【近親相姦】人妻とのカーセックスが大興奮! 【実話体験談】

ブランド時計,かばん,財布コピー
ブランド時計コピー,ブランド財布コピー,
ブランドバッグコピー,スーパーコピー時計,
コピーブランド通販,激安ブランドコピー,
ロレックススーパーコピー,財布コピーブランド,
ヴィトンスーパーコピー
当社の商品は絶対の自信が御座います。
■商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、現物写真
■送料無料(日本全国)ご注文を期待しています!
■信用第一、良い品質、低価格は

実話体験談関連タグ

||

2015年6月5日 | 実話体験談カテゴリー:近親相姦実話体験談

【浮気・不倫】セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた 【実話体験談】

今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。
そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。
何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。

でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。

なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。

そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。

すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。

だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【人妻】我が妻の性態【実話体験談】

私30歳、妻32歳。結婚して2年が過ぎようとしています。私はサラリーマン、妻は有名国立大学の教育学部を卒業して中学の英語の教師をしています。私は婿養子です。妻の母と私達夫婦の3人暮らしです。身長も妻は1m65cm私は168cmです。
妻は近所の人たちからすごく美人で頭の良い人、男性からはお酒の席などでは男の性欲をそそると言われています。
確かに胸も89cmお尻は90cmあり、休日ジーンズなど穿いている姿は大きなお尻にジーンズが食い込んでおり、胸も揺れる位あります。私はというとやや細身で草食系の体型です。私だけが知っている妻は・・・実は私が初めての男性であるのですが、学校で教えている妻はどうだか分りませんが、夜の生活は妻主導なんです。私は夜お酒を飲むとすぐ眠くなり先に寝てしまうのですが、お風呂から上がった妻は寝ている私の顔の前にしゃがむようにして大股開きで私の口の前に彼女のあそこを広げて腰を下ろすんです。もちろん其の時はパンティーは穿いていません。というより彼女は結婚してからお風呂からあがるとブラもパンティーも付けません。セックスしようと思った夜は必ず全裸で私が寝ているベットに入って来ます。
布団に入るとそんな時はまず私のあそこを触って来ます。そして大きな胸を私の口元に持って来て舐めてくれと言うんです。
その後自分から身体を反転して69の体位になり私のペニスを口に含み、彼女の下半身を私に摺りつけます。すなわち彼女のあそこを舐めてほしいということなんです。妻の陰毛はおへその下の縦に幅2cm位で縦長に少しあるだけです。妻がお風呂で処理しているんです。というのは中学へ行く時には先生らしい服装で出かけるのですが、下着は純色の赤や黄色紫と言ったTバックか、ナイロンの薄い透けて見える小さなパンティーを穿いています。誰も信じられないでしょうね。
セックスの時も卑猥な言葉の連続です。自分からよつんばになったり、夏の暑い夜など、今夜はベランダでしてと全裸になって外ですることもしばしばです。婚約した後ドライブをしていた時にも運転している私の股間をずっと触っていました。
途中わき道に逸れ、空き地でカーセックスを要求されたことや、昼間車の中でフェラをされたことなど数えきれません。
妻がいいました。少なくても週に3回はエッチしてと。その上、彼女は私が知らないと思っているのか、セックスしない日の夜中、自慰行為を何度もしているのを知っています。一緒にレンタルビデオ屋さんに行って妻が選んだエッチビデオを私がカウンターでお金を払って家に帰ると一緒に見ようと言って見ています。時には興奮したのか「私にも同じようなことをして」と自分で全裸になって腰を突きだすこともあります。先日はネットで購入したといって箱に入ったバイブレーターを2本私の前に差し出し、「これを使ってして・・・」という有様です。妻が生理の日はゆっくりと眠れると思っていたら、私のペニスを口に含み射精した精液を飲みます。夜義母さんを含めて食事をしている時にでも「貴方、食事が終わったら、お風呂に入ってね。今夜は早く寝ましょう」と義母のいる前で言うんですから。休みの日などベットを出るのが昼前になったことも再々です。それに洗濯したのを見た義母も透け透けのパンティーや純色のTバックを見てなんと思っているのかひやひやものです。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月12日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】しょぼくれ亭主【実話体験談】

俺が妻と会ったのはある夏の金曜日の夕方の居酒屋だった。俺が29歳妻が23歳。特定の彼女もなく一人酒を飲んでいるとたまたま俺がいるテーブルに座って来た。最初の印象は小柄(153cm、体重は50kg)だが胸とお尻が大きく感じた。ニットセーターが大きく膨らみ思わず揉みたくなったほどだった。顔はどちらかといえば不細工の部類に入る。座るなりおれの方をチラチラ見ているのを感じ、「一緒に飲もうや」と云うとニコリと笑って答えた。一時間位とりとめのない話をした後、俺のおごりで外に出た。すると後ろから追いかけて来て「これからどうするんですか?奥さんの待つ自宅へ帰るんですか?」と聞いて来た。俺は「あいにく一人者なんで部屋に帰って酒でも飲んで寝るよ」と云うと「一緒に行っていい。」と思わぬ言葉が。マンションへ着くと「お風呂のお湯を入れましょうか?」と奥さんが亭主に行くように言った。ソファーから風呂場へ行く彼女の後ろ姿はお揃いのニットスカートが肌にフィットしてお尻の割れ目が分かるほどだった。湯船につかっていると風呂場のドアを開けて全裸の彼女が入って来た。服の上以上に胸もお尻もプリント大きく、股間は黒々と陰毛が生えていた。俺は風呂から飛んで上がって後ろから抱き締め胸をモミ身体を密着させた。もう俺の逸物はすっかり戦闘態勢に入っていた。彼女を壁に後ろ向きにさせ、大きなお尻の割れ目に突きつけるとなんの障害もなくすんなりと挿入してしまった。彼女は抵抗するでなく「アッ・・」といいながらも今以上にお尻を突き出してきた。いつも自慰ばかりしていた俺は
思い切り俺の逸物をお尻を叩くようにピストンを繰り返した。そしてドクドクと彼女の中に射精してしまった。お風呂からなにもつけず2人はそのままベットへ。一度身体を合わせた二人は申し合わせたように69体位になり彼女の両足が裂けるほどに開きあそこに吸いついた。彼女も負け時と俺の逸物を根元まで咥え下で転がしてくれた。以来何度も俺の部屋に来るとほとんど半裸状態でセックスに明け暮れた。車でデートしている時も横から手を伸ばし俺の股間を握っていた。カーセックスも何度もした。その間露出症癖もあると見た俺は誰もいない野原や川岸で彼女を全裸にしてセックスした。7か月後に結婚した。それから後で聞いた話では妻は俺と付き合う前
3人の男性と関係を持ったことがあるそうだ。初めて公表することだが妻の陰毛は今はすっかり剃っておりつるつる状態である。

実話体験談関連タグ

|||||||

2014年8月18日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻の過去物語【実話体験談】

私が3つ下の妻Y子と出会ったのは、20年程前、妻22歳の頃だった。
仕事や人生の気晴らしに旅に出た津軽半島の宿で、多くの友と知り合い、
その中の一人旅同士で、写真を撮り送ってやったのが縁だった。
美人ではなかったが、おとなしく、やさしく、自分には無い感覚を持っていた。
当初、子供っぽい顔から処女のような感じがしたが、実は既に3人は知っていた。
結婚前にその内容の告白は受けたが、詳細は尋ねても
「あなたと出会う前でしょ、私にも人生があったの」
と言い、しつこく聞くと
「昔のことはよく覚えてないわ」
と嫌がった。
「でも、あなたが初めての人であればよかったわ」
と殊勝なことを言ってたと思ったが、本当は、その男達に刻み付けられた官能の
記憶と自分のそれとを比較していたのではなかったのか。
以下が妻の昔の告白内容だった。
初体験が19の頃で、初恋の人、AK。友人の紹介からはじまり付き合いは長かったが、

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月15日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【人妻】妻の性態【実話体験談】

妻は今年でもう54歳、結婚して早や30年、子供も一人立ちし、夫婦二人暮らしです。妻は大柄な女で身長も1m65cm、胸も86cm、ヒップ90cmあります。妻は自宅にいる時はほとんどジーンズですが、結婚当初よりジーンズが好きで、それもローライズ多分股上も10cmあるかなしかのものを穿いています。しゃがまなくても少し腰を曲げるとお尻の割れ目が容易に見えます。上はTシャツが多く丈がみじかくお腹が隠れる程度で腰の生肌はいつも見えています。二人きりの生活になってからは、だれも目の気にすることがないので、この夏の時期ですと、お風呂から上がるとお揃いの長いTシャツ一枚で下着はつけません、まともに立っていてもお尻が半分隠れるかどうかです。私もお揃いのTシャツなのでペニスが見え隠れしています。食事が終わって長椅子に並んで座ってテレビを見ていると妻がいたずらに私のペニスを握って擦ってきたりします。おおきくなったらぱくりと咥え、ひとしきり舐め終わると「入れて・・・」と長い両脚を開き、黒々といた陰毛の間からパクリと赤黒いものが顔を出します。妻は私の手をとりそこへ導きます。私はクリトリスを転がすと妻は仰向けになって
おねだりしてきます。しかしフィ二ッシュはバックが好きで自らよつんばになりお尻を突き出して来ます。
一度射精が終わり、未だ私のペニスが妻の中にあるとき、妻は大きなお尻を左右に振って「もう一回して・・・」と言って来ます。2度の射精が終わると妻は私の前にしゃがみ、再度フェラで私のペニスをきれいに舐めてくれます。
結婚前の妻は某銀行の窓口業務をしており、当時は制服に身を包んで本当に清楚で、頭の切れる人だと思っておりました。地元の国立4大を卒業してすぐ行員になったんです。しかし私と結婚するまでの間、すでに妻には男性関係がありました。というのも、妻と知り合って
4度目のデート(ドライブ)の時、夕方の帰り路、目のしたラブホテルに入る旨、助手席に座っている彼女にその事をつげると黙って頭を上下に動かしました。部屋に入るや、今まで以上の舌をいれた熱いキスをしたのち、一緒にシャワーを浴びようと誘うと「先に行ってて・・」と。遅れて入って来た彼女の全裸ははちきれんばかりでした。想像以上に胸もお尻もぷりぷりでした、ただ、意に反してびっくりしたのは、下の陰毛がほとんどなかったんです。おへその真下に少し縦長にあるだけで十分片手で隠しきれるほどしかありませんでした。
下の手入れをしたにしても少ないと思ったものでした。もう私のペニスはピンピンで隠しようがありません。
私は「身体を洗ってくれる?」と頼むと私の身体の前にしゃがみ一番に私のペニスを片手で握りソープをいっぱいにつけきれいに洗ってくれました。ちいさな声で「気持ちいいよ」というと彼女は「まだ我慢出来る?」と聞いて来たので私は彼女を立たせ、両手を壁につかせて後むきにさせました。目の前には大きな白い二つの尻山があります。その間からは陰毛は見えずぱくりと開いたピンクの割れ目が・・・そこにはちきれんばかりのペニスをあてがうと腰をゆっくり前に突きだすとなんの抵抗もなく、するりと根元まで挿入されてしまいました。
彼女は「ああ・・」と小さな喘ぎ声を出しました。力強いピストン運動は二人の肌が触れ合う音が狭い浴室に卑猥に響いていました。
射精が近くなり「出るよ・・・」と言うと「いい・・・いっぱい出して・・・」と。初めての射精は中に出しました。もう一度シャワーを浴びてそのまま全裸で大きなベットに横たわり、69の体勢でお互いの秘部を舐めあいました。都合3度射精しました。
帰り道の車の中では彼女にずっと私のペニスを片手で握ってもらっていました。彼女は「さきっぽからエッチ汁が出てるよ。どうする?と言うので「君のハンカチで拭いてよ」というとバックからそれを取り出しそっとかぶせて拭いてくれました。以後車でのデートの時は
カーセックスも何度もしたし、フェラは毎回してくれていました。今この歳になっても週に1度は必ず長い時間かけて愛しあっています。
今では妻ははっきり言います「私、このペニス大好き、つっこまれるのも、舐めるのも、最高よ。出来たらずっと中にいれておいてほしい。と。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月23日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】子供の担任と浮気した元嫁【実話体験談】

258 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/06/11(月) 22:10:11
すいません。
本日既婚男性板を卒業することになったのですが、
卒業する経緯をどこかに書き留めて置こうかと思ったのですが、
どのスレが良いでしょうか?
誘導お願いします。

263 258 sage 2007/06/11(月) 22:15:53
既婚男性板によいスレないですか?
離婚届けは明日提出するので、法的にはまだ既婚です。
新スレ立てる程でもないですし・・・。

264 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/06/11(月) 22:16:17
>>258
ここでいいじゃん

実話体験談関連タグ

||||||||

2014年7月7日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】後輩に見返りを求められて【実話体験談】

元彼との一件で、私達夫婦の仲裁を頼んだ後輩が
なんらかの見返りを期待していることは明らかだった。

以前より向こうからマメに連絡してくるようになっていたからです。

しかしながら、その時は気軽に会う気にもなれず

なおさら「妻を抱かせる」というキーワードは考えたくも無かった。

精神的に弱ってる時に、寝取らせ、寝取られることを経験したことで
心身ともに回復する時間が必要だと感じていたし
なにより妻もそれを望んでいるとは考えられなかったのです。

とある休日

実話体験談関連タグ

|||

2014年7月3日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】大学生の甥と嫁のプライベートレッスン【実話体験談】

嫁の明子とは結婚して20年経つ。

俺が25歳で嫁が22歳の時に、いわゆるできちゃった婚で一緒になった。
今時は、授かり婚などと呼ぶらしいが、その言い方は違和感があって嫌いだ。

出会いは、俺が彼女のバイト先のカフェによく行っていたことがきっかけで、アナウンサーの田中みな実によく似た嫁に、俺が一目惚れして色々頑張った結果、何とか結婚まで行けた。

子供が出来たことでそれまで以上に頑張って、弁理士の試験にも合格し、就職、独立と順調に来た。
嫁は、少し天然なところがあるが、いつもニコニコとしていて、息子に対しても愛情を持って接していた。
そんな感じで、何一つ文句のない生活が、長く続いていた。

しかし、息子が高校を卒業して留学することになり、広い家に急に二人きりになってしまった。
俺は43歳になっていて、バリバリ仕事をする毎日で、嫁は40歳になり、ガーデニングや家庭菜園、マラソンなどを趣味にして日々過ごしていた。
休日は、いろいろなところに旅行に行って、二人もいいなと思い始めていたが、やはりどこか寂しさはぬぐえなかった。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年6月26日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【人妻】離婚【実話体験談】

俺が34歳、彼女が22歳の時俺たちは知り合った。というより交際を始めた。当時彼女には俺の友人のKと交際をしていた。Kに会うといつも彼女のおのろけを聞かされていた。そんなとき俺はKから友人として紹介された。Kとの交際はほぼ1年近くだったと思う。そんなKが他に彼女を作り彼女はそのことで俺に相談に来ていた。不幸にもKは彼女のところには戻ってこなかった。その傷心を慰めている内にお互い好意を持つようになり、その時から4か月後に俺たちは一緒になった。1まわり歳の違う彼女は献身的に尽くしてくれた。彼女のいなかった俺は昼と夜を問わず、彼女の身体に魅了された。平日の夜もそうだったが、休みの日などは午前中はお互い全裸のままお互いの身体を貪り合った。まるで今から思えばまさにオスとメスであった。Kに教えられたのかフェラもうまいし、彼女が俺の身体の上になって腰を振るのもなかなかのものであり、俺は射精をしない日などなかった。俺は彼女の頭の先から足の指先まで隅々まで彼女の身体を舐めまくった。女に飢えた男として。エロ本などで仕入れた情報を実行しようとそのすべてを彼女に当たった。剃毛、アナル舐め、カーセックス、野外露出、ノーパン、ノーブラでの外出、全裸撮影などどんなことも彼女はしたがってくれた。一時俺のPCの壁紙は彼女の全裸写真だった。そんな彼女もある日仕事から帰ると一枚の置手紙が・・・「私のこと探さないでください。申し訳ないけど、離婚届けに印鑑を押して提出してください。今まで短い間だったけど、男と女の交わりをいろいろ教えてくれてありがとう。一生懸命頑張ったつもりです。でも貴方と生活した日々を思い起こすと男女の営み以外、なにをしたんだろうと思いだすことが出来ません。貴方に貫かれて恥ずかしくも喘ぎ声を出し、汗を流しながら交わっていた日々、女としてのあの時の喜びも教えていただきました。でもそれだけだったんです。もうこれ以上貴方にそのことだけで一緒に暮らすことは出来ません。私が悪かったんですね。貴方を愛していると思っていたのは実は女として男である貴方からその喜びを味わいたかっただけだったんですね。
これから先どんな男性とめぐり合うか分りませんが、心を満たしてくれる、満たしてあげられる男性が現れることを夢見て、しばらく一人で自分を見直してみようと思っています。貴方のことだからきっと素敵な女性が現れることでしょう?幸せにしてあげて下さいね。最後に、貴方と交わっていた時の喜びは決して演技などではありません。・・・貴方とのセックスは最高でした。」と。失ったものはとてつもなく大きく、立ち上がることさえ出来ませんでした。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月24日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ

アクセスランキング