【浮気・不倫】彼は息子の親友【実話体験談】

この4月、私は大学生で遠く下宿している息子に、車を買い替えたい相談をしました。
息子は、自分の親友が、大手ディーラーに勤めているので、そいつから買ってやって欲しい、と頼まれました。
そのディーラーに行き、事前に連絡してあったのでしょう、親友の雄介君を介して、車を乗り換えることにしました。試乗も彼が隣に座ってくれ、なんだか教官みたいな雰囲気でした。
それからも、何度も、車の具合はいかがですか、と連絡をもらったりしていました。何度か、自宅にまで来てくれ、息子との今まで付き合いのことや、息子の知らない面を教えてくれたりしました。
なんだか彼がとっても大人で、青年に見えて、頼もしく、信頼し、いつしかすっかり溶け合う様な雰囲気になっていたのです。
私は、ある開業医で看護婦をしているのですが、離婚して2年。息子の大学進学とともに、一人の女に戻っていました。友人には男性を紹介されることもありましたが、踏み切れませんでした。友人の中には、若い男の子とお付き合いしている友人もいました。
少しうらやましいと思いましたが、仕事に没頭していたのでしょうか。自分で言うのも変ですが、私のチャームポイントは、右の頬にだけ出来るエクボ。あなたなら、素顔でも街の中を歩けるわよって、友人からも言われたりします。でも・・・
ある日、帰ってくると、封書が届いていました。私の好きな絵画の展覧会の広告でした。手紙が添えてあり、休みに一緒に行きませんか?・・・と書いてありました。彼の携帯番号は知っていたので、後日、彼に連絡していました。
梅雨が始まったその日、私は出掛け、彼の車に乗り込み、少し遠いドライブをして、美術館に行きました。充分に満足できる時間を過ごし、外に出ると、激しい雨が降っていました。車は離れた駐車場。私には、日傘だけ。
彼が雨の中車を取って来るって言ったのですが、私は、日傘を広げ、彼と相合傘で車まで戻りました。ビショビショになり、車の後部座席に入りました。
必死にハンカチで彼の髪を拭いてあげました。彼も、ハンドタオルで、ブラウスの上から私の肩や背中を拭いてくれました。薄いピンクのブラが、ブラウスに張り付いていました。
いきなり、大きな雷・・・私は、彼に寄り添い、キャーと声を上げてしまいました。
彼は、優しく濡れた私を抱きしめてくれました。しばらくじっとしていると、また雷。
「いい香りがします」と彼。私は、少し赤面していました。
今後どうしたらいいか考えました。とりあえず、・・・ホテル・・・

実話体験談関連タグ

||||||

2014年6月15日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】深まる愛情と、快楽の極地【実話体験談】

私には35歳になる妻がいる、妻とは高校からの付き合いでお互い大学を卒業して
社会人になり結婚をした。 もう10年の結婚生活になるが子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。
妻は堅物で私しか経験のない真面目な女だ、そう、この文章を読んでるあなたの奥様のように
私も浮気はしないが、妻に関しては絶対にあり得ないと思っていた
それほど愛されてる自身があり、妻に興味を抱く男もそうはいないだろうと決め付けていた。
夫婦生活はいたってノーマル、たまに過激な事を要求すると恥じらい拒否されていた、
しかし感度はとてもよく一度の営みで大きな声をだし何度もイッテいた
フェラも上手になり私を満足させてくれる。
しかし子供がまだ小さいためなのか最近は拒まれるようになってきた、出産経験のある方は解ると思うが
女性は一時性欲が薄れるらしい。 私はストレスを感じながらも妻をいたわり我慢していた
妻の一日を思うと納得できたからだ、食事を作り,家事をこなし、幼い子供の世話に追われていた。
禁欲が続いたある夜、激しい性欲にかられた私は妻をもとめた。。。
「ごめん、疲れてる。。。」
妻の言葉に一瞬なえたが私は続けた
「わがままだな〜する気になれないよ」

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月15日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【浮気・不倫】悦子日記 江波さんとのたわむれ・・・【実話体験談】

悦子日記 江波さんとのたわむれ・・・結婚前の事です。ちょっとした冒険で・・・会社の取引先役員の江波さんとお話をしていましたら、ボーリングゲームに連れて行って下さる事になりました。
同僚の人たち3人で出かけました。ボーリング場が混んでいましたから予約をお願いして、それまでの間、食事をすることになりました。
4人でテーブルを囲んでビールで乾杯です。少し酔いましたがボーリングをするには問題のない程度でした。
二人ずつに分かれて2レーンで楽しみました。それが終わって数軒のバーやクラブへ案内していただきました。
その当時は飲酒運転の規制が少ない時代でした。自宅の方向が同じでしたので江波さんの車に便乗して送っていただく事になりました。
悦子は車中で少し眠くなって軽く眠っていました。
何回も自宅まで送っていただいていましたから江波さんは悦子の自宅をご存じですから安心していましたら・・・。気がつきましたらモーテルのベッドでした。勧められるままにビールをいただきました。
酔いが進んで苦しくなって来ましたのでベッドで横になりましたら・・・。夢うつつの中で洋服を脱がされて下着も・・・。
悦子の乳房は江波さんがお口が愛撫されています。
もうろうとしている間にクリにキスされました。
ここでようやく目が覚めて、恥ずかしいから止めて下さいとお願いしましたが止めていただけません
逆に悦子さんの大事な所は涙を出して喜んでいるよと言って止めません。それまでの、男性経験は数人でしたが若い人ばかりです。
正常位で挿入されて射精がいつものパターンでした。この時の江波さんは悦子が充分に濡れているのを見てから、シックスナインの体位へ変わりました。
江波さんのオチンポ様は小さなままでした。悦子のクリが責められていますから、お返しは彼のジュニアを大きくしてあげる事だと・・・。
でも、かれのシンボルは依然として大きくなりません。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月14日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【寝取られ】部長と【実話体験談】

<>674 :名無しさん@ピンキー:2008/09/25(木) 12:23:58 ID:RU8n7gRx<>
最初に勤めた会社で初めて彼氏ができて、初エッチもして、半年くらいたってから、
会社の飲み会でずるずると他部署の上司につきあって、最後までしてしまいました。
お酒の勢いって怖いと思った反面、おじさんのエロテクに参ってしまった
その後、彼氏とも別れることになってしまいました。
<>677 :674:2008/09/26(金) 23:38:21 ID:u10Au7e6<>
うまく書けなくて長くなったらごめんなさい。
飲み会は二次会、三次会と続き、その前に彼氏は帰ってしまったそうです。
三次会あたりでエロ話になり、
名前は出さなかったけど、彼氏とはいつも部屋でやってるとか
旅行先でやったとかそんなことを言ったと思います。
気がつくと終電が無くなってて、足元もフラフラしていた私は
他部署の部長の家に泊めてもらうことになりました。
部長は爬虫類系の顔で、皮膚が薄い感じ。
色白でメガネでオタクっぽくてちょっと気持ち悪い。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年6月12日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】寝取られ物語.txt【実話体験談】

私は47才妻45才で、子供2人のごく普通の家庭です。
妻とは3カ月に1度ぐらいですが、なんとか夫婦の営みは途切れることなく続いています。正確にいえば続いてましたという過去形になりますが。
今から思えば妻はもっとしたかったのかもしれません。もう今となっては後戻りできないことですが・・・
妻を他の男性に抱かせてみたい願望はあるものの、どうしても言いだせない私は、ある寝取られサイトに募集をかけ、49才の大場さんという男性と知り合いました。
見かけは真面目なサラリーマンという感じで、背も高く腹も出ていない体型で好感が持てる感じでした。大場さんも妻の写真を見て、ぜひお付き合いをしたいとのことで話を進めていきました。
妻を寝取っていただくまでの計画を綿密に打ち合わせし、大場さんは私の会社の重要な取引先の人という設定にしました。
まず最初の出会いです。3人で出会うこととしたのですが、偶然の出会いがいいとのことである休みの日の昼に、私は妻を外食しようといって連れだしました。特に珍しいことでもないし、妻も食事の準備をしなくていいので喜んで付いてきました。
そこである繁華街のスポットで予め打ち合わせの通り、偶然にも大場さんとバッタリ出会うこととなり、せっかくだから3人で食事をすることとしました。
最初の出会いでの目的は、大場さんは私にとって大切な取引先の人であるということを妻に意識をさせることでした。それは、いずれ妻が身体の関係を迫られたときに、無碍に断れなくするためです。
私は食事中も終始大場さんに対して敬語を使い、大場さんは上からの目線で私に接してもらいました。この作戦は後々見事に効力を発揮することとなりました。
まったくいきなりの3人での食事会でしたが、妻はやや戸惑い緊張しつつも私と大場さんの会話に耳を傾けつつ、大場さんへも適度に愛想よくしてくれました。
出会った時に軽く紹介しただけだったのですが、私と大場さんの雰囲気で2人の力関係を察知したようでした。
「あ~あ、疲れたわ。あの人、あなたの仕事で関係のある人なんだね」
「うん、せっかくの休みにすまなかったな。大切な取引先の人だから、誘われたら断るわけにもいかないしね。玲子がうまく振舞ってくれて助かったよ」
「そう? あんなのでよかったのかな。でも気さくで感じのいい人だったから話しやすかったわ。仕事もできそうな人ね」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月12日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】モモとノンタン【実話体験談】

早漏太郎です。
1年弱プレイを休止してたんですがちょっと前から再開しました。
去年まではまったりとプレイしていたんですが、
再開するにあたってもうちょっと刺激的なプレイがしたいなと
ユウさんと相談して、いろいろ実行中です。

早く今のプレイのことが書きたいのですが、まだ話が休止する前で止まっていて、
あともう少しで休止するとこまで行けるので、今に追いつこうとたくさん書きました。
ただ、某所が規制で書けなかったりしたので、一旦こちらに鞍替えします。
過去の書き込みはどうにかして見ていただければと思います。

前回、モモとユウさんからお泊りの提案があって、お泊りで交換することになった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月12日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】妻がナンパされて告白【実話体験談】

妻が子供の小学校(私立)の奥さん達8人で忘年会を飲み屋で行ったときにナンパされました。
妻から聞いた話です。妻は、他の奥さんからバレるよりは自分で話たほうが良いと思ったのか、罪悪感からなのかすべてを話してくれました。話は、私と妻が性行為を行っている最中に聞きだしました。
8人で飲んでいると隣の男性が妻にだけしつこく話しかけてきました。最初は適当にあしらっていましたが、男の話も面白くてハイな気分になってきて、他の奥さん達も悪乗りでイケイケみたいな雰囲気になったので、その男性と二人で店を出たそうです。
「他の奥さんはどうしたの?」「ご主人には内緒にするから、たまには遊んでおいで。」と二人を見送ったらしいです。元々、イケイケの奥さんが多いのは知っているのでそれはなんとなくわかります。
「どこでやったの?」「○○ホテル」。一流のホテルです。
「で、セックスしたの?」「うん。最初はしないからと言ってたのに・・」
「ホテルに行ってしないはずないだろう。」私は妻の穴にペニスをつきながら言いました。
最初に襲ってきたショックが薄れ、話を聞きつつ興奮してきました。妻に挿入しながら、全容を聞きだしました。
部屋に入るとベッドに押し倒され、口を奪われ、体全体を服を着たままの格好で愛撫された。大分酒に酔っていたので、あんまり覚えていないけどいろんなところを触られたらしい。
一旦、愛撫が終わり、二人交代でシャワーを浴びてから再度ベッドに入った。ベッドで乾杯をし酒を飲んでいると、男は妻の顔を男の下半身に押し下げてフェラを求めたので、嫌だったけど少しだけしてあげた。男のペニスは普通ぐらいの大きさと思った。フェラで男のペニスを口に含んで出し入れしていると、男のリードでシックスナインの格好になった。
変な気持ちだったが我慢した。男は最初はバックから挿入した。乱暴ではなくて安心したので抵抗とかはしなかったとのこと。正常位でもしたそうです。夜の9時ぐらいにホテルに入って約2時間ぐらいは部屋にいた勘定らしいです。男は関西なまりで、関西からの出張で東京に来たらしいこと。年齢は40歳代後半(私より10位年上)ということ。そのときいた8人の中では、自分で言うのもなんですが、やはり私の妻が一番魅力的だったんだろうとは思います。
私は、妻を後ろ向きにさせました。「この格好で、その男にペニス入れさせたのか。」「肛門も、その男に丸見えだよ。」とひわいな言葉をかけながら挿入し果てました。私も興奮してましたが、妻もいつもより興奮状態でした。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年6月11日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】告白しようと思ってた彼女が先輩にやられるのを目撃した【実話体験談】

<>662:えっちな18禁さん:2012/10/27(土)11:19:06.47ID:YiH3RGKD0<>
大学のサークルの女の子…
今時珍しくおぼこい、セーラー服に
お下げ髪が似合う感じの純真な感じの
それでいて巨乳の娘だった…
本人の話によると、山奥の過疎の村で
育って、あまり村から出る事も無かったらしい…
無茶苦茶好きになって、今年の夏の合宿で
告ろうと思っていたら
チャラ男の彼女持ちの先輩にヤられてるのを目撃してしまった…
非常に鬱だが、思い出すとオカズにしてしまう…

<>663:えっちな18禁さん:2012/10/27(土)11:27:33.63ID:qY1C0SeW0<>

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月11日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った【実話体験談】

妻の由紀恵を、他人に抱かせたいという妄想にとりつかれて以来、寝ても覚めてもそればかり考える毎日だった。

私が30歳の時に、まだ学生だった18歳の由紀恵を妊娠させて、できちゃった婚をして以来、自営の仕事も安定して、子供もさらに一人出来て、家族4人で楽しく過ごしていた。

美しく貞淑で、良き母であり、良き妻だった由紀恵。
なんの不満もなかった。

子供が二人とも家を出たのをきっかけに、昔のようにセックスも増えた。
だが、由紀恵を他人に抱かせたいという歪んだ願望が抑えきれなくなってしまった。

そして、私の会社の社員で、学校の後輩でもある松田に、こんなとんでもないお願いを聞いてもらった。

寝取られセックスは大成功で、結果的に嫁と私のセックスも今まで以上に充実したものになった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】ダイエット中に調教された妻 その3・その4【実話体験談】

谷は完全に果帆とやりたがってる。
果帆も谷を嫌いになった訳では無い。
むしろ好きになってしまうのが怖いという状態か。

旦那に対する罪悪感は無い?ものの
時折家族としての罪悪感がブレーキになっていたが、いつまでもつか。

果帆は
平日の走りは1人でこなし
月何度かのランサーは休んでいたが
食事制限もしてダイエットは順調だった。

とある日
果帆から相談されました。
谷から休日にドライブの誘いが有ったのです。

実話体験談関連タグ

||||||||||

2014年6月10日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング