【人妻】妻の性欲【実話体験談】

私は58歳で定年して、久しぶりにゆっくりと朝寝を楽しんでいます。そんな折、ある朝、横で寝ていた妻が俺の朝立ちしているペニスをいきなり握って来て、「しようよ。おとうさんのちんぽもこんなになっているし・・・「」というや、妻は上半身を起こして、着ていた寝着を脱ぎ、上半身裸になりました。ブラはもう結婚した時から寝るときは付けていません。器用にズボンとショーツも脱ぎ全裸になると仰向けに寝ている私を跨ぐようにしてしゃがみ妻の股の部分を私の口の前にやると黒々とした陰毛を私の口にやりました。ぱくりとあそこの部分が開いています。「舐めて・・・・吸って・・」と言いながら妻は両方の手で自分の胸を揉み始めました。次第に潤った妻のあそこはかなり湿っており、あそこの味も感じ始めました。しばらくその状態を続けた後、妻は自らよつんばになり「入れて・・・」とお尻を突き出して来ました。はっきりとしたことは知りませんが、私と知り合う前に妻は何人かの男性との付き合いがあったことは十分わかりました。当時24歳だった妻は銀行員でした。最初はちちんとワンピースを着て、又か今の妻を想像することは出来なかった。それはデートをするようになって3回目の時、ドライブの帰り、妻はあそこへ入る?と言って指差したところはラブホテルでした。部屋に入ると妻は、妻はキスを求め、シャワーを浴びようといいました。臆することなく服を脱ぎ始めた彼女の下着は反カップブラとお揃いだろう黒の紐パンでした。大きなお尻がほとんどまる出してした。すっかり全裸になった彼女の股間にはわずかの陰毛しかありませんでした。明らかに陰毛の手入れをしてほとんどの毛を剃っていたんだと思います。シャワーが終わり、ベットに入ると妻はすっかり勃起した私のペニスを握るとパクリと咥え、片手でしごき始めたのです。ホテルを出るまで口に一度、彼女の中に2度射精しました。それから結婚するまでほとんど車の中でのセックスでした。昼間からすることも再々でした。婚約するころにはお互いの身体をいまさら隠すことなどないほどになっていました。そうしてお付き合いを重ねて行くうちに彼女の口から3人の男性とかなり深い交際をしていたことも判りました。その中の男性に剃毛されたこと、一日中全裸で彼の部屋で過ごしたことなど判りました。結婚してからの私達も休みの日など同じように全裸で過ごすことも何度もありました。50歳代半ばを過ぎた妻は未だに週2回は求めて来るし、この歳になっても純色のビキニショーツや紐パンを穿いています。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月6日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】海外単身赴任中の人妻(2)【実話体験談】

海外単身赴任中の夫を持つ彼女との関係は益々好調なんです。先週の土曜日は11時に私の車で迎えに行き、取りあえずファミリーレスで腹ごしらえ。その後、横浜町田インター近くのラブホテルに直行なんです。もう彼女には全く恥じらいもない仲になってるんです。部屋に入るなり彼女から抱き着いて抱擁してきたんです。豊かな胸をグイグイ押し付けてくるんです。そして衣服を惜しげもなく脱いで、Tバックのパンティー姿を鏡に移して自分の裸体を見つめてるんです。「一緒にお風呂に入りましょうよ」彼女はサッサと湯船に入って行くんです。風呂場に空気マットを敷いてローションを撒いて彼女は大股を開いて「来てよッ」ですって。某商社のエリート海外勤務の夫を持ち、美貌と知性とスタイルを持ち合わせた女がここまでと思うほどの乱れっぷりなんです。マットの上で絡み合ってスベスベした裸体をこすり合ってそのまま挿入したんです。薄暗い明かりがお互いの興奮を高め彼女の喘ぎ声が凄いんです。一回戦が終わって湯船でお互いの体を流してから、僕はベットに横たわったんです。彼女は裸体にバスタオルを巻いて、鏡台に向って薄化粧や髪を解かしてるんです。鏡に映る彼女の美しさに見とれ、つい「早く来てよ」って僕から催促したんです。彼女はバスタオルを剥いで全裸でベットの中の僕に寄り添ったんです。彼女のフィラがもう獣のように凄いんです。僕のお尻の穴まで舐めるんです。69の体位も含め様々な体位で絡み合ったんです。お互いが上下に合体した時「こんなの初めてよッ」と僕を抱きしめて美脚を絡めるんです。結合している間、何回も果て捲る彼女。騎上位になった彼女は美脚を思う存分開いて裸体を上下してるんです。僕の体の上で体をクネラセながら出し入れしてるんです。その後バックからの挿入に彼女の髪は乱れっぱなし。「私、正常位が一番感じるの」。正常位で絡み合いながら耳を舐めたり、首筋を舐めたらもう大変。裸体を振り絞って汗をかいて美脚を絡ませて果て捲るんです。終わってから彼女は暫く僕の片手に抱かれたまま目を閉じてるんです。「夫からはこんな刺激なかったわ。こういった世界もあるのね。」そして起き上がって二人でお風呂に入ったんです。車で外へ出た時はもう暗かった。「子供さんは大丈夫?」って聞いたら「今日はお隣の友達の家に居るわ。昔の友人と会うからと言ってあるわ。今度いつ逢ってくれるの?」彼女からの催促なんです。「今度の土曜日かなあ」約束をして彼女のマンションの近くの暗闇でキスを交わしながら別れたんです。あんな品があって知性的美人と愛し合うなんて僕は心の中で歓喜を覚えたんです。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月2日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】セックスレスの人妻は抱きやすい 【実話体験談】

私は33才の専業主婦ですが、主人の度重なる浮気が原因ですでに1年以上セックスレスの状態が続いています。

そんな主人の浮気は相変わらず続いていました。

私自身3食昼寝付きの楽な生活に慣れてしまい、すでに生活力がなくなってしまていましたので離婚する勇気もなく家庭内別居が続いていました。

そんな時に寂しさも手伝って始めた出会い系サイトで24才のマモルくんと知り合いました。

かなり年が離れてたので話が合わないかも…と思いつつもメールを始めたんですが、写メを見ると結構カワイイし、久しぶりに「お姉さん」と呼ばれ何となくウキウキしながらメールしていました。

そのうちエッチな内容のメールもするようになり、

マモルくんは彼女がいなくてほぼ毎日オナニーしているとのことで、つい私も主人との現在の関係を話すと、

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月22日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】婚約中の彼女が同僚と浮気【実話体験談】

もう2年も前の話です。俺には婚約者がいました。
就職後に飲み会で知り合った女の子で、会った当時はお互い24歳でした。初めから可愛いなって思ってて,席が隣同士だったのがきっかけで仲良くなり、付き合い始めました。

彼女を仮にM子とします。M子は、性格はおとなしめで、色白のやや小柄な体格をしていました。バストはかなり大きい方で巨乳の部類に入り、ウエストは細くヒップはやや大きめで俗に言う”えっちなからだ”でした。
俺が残業から疲れて帰ってくると、料理を作って待っててくれてるような、優しくて気立てのいい女の子でした。
お互い酒が好きなほうで,デートの時にはよく居酒屋やBarに行き、楽しく飲んでたものでした。

セックスはお互い初めてではありませんでしたが、体の相性は良く、M子は俺とするようになってから初めてイクようになったと言ってました。
付き合って2年半の後、俺に異動の話があり2年ほど地方の支社に行くことが決まったんですが、
「離れるのは辛くて嫌だ、そんな辛い想いをするなら別れる方がいい」
と、M子が泣いていた時に、プロポーズをしました。
帰ってきたら必ず結婚しようと話した時の、M子の泣いたような笑ったような顔を今でも覚えてます。
結納を済ませ転勤した後も、お互いマメに連絡を取り合い、休みの時は飛行機に乗って会いに行ったものでした。

転勤から1年ちょっとほど経ったある日。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月21日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】 嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした完 【実話体験談】

嫁のまさみとは、結婚して8年近く経つ。
でも、出会ったのはずっと昔だ。

まさみが中学受験をするときの家庭教師だった俺は、まさみが小学6年生の時から、ずっと彼女を見ているということになる。
その頃から飛び抜けて美少女だったまさみ。
彼女に対して恋心を持ちながらも、立場上それを胸に秘めていた。でも、まさみも俺に恋心を持ってくれていて、彼女が2の時から交際を始めた。
順調に交際も進み、結婚し、子供も二人授かり、幸せそのものの人生を送っていた。

それが、俺のちょっとした見栄とか優越感で、会社の仲良しの先輩にまさみを抱かせてしまった。もちろん、初めはそんな事をするつもりはまったくなかった。それなのに、まさみが長田さんとデートをした報告を聞くだけで、異様に興奮する自分に気がつき、同時に自分の寝取られ性癖に気がついた結果、結局行くところまで行ってしまった……。

まさみは、俺が隠し撮りしている事に気がつき、見せつけるように長田さんとセックスをした。
『今までで一番気持ち良いよおっ!!!』
可愛らし顔を真っ赤にしながらそう叫び、イキまくるまさみ……悪夢としか言えない状況の中、俺は絶望に打ちひしがれながらも、確かに興奮していた……。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月20日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】性的虐待に反撃【実話体験談】

高校卒業まで、山間の温泉町で育った。どっぷりと昭和の時代だ。母と2歳上の姉との3人暮らし。母が俺を妊娠中、親父は愛人を連れて姿を消した。
病的な女たらしだったそうだが、俺にとっては最初から「いない人」だ。母に似て勝ち気だった姉とは対照的に、俺は気が弱くて極端な引っ込み思案。
圧倒的な「女社会」の中、いつも女2人の後をおとなしくついて行く子供だった。家族3人で住んでいたのは、温泉街に近い小さなアパート。
母が勤めていた温泉旅館の経営者が、建物全体のオーナーだった。
そのせいか住人の半分くらいは母の同僚で、社員寮みたいな感じだったな。アパートの敷地に小さな「立ち寄り湯」があった。温泉を引いた銭湯だ。
看板を出さず、ガイドにも載っていないから、温泉街の客はまず来ない。
10人も入れば満員で、利用者の大半はアパートの住人か近所の人だった。今から思えば薄暗くて小汚い所だが、安いし、内湯代わりに使う人も多かった。
幼い俺は母や姉に連れられ、当たり前のように女湯に入ったものだ。 ※  ※小学校に上がると、女湯に入るのが何となく恥ずかしくなってくる。
たまにだが、同じ学校の子と銭湯で顔を合わせるのも嫌だった。
俺を見ると女子は露骨に嫌な顔をするか、「やだあ」という感じでクスクス笑うし、
男子は「お前、まだ女湯入ってるの?」と馬鹿にしたような視線を向ける。だったら男湯に入ればいいのだが、一緒に行った母に、
どうしても「ボク、男湯に入る」の一言が言えない。
一度、勇気を振り絞って独りで銭湯に行き、男湯に入ろうとしたが、
番台のオバさんに笑顔で「龍ちゃん(俺)、あんたはこっちでしょ?」と言われ、
黙って女湯に移った。情けないが、そんな子供だった。母の勤務時間の都合で、俺が銭湯に行くのはたいてい夜遅い時間帯。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月19日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】13度目の結婚記念日【実話体験談】

つい最近、私たちは13度目の結婚記念日を迎えました。
子供も手がかからなくなり、夫婦の時間を共有できるようになって来たため、
今年の結婚記念日は、お互い仕事が終わり次第待ち合わせをし、予約したレストラン
に行こうと決めました。
私は18時に、妻は17時半頃に仕事も終わり、待ち合わせ場所で待つという妻から
のメールに胸弾ませ、車を走らせました。
「普段の通勤服でいいけど、スカートとパンストは履いてこいよ、もちろんあれもな。」
朝の出かけ前に妻にこう指示して出勤しました。
「あれ」とは、この日のために妻に買いに行かせた取って置きの「スケベなパンティ」
です。
妻も新婚当初や結婚前の私とのデートを思い起こしているようで、とても艶っぽい表情で
「わかってる。」とうなずく姿に今更ながらに心弾む自分がいました。
5分ほど送れて待ち合わせ場所につくと妻が小走りで車に駆け寄りました。
「どう?普段の通勤服っぽけどちょっとオシャレなかんじでしょ?」
正直、妻が5歳は若く見え、たまらず、助手席の妻の脚をなでまくってしまう私。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月14日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた3 【実話体験談】

ほんの偶然から知り合った、嫁の美月の元カレの前田さん。けしてイケメンではないですが、どことなく僕に似ていました。
前田さんの口から、美月のファーストキスや、ロストバージンの話を聞き、おまけに当時の画像や動画まで見せてもらいました。

僕はそんな中、寝取られ性癖に目覚めてしまったのか、美月を試すようなことをしてしまいました。

その結果、前田さんと美月は、昔のように燃え上がってしまったようで、結ばれました……

その一部始終を、前田さんの撮影した動画データで見た僕は、大きすぎる興奮を感じてしまいました。

絶望感と、異様な興奮状態に包まれたまま帰宅すると、美月はいつもの通りでした。
『お帰りなさ〜い。ご飯にする? それとも、わ・た・し?』
と、上機嫌で言ってきました。いつも明るい美月ですが、今日はさらにノリノリです。
昼間に、僕に内緒で元カレと会い、ラブホテルで生ハメ中出しをされたから上機嫌だと思うと、美月が怖くなります。
今まで、一度も感じたことのない恐怖を美月に感じます。こんなに可愛らしく、こんなにも僕に一途に見える裏で、元カレとの関係を復活させた美月。正直、ちょっとしたモンスターに思えてしまいます。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月13日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした4 【実話体験談】

嫁のまさみが、俺の会社の先輩の長田さんとデートの練習をした…… 俺の家で、長田さんと俺の家族で食事をしているときに、話しの行きがかり上、まさみが長田さんに女の子の紹介をする事になった兼ね合いからだ。
 そして、二度目のデートの練習をしたときに、嫁は長田さんとラブホテルに入り、不注意でキスをしてしまった。そのことがきっかけで、俺に寝取られ性癖のようなものが目覚めてしまい、まさみと長田さんに関係を持たせることにした。それは、後悔を上回る、強烈な刺激だった……
 まさみは俺の指示で、俺に言われて仕方なく長田さんと関係を持ったはずだが、隠し持たせたボイスレコーダーに録音されていた音声は、楽しそうにすら聞こえた。そして、その日を境に、まさみは変わった……

 今日は、正直に性癖を打ち明けた俺のお願いを聞いてくれた長田さんが、自宅でまさみを抱いた。俺は、その様子を隠しカメラで撮影をした。夜中にベッドを抜け出して、その隠し撮り動画を見ている俺。それは、地獄でもあり、天国でもあった。
 
 動画の中でまさみは、長田さんの大きすぎるペニスを口で含むと、そのまま口でイカせた上に、出されたものを飲み込んだ。それは、俺もしてもらったことがないことだった。
 俺しか男を知らなかったまさみは、人見知りで恥ずかしがりだった。それが、長田さんとこういう関係になって以来、かなり積極的になっていた。でも、まさかこんなにも積極的に長田さんを誘惑するとは思っていなかったし、いまだに信じられない。

 動画の中では、あっさりと長田さんの精液を飲み込んだまさみに、
「の、飲んだんですか!?」
と、長田さんが驚いて言った。
『だってぇ、、 いっぱいすぎて、息出来なかったから、、、』
まさみが、ちょっと動揺した感じでそう言うと、長田さんは申し訳なさそうに言った。
「ホントにゴメンなさい…… あぁ、今うがい、水持ってきます!」

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月12日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】彼女が俺のためにビッチになる修行を始めた【実話体験談】

俺は27歳の社会人で、付き合って3年経つ彼女のココロに、最近結婚をちらつかされてうんざりしている。

ココロは、155cmの40kg台で小柄で少しロリっぽい。今時真っ黒なセミロングに、ちょっと野暮ったいメガネをした図書館の司書だ。
俺としか付き合ったことがなく、キスもデートも俺としかしたことがない。もちろんセックスも俺だけだ。

歳は26歳なので、結婚を焦る歳でもないと思うのだけど、最近突き上げがキツい。
セックスの時も、めちゃめちゃ恥ずかしがるくせに、生で中出しを求めてきたりする、、、
できちゃった結婚を狙っているのが丸わかりなので、必死で回避している感じだw

今日も、ココロの部屋でセックスをしてまったりとしていると、
『そういえば、9月に裕子結婚するんだって。彼氏と付き合ってまだ半年くらいなのに、びっくりしちゃった!』
俺は、あぁ、また始まった、、  そんな風に思いながら、生返事をしていた。

『私達、もう三年経つね、、 早いなぁ〜』

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月11日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング