【人妻】卑猥な年上の妻【実話体験談】

俺が結婚したのは39歳、妻が46歳の時だった。俺は本当に女に持てなくて、ただひたすらにアダルト本屋ビデオでマスをかくしかなかった。そんな時今の妻にであった。俺は暇をも持て余して休みの日に車で郊外のレストランで食事を済ませ、その日はとても温かく公園の芝生の上で昼寝でもしようと駐車場に車を停めて芝生に寝っ転がっていた。すると近くのベンチに一人の女性が座った。身体も大きく俺が寝転がっているところから彼女を見ると斜め後ろの方角で、彼女が穿いているジーンズの腰から生肌が見てている。それも彼女は前かがみになっていたので彼女のお尻の割れ目もはっきり見えた。なんとエロッぽい状況であった。俺が一気に股間のものが勃起した。しばらく見ていたが誰かと待ち合わせをしている様子もなく、ぼんやりしているようだった。俺は立ちあがって覆回りに遠くから彼女を見た。様子からして俺より年上であることはわかった。俺の頭の中では間違いなく人妻であることは自分で勝手に判断した。しかしそれではすまなかった。俺は傍に行き、「なにしているんですか?
俺、なにもすることもなく、そこでぼんやり寝転がっていたんですが、よければ、今日付き合ってもらえないかな?」と駄目もとで声をかけた。以外にも「いいですよ。私も一人ひまだからぼんやりしていたんです」と。俺は彼女を自分の車に誘い行くあてもなく車を走らせた。車中で彼女は独身であることがわかった。運転しながらちらちらと何度も彼女の大きな胸のふくらみを見ていた。彼女は黙っていた。あちこちにラブホテルが目についてたまらない。彼女が言った。「さっきから何度もホテルばかり気にしているのね。どうしたの?あそこに入りたいの?私はいいけど」と言ったので耳を疑ったが、確認することなく俺は車をホテルに入れた。彼女は一緒に付いて来た。部屋に入るや俺は彼女を抱きしめキスをした。抵抗などしなかった。俺は舌を彼女に入れると入れ返して来た。気を良くした俺は服の上から胸を触った。彼女は「先にシャワーを浴びましょう?」と言ったので俺はすかさず服を脱ぎシャワー室に入った。遅れて彼女が入って来た。初めて見る彼女の裸体。彼女はなにひとつ隠すことなく全裸を俺の前にさらけ出した。黒々とした陰毛と大きな胸。その両方の先には乳首がポツンとついている。シャワーを浴びる彼女のお尻がたまらない。先ほどジーンズから見えたお尻の割れ目の全容が今目の前にある。俺のペニスはとっくに戦闘態勢に入っている。俺は彼女を後ろから抱き閉めた。固くなったペニスが彼女の大きなお尻の割れ目に当たっている。彼女はシャワー室の壁に手を突いた。俺は彼女の腰を後ろから引き寄せた。俺の気持ちがわかったのかその大きなお尻を俺の方に突き出してくれた。おれはすかさずペニスの先で彼女のあそこを探り腰を突き出した。ずぶりと入った。その瞬間「あっ・・・」と言った。
力一杯のピストンは狭い浴室に卑猥に響いた。溜まっていた精液は勢いよく何度も何度も彼女の秘部がすべて飲み込んでくれた。終わるとお互い全裸のままベットに向かった。彼女は俺の脚の方へ顔を近づけ、萎えたペニスに口を付けるとパクリと咥えてくれた。あっというまにそのペニスは力を取り戻した。俺は目の前にある彼女の陰毛に顔を付け脚を広げた。パクリとわれたピンクの秘部がそこにあった。俺は夢中でそこを吸った。彼女は大きく脚を広げやりやすくしてくれた。我慢ができなくなり彼女をよつんばにして後ろから突っ込んだ。彼女の口からは卑猥な言葉が飛んだ。2度目の射精が始まった。
それから彼女と頻繁にデートを重ね、会えば、金のない俺はいつも車の中でセックスした。結婚してもう1年が過ぎる。下腹部の脂肪はどうしようもないが、大きなお尻と胸のふくらみはいつも俺の性欲を掻き立ててくれる。今朝も朝からやってしまった。妻は未だベットの中で昨夜と今朝のセックスに満足して布団の中に裸のまま寝ている。今度の妻の誕生日にはアナルセックスを許してくれることになり、今セックスをするたびに妻のアナルを訓練している。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月7日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】最近嫁がエロくなったと思ったら改 【実話体験談】

俺と美佳は結婚して2年たち、まだ子供を作らずに二人で仲良く過ごしている。

俺は27歳のIT土方で、中肉中背のフツメンだ。
嫁の美佳は24歳で、小柄で華奢だが胸だけでかいという、俺的にはたまらない体をしている。顔は美人と言うよりは可愛らしい感じで、マインちゃんに似ているとよく言われる。

昼間ファミレスでバイトしている美佳は、未だに女子高生によく間違われるそうだ。客にナンパみたいな事をされることもちょくちょくあるようで、そろそろバイトをやめさせようと思っているくらいだ。

休みの日には二人で映画に行ったり、買い物に行ったり、動物園や水族館に行ったり、未だに付き合っているときと同じ感じでデートをしている。

一つだけ不満なのは、付き合い始めてから数えると5年たつのに、未だににセックスの時にマグロ状態な事くらいだ。

真っ暗にしてキスをして、俺が愛撫して、正常位で入れて、そのまま終わる・・・  こんな感じだ。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月6日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】不妊に悩んだ末の、究極の選択3 【実話体験談】

私のせいで、子供をなかなか授かれず、色々なプレッシャーが掛かる中、思いあまって私の親友の章雄に子作りを託してしまいました。

普通の精神様態なら、けして選択するはずもない選択肢でしたが、追い込まれた人間は、こんなにも脆(もろ)いものなんだと、今なら思えます、、

目の前での、章雄と嫁の恋人同士のような代理子作りが終わり、私が入れ替わるようにみな実を抱きました。
私の種では、妊娠出来る可能性は5%以下だそうです。でも、こうやって章雄の後にすぐ抱けば、私が妊娠させたという可能性もわずかにあり、私もみな実も、赤ちゃんは私の種だったと思うことが出来ます。

不思議なもので、見ているのがあれほど辛いだけだった章雄とみな実のセックスも、私の中に興奮を産むようになっていました。
嫁を寝取られて興奮する私は、劣等感から壊れてしまったのかも知れません、、

そんな興奮の中みな実を抱くと、笑ってしまうくらいすぐにいきました、、、

『へへw あなた、愛してる、、 もう大丈夫だよね?』
みな実は、本当に安心したように言います。さっきの章雄の中出しで、受精した感覚があったようです。もっとも、1回目の時も感覚はあったと言っていて、結果ダメだったので、あまり当てにはなりません。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月5日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした3 【実話体験談】

嫁のまさみが、俺の会社の先輩の長田さんとデートの練習をした、、、
俺の家で、長田さんと俺の家族で食事をしているときに、話しの行きがかり上、まさみが長田さんに女の子の紹介をする事になった兼ね合いからだ。

そして、二度目のデートの練習をしたときに、嫁は長田さんとラブホテルに入り、不注意でキスをしてしまった。
そのことがきっかけで、俺に寝取られ性癖のようなものが目覚めてしまい、まさみと長田さんに関係を持たせることにした。

それは、後悔を上回る、強烈な刺激だった、、、
まさみは俺の指示で、俺に言われて仕方なく長田さんと関係を持ったはずだが、隠し持たせたボイスレコーダーに録音されていた音声は、楽しげにすら聞こえた、、、

そして、その日を境に、まさみは変わった、、

長田さんとのデートに出かける時、まさみは”長田さんと本当にセックスをしてきたら、夜にたくさんしてね”と言うような約束をした。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月5日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】女だけど婚約前に浮気した 【実話体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる

結婚したのは6年前、ハタチのころ

わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

3:名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/01(月)13:54:55.92

出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月4日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】モモとノンタン 再開後 03 前半 【実話体験談】

モモとユウさんのビデオを見て、こういうのも悪くないな…って思った。
けど覗くのとは全然緊張感は違うなって感じた。
覗く方が、なんというかライブ感があって、ドキドキするし。

とはいえ、もうなかなか覗く機会もなく、
定期的にビデオで撮ってもらうのもありかななんて考えていた。

そして、ノンタンの浮気エッチ計画だけど、順調にノンタンとデートを重ねていた。
実は一回いい感じの雰囲気の時があったんだけど、
ノンタンが女の子の日で、あえなく断念した。
でも機会さえ合えば、もうできるだろうなって確信はあった。

たとえば内緒でこっそりキスした時のノンタンの反応とか、
ほんと可愛くて、この辺はまた追って書きます。

実話体験談関連タグ

||||||

2014年8月3日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】嫁は昔、ヤクザとキメセク中毒だった 【実話体験談】

今日は、息子の10歳の誕生日だった。
子作りを開始して、なかなか授かれず、5年もかかって出来た息子なので、目に入れても痛くないほど可愛くて、少し甘やかし気味かも知れない。
そんな息子の10歳の誕生日なので、良くないとは思いながらも、学校を休ませて、ディズ○ーランドで一日過ごしていた。
もちろん、私も仕事を休んで…… とは言っても、自営業なので、そこはかなり融通が利く。仕事は、プロダクトデザインの事務所を経営していて、たまたま私のデザインした大手企業の商品が、ワールドビジネスサテライトに取り上げられるくらいヒットして、ありがたいことに毎年事務所の業績も右肩上がりが続いている。

今日は、平日ということもあって、比較的すいていたランドの中で、本当に楽しい時間を過ごしていた。
『お誕生日おめでとう! 本当に、大きくなったねぇ〜』
嫁の恵里菜も、心の底から嬉しそうだ。苦労して出来た子供なので、可愛くて仕方ないという感じだ。
恵里菜は42歳になるが、まだまだ綺麗だと思う。肩までの黒い髪が艶やかで、メイクも薄目で上品な感じだ。おっとりという感じで、子供に対しても声を荒げるところを見たことがない。

私には、過ぎた女房だと思う。

『ほら、あなた、もっと裕哉とくっついて、写真撮りますから』
カメラを構えながら、上品な口調で言う恵里菜。
本当に、上品な奥様という感じだ。でも私は、恵里菜が夜の生活の時には、思いの外大胆に乱れるのを知っている。セックスの時の恵里菜は、上品な見た目とはギャップがあり、そこもたまらないと思っている。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月2日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた 【実話体験談】

嫁の美月とは、結婚して2年目で、まだ新婚気分が抜けない毎日です。
僕は28歳で、嫁はまだ23歳になったばかり。

僕がよく行くカフェの店員だった美月に、初見で一目惚れして、色々と頑張って今に至ります。

美月は、芸能人の山本美月を少し縮めて、若干肉付きを良くした感じです。
そんな感じで、抜群すぎるルックスだったので、お客さんに誘われたり、メルアドを渡されたりは日常茶飯事だったそうです。

ただ、結構人見知りな彼女は、誰の誘いにも乗ったことがなかったそうです。
その話を美月から聞いたときに、なんで僕の誘いには乗ったのか聞くと、
『私も一目惚れだったからだよ〜』
と、嬉しそうに言ってくれました。
こんな事を書くと、僕がイケメンのようですが、そんな事は全くなくて、過去にモテた記憶もないです。

本当に、たまたま美月の好みの感じだったと言う事なんでしょうが、本当にラッキーでした。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月2日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】婚約寸前の彼女が…【実話体験談】

ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。
私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。
彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。
付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。
こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし
実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。
彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。
私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。
そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみき(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー、他の男はほっておかないのに」と、言ってきました。私は絶対しないよて」言い返しました。
そこでその友人から本当に浮気しないか提案をしてきたのです。
私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味もあったのでどんな提案か聞いてみました。
その提案とは
私が彼女とデートをする時に直前で用事ができてドタキャンをする。そこでその友人が彼女に声をかけてご飯に誘ってみるということでした。条件として彼女との行動は逐次メールで報告する。彼女との会話は携帯の会話状態にする。彼女に強引に口説かない。などなどです。
隠れてこそこそするわけでもないし、その会話から私がどうしても我慢できない場合は連絡するものでしたので安心かなということもあり了承してしまいました。
そして、ある夏休みの日に彼女と待ち合わせをしてドライブに行く予定を立てました。彼女がいつもの待ち合わせ場所で待っているときに電話をして「ごめん、、急に実家に帰らないといけなくなった、、もう来てるよね?」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月1日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】勿体無いほど美形の人妻④【実話体験談】

翌日もS子と会いました。お腹は減ってないとの事でラブホへ直行です。途中コンビニでビールや摘み、サンドイッチなどを購入しました。
その日以降、S子と私のデートはこのパターンになって行きました。その日S子に聞いた話。
S子は専業主婦!
子供は二人で結婚したのは19歳。
出会い系を始めた理由(?)は旦那の浮気だそうでした。
私は驚きましたよ。
主婦?全然見えませんでした。上品で年より若く見え、いいところのお嬢様にしか見えない・・・
結婚に失敗し実家に出戻りした…そんな想像をしていました。
その日のS子とのSEXは、S子のフェラから始めました。
部屋の椅子に座った私の前に跪き、左手でチンポの根元を掴みしゃぶりながら、
右手ではクリトリスを・・・S子のオマンコは、シャワーから出た後で既に濡れ切っていました。自分でなぞるクリからは“クチャクチャ”と卑猥な音が・・・“あれっ?もうオマンコ濡らしてるの?一昨日数えきれない位イッたのに?”S子は私のチンポをしゃぶりながら頭をイヤイヤします。私と言えば一昨日出してないし・・・カリもビンビンです。
“すごいでしょ?チンポがビンビンでしょ?S子の涎でいっぱい汚してくれよ!”“オマンコがクチャクチャ言ってるよ!そんなに俺のチンポが欲しかったのか?”“今度は淫乱S子の濡れ濡れオマンコを舐めてやるよ!”S子を立たせると足を広げさせました。
今度は私が跪き、S子のオマンコを指で広げるとS子の右手でクリの皮を剥きあげさせました。剥き出しのクリトリスはピンピンに膨れあがっています。私は、S子のクリに舌を当て、S子に腰を振るように命令しました。はじめはおずおずと動いていたS子ですが、次第に堪らなくなってくると、左手を私の頭に回し腰の動きは早く激しくなって行きました。
”あっ・・・気持ちいいっ・・・アンああっ!”S子の左手が私の頭をギュッと抑え付けてきました。
“あっあっあっ!あ、あっ、あ・・・”S子がイク直前、私は舌を引込めます。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月1日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング