【浮気・不倫】会社の同僚の人妻をセフレとして調教!寝取りの興奮が病み付きです☆【実話体験談】

221 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 10:41:00 ID:MnTjQ1gl0 [1/8]
会社の同僚の人妻とセフレ関係にあるのだが、その人妻と先日12日に会社でいたした時の事を書こうと思う。人妻(和美、仮名)とは基本的に会社でする事が多い。うちの会社は田舎の工業団地内にある工場なので休日や夜は車や人通りは極端に少なくなるので、人目にもつきにくく会社の敷地内に入ってしまえばまず見られる事はないという絶好の場所だ。俺は会社の鍵も持っているのでいつでも会社には入れる。それを利用して実際ホテル代わりに利用していた。

222 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 10:53:22 ID:MnTjQ1gl0 [2/8]
和美の旦那と子供が12日に実家へ帰り、和美は自分の実家の用事があるという事で遅れて13日に旦那と合流することになっていたそうだ。実際家庭持ちの和美とは簡単に会う時間などつくれるはずもなくましてやホテルでまったりなどしている時間もないので、和美とのプレイはほんの2,30分ですますような慌ただしいsexが多かった。12日に旦那達を送り届けた後、会社で合流した。和美には仕事をする時の服装(制服はないので私服、和美は白いTシャツにジーンズ、エプロンが仕事着)で来いと言っておいたので仕事着を着て和美はやってきた。

223 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 11:07:34 ID:MnTjQ1gl0 [3/8]
鍵を開けて会社に入る。すぐさま抱きしめてキス、真っ暗な会社に外から入り込む明かりだけなので表情ははっきりわからないが、すでに臨戦態勢は整っているようだ。俺「向こうへいこう」と和美がいつも作業しているテーブルへ連れていく。工場内は真っ暗なので作業用の小さい蛍光灯をつける。和「ここでするの?」俺「何で仕事着着てこさせたとおもってんの?」和「ここは恥ずかしいよお」俺「いいじゃん、仕事中にセクハラされるみたいで」若干嫌がる和美を無視してテーブルの前にちょっと尻を突き出し気味に立たせる。尻をなでながらうなじにキスや甘咬みをしていくとスイッチが入ったのか息使いが荒くなっていくのがわかる

224 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 11:22:51 ID:MnTjQ1gl0 [4/8]
エプロン越しに後ろから小ぶりな乳を揉んでゆく。片手をTシャツの中に入れブラの上から乳首を探すように指を這わせてゆく和「なんかいつもよりエロいね・・・ハアン」乳首を探し当てブラ越しにつまむとひかえめな喘ぎ声が漏れてくる。誰もいない夜の工場は本当に声が響く、工場に響くひかえめな喘ぎ声がよりいっそう興奮させた。Tしゃつを捲りあげると俺の大好きな水色のブラだ。ホックは外さずにブラをずりあげ小ぶりな乳をあらわにしてやる。和美をテーブルに座らせびんびんに立った乳首に吸いつき舐めまわしてゆく。和「ハアンッ、すごいいやらしいよお、アアンッ」いつもよりかなり興奮して感じまくっているのがわかる。ジーンズを脱がすとブラとおそろいの水色のTバックだった。マンコに食い込み気味のTバックにはしっかりとしみができていた。

225 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 11:31:27 ID:MnTjQ1gl0 [5/8]
俺「今日の濡れ方すごいぞ」和「だって・・・いやあんっ、アアアッ、だめえっ」和美がなにかを言わんとするより先にマンコに吸いついた和「ダメ、もういっちゃいそうっ、アアンッ、」イキそうになっている和美を無視してジュルジュルと音をたててクンニを続けていくと和「イッちゃううっ、もうダメえッ」足をM字にしていた和美がバタンと後ろに倒れていった。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年4月7日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【姉と】温泉帰りに姉と初体験 【実話体験談】

先日憧れだった姉と先日セックスすることが出来ました。
童貞だった僕に姉は色々と教えてくれました。
その時の話をしていきたいと思います。

5つ年上の、僕の姉は結構さばけた性格で人をからかったりする傾向はあるものの本質的には優しく、家にいた時も出てからも色々と僕の世話も焼いてくれたりしてました。
スタイルも良く、DかEはありそうな胸にくびれた腰、お尻も結構大きくてジーンズ姿などはセクシーで格好いい感じです。
高校の頃から姉の女性的な部分を意識してしまい、姉のことを想像しながらオナニーをしたりもしていました。
でも極端に意識しなかったのはやはり姉が就職して家を出て行き、距離が置かれたからだと思います。

そんな姉が長期休みで家に帰ってきた時のことです。
「明日ドライブがてら温泉にでもいってみない?」
と姉に誘われたのです。
ちょうどこの頃、他の人の体験談で「姉と混浴の温泉に行って・・」と言う話題を読んだばかりで、それに感化されたこともあり、姉と温泉に行ってきました。
しかし連れて行かれた温泉は残念ながら普通の温泉でした。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年3月30日 | 実話体験談カテゴリー:姉との実話体験談

【妹と】ランドセル(FAINAL) 【実話体験談】

<第一章 夜明け>
年が明け、新緑の季節を迎えようとする3月の終わり、私達兄妹に転機が訪れようとしていた。
父が仙台支店へ転勤を命ぜられたのだ。
当初は子供達の転校を理由に、父一人で単身赴任を考えていたようだったが、直紀たっての
希望が通り、家族全員で仙台に行くことが決まった。

母は今まで働いていたアルバイトの仕事を急遽辞め、私達兄妹は新たな学校へ転入届を提
出し、そして、直紀は担任に自分が転校する事と、転入先の場所をクラスメートには絶対知ら
せないように頼んだ。
勿論、その理由は鈴木達に知られたくない為であったが、担任も直紀が虐めにあっていた事を
薄々知っていたのか、一年の終了式を迎えた最後の日にも直紀は別れの挨拶をする事なかった。

また、ユリも直紀と同様に友達と別れの言葉も交わさないまま、最後の屈辱を迎えようとしていた。
9ケ月にも渡る忌まわしき日々。
いつものようにユリは幼い体を鈴木達に貪られ、そして、白濁色のドロドロした液体を全身に浴

実話体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年3月29日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【浮気・不倫】家庭教師のお姉さんの弱み握ったったww【実話体験談】

622 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 02:32:01 ID:JiezUJW50
家庭教師とバーテンダー、かけもちバイトしてた学生時代の話。バーに家庭教師先の奥様が不倫相手と来店。口止め料にホテルへ連れ込ませてもらった。41歳だが、30前半に見えて、色白Gカップ(あとで判明w)。多少、肉はついてきているものの、くびれはきちんとあり、前からえろいと思ってた。最初は身体を硬くして、「イヤなんだけど仕方なくついて来てます」風だったが「いやならいいですよ。そのまま固まってて下さい」と、脱がしたストッキングでイスに固定wそれまで、縛りとか興味なかったんだけど、縛るとアレね、胸が強調されてえろいのねw服のまま縛ったんだけど、少しずつ露出させていって、乳首を舌先で転がし出した頃にはもう腰動かしてて、声も漏れ出してて。「おかあさん、感じちゃってるんですか」って言ったら、もっと声出してんの。「ゆういちくん(仮名w)、おかあさんがおれとこんなことしてるって知ったら、どう思いますかね。自分の家庭教師の先生に乳首舐められてるおかあさん。しかも、自分から腰動かしてるおかあさん。おまんこ、こんなにぬるぬるにして」

623 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 02:45:39 ID:JiezUJW50
俺、あんまりSな嗜好はなかったはずなんだけど、涙浮かべてる彼女を見てるともっと苛めたくなってきた、だけど、あえて一度縛りをほどいて、優しくアプローチw「ちょっとやりすぎたみたいでした。。。ごめんなさい。よければお風呂どうぞ」と、安心させて、彼女を風呂に行かせてる間に、枕の下にデジカメセットw戻ってきた彼女はイスに座るのを躊躇ったので、「もうしませんよ」と微笑みかけて「でも、ここがいやなら。。。そっち?」とベッドへ座るように誘導。「いや、あの、憧れてたんですよ、前から。魅力的な人だなって」とかいいつつ隣へ。ラブホのパジャマ?つか、薄っぺらなガウンみたいなやつ、あれしか身につけてない彼女の胸に、そっと手を伸ばしつつ、「それに、おかあさんも分かっててきたんですよね。ここに」それで観念したのか、ゆっくりと肩を引き寄せると、身体を預けてきた。

624 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 02:56:11 ID:JiezUJW50
でも、普通にするのもなんかもったいない気がしたのでw「わかってくれたなら、脱いでください」と全裸を命令。座ったまま脱いでもじもじする彼女に、「じゃあ、横になって。脚を広げて」そりゃま、恥らうわけです。「そんな…ええ…」とか。「ゆういちくん、おかあさんが不倫してるって知ったら、2月の試験、大丈夫かな」その台詞で、全裸でベッドに寝かせ、最初は足を伸ばしてたんで、また命令してM字開脚の出来上がりwもちろん、電気は明るいままだし、おまんこ丸見え。それがテカってる。ぬるぬるした汁で。正直、もうぶち込みたいんだけど、もったいないので虐めを続行。「ねえ、おかあさん。濡れてますよ。ちゃんとバスタオルで拭いたんですか」っていうと、「うう…ふ、拭きました」とかいうんで、「じゃあなんで?」といいつつ指先でまん汁をすくって、クリのほうへゆっくり指を滑らした。「なんで、こんなにぬるぬるしてるのかな」

625 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 03:15:08 ID:JiezUJW50
俺の指がクリにあたった途端、びくんって身体がはねた。それがすごい勢いだったので、指が離れてしまったくらいだw「なんでそんなに動くのかな…」って言いながら、またまん汁をすくってクリを撫でると、「くう!」って、身体がはねるwおもしろい。「そんなに感じちゃうんですか。いやらしいクリトリスですね」そういうと、彼女は両腕を顔の前で交差させて、顔を隠した。「ちょっと撫でられただけで感じちゃうクリトリス、見せて下さいね」と、声をかけて、クリの皮を広げてみると、ぷくんとしてるが意外にも小さめ。色がきれいなピンクで、つやつやして光ってる。じっと眺めていると、ゆっくりとだけど、ぴくん、ぴくん、って誘うように動く。この女、ほんとえろいなー、おまんこが期待で喜んでるなーと思ったwなので、舌先に唾液を含ませて、ゆっくりとクリを舐めた。一気に腰がうねって、俺の顔におまんこを押し当てるように向かってきた。優しく、小刻みに舌先を動かすと、今度は腰がグラインドして、声も出てきた。

626 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/06(日) 03:25:02 ID:JiezUJW50
俺の舌と彼女の腰の動きがうねるように絡み合ってるうちに「ねえ……ねえ……」と、彼女が俺に声をかけてきた。「ねえ、ってなに?どうしたの?」とあえて訊く俺。「お願い…」「何をお願いしてるの」内心、うわー、おねだりキタコレ、と思いつつ、お約束の会話wでも、もう入れられるー!って嬉しかったりもした俺だったが、実は彼女のほうが一枚上手だった。「クリ舐めながら、指入れて。……かきまわして」ご要望どおりにすると、びちゅ!みたいな音を出して、彼女潮吹きましたw俺、顔が潮まみれ。目に入んなくってよかったwそのあとは、放心してる彼女の胸を堪能させていただき、胸を舐めたり、吸ったり、揉んだりしているうちに正気に戻った彼女は今度こそ「おちんぽ、いれて。突いて」とおねだりしてくれたので無事においらもイクことができましたとさ。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年3月26日 | 実話体験談カテゴリー:浮気・不倫の実話体験談

【妹と】ランドセル(冬休み) 【実話体験談】

<エピローグ>
高校入学と同時に酷い虐めにあう直紀。
鈴木を筆頭に毎日のようにそれは続いた。
だがある事件以来、ピタリと虐められることは無くなる。

兄が虐められていることを知った妹のユリが幼い体と引替に直紀の虐めを止めてくれる様、鈴木に頼んでくれたからだ。
小学5年生のユリ。

年齢と同様、体つきもまだ幼いユリに鈴木は更なる条件を付け加える。
それは、毎日学校が終わると鈴木達不良グループの誰かとsexしてから家に帰ること。そして、毎週日曜日は一日中客を取ること。

この残酷なまでの条件をユリは全てのんだ。
ただ、大好きな兄を助けるために・・・・・・・・。
*************************************************************************************

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2013年3月25日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】ランドセル(Fir.) 【実話体験談】

あの日以来、何事もなく平穏な日々が続いたていた。
それどころか直紀への虐めはあれから一切無くなり、むしり以前より幸せな
高校生活を送っている。
変わった事と言えば、ユリの帰宅時間が今までより遅くなったことと、日曜日
に朝早くからどこかに出かけてしまうようになった事が気になる位だった。

”ユリにボーイフレンドでもできたのかな。”
そんな安易な考えが直紀の頭の中に浮かぶ。が、実際はそんな単純なことでは
なかったのだ。
それがわかったのが日曜日の晩、あの事件からちょうど1ケ月経とうとしていた頃。
直紀がいつものように洗濯機の中からユリのパンツを取りだし、自分の部屋で
オナニーでもしようとパンツを鼻に押しつけた。

その瞬間、何遍も嗅いだことのあるイカ臭い臭いが直紀の鼻の粘膜に襲いかか
ったのだ。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年3月19日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】★妹・のぞみ★ 【実話体験談】

あれは、たぶん高一の頃だった。そして妹のぞみは中三。
妹とは、それなりに仲は良かった。しかし俺は妹が成長
してくるにつれてどんどん女っぽくなる事に嫌悪感を抱いていた。
たぶん、これは大体の妹を持つ兄が持つ感情だと思う。
つまりいくら仲が良くても妹を性的対象としては見れなかった。

しかし、ある夏の晩を境にそれは変わった。
俺は妹の持つ少女マンガが読みたくて夜中、妹の部屋に入った。
妹は寝ており、起きると「男が少女マンガとか見るのは変」とかいろいろ
うるさいので起こさないようにこっそり忍び込んだ。

それまで気付かなかったが、妹の部屋はいつのまにか女の匂いで充満
していた。そして何気に寝ている妹に目をやるとパジャマをはだけ、
可愛い顔をして寝ている。「友達がいうように可愛い部類なんだろうな」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年3月15日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】萌え妹日記 【実話体験談】

288名前:えっちな21禁さん投稿日:03/11/1416:33ID:drU8qWIm
昨日脱衣所にやたらにカラフルなブラジャーと百均で売ってるようなT字カミソリが放置してあった。
上の妹(13)だろうと思って届けにいったら、ブラは下の妹(9)のだと言われた。
最近の小学生って……_| ̄|○

届けに行ったついでにからかったら、オパーイ見せてくれた。
俺「お前さー、そんなぺったんこなのに、ブラする必要あんのかよー」
妹「うっさいなー!ちゃんとあるよっ。」
俺「(´,_ゝ`)プッあんまり早くからブラすると、貧乳になるぞ」
妹「うそっ!?」
俺「(´,_ゝ`)プッ 第一、人に見せれるぐらいもないのに…マセてんなぁ」
妹「あ、あるもんっ」
 ばっ
俺「(゚Д゚)ポカーン」
妹「きゃっ!出てけっヘンタイっ!」

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年3月11日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【人妻】会社の同僚人妻とのなり染めを聞いてほしい。【実話体験談】

221 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 10:41:00 ID:MnTjQ1gl0 [1/8]
会社の同僚の人妻とセフレ関係にあるのだが、その人妻と先日12日に会社でいたした時の事を書こうと思う。人妻(和美、仮名)とは基本的に会社でする事が多い。うちの会社は田舎の工業団地内にある工場なので休日や夜は車や人通りは極端に少なくなるので、人目にもつきにくく会社の敷地内に入ってしまえばまず見られる事はないという絶好の場所だ。俺は会社の鍵も持っているのでいつでも会社には入れる。それを利用して実際ホテル代わりに利用していた。

222 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 10:53:22 ID:MnTjQ1gl0 [2/8]
和美の旦那と子供が12日に実家へ帰り、和美は自分の実家の用事があるという事で遅れて13日に旦那と合流することになっていたそうだ。実際家庭持ちの和美とは簡単に会う時間などつくれるはずもなくましてやホテルでまったりなどしている時間もないので、和美とのプレイはほんの2,30分ですますような慌ただしいsexが多かった。12日に旦那達を送り届けた後、会社で合流した。和美には仕事をする時の服装(制服はないので私服、和美は白いTシャツにジーンズ、エプロンが仕事着)で来いと言っておいたので仕事着を着て和美はやってきた。

223 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 11:07:34 ID:MnTjQ1gl0 [3/8]
鍵を開けて会社に入る。すぐさま抱きしめてキス、真っ暗な会社に外から入り込む明かりだけなので表情ははっきりわからないが、すでに臨戦態勢は整っているようだ。俺「向こうへいこう」と和美がいつも作業しているテーブルへ連れていく。工場内は真っ暗なので作業用の小さい蛍光灯をつける。和「ここでするの?」俺「何で仕事着着てこさせたとおもってんの?」和「ここは恥ずかしいよお」俺「いいじゃん、仕事中にセクハラされるみたいで」若干嫌がる和美を無視してテーブルの前にちょっと尻を突き出し気味に立たせる。尻をなでながらうなじにキスや甘咬みをしていくとスイッチが入ったのか息使いが荒くなっていくのがわかる

224 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 11:22:51 ID:MnTjQ1gl0 [4/8]
エプロン越しに後ろから小ぶりな乳を揉んでゆく。片手をTシャツの中に入れブラの上から乳首を探すように指を這わせてゆく和「なんかいつもよりエロいね・・・ハアン」乳首を探し当てブラ越しにつまむとひかえめな喘ぎ声が漏れてくる。誰もいない夜の工場は本当に声が響く、工場に響くひかえめな喘ぎ声がよりいっそう興奮させた。Tしゃつを捲りあげると俺の大好きな水色のブラだ。ホックは外さずにブラをずりあげ小ぶりな乳をあらわにしてやる。和美をテーブルに座らせびんびんに立った乳首に吸いつき舐めまわしてゆく。和「ハアンッ、すごいいやらしいよお、アアンッ」いつもよりかなり興奮して感じまくっているのがわかる。ジーンズを脱がすとブラとおそろいの水色のTバックだった。マンコに食い込み気味のTバックにはしっかりとしみができていた。

225 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 11:31:27 ID:MnTjQ1gl0 [5/8]
俺「今日の濡れ方すごいぞ」和「だって・・・いやあんっ、アアアッ、だめえっ」和美がなにかを言わんとするより先にマンコに吸いついた和「ダメ、もういっちゃいそうっ、アアンッ、」イキそうになっている和美を無視してジュルジュルと音をたててクンニを続けていくと和「イッちゃううっ、もうダメえッ」足をM字にしていた和美がバタンと後ろに倒れていった。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年3月6日 | 実話体験談カテゴリー:人妻との実話体験談

【寝取られ】清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら【実話体験談】

清楚で綺麗な後輩(1年生)と友達になって、
よく話をするんだ。
真面目でそっち系の話はしずらい雰囲気。
ところが最近、他の男の影がちらつくようになった。
それでも感覚的には処女としか思えない。
で、ある日30前後の男と歩いてるのを見た。
そういう関係じゃないだろうと思いつつも、
その男のことは当人から聞き出せず。
車に一緒に乗ってるとこまで見てしまった。
彼女のアパートは知っていたので、
たまにその前をなんとなく通り過ぎる。
そしてある夜、アパートの前にその車が止まってるのを見た。
ショックと不思議な高揚感を感じつつ、いつものように窓のそば
を通り過ぎようとしたら・・・
話し声が聞こえる。

実話体験談関連タグ

||||||

2013年3月4日 | 実話体験談カテゴリー:寝取られ実話体験談
30 / 31« 先頭...1020...2728293031

このページの先頭へ

アクセスランキング