【妹と】妹「お兄ちゃん、私魅力無いのかな…」【実話体験談】

妹「別れた彼氏に魅力が無いと言われました」
兄「俺に伝えてどうすんだそんな事」
妹「まあ私も常々彼は魅力が無いと思っていましたが」
兄「よくそんなんでカップル成立してたなお前ら」
妹「恋人ごっこの練習です。本命は別に居るんですよ」
兄「最悪だこいつ」
妹「ちなみにその本命とは貴方の事です」
兄「告白を物のついでみたいに扱うんじゃねえ」
妹「嫌でしたか」
兄「気分が悪くなってきました」
妹「そんな貴方が大好きです」

妹「で、どうなんです」
兄「保留にさせてくれ」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年3月16日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【人妻】【整体師】よくAVで見るけど、実際にヤバイwwww【エロマッサージ】【実話体験談】

93 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 10:10:36 ID:dON+VAW/0 [1/20]
今は違う仕事やってるんだけど、昔整体をやってた事がある。リラクゼーション何ちゃらとかはまだあんまり無かった頃。このスレ来る人なら判ると思うけど整体師ってのは結構ニッチな部分に嵌まった職業でやるのに特に資格が要らないのね。何故かというと資格が必要な按摩さんとかっていうのは結構門戸が狭いんだよね。資格を取れる学校が少ない訳。何故かって言うと基本按摩さんっていうのは眼が悪い人がなる職業だったからあんまり門戸を開いて誰でも出来るって事にしちゃうと目の悪い人の就職機会を奪っちゃう事になっちゃうから。整体師ってのはその隙間をついた職業でこれはマッサージではないですよ按摩ではないですよ民間療法の整体ですよ。って言ってやってるやつな訳だ。だから開業するのは楽と言えば楽。ある意味ピアノの先生やお花やお茶のお稽古とかと一緒。その代り制限も厳しい。宣伝もあんまり出来ないし、マッサージしますとか言ったら駄目だったりする。きっかけは俺がスポーツやってて整体師の人に会った事が原因なんだけどその頃俺も独立心旺盛で、もしかしたら儲かるかもと思って始めてみた訳だ。

94 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 10:19:32 ID:dON+VAW/0 [2/20]
始めるに当たって色々考えて住宅街の結構裕福な人の多く住んでる土地の近くに店を作った。そういう所に住むおじいちゃんおばあちゃんをターゲットにしようと考えた。あんまりお手本になるようなお店なんて無かったから店は自分で考えて作ったんだけどどちらかと言うとややお洒落な感じの雰囲気を心がけた。今のそういう所よりはよっぽど格好悪かったとは思うけど、所謂「整・体・院!」って感じじゃなくてソファとテレビなんかを置いてマンションの一室みたいな雰囲気。最初の数ヶ月こそもう死んじゃおうかなあ・・・と思う位しか人が来なかったけどマンションやら色々な家にまあ自分でも胡散臭いと思う文句を並べたビラまいたりしてたら客は来るようになった。狙い通り爺さん婆さんが。マッサージ自体は整体師の人に数ヶ月弟子入りって言うか給料ほぼ無しでただ働きして教えて貰ってたからそれでやってたんだけどまあ爺さん婆さんなんかはマッサージより話中心みたいなもんで俺もそこは心得てたから半年もするとそれなりに喰っていける位に客が着くようになった。

95 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 10:32:11 ID:dON+VAW/0 [3/20]
お爺ちゃんお婆ちゃんにあんまり力入れると後痛くなるからほんと施術中はさすってる様なもんだったけどね。でも「ここに来るようになってずいぶん楽になった」とか言われて評判は悪くなかったと思う。客は8割爺さん婆さん、2割サラリーマンって感じ。サラリーマンにはそれなりに真面目にやったよ。で、そのうちにあるお婆ちゃん紹介っていうかお嫁さんがどうも肩が酷く凝るから見てやって欲しいって言われたのよ。俺としては客が増えるのは大歓迎だから是非来てくださいって事で来て貰った。仮にA子さんとするけど、A子さんが来た瞬間おっと思った。年齢は30歳と言っていたけどもっと若く見える。俺がその時32だったんだけど5歳は年下って感じ。しかも結構可愛い。鼻筋が通ってて少しタレ目の甘い顔立ち。因みに40以下の女性のお客はその時が初めてか2人目位だった。そんだけ爺さん婆さんに特化してた訳だ。「はじめまして。院長の○○です。(つっても俺一人だけど)」って言うと「宜しくお願いします」って言って頭を下げてくる。しかもなんかいい匂いする。俺も男だからちょっと張り切った。

96 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 10:44:31 ID:dON+VAW/0 [4/20]
「最初だから30分にしましょうか。」と言ってから、まずは椅子に座ってもらって背中から肩の辺りを触ると確かに凝ってる。「まずは施術衣には着替えなくて良いです。今日は肩を中心にやりましょうね。」と言うとはい。と頷く。因みに施術衣ってのはあのマッサージの時に着替える奴ね。水色の短パンと上着みたいな奴。女性の場合は背中がマジックテープで開くようになってた。その時うちでは上半身だけの時は治療台じゃなくてソファみたいなものに座ってもらってテレビか本でも読んでてもらってそこに対して俺が立って後ろから肩を揉むというスタイルにしていて、(出来るだけ家に近い感じでがコンセプト)A子さんにもそうしてもらった。ゆっくりと背中から肩にかけて凝りを解していったんだけどやっぱり触るときは結構緊張した。いい匂いしてるし、髪は上に纏めて真っ白なうなじが見えてて仕事とはいえ役得だなあと思って。しかもA子さんは柔らかめのシャツとスカート姿だったんだけど上から見たら細身のスタイルの割におっぱいもでかい。触ってて俺が得だと思える客なんてそうはいないから俺も頑張った。

97 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 10:54:25 ID:dON+VAW/0 [5/20]
最初はホントガチガチだったけど15分位してると大分解れて来て話も弾んで結構楽しかった。「凄い、気持ち良いですね。」「この背中の部分をしっかりと解すと肩が楽になるんですよ。この肩甲骨の下の部分、判ります?」「あ、そこです。」「整体とかは結構いらっしゃるんですか?」「いえ、全然。今日が初めてなんです。」と。A子さんは26で結婚して3歳の子持ちと云う事もそこで判明。子供は御婆ちゃんに預けてここに来たとの事。あまりに楽しくて微妙に時間をオーバーした位だった。A子さんもそこそこ満足してもらったようで「何回かいらっしゃって徐々に体質の改善していきましょう」とか言うと「はい是非。」とか言って来る。そんな感じでA子さんは週に一回来てくれる上客になった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年3月16日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】浮気の相談したら、義姉とセックスするハメになったんだがwww【実話体験談】

878 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 14:04:46 ID:JpqA4eDP0
姉と言っても父親違いの姉(お袋の先夫の娘)だけど書いてみるか〜?

879 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/07/01(木) 15:46:26 ID:5zl1lvVU0
>>878よろしく

880 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 04:48:22 ID:SVFqfPAk0 [1/5]
お袋が先夫と死に別れて、2歳の娘を爺さまの「女の子を連れて再婚すると義父と関係し易いから実家で預かる」と言われ、実家に預けて再婚。 姉とは7歳違って俺が生まれた。お袋は俺の父親とも離婚して兄と俺(当時9歳)を連れて実家へ戻った。 姉は父親違いとは言え姉弟のできたことで嬉しいのか俺を凄く可愛いがってくれた。 父親違いの姉だと知ったのは中学生ころだったな。 その後高校生のころ、姉は実家のくそ真面目な長男と結婚(従姉妹同志)。 俺は高卒で東京へ就職。 結婚もし、子供もできて俺も姉も平穏な生活をしてた。田舎へ帰省するとよく姉と買い物、食事をした。 くそ真面目な義兄とはほとんどそんなことはなかったのか、俺とのそんなことを嬉しがっていたな。 そんな仲良し姉弟の関係が崩れたのが俺35歳、姉42歳の時だ。 姉の娘が東京の大学へ進学したので姉が時々娘の監視に上京するようになった。    続く  *連投防止に誰かたのむぜ。

881 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 05:10:00 ID:SVFqfPAk0 [2/5]
姉が上京すると、よく俺と外で夕食するんだが、その日は居酒屋で呑み喰いしたんだ。俺に浮気相手がいて、姉も薄々知っていたらしく「○男、×代(嫁)さんにバレないようにしなさいよ」。浮気を姉が容認するんだよ。 それをきっかけに、段々酔いが回ってきた姉が「で、×代さんと夜の方は?」とか「彼女との夜は?」「彼女はどんなだい?」とか、下ネタ中心になって、なんか彼女と俺のSexにつて凄く興味を持ったことを聞くんだな。    調子にのった俺が「お姉さんラブホテル知ってる?」「いやだ〜、そんな所お父ちゃんとも行ったこともないし、見たこともないよ、だいたい、そんな所他人に見られたら田舎だからすぐ噂になっちゃうよ」。 ド田舎で暮らしている姉だから無理もないなと。「じゃ、社会見学で行ってみる?」。当然ラブホテルの存在は知っているので下を向いて「社会見学でね・・・」。俺は半分冗談のつもりだったんだが、姉がOKをだすとは・・・・。 この時から姉を女と意識すると下半身が起ちはじめたよ。

882 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 05:31:26 ID:SVFqfPAk0 [3/5]
善は急げの格言通り居酒屋を出ると、姉は俺に隠れるように後ろをついてきた。 ラブホへ入ると、姉は辺りをキョロキョロ珍しげに観察してる。 部屋を選ぶパネルなんか興味深々。鏡張りの部屋を選んでチェックイン。 部屋へたどりつくまでにあっちこっちの部屋から声が漏れ聞こえてくると、姉はギュッと俺の腕にしがみつき無言。部屋へ入ると、鏡張りにまずビックリ、洗面所、風呂場、トイレとくまなく覗きまくる姉。 一通り見終わって、姉はベッド、俺は椅子に座って取りとめもない話し。 意を決して姉のベッドへ横並びになったんだけど、その頃は姉は無口に下を向いていたな。肩に腕を回し、引き寄せ唇を合わせ、姉の舌を吸い出すと積極的に応じてきた。耳、首筋へと唇をはわせると、頭を後ろにのけぞらせ「ハ〜」と吐息を漏らす。 ブラウスの緩めの胸元から手を差し込むと、以外にボリュームがありそう。42歳の人妻の胸なんて始めてなんで、俺のチンポも立派に起っている。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年3月11日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【近親相姦】姉と義兄が付き合ってたんだが、どうしよう?【実話体験談】

880 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 04:48:22 ID:SVFqfPAk0 [1/5]
お袋が先夫と死に別れて、2歳の娘を爺さまの「女の子を連れて再婚すると義父と関係し易いから実家で預かる」と言われ、実家に預けて再婚。 姉とは7歳違って俺が生まれた。お袋は俺の父親とも離婚して兄と俺(当時9歳)を連れて実家へ戻った。 姉は父親違いとは言え姉弟のできたことで嬉しいのか俺を凄く可愛いがってくれた。 父親違いの姉だと知ったのは中学生ころだったな。 その後高校生のころ、姉は実家のくそ真面目な長男と結婚(従姉妹同志)。 俺は高卒で東京へ就職。 結婚もし、子供もできて俺も姉も平穏な生活をしてた。田舎へ帰省するとよく姉と買い物、食事をした。 くそ真面目な義兄とはほとんどそんなことはなかったのか、俺とのそんなことを嬉しがっていたな。 そんな仲良し姉弟の関係が崩れたのが俺35歳、姉42歳の時だ。 姉の娘が東京の大学へ進学したので姉が時々娘の監視に上京するようになった。    続く  *連投防止に誰かたのむぜ。

881 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 05:10:00 ID:SVFqfPAk0 [2/5]
姉が上京すると、よく俺と外で夕食するんだが、その日は居酒屋で呑み喰いしたんだ。俺に浮気相手がいて、姉も薄々知っていたらしく「○男、×代(嫁)さんにバレないようにしなさいよ」。浮気を姉が容認するんだよ。 それをきっかけに、段々酔いが回ってきた姉が「で、×代さんと夜の方は?」とか「彼女との夜は?」「彼女はどんなだい?」とか、下ネタ中心になって、なんか彼女と俺のSexにつて凄く興味を持ったことを聞くんだな。    調子にのった俺が「お姉さんラブホテル知ってる?」「いやだ〜、そんな所お父ちゃんとも行ったこともないし、見たこともないよ、だいたい、そんな所他人に見られたら田舎だからすぐ噂になっちゃうよ」。 ド田舎で暮らしている姉だから無理もないなと。「じゃ、社会見学で行ってみる?」。当然ラブホテルの存在は知っているので下を向いて「社会見学でね・・・」。俺は半分冗談のつもりだったんだが、姉がOKをだすとは・・・・。 この時から姉を女と意識すると下半身が起ちはじめたよ。

882 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 05:31:26 ID:SVFqfPAk0 [3/5]
善は急げの格言通り居酒屋を出ると、姉は俺に隠れるように後ろをついてきた。 ラブホへ入ると、姉は辺りをキョロキョロ珍しげに観察してる。 部屋を選ぶパネルなんか興味深々。鏡張りの部屋を選んでチェックイン。 部屋へたどりつくまでにあっちこっちの部屋から声が漏れ聞こえてくると、姉はギュッと俺の腕にしがみつき無言。部屋へ入ると、鏡張りにまずビックリ、洗面所、風呂場、トイレとくまなく覗きまくる姉。 一通り見終わって、姉はベッド、俺は椅子に座って取りとめもない話し。 意を決して姉のベッドへ横並びになったんだけど、その頃は姉は無口に下を向いていたな。肩に腕を回し、引き寄せ唇を合わせ、姉の舌を吸い出すと積極的に応じてきた。耳、首筋へと唇をはわせると、頭を後ろにのけぞらせ「ハ〜」と吐息を漏らす。 ブラウスの緩めの胸元から手を差し込むと、以外にボリュームがありそう。42歳の人妻の胸なんて始めてなんで、俺のチンポも立派に起っている。

883 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 10:25:44 ID:PfrRVLuk0
実話?

884 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 13:39:35 ID:SVFqfPAk0 [4/5]
・・・・・と思ってもらってもいいです。乳首に到達した指先で強弱をつけながら、揉みほぐすようにすると姉の口から「ウッ、ウッ」と言った押し殺した声を出す。 ブラウスのボタンを外しながら段々露わになる姉の胸、青く浮き出た血管が目に入ってくると俺は溜まらなく興奮する。 この青く浮き出た血管が堪らなくいいんだよね。下に擦り下げたブラに押さえられて、前に突き出す格好の姉のオッパイは始めて見る人妻、姉のオッパイだ。 舌先で両乳首を左右交互に舐め、転がし軽く咬むと姉の声がまた変わる「ウッ、ウッ・・・ハ〜ッ・・い・ぃ」。スカートの下に入れた片手はパンストの上から姉の割れ目に沿って上下に摩ると心なしか湿り気を感じた。 尚も舌先を耳、首筋、乳首と往復させる俺。 片手は相変わらずパンストの上から摩り続けると、さらに湿ってくるのがよく判る。「ハゥ〜、ウッ、ウッ、ハ〜・・・ね、ね、お・おねがい・・おふろ・・・」姉はお風呂に入りたいらしい。「○男、お風呂に入らせて」。俺の手を振り切るように、よろめきながらお風呂へ消える姉を見送った。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年3月10日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【修羅場】修羅場_鬼畜_実況 【実話体験談】

95:恋人は名無しさん:2006/04/22(土)18:38:11
彼女が浮気つうか不倫してました、相手は会社の人間だった
しかも今日会うみたいだ、彼女とは別れると決めたので最後に
修羅場起こしてこようと思います。

103:95:2006/04/22(土)18:48:14
簡単に説明しとくと

俺(24)社会人  彼女(26)社会人  男(26〜8?)既婚者で彼女の上司?

予定では20時に待ち合わせ、その後食事に行った後にラブホ行くと
思うんで入る前に止める予定、既に関係は2〜3度ある

実話体験談関連タグ

||||||

2013年2月26日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【近親相姦】エミと叔父の冬 【実話体験談】

75エミと叔父の冬sageNew!04/03/1310:06ID:SNzkwEAM
夏休みが終わり叔父は家に来なくなって私は安心していました
もらったバイブは机の引出しの奥にしまいこんで親にも友達にもばれないように隠していました
そして冬休みに入るちょっと前のある日叔父が家に遊びに来ました
お父さんとお酒を飲んでいて私はできるだけ合わないようにしようと部屋に閉じこもっていました
でもお母さんが「挨拶くらいしなさい」と部屋まできて私を居間に連れていきました

76エミと叔父の冬sageNew!04/03/1310:10ID:SNzkwEAM
叔父はお父さんとビールを飲みながら何か話しをしていました
私は叔父に挨拶だけして部屋に戻ろうとすると叔父は私に話しかけてきました
「エミちゃん大きくなったねー、もう6年生だっけ?」
知ってるくせにと思いながらも「はい」と答えました
「冬休みはいつから?」と聞いてくるので私は叔父がくるのが嫌でだまっていると
お母さんが「今度の日曜から2週間もあるんですよ」と笑って答えました
私は嫌そうな顔をしたんですけど両親はちっとも気付いてくれませんでした

実話体験談関連タグ

||||||||

2013年2月25日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【寝取られ】婚約者M子 【実話体験談】

ちょっと長くなりますが、おれもひとつ。
ほとんどエロく無いと思いますが、どうしても吐き出しておきたい事なんで、
スレ汚しスマソ。
もう2年も前の話です。俺には婚約者がいました。
就職後に飲み会で知り合った女の子で、会った当時はお互い24歳でした。初めから可愛いなって思ってて,席が隣同士だったのがきっかけで仲良くなり、付き合い始めました。

彼女を仮にM子とします。M子は、性格はおとなしめで、色白のやや小柄な体格をしていました。バストはかなり大きい方で巨乳の部類に入り、ウエストは細くヒップはやや大きめで俗に言う\\\えっちなからだ\\\でした。
俺が残業から疲れて帰ってくると、料理を作って待っててくれてるような、優しくて気立てのいい女の子でした。
お互い酒が好きなほうで,デートの時にはよく居酒屋やBarに行き、楽しく飲んでたものでした。

セックスはお互い初めてではありませんでしたが、体の相性は良く、M子は俺とするようになってから初めてイクようになったと言ってました。
付き合って2年半の後、俺に異動の話があり2年ほど地方の支社に行くことが決まったんですが、
「離れるのは辛くて嫌だ、そんな辛い想いをするなら別れる方がいい」
と、M子が泣いていた時に、プロポーズをしました。
帰ってきたら必ず結婚しようと話した時の、M子の泣いたような笑ったような顔を今でも覚えてます。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年2月11日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談
46 / 46« 先頭...102030...4243444546

このページの先頭へ

アクセスランキング