第っすよと答えると、
おしっ決まりだねと、短いスカートに手を入れてレギンスごと脱がそうとした。
彼女はヤバイヤバイとじたばたしていたが、爆笑状態で、少しずり落ちたパンツの上から手を入れると、まじぃ?と
甘えるしぐさで、あごを上にあげ抵抗が弱まった。
俺はこたつの横でレギンスとパンツを脱がされる彼女のTシャツの上から胸を揉んだりしたが、
ちょっとー見ないでよ。と言われ、こたつのさらに向こうに移動させられた。
壁からテレビがあって、彼女がいてこたつがあって、俺。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年4月4日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】浮気【実話体験談】

先日、彼がいながら別の男性Yの家に「お泊り」しました。もと同僚の男性で、職場が変わってから数年後の昨年関係を持ちました。
 現在隣県に住んでいるので会うのは1年ぶりでした。
 Yの最寄り駅で落ちあい、食材やビールを買ってYの部屋へ。
 久しぶりに焼酎を飲んだらかなり酔っ払ってしまって、途中から寝るとこまでの記憶が曖昧なんですが、覚えてるトコと翌日の出来事を・・。
 二人ともかなり酔っていたので、ささっとお風呂に入って寝ることにしました。
 先にベッドに入っていたYに促され、私が横に入っていくとお互い待っていたかのようにねっとりとしたディープキス。
 本当の彼とのエッチもクリスマス以来してなかった私は、もうそれだけで濡れてきちゃってました。
 Yは私の手をつかみ自分の股間へ促し握らせ、もう一方の手で私のアソコをまさぐり始めました。
「明日香、もう濡れてる。エッチだなぁ。ほら、ぐしょぐしょだよ。」
 Yは指を私の中に入れてわざと音を立てます。
 その音と言葉でますます濡れてきた私。
 私にMッ気があるのを知ってる彼は、少し乱暴に、ちょっと強引に足を絡ませて私の足を広げ、クリを攻め続けます。
「あ・・! あぁ〜ん!」
 我慢できずに声を出していたら、握らされていた彼のモノが硬く熱くなってきました。
 体勢を変え、私の足を抱えて広げると、彼が一気に私の中へ入ってきて何度も突き上げます。

実話体験談関連タグ

|||||

2014年4月3日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】授乳期のギャルママにこっそり中出し【実話体験談】

授乳期のギャルママにこっそり中出し

ワクワクメールで、人妻、それも22歳のギャルママに会えた。

若いのに子どもがいるばかりか、子どもを連れて現れた。

そのギャルママ、まなみちゃんっていうんだが、

茶髪だけど化粧がケバいわけではなく、おちょぼ口の綺麗系の可愛い人だった。

「赤ちゃんいるけど大丈夫ですか?エッチしてる間、3時間は寝てるから。
午後1時頃からでお願いします。ほんと¥が必要なんです」

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月3日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】4Pを覗き見【実話体験談】

寝取られ話ではありますが、残念ながら皆さんが期待するような
離婚だ!制裁だ!慰謝料だ!という修羅場っぽい展開はありません。
その手の話を読みたい方は、そちら系のスレッドへ移動なさるようお勧めします。もっとも、いわゆる「寝取られ好き」が読んで共感できる話かと言えば、
それもはなはだ怪しいんですけどね。
去年の秋、友人の田中夫妻と某県の小さな温泉宿を訪れた時の話です。
妻2人は40手前、旦那2人は40代前半と思ってください。もともと妻同士が学生時代からの親友で、この2人はかれこれ20年来の関係。
ほぼ同時期に結婚したんですが、結婚前にダブルデートしたこともありますから、
私と田中夫妻も十数年の付き合いになります。
最初は「妻経由」の間柄だった向こうの旦那さんと私も親しくなり、
今では男2人で飲みに行ったり、ゴルフや麻雀を一緒に楽しんだりする仲です。互いの子供に手がかからなくなってからは年に1~2回、
夫婦4人で泊まりがけの小旅行に出掛けています。
去年は「静かな温泉でゆっくりしたい」という、いかにも中年らしい女2人の提案で、
あまり有名じゃない地方の温泉地まで車を飛ばしたのでした。 ※※ ※※訪れたのは雑誌の秘湯特集に載ることもない、平凡でさびれた温泉旅館です。
オフシーズンでもあり、私たち以外の客はほとんどが湯治に来た年寄りでした。たっぷりと温泉を満喫し、地元食材を使った郷土料理を楽しんだ後、
女房たちが買い物に繰り出すのを待って、男2人は温泉街の外れにある飲み屋へ。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】薫【実話体験談】

俺は先日、千葉のJR某駅から歩いて10分位の某ショッピングセンターの化粧品売場で、偶然にも万引きしている若い女を見かけたので、店の外に出たところで声をかけて女を呼び止めた。
 彼女はギョッとして大きな目を見開き、俯いてしまった。
 俺は警察を呼ばないで目をつぶる代わりに、今日1日、華奢でスタイルの整った体を自由にさせてもらう強引な交渉で彼女をラブホへ連れ込む事に成功した。
 ルームインして名前を聞くと、薫です。と小さく答えた。
 薫は主婦で30代前半の胸は小さいが華奢で足が長くスタイルのいいセミロングの長さの髪をした女だった。背は160cm位かな。
 体重はおそらく50キロ未満だろう。顔はかなりの美人妻だった。時間はまだ正午くらいだったので丁度、ラブホのサービスタイム中で夕方5時まで4千円しなかった。
 5時間も格安料金で、しかもタダマンで美人妻を抱けるのだから本当にラッキーだった。
 薫は本当に警察には通報しないでくださいね。と大きな目を充血させながら哀願してきた。
 それは奥さん次第ですよ。と釘を刺しシャワーを促した。
 薫が浴びている間、俺は裸になってベットに入った。薫がシャワーから戻ると俺はシャワーも浴びずに汗臭い体を彼女に押し付けながら、薫のかわいい唇を奪い、舌を挿入した。薫は最初拒んでいたが、警察に通報しても。と俺が言うと諦めたのか彼女も舌を絡めてきた。
 俺たちはベットへ移りキスの嵐。薫の口からは二人の交じり合った唾液が流れ落ちてきた。
 俺は薫の小さな胸を乱暴に揉み、乳首に吸い付いた。薫はアー。イヤッ。ウーン。と人妻らしい艶かしい喘ぎ声を発した。
 俺は左右交互に彼女の乳首を吸い、歯を立てて愛撫した。そして薫のクリトリスを弄り、指でしつこく愛撫すると彼女は身をくねらせて善がり、悦びの声を発していた。
 アァー。アッアッアッ。アー。とかわいい声で善がり、オマンコが濡れてきて音を発していた。
 俺は薫のオマンコへ指を2本いれて激しくピストンした。彼女はアッアーン。アー。イッちゃう。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年4月2日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】ビーチボーイ【実話体験談】

数年前、友人と旅行に行った南の島で、いわゆるビーチボーイと過ごした夜の体験についてお話しします。
噂には聞いていたのですが、女二人で行ったその島は想像以上のナンパ・アイランドでした。
次から次へと下心ミエミエの男たちに声をかけられたり、露骨に男を買わないかと言われたりして、私と友人の美帆も少々うんざりしていた時に…
私たちはビーチで本当にカワイイ二人の男の子に声をかけられました。
素朴な言葉やしぐさで私たちをしきりに褒めてくれる彼らに、いつのまにか乗せられてしまった私と美帆は、結局その夜を彼らと一緒に過ごしたのです。
部屋に戻ると、私よりも男性経験が豊富でセックスに対してオープンな美帆が、さっそく二人のうちのS君とシャワー室に消えて行きました。
私はちょっと戸惑いながら、慣れない外国語でもう一人の男性R君とおしゃべりしていると、バスルームからは楽しそうにふざけあうS君と美帆の声が聞こえてきました。
その声を聞いて刺激されたみたいで、R君は私の肩を抱き寄せ、唇や首筋から肩の辺りに情熱的なキスを浴びせてきました。
私は取り繕うように少しだけ抵抗していたのですが、やがて素っ裸のままシャワーから上がってきたS君と美帆が、体もろくに拭かずに見せ付けるかのように濃厚に愛し合い始めたのを見て、私の体も熱く火照ってきてしまいました。
私は生まれて始めて見る、他人のセックスの光景にすっかり興奮していました。
押し付けてくるようなR君のたくましいキスに私も乗せられて、彼氏ともした覚えがないくらい長い時間をかけて、ネットリと舌を絡み合わせました。
S君とシックスナインの状態になって、長いチンボをおいしそうに食べていた美帆が、催促するような視線を私に送ってきました。
私もR君とお互いに服を脱がせ合って、全裸になってベッドに入りました。
R君は音を立てながら、私の体の隅々にまでキスしてくれました。
あまり上手ではなかったけど、本当に情熱的で体が溶かされてしまいそうな感覚でした。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月1日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】人妻とやった時のこと(改)【実話体験談】

昔、大学生の頃の話なんだけどバイト先にめちゃめちゃ美人の人妻がいた。
歳は30歳で子持ちなんだけど、顔はガッキーにそっくりで、見る人によっては、美人つうよりかはカワイイって感じるかも。オッパイは貧乳っぽかったけど、スタイルはいいし、何といっても顔が最高!!年齢を感じさせない超美人って感じ?

当時の俺は、体育会系(マイナースポーツだけど)に所属してさわやかに振舞いつつ、陰では大学やバイトで知り合った女を適当に食い散らかしててたけど、まだ人妻と仲良くなった経験はなかった。若い女にばかり目がいってて(その当時の最高年齢は24歳の大学事務職員)、人妻ましてや子供を産んだ女に興味を持ったことなんてなかったけど、ガッキーちゃんは別。

バイトの時は、いつもさわやかに接しながら、『いつか、そのお顔をアヘらせてみてぇ』とか考えてたし、他の女とやってる時もガッキーちゃんのおっぱいはもっと小さいよなとか、満毛は薄いだろうなとか想像しちゃってた。ある意味、純情な恋心って感じ!?

で、その人妻ちゃんとやった時の事。

俺のアパートに遊びに来てもらった時に(普段さわやかに振舞っていたから、他の女と同じでここまでのハードルは低かった)、押し倒してやっちゃったんだが、1回戦目は完全にマグロだった。

でも、その時は、やれた事に感動して特に何にも思わなかった。

実話体験談関連タグ

||||

2014年4月1日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】自分の趣味で妻を他人に・・・【実話体験談】

私にはちょっと変わった性癖があります。
妻と結婚し、3年が過ぎますが、まだ子供がいません。
30後半の晩婚(妻36歳・私40歳)だったので、半分諦めています。
お互い夜の営みも人並みにしている方だと思っていますし、
まぁそれなりに満足していましたが、それ以上に興奮する事を知ったんです。以前から、レイプとか他人妻といった名目のDVDに興味があった私は、結婚と同時に
妻が他人に・・・何て考える事もあったんです。
そんな願望も年々増し、妻を道具や色んな体位で弄ぶ様になり始めました。
エッチが嫌いではない妻も、そんな私のお遊びに付き合ってくれていました。ある日、妻が同級会に参加すると言う事で、参加する時の服を選んでいました。
「久々の同級会何だから、大人っぽい(色っぽい)服装で行って見たら・・・」
「そうかな?変に見られないかな?」
「そんな事無いよ、綺麗だねって羨ましがられるかもよ」
「そう~ぉ?・・・」
そう言って妻が選んだ服装は薄緑のワンピースで丈も短めで、胸元も開いた感じの物だった。
学生時代は、痩せていてショートヘヤーだったので、今とは別人・・・。
今は、大人っぽく肉付きが良くなって、胸も大きくDカップ、ストレートのロングヘヤーだ。同級会当日、妻は念入りに化粧をし、ワンピースを着ていたが10歳は若く見え、しかも色っぽい。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年3月31日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】美しい隣人【実話体験談】

先日、念願のマイホームを新築しました。嬉しくて毎日家に帰るのが楽しみでなりません。そんな僕は、31歳、妻は27歳自慢の美人妻です。引越しも無事に終わり、まずお隣さんへご挨拶へ伺った時の事です、年の頃30歳半ば位のなんと美しい奥様がご出てきたではありませんか、こんな綺麗な奥様の隣に引越してこられたなんて一生の運を使いはたしたなぁと思いました。出迎えてくれた奥様は身長160cm位スレンダーでしかも胸が見たところEかFカップはあると思います。それに僕の大好きなタイトスカートを穿いてました。お尻もプリッとして、なんと言っても声が綺麗、こんな奥様の喘ぎ声が聞いてみたいと思わず思ってしまいました。僕は休みの日には2階の窓から奥様が出かける時などを狙ってお尻を盗撮をして、それおおかずにオナニーをするのが楽しみでした。それから2、3ケ月が過ぎたころには家族ぐるみのお付き合いをするようになりました。お隣の奥様が僕の家に来る時は必ずと言っていいほど短めのスカートでくるので、パンツが見えそうでいつも奥様の股間やお尻ばかりに目がいってしまいドキドキものです。そんなある日の夜、妻が実家に帰っている時です、玄関のチャイムが鳴りました、こんな時間に誰だろうと思い玄関を開けると、なんと隣の奥様が鍋を持って「カレー作ったんです一緒に食べません?今日は奥様いないんでしょ」妻がいない事は僕の妻から聞いていたんだそうです、「うちの主人も出張で明後日まで九州なんです」妻に悪いとも思ったのですが、さすがに奥様の魅力には勝てませんでした。食事をしお酒を飲みながら楽しい時間は早いもので夜中の1時を過ぎていました。そんな時奥様が「あぁ眠くなっちゃったぁ、少し横になってもいいですか?」と聞くので「どうぞ、じゃ今毛布を持ってきますね」そういって毛布をかけてあげると気持ちよさそうにすぐに寝息をたてていました。1時間程経ったでしょうか、奥様が寝返りをした時毛布がずれてミニスカートの可愛いお尻がまる見えです、僕は思わずお尻の匂いをかいでしまいました。何の反応もないので、勇気をだして触ってみました、すると「うぅ」と言いながら寝返りをうったので「やばっ!バレタ」と思いその場を逃げ出しトイレに逃げ込み様子を伺い5分位した後戻ると、奥様は気持ちよさそうに寝息をたてて寝ていました。「よかったぁ、ばれてなかったぁ」と思いふとソファーを見るとさっきまで穿いていたスカートが脱ぎ捨てているじゃありませんか、もう僕は心臓がバクバクでどんな下着を着けているのか見たくて見たくてしかたありません、とその時奥様が寝返りをうち、毛布がずれ、なんとパープルのTバックがモロ見え!もう僕はどうなってもいい思い、アソコの匂いを嗅ぎ、するとなんていい香りが香水の匂いがしました、もう一度匂いを嗅ごうと顔を近づけた瞬感「触ってもいいのよ」僕はビックリして「すいません!そんなつもりじゅあ」すると奥様が「私はそんなつもりよ」その言葉で僕のモヤモヤはふっとび野獣と化したいました。奥様のマンコを舐め、クリトリスわいじめると「あああぁだめ・・・そこいっちゃううぅ ねぇぇ早くちょうだい、マンコに入れてぇぇぇ早くぅぅ」「奥さん僕のも可愛がってよぉ」グチュグチュビチャビチャジュポジュポ「凄い大きい!大きくてかた~いジュポジジュポ、ねぇお願いはやくぅぅぅ」そして僕はビンビンになったチンコを挿入すると「あああぁぁすご~いマンコが壊れちゃうぅ~こんなのはじめてぇぇああぁぁ奥までとどいてるうぅぅぅ」激しいピストン、巨乳の揺れを見ながら奥さんを盗撮した写真でオナニーをしていることを告げると「あああぁ嬉しいぃぃ、じゃぁ・うぅな・・なかで出しても・・・いいわよ、ああぁ」そして体位を変えバックから思いっきり突いてやると、なんと色っぽい聞いたことのないような喘ぎ声が「あああぁぁんううぅああんイクッイクッいっちゃうぅぅあああああぁぁぁんダメっダメっ壊れちゃうあああああああぁぁん」僕は今まで使った事が無いくらいのピストン「あああああぁぁんううぅはぁ・はぁだめ~ああぁんいくぅぅぅ~」奥様は死んだようにぐったり、しばらくすると「凄い!こんなSEXはじめて、癖になりそう、もう最高!またいじめてねっ」と僕のチンコを口で綺麗にしてくれました。ペチャッペチャッジュポジュポ 「まだ硬いんだぁ・・・凄~い」それがまたあまりに気持ちがよくて2回戦突入です。「だめぇぇん ああああぁぁんもうめちゃくちゃにして~ああぁん」その後、お互い都合のいい時にホテルで楽しんでいます。「ああぁ家買ってよかったあ」

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月30日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング