【寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた2 【実話体験談】

ほんの偶然から知り合った、嫁の美月の元カレの前田さん。けしてイケメンではないですが、どことなく僕に似ていました。
前田さんの口から、美月のファーストキスや、ロストバージンの話を聞き、おまけに当時の画像や動画まで見せてもらいました。

そこで持った僕の感想は、実は僕は前田さんの代用品なのではないかというものでした。
でも、その後で嫉妬と興奮にまみれながら美月のことを激しく抱き、抱き終わったあとの美月のリアクションで、それは僕の考えすぎだと思うことが出来ました。

そして、子作りも本格的に始めて、今まで以上に美月との仲も良くなっていたある日、前田さんからメールが来ました。
あれ以来、避けているわけではないですが、何となくクライミングジムにも足が遠のき、前田さんとは会っていませんでした。

前田さんから来たメールは、美月のメールを転送してくれたメールでした。
”マー君、元気ですか? この前は、ひどい事言ってゴメンなさい。もう一度会って、ちゃんとお話ししたいです。言いたいことが、いっぱいあります。もう一回、会ってくれませんか?”
と言うような内容でした。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月8日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】ギュッと締め付け【実話体験談】

A子と初めて会ったのは、今から5年前転勤で着任した事務所だった。
A子は柴○コウを少しだけぽっちゃりさせた感じのきれいな顔立ちだった。
何より驚いたのは、脚がきれいな事だった。
制服のスカートからのぞく太ももは適度に肉付きがよく、
ふくらはぎから足首にかけてきゅっとしまっており脚のモデルとして
十分やって行けるのではと思うくらいだった。
A子は私の隣の課に配属されており、入社3年目でその年に成人式を迎えたばかりだった。
私とは一回り以上歳が離れていたが、最初から妙にウマが合い、そのうちに事務所で
よく会話を交わす様になった。
そのころパソコンは一人一台の環境ではなく、事務所フロアの一区画に何台か置いてあり、
課を問わずパソを使いたい人がそのコーナーに移動してパソコンを使うシステムだった。
私はそこでA子と隣り合わせになり、パソコンを打ちながら色々な話をした。
3年前に結婚した妻の事、2歳になったばかりの子供の事。
A子には同じ歳の彼がいて、彼女自身は結婚願望が強く早く結婚したいのだが、彼が若くまだ
その気は無い事、最近彼を説得して自分の親に会わせたが、それがきっかけでちょっと

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月21日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】カメラ倶楽部【実話体験談】

今日は 主人四十代 私三十代の夫婦です 主人は会社で カメラ倶楽部に席を置いています 活動といっても 年に数回あるだけで ほとんどが飲み会です 倶楽部員は 主人を入れて たったの五人だけ 部長は会社の専務さんです 四十代は主人だけで 専務が六十歳 後は五十代後半です 先日このメンバーで飲み会があり 私をモデルに撮影会をする事になったのです 私の承諾も取らないまま 主人たら 酒の勢いで決めたらしいんです なんで私みたいな おばさんを もっと若い人に頼べばいいじゃないの 私 絶対イヤだからね と抗議しました すると主人 専務やメンバーの人達には 仕事上 大変お世話になっている 断り切れなかったと言うんです
 その人達 私たちの結婚式に来て頂き 私の若い頃をご存知なのです 酒の席で久し振りに 君の奥さん見てみたい あの時は綺麗だったなあと主人おだてられ いい気になってオーケーしたそうです まあ若い頃は体に 少しは自信あったんですが 今はぜんぜんダメです おなかは出てるし お乳はタレてて ひと前に出す体じゃありません そしたら主人 服を着て ただ立ってるだけでいいからと言うんです ・uケ筺w) 主人の付き合いも考えて ほんとうに立ってるだけよと約束して シブシブ了承しました。 撮影会場は専務さんの豪邸でした 私達が行くと メンバーの人達は来ていました その日専務の奥さんと家族は旅行で 倶楽部員と私を入れて六人です 皆さんニコニコ顔で 私を迎えてくれ 少しは落ち着きました 専務さんは憶えていたんですが 外の人達は? 大広間に 軽食とワインが用意されていて ご馳走になり一時間程談笑し 私も周りが 年配ばかりなので リラックス出来ました
 専務さんが それでは始めますか 皆さん二階へどうぞと案内しました 二階にはカメラが数台セットしてあり 私はいっぺんに緊張してしまい足が震えました やっぱり断ればよかったと 思っても後の祭りですそれでは奥さん そこに立ってと専務さんから指示され 言われるまま ポーズを取っていました 二十分程で休憩に入り ビ−ルとお酒が出され 私も勧められるまま飲んでしまいました 少し酔ったところで 再開です 奥さん次はコレ着て下さいと専務さんから袋を渡され 中を覗くと 下着とスカートです 取り出して見ると スケスケTバック下着と赤のミニスカートです それもパンティーライン ギリギリです 彼達の目的は最初から 私にこの格好をさせたかったのです 私がこれは着れませんと 専務に言います 専務は困り顔で 主人に 君話が違うじゃないかと言ってます どうやら主人 自分の顔つくりの為 私にどんな格好でも させますと みんなと約束したらしいんです 私に相談もなく 主人 私に 頼む言う事 聞いてくれ 上役たちに これからの事もあるしと 小声で囁きます 自分の出世ために私を利用したんです
 ここで主人に恥をかかせる訳にはいかず 帰りに何かブランド品を買って貰う約束をして 隣の部屋に着替えに入りました 下着はブラもパンティーもスケスケで乳首や陰毛が丸見えです おまけに ヒモが オマンコに食い込み なんだか変な気分になります スカートを履くと これがまた短く とても人前には出れません 私がモジモジしてると オーイまだかと主人の声が 私は急いで薄いブラウスを引っ掛けました 突然ドアが開き主人が 私の手を取り みんなの前に引き出されました 私は顔を上げられず下を向いたままじっとしていました いいねえ 中年の色気とミニスカート このギャップがたまらなぁw)い・uヒ いいモデルだ 今日はいい写真が撮れそうだ など勝手な事を言い合い 私を見詰めます 奥さん そこの台に上がって下さいと専務の声が 見ると高さ50センチのテーブルが用意されてあり 私は言われるまま上がりました 皆 カメラを下からあてがい パンチラショットです 隠す訳にもいかず 撮られまま我慢してると もっと脚を開いてとか 目線はこっちとかいろんな注文が飛び交います そして私が一番 恐れていたポーズです
 次 奥さん四つんばいになってと 専務から注文が来ました 私はそれだけは カンニンして下さいと断りますが 主人がいいから 皆さんの言う通りしなさいと申します 私は絶対 後ろには廻らないで下さいと条件を付けました だって私のオマンコ ヒモ一本で穴をかくしてあるだけで おそらく私の 人より長くて変色したビラビラが出てると思うんです いや絶対に出てます 主人よく お前のビラビラ長くていやらしいなあ 使い込んでるのがわかるよと 引っ張って遊んでいます。後ろに廻らないから 奥さんブラウスを脱いでと頼まれました 主人をみると 黙ったまま ウンウンと頷きます これも出世の為かと自分に言い聞かせブラウスを脱ぎました おお 乳首がデカイ 乳輪も大きい などと勝手な事を言い合っています それでは奥さん 四つんばいポーズお願いしますと専務の声が 私は覚悟を決め 目を閉じてポーズをとりました 一斉にシャーター音です フラッシュも炊かれました
しばらくして今度は 肘を対いて 両手の上にアゴを置いてくれと言います お尻を高く突き出すポーズです もうここまでしたから 少し慣れてきて 言われるまま お尻を突き出しました その時 ミニスカートがめくれて腰のあたりまでズリ上がりました 私が直そうとすると そのままそのままがいいと専務さんが おっしゃるんです 前からみると 大きなお尻の真ん中にヒモが一本通っただけの 卑猥なポーズです 皆んな前から見てるから オマンコは見えないけど ヤッパリ恥ずかしいです 若い人なら襲って来るかも? 突然です おお濡れてる イヤラシイ オマンコ濡れてると 専務の声が 私は ハッとして振り向くと 真後ろ50センチ位の処で 専務さん 私の主人以外見せた事の無い オマンコを マジマジと 見てるんです 私はキャーと大声で叫び その場にしゃがみ込みました ヒドイ専務さんヒドイと私は 抗議しました 後ろには廻らないと約束したじゃないですかと 少し涙声になっていました すると専務 いやーすまん すまん 美人の奥さんの オマンコどうなってるか 見たくて見たくて仕方なかったんだよ と変な言い訳するんです
 主人がきて いいじゃないか お前も恥ずかしがる歳じゃないだろう それに皆さんに撮られて 濡れてたじゃないかと 主人も変な慰めするんです そうなんです私 知らず知らず 見られる喜びに感じ始めて濡らしてたんです 主人以外に裸同然の姿を見せる事に 私 露出趣味があるかも? メンバーの一人が私に ワインを持って来てくれました 私はそれを 一気に飲み干し 体が カッーと熱くなり オマンコ見られたショックも 少し和らぎました メンバーの人達が ズルイぞ奥さんのオマンコ君だけ見て 専務は申し訳なさそうに 大きな体を屈め クスッと笑い皆に謝っていました すると専務さん私の所に来て 奥さん 私だけイイ想いをしてメンバーの者に悪い どうかね どうせ一人に見られるのも 五人に見られるのも一緒だとおもうが みんなに奥さんのオマンコ見せてくれないかねと マジ顔で言われました みなチンポも もう立たないから心配いらない なにも起こらない ただ見せてくれるだけでいいからお願いしますと 専務が頭を下げました それに連られて メンバー全員 頭を下げました
 私は少し悲しくなり主人を見ると黙ったまま ウンウンと頷くだけです 私は ハイわかりました 私の体でよければどうぞ見て下さいと 自分でもビックリする言葉が出てきました その言葉を聞いたメンバー全員から拍手が起こりその場が パアッーと和みました 私はワインを貰い 意を決してみんなの前で ミニスカート ブラ 最後に濡れたTバックのパンティを取り去り 全裸になりました 私は仰向けになり 脚をもうこれ以上開かないくらい大きく開き 全員の目の前に 濡れそぼったオマンコを ご開帳しました 皆 無口でじっとオマンコを見詰め ため息が漏れます しばらくしてメンバーの一人が奥さん指で開いて中もみせて下さいと言ってきました すると 今まで黙ってた主人が その人に ご自分でどうぞと言い出すんです 私 触られるのはチョットと思ったのですが主人が 良いと言うのでじっとしていました その人 両手で私のオマンコ左右に ゆっくりと開きます その時 ヌチャと音がして 溜まってた愛液が トロトロと肛門に流れ落ちました 私はその時 ああっと自然に声が出てしまい軽くイッタようです
 それを合図に 全員が私の オマンコ アヌス オッパイを触りまくり なかにはオマンコに指も入れて来た人がいました しばらく触らせていると ビーンと音が聞こえてきました 専務さん電動コケシを出してきたのです たまに主人と使いますが 専務の手には 超特大のコケシです 我が家で使ってるのは普通サイズですが それは 長さ20センチ 太さも握り切れない程デカイ物です 私はソレを見て オマンコから新しい愛液が沸いてきました普通の女性なら 恐怖心を抱くんですが私には 巨根願望が有り 一度入れられたいと思っていました 主人には恥ずかしくて言えませんでした 専務がメンバーに何か言います すると皆が私を起こして 後ろ向きにし 頭をテーブルに押し当てお尻を高く持ち上げます 専務さん バックから入れるつもりです 足を大きく開かされ ほかの二人が私のオマンコを左右に開かせました いよいよです 主人どんな気持ちでみてるんでしょう気になって見ると ズボンの前をふくらませていました主人も最高に興奮しているようです
 ただ服を着ての撮影会がまさか 自分の女房が体を触りまくられ オマンコまでご開張されるとは 夢にもおもわなかったハズです さらに今まで 味わった事のない 大きなバイブで 犯されようとしています オマンコに冷たいバイブの先が当たります 心地よい振動も伝わります さすがにデカクて中々入りません 痛くはないですが 苦しい感じもします おお先ちょが入ったと専務の声がしたとき ヌルッとしてバイブが私の中に入りました ああああーと私 大きな声がでます 子宮に当たりました オマンコの中 一杯です専務さん抜き差し始めました チンポでは味わえない 気持ちよさです 私は五人の男達のまえで大声でヨガリまくり 何回も何回も イカされつづけられ最後は 気を失い 気がついた時は服を着せられ主人の腕の中でした しばらく お酒を飲みながら談笑してら 一人が奥さんのオマンコ 顔に似合わずビラビラが長くヨジレてましたねと言うんです 私と主人 顔を見合わせ二人で大笑いしました それを見ていた皆も 大笑いです
 私は言ったその人を イタズラッぽく睨んでやりました 最後にみんなの希望で 私のオマンコの接写を撮らせてあげ このメンバー以外絶対見せないと 約束して貰い散会しました 帰り際 専務さんが私に後で見て下さいと言って封筒を渡されました タクシー券をもらい疲れていたので我が家まで直行で帰りました 直ぐ封筒を開封して見ると ビックリ 現金10万円と手紙でした きょうは私達 年よりの願望を叶えて いただき有難う メンバーの気持ちですと書かれていました 私が失神してるまに 集めたそうです 私は主人公認でオマンコは見せたけど チンポは入れさせてません だから貞節は守ったつもりです 主人も満足したみたいだから 私は後悔はしていません 心の中では チョット本物のチンポで廻されてみたい気もします ウフッ   終わり

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月19日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】女子大生 果歩 3 【実話体験談】

21

「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」

「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」

大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。

トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。

いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。

高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】エロ雑誌モデルの妻【実話体験談】

以前、テレビで美術モデルに素人、それも主婦がしていると言うのを見ました。
お金もあるんでしょうけど、裸を見せる事に自信があるんでしょうね。
そんな番組を見て、ふと昔の事を思い出したんです。
結婚して数年がたった頃なんです。
セックスがマンネリ化していても浮気する勇気も金も無い小心者の自分は、せいぜいエロ雑誌を見て想像を逞しくするだけでした。
そんなネタの一つにある雑誌に人妻ヌードを紹介しているコーナーがあって、こいのコーナーも目当ての一つでした。
えっと、隣の美人妻なんとか?だったか、そんな様な覚えがあります。
今でこそ、そんなモデルがいますが、本当に素人かも?と思わせるのに充分で、そこそこレベルの女性が脱いでいたんで好きだったんです。
買っても、用が済んだら、すぐ捨ててしまったりしていたんですが、ある号に妻に似た感じの女性が載っていたのがあって隠していたんです。
ある日、家に帰ると、隠しておいたその雑誌が机の上に乗っているじゃありませんか!
まぁ~その後は、想像の展開でした
妻曰く、S君(←自分のことです)が男だからこう言うのに興味があるのは判るけど、ちょっと許せないとか
やっぱり、女性は、夫が自分以外の女に性的興味を持つと嫌なんでしょうね。
しかし、幸だったのが、そのモデル女性が妻に似ていたからでした。
そんな言い訳を言うと、やがて機嫌が直り、このコーナーを見始めていました

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月18日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】彼女の友達の人妻【実話体験談】

もう10年近く前の話です。
俺は九州の南の端の大学で4年間毎日毎日水泳部の練習に明け暮れた後、
東京の大手の建設会社に就職しました。
俺の大学は、まあ卒業生の半分以上が教師になるような田舎モン+世間知らず+筋肉バカ
ばかりだったのですが、単純バカの俺は、高地合宿で南アメリカを訪れた時に見たパナマ運河に激しく感動してしまい、
「俺の人生は運河を作る為にある」→「建設会社、ゼネコンだ!」
というわけのわからない激情にかられ、何のコネも縁もなく東京中の建設会社に、ほぼ
飛び入りで就活(まあ、おれの頃はこんな言い方はしなかったんですが)をかけ、
何故か大手に決まってしまい、生まれて始めて東京に住むことになったのです。

俺の大学の出身校は、その会社に俺一人だけ、という激しく心細い境遇でしたが、
面接の時に憑かれたように「運河運河」といっていた、妙にガタイの良い筋肉バカは
結構有名だったらしく、配属された営業部では、「運河」というあだ名をつけられ
かわいがってもらっていました。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月15日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww 2/2 【実話体験談】

前回のはなし

ダーツバーが入るビルの非常階段で肉弾系のマリエとの濃厚な一戦を終え、終電に間に合うよう帰って行く彼女を見送くると、2軒目に入った居酒屋でメアドをゲットした菜摘から送られてきたメールを読み返した。

「隆さーん、家に帰る方終電終わっちゃってました(T_T)まだ飲んでますか?良かったら今から逢えませんか??」

俺の大好物とも言える全身ムチムチ、肉布団系のマリエとは違い、菜摘はどちらかと言うとスレンダーで目鼻立ちのはっきりした美形かつ小顔。共通点といえば新社会人だということと着慣れしていないスーツの上からでも男の視線を否応なく集めてしまう胸の大きな膨らみ位だろう。終電逃したとのhelpを送ってくるということは勝率8割は堅い、あんなにカワイイ子と…なんて考えると、ついさっき濃厚なのを出したばかりなのに再びムクリと起き上がるのを感じる

連れの裕也はすでにマリエの同僚である長身モデル系の女の子と店を出てしまっていた。使い勝手の良いこの店に呼び出してもいいが先ほど関係を持ったマリエの同僚がもう二人残っていたので店を変えることにして、すぐ近くのコンビニで待ち合わせた。

居酒屋で別れてからだいたい3時間ぶり位だろうか、手を振りながら小走りに近づいてくる菜摘はやっぱりカワイイ、が揺れる胸にどうしても視線が行く。ぽってりとした唇と意志の強そうな目元、どうしても目を引く巨乳は芸能人で言うと護あさなといったところだろうか。

さっき会った時はピシっと新社会人らしい緊張感がまだ残っていたが、スーツは少し着崩れ、表情も学生時代に戻ったかのような柔な笑みになっている。
「お疲れー、だいぶ飲んだの??あの後どこ行ってたー?」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月11日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww 1/2 【実話体験談】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。
初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。

ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。
馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。

俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。
特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。
普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。

4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。

俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。

俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月10日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【浮気・不倫】人生ハードモードだが良いこともある【実話体験談】

※Saiさんの話にちょっと感銘を受けたので転載させていただきます。
 自分もがんばろうかな。。

今日は早朝から一日中本業の打合せで
カンヅメ状態喰らっとりましたヽ(;´Д`)ノ

でも必要とされるのは嬉しいことだし
気合い入れてバッチリ頑張って、
疲れたけどホクホク充実感(・∀・)イイ!

しかし何か足りないのだよ|ω・)

そうそれは「おちゃめ的潤い」ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

実話体験談関連タグ

|||||

2014年7月9日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】勿体無いほど美形の人妻⑦【実話体験談】

S子と付き合い始めて半年後、S子と私の関係が変わりました。夜をかたくなに拒絶するS子の態度に疑問を感じた旦那から行動を調べられ、
浮気がバレたのです。S子は裸になるよう命令され、パイパンにしている理由を追及された挙句、
淫乱!売女!、挙句は子供2人の前で“お前たちの母親は盛りのついたメス豚だ!”と言われたそうでした。不倫の相手を追及されましたが、私の事は隠し通し翌朝家を出たS子。朝9時前に電話をしてきました。“家を出ました・・・”私は何も聞かず“こちらにおいで。私がS子の面倒を見るから。”と言いました。その日はS子をホテルに泊め、翌日にアパートを借り、家具や電化製品等生活に必要な物を揃えました。そう、S子は私の愛人として生きる事になったのです。
傲慢と思いますが、十分な生活力が有るとは思えない元の旦那には勿体無い女・・・そう思ってました。
愛人となったS子の生活はセックス三昧。毎日どころか朝昼晩です。朝起きてから、私が会社に行く前にSEX。アパートで昼食をとりSEX。
夜も疲れ果てるまでSEX・・・我ながらよく飽きないなぁ・・・と思えるほどでした。私はS子に剃毛は面倒臭いし、どうしても伸び始めの見栄えが悪いので、
美容形成外科に通わせ全て脱毛させました。次にクリトリス、ラビア、乳首にピアスを施させました。恥丘に“淫乱”とタトゥーを入れさせる事も考え、S子も承諾しましたが、さすがに止めました。そうまでしなくても十分すぎる位の卑猥な体です。騎乗位で腰を振らせると、揺れる胸の先で動くピアス。同じく騎乗位で股を開かせるとパイパンに出入りするチンポは丸見えで、
局部で輝く3個のピアスも美しく卑猥・・・AVにも居ない様ないやらしいモデルです。
このころのS子はアナルSEXでもイクようになっていました。四つん這いでクリにローター、オマンコには極太のバイブ、アナルには私のチンポをぶち込まれ、
逆にアナルに極太バイブ、オマンコに私のチンポ・・・被虐的な快感に酔いしれ、ハメ潮を吹き散らしながらの絶叫アクメを迎えます。
“こんな変態に調教されたら、もう普通のSEⅩなんてやってもダメね・・・”とS子。S子にはもともと被虐的な妄想があったと告白しました。小学3年の時にオナニーを覚え、中学生の時に目にしたアダルト雑誌の写真・・・SMです。その中でも、複数の男性にオモチャにされる女性の写真に強烈に興奮したとの事。
それからのS子のオナネタは“輪姦”。中学一年でバージンの女の子のオナネタが輪姦・・・
しかも口やオマンコ、アナルも同時に犯され、顔や体中にザーメンを注がれる・・・不自由に体を縛られ、身動きが取れない・・・なのに犯されてイッてしまう・・・SEXの時にS子は“もっと汚して!滅茶苦茶にして!”と叫ぶことがありました。
SM写真の中に出ていた女と自分をリンクさせていたのです。私は多少ですがSMプレーは経験していました。
亀甲縛りなどはマスターしてましたが、複雑な縛りは分かりません。専門書を購入しS子をモデルにして覚えて行きました。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月9日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング