【浮気・不倫】イケメンに狙われた女【実話体験談】

初めて寝取られによる胸の苦しさと、
興奮を覚えたのは今の妻、果帆と付き合い始めてからでした。
果帆は今32歳で私と知り合って7年目です。
容姿は165cmと背の高い方で、若い頃は今のグラビアの亜里沙に似てました。
あそこまで美形では無いと思うのですが、亜里沙をちょいブサにしたら果帆です。
色白七難隠すと言いますし、
肌が白いのと胸がFカップ有るのでかなり男は狙ってきます。
でも細身で巨乳という訳ではなく、二の腕は結構プルプルしていますし、
タイト目なパンツやスカートを履いた時には、ウエストのお肉が若干乗る事を
365日気にしているのが微笑ましい感じです。

一緒に買い物していて、俺がちょっと電話で中座した時に
サラリーマンにナンパされてたり、
家の近所で散歩中におじさんに電話番号渡されたりと、俺が把握してるだけで結構有ります。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年6月27日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】不倫する女の考え方はコレだwww 【実話体験談】

580名無しさんといつまでも一緒2006/07/16(日)21:57:030
婦人科系の病気の検査はわざわざレスの夫に相談しないで受ける。
でも私も鬼彼とやりすぎてヒリヒリしてて病院行ったりした。
ゴムはお互いいつでもできるように財布に入れてたよ。
旦那が見るわけないし、お金出す時も気をつければ人に見られることも無いから安心だし。
結局旦那が陰でちょろちょろ動いてて、彼と借りてたアパートに探偵と乗り込んできてバレ。
やり直したいって旦那に言われたけど、こんな形で乗り込んできたり陰でこそこそ調べて探偵に報告してたみたいで
そんなやり方でやり直せるわけ無いってひたすら拒否。
結局旦那の方からお前とは暮らせないって離婚。
彼と暮らすため子供も置いていくことに。
本当にやり直したいならコソコソされるのが一番嫌。
しかも最後に何もかも奪って慰謝料まで持っていくんだよね、そういう人。
男らしくない。

581名無しさんといつまでも一緒2006/07/16(日)21:59:550

実話体験談関連タグ

||

2014年6月27日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】ここ1週間で起きた修羅場【実話体験談】

<>1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/10/11(木) 10:23:37.85 ID:nSzhGUYp0<>
ちょっと聞いてくれないか
まぁただの嫁の不倫なんだけどね
変わってるなと思ったから書いて見ようと思っただけなんだ
まずスペック
俺30 会社員 見た目は多分フツメン 子供はいない
元嫁31 専業主婦 見た目結婚初期はaiko、現在は朝青龍
間男27 フリーター 元嫁がよく買い物にいってたスーパーで働いてる
間男彼女 フリーター
ことのはじまりは1週間前
ふと元嫁の携帯を好奇心で見てしまったら
いかにもなラブラブメールがたくさんあったんだ
「間男くんに早くあいたいよぉ・・・」
正直朝青龍でも不倫なんて出来るんだ、と怒りや悲しさよりもまず驚いた
<>12 名前: 1 投稿日: 2007/10/11(木) 10:28:11.37 ID:nSzhGUYp0<>

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月27日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】いなかでの葬式(続き)【実話体験談】

 久しぶりに妹と会ってホテルでのセックスを書きたい。
 
 昨日妹と別れた後にぼくは直ぐにメールをして会う約束をした。
 妹夫婦が住む社宅から車で30分位の公園で待ち合わせをした。朝8時に待ち合わせ、妹は夫に仕事の講習会と嘘をついて出てきたそうだ。
 ぼくの車に乗り込みどこのホテルにしようかと聞いた。
 「こないだ行ったとこにしようよ、安いし空いてるし」
 半年くらい前に行ったホテルだ。 人妻が実の兄とホテルへ これも不倫だろう。浮気の相手が兄は珍しいが。
 
 「昨日は声が出そうでもうやばかったんだからー 前にうちの旦那はいるし。」
 「いやぁ もう辛抱出来なくて、それに黒の礼服姿がまたもう。」
 「もう・・かんべんしてよ・・人に気づかれたらどうするつもりだったのよ。」
 ぼくはホテルの向かって走りだした。 平日の朝8時である、ホテルは空いてるだろう。ぼくと妹は葬儀ということで休暇をとっていた。
 待ち合わせた公園から15分くらい車を走らせるとホテルに着いた。 やはり空いていた。空いてるガレージに車を入れぼくらは部屋に入った。
 妹は仕事の講習会ということで出てきたのでスーツ姿だった。部屋に入るとすぐに着ている上着を脱ぎぼくに抱きついた。
 ぼくはすぐに唇を重ね激しく舌を絡めた。ふたりとも昨日の興奮が冷めてないようだった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月26日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】電気工事で訪問した一人暮らしの55歳の熟女【実話体験談】

自分は27ですが、1年前に仕事(電気工事)で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と今関係しています。
旦那(婿養子)とは離婚し、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです!

ちなみにその熟との関係の始まりは、初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき、部屋にピンクのパンティー、ブラ
が干して有り、自分がその下着を見ていると熟は「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」なんて言うので、
自分は「いいえ!そんな事無いですよ!」と言いながら携帯を弄ったりしてごまかしいると、偶然にも熟と同じボーダフォンの
携帯だったので、熟が「あら私もボーダフォンなのよ!」と言ってきました。自分は熟にボーダフォンは”電話番号でメールが
出来る”等の話を振ると熟は携帯の番号を聞いてきたんで、教えてしまいました。その日の夜早速熟からメールが来て、
旦那と息子の事や”1人暮らしなので、また近くに着たら寄って下さい””休日は暇で困っています”等書いてきました。
適当に返事を書いてやると2〜3日おきに熟からメールが来るようになり、ちょっとエッチな事も書いてくるんで、
初訪問時の部屋に干していたピンクの下着の事を”普段あんな下着付けてるんですか?” ”実はちょっとドキドキしちゃって”
なんて返信すると熟が”あの下着付けてるとこ見たい?”と書いてきました。その後数回メールのやりとりが有り、熟が”何か
ほしい物買ってあげるからエッチしよう!”と書いてきたので、次の日の夜 熟の家に行ってしまいました。

実話体験談関連タグ

||||||

2014年6月26日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】スイミングスクール【実話体験談】

結婚7年目を迎えた。ひとり息子は小学生になり専業主婦の妻も少し自由時間がとれるようになった。ある日妻がスイミングスクールに通いたいと申し出てきた。友人の勧めで体系維持と健康の為に通うのだそうだ。インストラクターはどんなヤツだ?と思ったが、頑張って来い!と即答し男らしさを演出してみせた。
妻が通い始めて2ヶ月ほど経ちスクールにも慣れ、妻も生き生きしているように見える。いつも妻はスクールの報告をしてくれるが、あまり興味の無い話なので話半分で聞く。
「今日は○○さん、平泳ぎの動きがおかしくて・・」
「へえ、そうなんだ~」
・・・・
「あ、それと先週行けなかった分補習してくれるって」
「そうなんだ、じゃあいつもと違う生徒さんに出会えるね」
「そうじゃなくて、授業がない日にわざわざやってくれるんだって」
「ほう、すごいサービスだなぁ」
そこで以前より話題に出るオーナー兼インストラクターの加納先生を思い出す。色黒で筋肉質、面白い授業で主婦に人気があるらしい。
「ってことは、加納先生とワンツーマンなのか?」
「違うよ。もう1人補習の人いるって言ってた。」
「そうか・・」
生徒が2人と聞いて少し安心したがどうもスッキリしない。加納先生に妻が体を触られているんじゃないかと前から気になっていた気持ちが強まる。補習は俺が外回りの日だった。気になった俺は得意先に行くのを午後に回し、スイミングに妻に内緒で行ってみる事にした。
スクールの建物から一番離れた駐車場に車を止め、授業が始まった頃合を見て中に入る。2階の入り口から入ると受け付けがあり、すぐ横に付き添い人が見学できるソファーが並ぶ。プールは1階にある為、上から見下ろす目線で見学が出来る。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年6月26日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】マジキチ「他人と妻と結婚宣言」【実話体験談】

【話題】ネットを中心に活動する作家のヨシナガ氏がツイッターで原哲夫氏の妻・紀子さんと事実婚を発表

カテゴリ芸能・スポーツ

<>1:禿の月φ★2013/06/30(日)12:44:12.57ID:???Pネットを<>中心に活動する作家のヨシナガ氏(34)が30日、自身のツイッターとフェイスブックで結婚したことを発表した。相手は「北斗の拳」などで知られる漫画家・原哲夫氏(51)の妻、原紀子さんで「事実婚」であるとしている。

ヨシナガ氏は「彼女が原哲夫さんの奥さんなので事実婚です。
彼女が決意したことを止めるためには結婚する必要があると考え決めました」とツイート。「僕がネットで活動する人間なので、ネットでの発表とさせていただきます」というコメントとともに、挙式と思われる写真を掲載している。

ソース:スポニチSponichiAnnex

画像:

実話体験談関連タグ



2014年6月26日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】中に出すのは本当に気持ち良いよね!【実話体験談】

現在43歳。今までおおよそ70人位とセックスしました。
その内半分が年下。半分が年上。年下は18歳の高校生や
20位の処女とも。でも、若い子よりも、年上のおばさんとの
セックスの方が好き。最年長では50代後半かな、、、この位になると少し自己嫌悪に陥る、、、。
普段は真面目そうな貞淑な主婦を装っているくせに、俺とのセックスの時には俺のをクワえたり、アヘアヘ言ってるのを
見るのが好き。ホントおとなしそうなおばさんでもセックスになると凄い人は本当にいる。
週2〜3回はオナニーするとか、もう50代位のデブのおばはんで、ダンナに毎晩マンコを広げて見られて、フェラチオを強要されているとか、、、。
他には50際位で、ダンナとのセックスの時はダンナが自分のおしっこ飲むとか、その人はいろんな人とセックスしていて、
会社の28歳の男ともしたり、野外でもしたり、、。してるらしい。いつもTバックを穿いている。
20代前半の頃オバサンとバックでした時のデカイ尻を突き出しながらよがっている姿は今でも忘れられない。
他には、フェラチオをした後に精子を飲んで「化粧のノリが良くなるわ」と言っていたオバサン。
パイズリで射精しちゃったら、「入れて!」と言って、射精直後のちんぽをクワえて自分でパンツを下ろしてマンコに入れたおばさん。
凄い大きな声でよがっていた。なかなか出なかったのが長くて良かったようだ。
オバサンを駅のトイレに連れ込んでやった事もあるし、デパートのトイレに連れ込んでフェラチオさせた事もある。
オバサンの良い所の一つは中に出しても大丈夫な所かな。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月26日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】平日休みで人妻抱きたい奴来い 【実話体験談】

出会い系で知り合った人妻の尚美。

41歳で、かなり頻繁にメールをくれました。

ちょっとエッチな話題も平気な感じだったので期待大でした。

2週間くらいメールし、彼女は平日の昼間がいいという話をしてきていたから、代休のタイミングを見て彼女を誘いました。

しかし、

「ひと回り違うんだよ?ガッカリするよ?」

とか話して来ましたが、会いたいとメールをし、ようやく誘い出しました。

昼前11時に某ショッピングセンターにて待ち合わせて、俺の車の特徴を教えると、軽の車が止まりました。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年6月25日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】浮気の罰【実話体験談】

主人の命令で書き込みます。
38歳の主婦です。
同窓会があり、酔った勢いで浮気をしてしまい、主人にばれました。
主審は相手に慰謝料の要求と離婚を提示してきました。
大学受験を控えた息子が離婚すると受験に影響があることは
確実なので、なんとか許してもらうよう嘆願しました。
主人は私が奴隷になるならばとの条件をだし、それを条件に許してもらいました。
主人は私が他人に抱かれたことで、もう私を抱く気持ちになれないとのことで、
そこから私は淫乱として生活するように言われています。
今の服装はTシャツと超ミニだけで下着をつけることも許されず
買い物に行っています。
先日はシャンプーをきらした時、バスタオル一枚だけで
コンビニに買いに行くように言われて従いました。
主人が知り合いを家に連れてきて、その人たちの相手をすることは当然です。
昨夜の事です。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月25日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング