【寝取られ】高嶺の花だった彼女が私と結婚した本当の理由 【実話体験談】

結婚15年目にして、嫁の浮気を知ってしまった。
嫁の千佳子とは、取引先の会社で出会った。ルックスのよい彼女は、その会社の受付業務をしていた。若くて美人と言うことで、かなり人気があったようで、来社した取引先の人間、出入りの業者、デリバリーピザのお兄さんにまで連絡先を渡されたりしていたそうだ。
そんな嫁と、取り立てて秀でたところのない私が結婚に至ったのは、本当に些細な偶然がきっかけだった。

私は、千佳子のことは初めて見たときから綺麗だなと思っていて、その会社に行くのが密かな楽しみだった。
でも、自分には高嶺の花だと思っていたこともあり、挨拶をする程度が精一杯だった。
そんなある日、学生時代からの趣味のビリヤードをしに、行きつけのビリヤード場に行き常連と遊んでいると、女性がひとりで入ってきた。
その頃は、トムクルーズの映画の影響もとっくに終わっていて、ブームでもなんでもない頃だったので、女性がひとりで遊びに来るのはとても珍しいことだった。

そして、それが千佳子だった。緊張している感じだった彼女に、
「こんばんは。ビリヤードするんですか?」
と、私の方から声をかけた。すると、緊張している顔が一気に笑顔になり、
『柴崎さん! よく来るんですか? すっごい偶然ですね!』
と言われた。私の名前を覚えていてくれただけで感激だったが、その後の彼女の言葉はもっと嬉しかった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年4月14日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】後輩に見返りを求められて【実話体験談】

元彼との一件で、私達夫婦の仲裁を頼んだ後輩が
なんらかの見返りを期待していることは明らかだった。

以前より向こうからマメに連絡してくるようになっていたからです。

しかしながら、その時は気軽に会う気にもなれず

なおさら「妻を抱かせる」というキーワードは考えたくも無かった。

精神的に弱ってる時に、寝取らせ、寝取られることを経験したことで
心身ともに回復する時間が必要だと感じていたし
なにより妻もそれを望んでいるとは考えられなかったのです。

とある休日

実話体験談関連タグ

|||

2014年7月3日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【浮気・不倫】裏夫婦【実話体験談】

 このたび、全国の20〜59才の女性1000人を対象に行った性に関するアンケート(メディア・コム調べ)によると、4割以上の女性が不倫経験ありという結果が出た。
 ここでは実際に、41才主婦の不倫相手とのセックス告白を聞いてみよう。
 取材現場に現れたのは女優の大塚寧々を明るく弾けさせたような、気さくでスレンダーな奥さんだった。

 
***お話をお聞かせください。

 「9年前からいいお付き合いをさせてもらっている男性がいます。彼も既婚者で、1つ年上の営業マンです。出会いのきっかけは、同じ地域に住む年の近い女友達と4人で居酒屋に飲みに行ったこと。彼は会社帰りに友人3人と飲みに来ていて、一緒に飲むことになったんです。それから、メール交換するようになり、つきあうことになりました。」

***すぐに男女の一線は越えた?

 「はい。結婚以来、夫以外の男性と関係を持ったのは後にも先にも彼だけなんですが、彼と最初に2人きりで会ったその日に、すごく自然な流れでしてしまいました。
9年経った今でも、すぐ男と寝る女とか、他の浮気経験を彼に疑われているのではと、つい口にしてしまうのですが、そんな時、彼は『キミがそんな女じゃないことは良く知ってるよ。キミのご主人よりもね。』と言ってくれます。」
  
***信頼関係がある?

実話体験談関連タグ

|||

2014年6月4日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【修羅場】企画AV女優の真実を赤裸々に・・【実話体験談】

・・・描く『名前のない女たち』、カナダの国際映画祭に正式招待

1:テキサスイズザレーズンφ★:2011/07/13(水)20:04:30.29ID:???0

企画AV女優のインタビュー集を映画化した『名前のない女たち』が、カナダのモントリオールで開催される

実話体験談関連タグ

|

2014年6月3日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【寝取られ】クッキー缶のビデオ【実話体験談】

妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。
<1本目>
このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。
ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。
ん、んんーと、映った映った。
『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』
あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。
『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』
『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』
なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?
『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』
あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。
『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』
『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』
なんだと、この野郎!さっきから目、口唇、首すじ、とかアップで撮りすぎだろ!おーおい、今度は、胸、脚ばっか撮りやがって!

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年5月9日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【寝取られ】クッキー缶のビデオ【実話体験談】

妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。
<1本目>
このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。
ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。
ん、んんーと、映った映った。
『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』
あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。
『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』
『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』
なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?
『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』
あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。
『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』
『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』
なんだと、この野郎!さっきから目、口唇、首すじ、とかアップで撮りすぎだろ!おーおい、今度は、胸、脚ばっか撮りやがって!

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月18日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談

【修羅場】海猿の作者【実話体験談】

「海猿」や「ブラックジャックによろしく」などの作品で知られるマンガ家の佐藤秀峰氏が、妻でマンガ家の佐藤智美さんと離婚したことを自身のTwitterで報告した。また、自身のテキスト配信サービス・ブロマガで、離婚について妻・智美さんのインタビュー記事を掲載している。

30日に投稿したツイートで、「実は少し前に離婚していました」と報告した佐藤氏。ブロマガでは、当事者である佐藤氏がインタビュアーとなって、智美さんに対し、離婚の原因と決断に至る過程についてインタビューしており、智美さんはその中で、「離婚の原因は簡単にいうと配偶者の不貞行為です。私ではない女性を妊娠させてしまったとのことで、元夫から突然告白されました」と明かしている。

また、インタビューの中では、記入された離婚届の画像が公開されたほか、子どもの今後の養育問題や、マンガ家として仕事上のパートナーシップを継続していくかなどといった問題も赤裸々に語られている。

なお、智美さんは今回の離婚について、「正しい決断だと信じて頑張っていこうと思います!!」とコメントしている。

秀峰: そうでした。僕は「お父さんは、お前とお母さんを大切に思っているにもかかわらず、
2人を裏切り、お母さんではない女の人との間に子供を作ってしまいました」と話しました。
息子はそれほど動揺した様子もなく「何で?」と聞き返し、僕は
「いけないことだと分かっていたけど、
裏切ってしまった」と答えました。
息子はもう一度「何で?」と聞き、「心が弱かったからだと思います」と答えると、

実話体験談関連タグ

|||

2014年2月3日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【修羅場】「私、子どもはまだ出来てませんよ。」「じゃあ、孫は?」【実話体験談】

138名前:恋人は名無しさん[sage]投稿日:2011/05/07(土)14:44:13.67ID:ZEUv5FLK0

A子、新婦…私の友達、美人、良い人
B男、新郎…A子とは高校からの付き合い
C男、A子の会社の同僚

A子とB男の披露宴でのこと、A子の同僚が座るテーブル(私子が座る
友人席に近い)の様子が何となくおかしい。
変な雰囲気の中心は50代近い女性?上司は違う席だから、お局様?
せっかくのA子の結婚式なのに何だか嫌だなあと、思ってた。

披露宴では来賓のスピーチがあって、会食、歓談、その間に余興ではなくて
司会者が招待客にインタビュー。
新郎新婦のエピソードを楽しく暴露(新婦の叔父が木登りをして下りれなかった話や

実話体験談関連タグ

|||

2014年1月18日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【修羅場】バイブのおばさん 【実話体験談】

あ〜るさんの日記より

〜〜〜〜〜〜〜
俺に行かせろ〜(屮゚д゚#)屮
あ〜る
2011/3/1713:55

救援物資が…現地入りして無い
(–#)y-~~~

行政側や政府側の『通行許可』を取った荷物が近場で停滞してる
(–#)y-~~~

頼りの綱だった自衛隊のヘリは消火に駆り出されてる
(–#)y-~~~

実話体験談関連タグ

||||

2014年1月11日 | 実話体験談カテゴリー:修羅場実話体験談

【妹と】妹 恵美とついにやってしまった・・・【実話体験談】

妹とついにしてしまった。俺は社会人23歳で、妹の恵美(めぐみ)は高3。
昔から妹とは5歳としが離れているが仲が良くて、下ネタなんかもけっこう平気で言い合ってたりしていた。
風呂にも妹が中1の時まで一緒に入っていたし、
俺が高3の時、付き合ってた彼女と初体験した時も、妹にそのことを平気で言った。
妹は興味津々といった感じで根掘り葉掘り聞いてきた。
俺も詳しく話してやった。妹も高1の時に初体験した。
彼氏の家に遊びに行くことになり、多分しちゃうだろうからどうすればいいか教えてくれと言ってきた。
その日の夜、妹はすぐ俺に初体験の報告をしてきた。
痛かったけど、なんとか無事に出来たとか言って喜んでいた。
俺も良かったなとか言って根掘り葉掘り聞くと、妹は詳しく話してくれた。
それからは妹が隣の部屋にいても、俺は彼女を連れ込んでエッチしていた。
後で妹は、エッチの声が聞こえて興奮したとか言っていた。
妹もいつしか、俺が家にいる時でも彼氏と部屋でエッチするようになった。
微かに聞こえる妹の喘ぎ声に俺も興奮してしまった。
妹が一人で部屋にいる時でも、たまに喘ぎ声がすることがあった。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年12月26日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談
1 / 41234

このページの先頭へ

アクセスランキング