【浮気・不倫】全てが噂話なんですが 【実話体験談】

(全部ウワサなんすけどねw)

暇なので改変してみた。

何度かこの萌えたコピペでビッチだと晒されてる、アメーバブログでブログを書いているシューアイスというハンネのブロガーが、とても怪しい行動をとっていたのを見たので、その行動と噂話を書いておく。

俺もこのシューアイスというブロガーと同じで、声優である田村ゆかりさんのファン。出来たら共通の趣味から親密な関係に発展させたいと思った。
シューアイスというハンネのブロガーは女性で、既婚者にもかかわらず多数の男性と関係を持っているビッチだということだ。
何人かのストーカーにも執拗に粘着されているぐらいの美人らしいので、ぜひとも仲良くなりたい。

5月に東京のよみうりランドで、田村ゆかりさんのファンクラブイベントが開催された。そのファンクラブイベントに参加するには、ファンクラブに入ってチケットを事前に購入しておく必要がある。
そして、実際のファンクラブイベントに参加する際は、チケットだけでなく会員証も必要だからオークションで入手したりは難しい。
そのファンクラブイベントのチケットを購入する時期は、俺の懐がさびしかったので残念なことに入手できず。

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2013年10月4日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】全部ウワサなんすけどねw 【実話体験談】

たまにここで晒されてるシューアイスってハンネのブロガーのアヤシイ行動とウワサw
俺もゆかりんのファンだからさwできたらお近づきになってヤりたいじゃんwビッチだってことだしwストーカーつくほどの女なんだしさw

よみうりランドでゆかりんのファンクラブイベントあったんすよ。ファンクラブで1枚限定でチケ販売して会員証もいるから、ちょうど金なくてチケ買えなくて参加できなかったっすwけどグッズの物販は会員証だけで参加できたんだよね。
グッズ目的転売屋もくるだろうからはやめに行ったんだけど、入場はチケット組のがはやいんだよねw
出遅れたんで落ち着くまでちょい休憩して並んだんだよ。さすがに名古屋から車はきつかったw
あつかったんでジュース飲みながらツレと並んでたらちょい後ろででかい声で騒ぎ出したのがいたんだよ。俺もそうだけどオタクは何で声でかいんだろうねw
「リナちゃん久しぶりー」とかって5人くらいに囲まれてる女いたんすよ。
したら「ひさびさだねー今はシューアイスってハンネでブログやってるからよろしくねー」てよくとおる囲まれた女の声聞こえたんすよね。

ここで何回かみたハンネだしよく見たらたっぱ175くらいの女いたっす。名刺みたいなの交換してたんすけど服エロすぎでしょwゴスロリってかほとんど下着w乳の谷間丸見えでノーブラwスカートも足なげーからマイクロミニみたく見えたっすw
ほそっけーのに動くたびにでけー乳揺れまくりw並んでるヤツらすげーチラ見してたっすw俺とツレもだけどw
そんでそいつらその女オフ会誘ってたんすけど、シューアイスちゃんはアキトシ?って名前の男と待ち合わせあるっつてたw
イベント終わったあとよみうりランド近くのファミマで待ち合わせつってたっす。もっとみてたかったけどチケもってなかったからグッズ買って、ツレとよみうりランド出たんすよ。
アキバで遊んでメシ食って浦和までツレ車で送ったあと、ツイッターでイベントあと1時間くらいでおわりそうってあったから、よみうりランド近くのファミマに車停めて待ってたんすw隙あったらナンパしてホテル行くつもりだったんすよねビッチってことだしw

実話体験談関連タグ

|||||||||

2013年10月4日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【妹と】小さな従妹に・・・ 【実話体験談】

私は、親戚の家に下宿するロリコン大学生です。
私の下宿先には、舞ちゃんという小学校3年生の女の子がいて、
私は夜な夜な悪戯することが楽しみの一つになっています。
その悪戯と言うのは、寝る前に、従妹の舞ちゃんに睡眠薬を飲ませ、
熟睡した後、じっくりと悪戯するのです。

熟睡した舞ちゃんは、全く気づくことはありません。
布団をめくり、パジャマを脱がせ、裸にして、全くふくらみのない胸を舐め、
そして柔らかい割れ目に舌を這わせます。
小学校3年生のマ○コは、小さく、柔らかく、新鮮です。

意識のない舞ちゃんは感じているのかどうか解りませんが、次第に濡れてきます。
指を入れると、かなり狭く、私の指を締め付けます。
身長130の幼児体型の身体は、人形のように私の思うままです。
抱き上げ、キスをして、そして舐めまくります。

実話体験談関連タグ

||||||

2013年10月3日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【寝取られ】若い他人棒 【実話体験談】

自分はいわゆる「妻に他人棒」という欲望が数年前から湧き上がってきていて、昨年の1回だけですが一応成功しました。

凛太郎(仮名・21)という男の子がいて、彼は私たち夫婦が住む某市内の簿記専門学校に通うために、2年ほどに隣県から来て一人暮らししています。
市が定期的に開催する市民交流の場で、1年半ほど前に私たちと知り合い、それからはそこでよく出会うようになりました。
妻(37)は短大生時代に取得した簿記1級を活かし今でもOLをしていますが、凛太郎が簿記合格を目指しているということで、たまに夕食を兼ねて自宅に呼んでは簿記の問題を解いて教えたりもしていました。
凛太郎も解らない箇所があれば直ぐに電話してくるようになりました。
解らなければ学校で講師に聞けば?そのために学校に通ってるんじゃないの?なんて思ったりもしましたが、凛太郎もまんざら妻に会いたかったのだと思います。
妻は妻で、自分に頼ってくる今風の可愛いカッコいい凛太郎がとってもお気に入りでした。
「そんな先生の教え方じゃダメよ、あたしに聞いてね!!」なんてよく言ってましたので。
その甲斐あってか、まずは2級に合格しました。

ある日、凛太郎が、「お世話になってるし、合格もしたのでお二人にお礼がしたいです。」と言ってきたので、自分はこれを利用出来るかも!!とすぐに考えました。
自分は、妻に内緒で、先に男同士でお祝いだと凛太郎を誘い居酒屋へ行き、彼を結構酔わせて胸の内を聞き出すと、案の定、妻が気になって仕方ない、結婚するなら奥さんみたいな女性がいいです、などと勝手に熱く語り始めました。
「妻みたいな女性か・・・。例えばだけど、シテみたいとか思ったことある?」と聞くと、照れながら「奥さんとですか!?う〜ん、無いと言ったらウソになりますけど…少し思いましたよ、だって美人だし大人の女性の色気があるから…アハッ」と誘導尋問に段々と引っ掛かってきました。
そこでズバリ、「口説いてみる?もし嫁がOKしたら一晩限りということで。」と切り出し、「奥さんに叱られそうだし、嫌われそうだけど…、好きって言われて嫌な女性はいないですかね!!」と無理やり言わせました。

実話体験談関連タグ

||||||||

2013年10月2日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【妹と】従姉妹のお姉さん 【実話体験談】

小学校の高学年の頃、従姉妹のお姉さん(みかちゃん)が、うちに下宿していた。高校を卒業し、看護学校に通うため、地方から出て来ていたんだ。
家はさして広い方でもなく、みかちゃんに部屋を提供するため、僕の机を縁側の隅っこに置き、縁側全体を僕の部屋として使うことになった。みかちゃんは、僕に申し訳ないと、すごく恐縮してた。もっとも僕は、姉と共同の二人部屋よりも、その場所を結構気に入っていたんだが。
みかちゃんは、当時、真面目でおとなしい少年だった僕をかわいがってくれた。友達と出かける時なんかも「小さなボディガード」と言って、あちこち連れていってくれた。
今思えば、みかちゃんは幼児体型のロリ顔で、けっこう可愛かったと思う。けれど、田舎から出てきた引っ込み思案で、彼氏もいなかったようだ。
僕も姉もみかちゃんが大好きで、寝るときは、僕と姉が、みかちゃんを間にはさんで、川の字になってねていた。両親もみかちゃんも僕がまだちいさい子供で、全然気にして無かったみたいだ。
しかし、僕はその頃、少しずつ性に関心を持ち出した頃だった。父が不注意に放置した週刊誌のグラビアや、ごく他愛もないテレビのラブシーン等を見て、興奮していた。また、いっしょに暮らすうちに、ふとした拍子に、みかちゃんの着替えのシーンに出くわすこともあった。早熟な友達からは、ずいふん羨ましがられたものだ。
そんなある日、夜中にふと目がさめた。暑くて寝苦しかったのか、みかちゃんが布団からのりだし、パジャマがめくれておへそが見えていた。幼いながらもムラムラとした僕は、恐る恐るみかちゃんのお腹をなでた。しかしその夜は、それ以上先に進むことはできなかった。
次の夜、僕は、みかちゃんが眠るのを、じっと布団の中で待っていた。みかちゃんの頬を何度もつついて、眠っていることを確かめると、そっと布団をめくった。
大丈夫、起きる気配は無い。みかちゃんの胸元に顔を近づけ、パジャマの前のボタンのあたりの隙間から中を覗く。暗いし、隙間が狭くてよく見えない。思い切って、パジャマの前の隙間に指を入れ、少し引っ張ってみる。小さな胸の裾のあたりが見える。もう少し。体に触れないように注意しながらボタンを一個はずし、もう一度引っ張ってみる。
やった、見えた!みかちゃんの乳首。ほんの少しだけど、薄い褐色の蕾みが・・・。触りたいけど、気づかれたらたいへんだし、これ以上はムリ。
次の日の夜も、いけないとは思いながらも、もうやめることなんてできない。だんだんエスカレートするばかり。
パジャマの上から、小さなふくらみを掌で包んでみる。はじめての柔らかい感触。と、その時みかちゃんが軽くみじろぎする。あわてて手を離す。ん、大丈夫、起きてない。
昨日は一個だったボタンを、今日はもう一個・・・もう一個・・・パジャマの胸元を左右に開く。小さなふくらみ・・・左側だけ・・・と、その先端の蕾み・・・全部見えた。
だんだん、大胆になってくる、というより、がまんできない。
次の日の夜は、とうとう剥き出しにした乳房を手で押し包んで、静かに揉んでみた。柔らかい。乳首を指先で摘まんでみる。

実話体験談関連タグ

|||||

2013年10月2日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【浮気・不倫】婚約者のいる巨乳の同僚に 【実話体験談】

同期入社の女性は4人いて、3人の胸は大きかった。
配属がきまり同じ営業所になったAは、顔もかわいいく一番の巨乳だった。
Fは間違いないだろう。
Aは営業。一時間以上掛けての電車通い。
俺は深夜作業もある現場。俺には遠いのでアパートが提供された。
出勤する時間帯も違い、会社で会うことも少ない。たまに会話するくらいだった。
身長は160弱。漆黒の髪と化粧が利き過ぎのような気もするが、それを差し引いても白い肌。
入社して間もないでのスーツはしっかり着込んでいた。体のラインは分からない。
巨乳と知ったのは半年後。会社から行った温泉旅行で、浴衣を着た時に現場の男が盛り上がったらしい。
俺は、当日行けなかったかった。
Aは佐藤寛子になんとなく似ていたので、以下寛子。
寛子は天然系で、年配社員からは「ぶりっ子」という死語で呼ばれており、誰かしら媚を売っているように見える娘だった。
仕事も人任せなことで、同じ女性社員からも、一部疎まれていた。
異性の社員に対しては、年の上下に関わらず必ず、さん付けなのだが、俺のことは入社当初から「俺クン」と呼ばれていた。
「俺君」ではなく、「俺クン」みたいな語感。もしくは「俺ク〜ン」みたいに聴こえる。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月1日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【妹と】従姉との話・・・その三 【実話体験談】

226名前:作者◆qxyyRmmk投稿日:02/03/2817:40

従姉にいたずら   思い思いの重い想い 後編

俺たちは重い足取りで自宅に向かった。
言うべき事はわかっているつもりだったが
いざとなると気が重くなるのはやむを得ない。
途中で従姉が
「頑張ろ?」と勇気付けてくれるが
「うん。」と答えるのが精一杯だった。
親父と叔母の意見は予想がついたが
お袋の出方がいまいちわからなかった。
それ次第で流れが大きく左右する、そんな予感がした。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月1日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】従姉との話・・・その一 【実話体験談】

この話、俺は結構好きなんだがオマイラはどうかな?
ネタかも知れんがまあ読んでくれ。

71名前:従姉にいたずら(布団編)投稿日:01/12/0617:04

あれは誰かの一周忌で親戚のうちに集合したときのこと。俺は小5だった。
夜ふと目覚めると、同じ布団で誰かが寝ている。
最初は誰かわからなかったが、目が暗闇に慣れると小6の従姉だとわかった。
どうやら部屋数が足りないので子供は同じ部屋で雑魚寝させたようだ。
当然、頭の中では(チャ〜ンス!)
従姉が熟睡しているのを確かめると、俺の指は従姉の身体へ・・・。
ドキドキしながら膨らみかけた胸を楽しんだ後、いよいよ手は従姉の股間へ。
割れ目の始まりまで下着を下げて足を軽く開かせた。
毛の無いぷっくりした土手の感触。溝に沿って指を下げるとコリコリした突起に当たる。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年9月30日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【寝取られ】妻と斉藤君 【実話体験談】

1月5日
3450gの女の赤ちゃんが産まれました!
これは、妻が妊娠&出産するまでの話です。

結婚10年目の夫婦ですが子宝に恵まれず、親の勧めで不妊治療を数年前から行なっていました。
しかし、全く効果も無く妻の智津子は精神的にも疲れてしまい、塞ぎ込むようになってしまいました。
夫36歳会社員
妻33歳専業主婦
名前智津子
身長156センチ体重45キロ
顔はともさかりえ似です
笑顔を失い、全く外出したがらない妻を夫である僕は心配していました。
唯一、近所コンビニでバイトをしている斎藤君は、そんな妻に、いつも笑顔で声をかけてくれていました。
仮名
斎藤一樹20歳大学生

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月29日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】妻の貸し出し 【実話体験談】

私は現在43歳、妻・香織は32歳で結婚7年目になります。子供はありません。
社内結婚だったのですが、妻は身長が154cmしかなく体重も48kg程度、童顔で胸もBカップのどちらかというと幼児体型で11も歳の離れた結婚だったため、当初は「犯罪だ」「ロリコンだ」と同僚達から良く言われたものです。

新婚時はそれこそ毎晩のように交わっていたのですが30代後半辺りから精力減退が始まり勃起不全や、勃起しても中折れしたりあっと言う間に漏らしたりといった状態になり、当然頻度も週一回から下手をすると月一回と減って行きました。妻は女盛りを迎えているというのにです。
勃起できぬまま終わり、寝静まった後に同じ布団の中で妻がオナニーしているのに気付いた時の悲しさは例えようもありません。

きっかけは妻の初体験の話でした。
初めは嫌がっていましたが遂に話してくれたのは、高校1年の時に部活の先輩の部屋で半ば無理矢理に犯され、滅茶苦茶に突かれて出血したというもので、この話に私は激しく勃起し、久しぶりに妻を激しく責めたのでした。
そんな事もあって妻も他の男との体験談に私が興奮することを知り始め、だんだんと昔の性体験を告白してくれるようになりました。

その中で私が最も興奮したのが、妻が短大の時に交際していたというJ君という巨根との体験談でした。
今までで一番ペニスの大きかった相手を聞いたのですが、このJ君との行為が一番辛く、奥が痛くなったりしたようです。
大きさを尋ねると「分かんないけど、16cmあるって自慢してた」とのこと。
妻は「痛いだけで全然気持ちよくなかった」とは言うのですが、私はこの話に大興奮しました。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月29日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング