【人妻】クッキー缶のビデオの続き教えて!【実話体験談】

誰かこの話の続き教えて!オルフェノクさんの「クッキー缶のビデオ」です。
妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。
<1本目>
このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。
ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。
ん、んんーと、映った映った。
『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』
あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。
『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』
『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』
なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?
『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』
あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。
『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』
『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月13日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】アダルト雑誌のライターやってて良かった 【実話体験談】

今日は「ライターのHな役得」について。
風俗レポートの仕事以外にもエロ系雑誌社ではいろいろなエロ体験企画があります。
その中でも比較的楽で楽しいのが「ハメ撮りもの」。

「風さん今日はハメ撮り頼みたいんだけどいい?カメラマン急にスケジュール合わなくなってさ…」

困ったときはお互い様、むしろハメ撮りものなら内容によってはとても楽ですから。
ちなみにモデルさんの都合でハメ無しでタッチありでの撮影とのことです。

都内某所で待ち合わせるとプロダクションのマネージャー氏とともに女の子がやってきました。

「こんにちはぁ…よろしくお願いします!」

ちょっと緊張しているのか声のテンションがおかしいです。

実話体験談関連タグ

|||||||

2013年10月11日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【修羅場】ぬりかべだいすき守りたい 【実話体験談】

17:恋人は名無しさん:2009/10/09(金)00:14:21ID:7iiRZchh0
私はチビだが家族ぐるみで武道をやっていた。
しかし守ってあげたいタイプの女が好きな彼氏に嫌われたくなかったので、
「体力作りのために部活でやってただけなの〜」と嘘をついていた。

そして浮気された。勘付いて部屋に突撃したらイチャイチャの真っ最中。

彼は私に「悪いのは俺だ、殴ってくれていいから間子を許してくれ!」と言った。
でも私の拳は凶器、こんなことで他人には振るえない。

しょうがないので、ベッドに向かってジャーマンスープレックスをかました。
ベッドって高さがあるのでブリッジが綺麗にできなかった。不満。

許してくれと言われても、彼女がいるとわかってて付き合う女も悪いよなと思ったので、

実話体験談関連タグ

|||

2013年10月11日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【寝取られ】妻との冒険2 【実話体験談】

の続き

私達夫婦のその後を書かせていただきたいと思います。

私の中では今でも前回のことは忘れることは出来ていません。妻もいい思い出としてかはわかりませんが、あのときのことは残っているでしょう。
妻との夜の生活は妻からあのときの事を聞きながらの行為が続き、いつのまにか私は妻の口から発せられる言葉攻め??みたいな感じで興奮させられていました。
しかし私の性癖はあのとき以上のモノを求めてしまうのも事実で、たびたび色んな妄想を一人抱いて過ごす毎日でした。
妻を信用していない訳ではないのですが、自分自身が以前よりも寛大な気持ちで妻を見守ることができるのか自信がなかったのも事実です。
妻自身あれ以来、私でさへ見違える程に以前に増して色っぽく、そして今まで地味だった服装も少し派手なモノを身に着けるようになりました。
妻と買い物へ出かけると以前はそんな事さへ無かったのに時々同年代の男性が妻をジロジロと舐めるように見ることも有るほどの妻の変わり様には私自身がビックリするほどでした。
そんな頃休みの日に私は家でのんびりとテレビを見ていると娘と一緒に買い物に出かけた妻と娘が戻って来て、部屋に入るなり娘が私に
「パパ!ママがねミニのワンピ買ったんだよ?それも超ミニ!」
私は
「はぁ〜??ミニのワンピってミニスカートってことか?」と尋ねると娘は
「そうだよ!それがさぁ〜ママ試着したんだけど凄く似合ってるの。私もビックリするくらい」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月10日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】ああ!そのままキスした!!!だから変な味!!!だめ!やめて!! 【実話体験談】

385名前:なまえを挿れて。[sage]投稿日:2010/09/17(金)06:06:21ID:9czHGdzl0
同じマンションの若妻(23)長身(167)スレンダーで美乳ショートカットで凛々しい美人

今年の春先、たまたま直帰で18時前に帰宅したら、マンションが騒々しい
たんに子供の転落事故(軽傷)だったんだが、その時はなんか事件!みたいな感じで
住人がマンション前に集まって騒然としてた

管理人の爺ちゃんと俺とでなんとなく仕切って収拾したけど、
彼女は若いし近所に知り合いもいないみたいでなんとなく俺の傍で話聞いてて、
ちょっと落ち着いてからもなんとなく俺と話してて・・みたいなのがきっかけで知り合った

んでGW過ぎにはやっちゃった

388名前:なまえを挿れて。[sage]投稿日:2010/09/18(土)23:14:49ID:rII1BUij0

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年10月8日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【妹と】この年末、従妹の祥子とW不倫 【実話体験談】

304:304:2008/01/12(土)23:21:18ID:WEX6iGmY0
「り、離婚?・・?バカか、おまえ。」
俺はバーミヤンの回鍋肉を堪能しながら、祥子(しょうこ・二つ年上のいとこ)に言ったんだよ。
少し酒も入っていたからか?周りの客の視線が痛かった。
祥子はそれを気にしながら、俺の右手を触ってきた。俺は左利きだから、空いている右手を触ってきた。
どうやら旦那が会社の女と不倫しているらしい。
俺は旦那を怒りたかった。羨ましいぞ、という感情も含めて。
祥子は結婚前まで、あるチラシのモデルをしていて、
実は俺、そのチラシでいろいろお世話になっていた。
たぶん祥子も知っているはず。
で、メシを食い終わって午後10時過ぎ、祥子の軽自動車でウラトコバイパスを所沢方面へ。
途中から旧道へ。

307:304:2008/01/13(日)18:57:44ID:Ppkuzy4D0
旧道へ入ってから、しばらく走るとラブホ。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年10月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【姉と】姉からの誕生日プレゼント【実話体験談】

「○○〜?、いるー?」
いきなり、ドアの外から姉の声が聞こえたかと思うと、
ドアのノブがガチャリと回った。
俺は慌てて、ノートパソコンを閉じて、ずり下げていたズボンを上げる。
「ちょ、ちょっと待って。今取り込み中で・・・」
俺に構わず、姉は部屋の中に入って来た。
「な、何だよ、姉ちゃん。いきなり入って来るなよ。」
「ウフフッ。どうしたの?そんなに慌てちゃって。
何してたの?」
「べ、別に…。
ちょっとネットで調べ物してたんだよ。
それより、何だよ、急に。
何か用?」
「そんな冷たい言い方しなくたっていいじゃん。
お姉ちゃんね、○○に渡したいものがあるんだけど。」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月8日 | 実話体験談カテゴリー:姉との実話体験談

【浮気・不倫】奥さんが悪いわけではありませんよ。 【実話体験談】

上記のリンク先の投稿に出てくる妹様なる女性を寝取りさせていただきました。
私は関西で百貨店のバイヤーと両親から継いだ不動産会社の経営をしている52才です。商売柄顔が広いので上記の内容を読んで思い当たる人物がすぐに浮かびました。フェイクは入っていましたが投稿者は個人情報を出しすぎですね。貴方の育てのご両親は篤志家としてとても有名ですから、家族構成ですぐにわかりましたよ。
貴方はたいへんな苦労から立ち直ったようで感心いたします。しかし、貴方には致命的な欠点があります。欠陥ともいえます。

それは、貴方に女性を守るだけの男性としての能力がないということです。

女性というものは愛されたくて仕方が無い生き物であり、常に愛を確認したい生き物です。貴方は自分を寛容だと思っているのかも知れませんが、女性にしてみれば不安で仕方がないのでしょう。まなみさんという、貴方が最初に寝取られた女性も貴方の方に原因があったのではないでしょうか?
私が貴方の奥さんと関係を持ったのは今年の2/14です。私は複数の女性と関係を持っており、日記に書いておりますので間違いありません。ああ、安心してくださいね。ブログというものではなく紙の日記帳ですので流出することはありませんよ。
貴方の奥さん、そうですね本名でもかまわないでしょう。真夜さんと関係を持った経緯はありふれたものです。
真夜の通っている学校にモデルのアルバイトを募集しているので、身長のある女性を紹介してもらえないかと持ちかけました。私の母校であり、寄付やアルバイトの募集をよく行っていましたので疑われることはありませんでした。
真夜はとても身長があり見事なスタイルをされていますから、きっと中に入っていると思っていました。
週に2度、5時間程度の拘束ということで賃金も破格の用意をしました。心当たりがありますよね?当時の貴方は新しい仕事を始めたばかりでお金に苦労されていたのをみかねたのでしょう。真夜はこのアルバイトに飛びついて志願してきましたよ。
ああ、真夜と呼び捨てにするのは不愉快に感じるかもしれませんが、調教中は呼び捨てが当たり前なのでこちらの方がしっくりときますのでご勘弁ください。

貴方もご存知でしょうが真夜はヴィーナスのような体ですね。180センチメートルの長身に綺麗に鍛えられた細身の肢体。長い髪と慈愛にみちた美しい顔とこぼれんばかりの大きな乳房。胴はくびれやわらかな腹筋が浮き、尻は日本人離れした盛り上がりをみせて長くしなやかな足はすばらしいものです。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年10月8日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【姉と】姉はバイブ・モニター【実話体験談】

(くぅーっ。全然、進まねえなぁ)
俺は苛立ちながら、呟いた。
ここは渋谷センター街、午後10時。
もう8時間もここでアンケート活動をしている。
知り合いの紹介で始めた、某大衆雑誌の編集部のアルバイト。
ネタはエログロナンセンス何でもアリの三流誌である。
毎号、街頭の女の子へのアンケートコーナーがあるのだが、
今回は俺が任せられてしまった。
そのアンケートの内容がまた、ひどい。
Q1.貴女は普段オナニーをしますか?「はい」「いいえ」
Q2.1で「はい」と答えた方、初めてのオナニーは何歳の時でしたか?
Q3.1で「はい」と答えた方、週に何回位オナニーをしますか?
Q4.1で「はい」と答えた方、オナニーをする際、何か道具は使いますか?
使う方は、その道具を教えてください。
Q5.1で「はい」と答えた方、貴女がオナニーにかける時間はどれ位ですか?

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年10月7日 | 実話体験談カテゴリー:姉との実話体験談

【姉と】姉は家庭教師 コスプレ着せ替え人形【実話体験談】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」
姉はあきれ返った様に俺に言う。
「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」
俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。
このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。
姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。
その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。
同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。
そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。
「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?
 早く、次の問題っ!」
「わ、わかったよ…」
と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。
「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、
 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月7日 | 実話体験談カテゴリー:姉との実話体験談
20 / 33« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング