【妹と】バイト帰りの妹が… 【実話体験談】

あれは年末の押し迫った金曜日の夜だった。
何時もならとっくに帰って来ている妹がその日は帰りが遅く、バイトの帰りに何所か遊びに行ったのかと思って、俺は風呂に入った。
大体毎日ほぼ決まった時間に入浴する俺は、その日もほぼ同じ時間に入浴していた時だった。
原チャリのエンジン音が近づいて家の前で止まったのを確認した俺は妹が帰って来たのだと分かった。
妹は高校卒業後、就職氷河期の煽りを受け志望会社から内定を取り消され、已む無く就職活動をしながら近所のガソリンスタンドでバイトをする事になった。
せっかく商業高校を卒業して経理関係の仕事に就きたかったのにと、その願いも虚しく唯一見つかったのがスタンドのバイト…
俺は直ぐに辞めると思っていたが、負けん気の強い妹は俺の気持ちを知ってか、毎日ちゃんと出掛け、商業高校卒業で経理が得意とバイト先が知るや、妹はスタンドの経理をバイトを初めて3ヶ月で任され、結局一年後には社員として昇格してしまい、一応経理の仕事もするからとそのままスタンドの正社員になってしまった。給料もバイト時代からかなり増えたらしく、へたすりゃ俺の方が給料安いんじゃないかと…
そんな妹がご帰宅…日付が変わる頃の入浴は近所の物音が良く聞こえる為、妹の行動が目に見える様に分かる。
エンジンが止まるとスタンドを下ろす「カタッ」と言う音が聞こえ、キーを抜く音と同時に家のカギを探す音…そして鍵穴に差し込み回すと「カチャッ」と家の中に響き、「ガチャッ」とドアの開く音…そのまま「カチャン」と閉まる音が聞こえ、ヘルメットを下駄箱の上に置いた音が聞こえると、妹が靴を脱ぎ上がった時の足音が微かに聞こえる。
そのまま脱衣所兼洗面所の扉が開閉し、蛇口を捻り水音が聞こえ「ガラガラ」とウガイをする音が聞こえる。
そして衣類の擦れる音が忙しなく聞こえ暫し、その音が聞こえ無くなると…「お兄ちゃん入るよっ!」と言う声と同時に浴室の扉がガラっと開く…「えっ!」裸の妹が片手で胸を隠す様にしてもう片手で「ほらっ!スペース開けて!寒いんだから!」と言いながらシッシッと手を振る。その突然な行動に言われるまま俺は浴槽の中で体育座りをしてスペースを開けた。そこに背中を向けた妹が同じ様な格好で浸かる…
「あ゛~暖かい~♪」パシャパシャと湯に浸かっていない肩の辺りに手杓で湯を掛けながら幸せそうに言う妹に俺は「お~い、由梨さぁ~ん」と、あたかも遠くに居るかの様な声の掛け方をしてみた。
「ん?な~に?」首を少し捻って呆気らかんと返事をする妹に「な~に?じゃなくてさぁ何入ってんの?」と、ちょっときつめに言うと「いいじゃん!寒かったんだよ!雪降ってる中の原チャリ、めっちゃ寒いんだから!」と予想だにしない答えが返って来た。
「えっ!?雪!」俺は驚いてザパッと湯船から立ち上がると浴室の窓を少し開け外を見た。
「マジっすかっ!」外は何時の間に降りだしたのか、かなりの大粒の雪が降っていて、地面も白く積り始めていた。

実話体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年12月10日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】妹と一泊温泉旅行… 【実話体験談】

去年の9月終わり頃、俺は知人から某有名温泉旅館の宿泊ペアチケットを貰った…と言うか、半分強引に渡された感がある…
俺は別に温泉なんか興味無かったし、一緒に行く彼女も居ないし、野郎となんて有り得ないのでどうでもいいやと、この際その知人には悪いがネットオークションにでも出そうかと思っていた事を何気に妹に話したら、「だったら私に頂だい!」と言うので妹に譲った。
それから数日経ったある日、妹が「ねぇ、お兄ちゃん。この前のチケットの事なんだけど…一緒に行かない?」と誘ってきた。
俺は「何だよ、彼氏か誰かと行くんじゃなかったのかよ?」
と聞き返すと「いや~それが色々ありましてぇ…」そこまで聞いて「別れたのか?」と尋ねると黙ってコクンと頷き「振られたんじゃないよっ!振ったんだからねっ!」と、何もそんな事聞いて無いのに一方的に言ってきたので、「友達と行けばいいじゃん」と言い返すと、「このチケット男女限定って書いてあるよ」と言ってきた。
俺はそんな事とは知らず「そうなん?」と聞き返すと、チケットを俺に渡して来た。
この時初めてチケットをマジマジと見たら、確かに男女ペア限定と書いてあった。
って言うか妹はどうしても温泉に行きたいのかと疑問に思ったので「そんなに温泉に行きたいの?」と尋ねると「いや、まぁ…どうしてもって聞かれると、そんなでも無いけど…折角タダなんだし…無駄にするくらいなら行きたいなぁ…」とまぁ、あんまり攻めるのも可哀想なので「分かった、一緒に行くか!」と成り行きで温泉に一泊で行く事にした。
チケットには10月17日から1泊2日と記載されていたので、当日、俺の車で目的地へと向かった。
目的地には高速を使って約2時間の所にあり、休日特別割引のETCを利用すれば1,000円で行けてしまうので、昼前に自宅を出て途中昼食をとり、15時前には目的地周辺に到着していた。
大体どこの宿泊施設もチェックインは15時頃が普通みたいで、この旅館も一応15時とはなっていたが、少し早く着いたので事情を説明したら快く受け付けてくれた。
部屋に案内され夕食が18時からと言うのでそれまでゆっくりくつろいでいた。
本来俺は狭くても風呂は一人で周りを気にせず、のんびり入るのが好きで、大浴場が苦手なのだが、早く着いたお陰で今は誰も入浴していないと旅館の人が教えてくれたので、大浴場の温泉に入った。
温泉の入口は男女が隣同士で、入ると男湯は露天ではなく室内風呂だったが、それでも広く、ざっと2~30人が一度に入れる位の広さがあった。
その広い湯船に一人悠々と浸かり、時々上がっては又入るの繰り返しをする事1時間ちょい位?

実話体験談関連タグ

||||||||||||

2013年12月10日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】妹に悩まされ…その後【実話体験談】

とうとう、ブレーキが壊れました!
投稿が遅くなりましたが、以前の投稿の直ぐ後です。妹と関係を持ってしまいました。
それも意外な事に妹自身、私との関係を拒否しなかったのです!
その時の様子がこうです…昨年9月に新しくシルバーウィークなる連休が出来ましたが、その連休中に事が起きました。
9月も昼間は暑い日が続きその日も何時もの様に妹はパンツ全開オッパイ御開帳で我慢の限界だった俺は「なぁ麻衣…前から言おうと思ってたんだけどさ…」「なに?」「麻衣、自分で気付いてるかどうか知らないけど、そう言う格好だとパンツは丸見えだし、オッパイも乳首まで見えてる時があるんだけどさ…」と言うと、以外にもアッサリと「あっ!やっぱり見えてた~ゴメ~ン♪」と謝って来た。
「あ、いや謝んなくてもいいけどさ…見られて平気なの?」と聞き返すと「ん~別に平気だよ…お兄ちゃんならね♪」と、何とも嬉しい事を言うではありませんか!
俺はワザと驚いた風に「えっー!マジで!?じゃあさ、見せてって言ったら見せてくれるの?」と、ちょっと強引な問いかけに内心『しまった!そんなストレートな事答える訳ねーじゃん…』と思ったが「見たいの?」と少し冷静に聞かれ「え、いや…その、見せてくれるなら…って、何言ってんだオレっ!」と同様を隠せないでいると「アハハッ!お兄ちゃん面白~い♪って言うか可愛い~♪」と言われ、俺の隣に座りに来ると同時に上を脱いでトップレスになってしまった!
「はい!どーぞ♪」「えっ!?い、いいの…?」目の前に散々チラつかされたオッパイが何も隠すものが無い状態である!
そこで俺のブレーキが一気に破損したね…(笑)
もうこの暴走は誰にも止められない状態に!
気が付けば妹をソファーに押し倒し乳首に吸いついていた…
「あ~ん♪お兄ちゃん、そんなにガっつかなくても大丈夫だよ~」と妹のが冷静だったのには驚いた。
俺は一度離れて、もう一度妹の顔を見ながら「いい?」と聞くと黙って頷いた。
そして再びオッパイに吸いついて今度は優しく愛撫をした。
両手を使い揉みながら乳首を吸い舌で転がす様にと思いつく限りの愛撫を施した。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2013年12月10日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】妹を愛撫、そして挿入【実話体験談】

両親のお盆休みも終わり、妹の夏期講習も終わって、また二人きりの日。
足開いた妹の上に圧し掛かり、愛撫を繰り返す。
お互いハアハアしながらキスして舌絡めた後、俺は裸の妹の体を直に感じたくなり、
ちょっと体を起こしてTシャツを脱いだ。
妹が緊張した表情になり、体も緊張する。
「お兄ちゃん?」不安そうな顔
「大丈夫だよ、上だけだから」下はスウェット着たまま。
抱き合うと少し汗ばんだ妹の体が吸いついてきて、妹の体の温かさ、肌の柔らかさが直に伝わる。
おっぱいの感触とか、Tシャツ1枚で全然違う。
妹もなんだか喘ぎ方がエロくなったような気がした。
なんとなくそれまでと雰囲気が変わり、愛の行為っぽくなった。
実際、エッチな遊びをしている仲の良い兄妹、という感じではなくなり、妹の愛情を感じるようになったし、
俺自身も今までとは違った愛情を妹に対して持った。
上半身だけ裸で抱き合い始めて、いつしか俺はスウェット越しではあるが、
チンコを妹の体に押しつけるようになっていた。マ○コにも当然押しつけた。

実話体験談関連タグ

|||||||||

2013年12月10日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】妹を愛撫②【実話体験談】

翌日はバイトサボって朝から愛撫タイムに。
妹は呆れながらもシャワーへ。
そしてその日は鬼畜デーになった。
俺達しかいないから、妹はタオル巻いただけで戻ってきた。
長いキスをする。そして体中撫でて、体中にキスをする。
もう妹の体を燃えさせるのは上手くなった。
感じまくってる状態を守りながら顔を下げ、片足を担ぐようにして開かせて、
そのままマ○コに顔を埋めて思い切り舐めた。
逃げようとする腰を押さえると、腰と腹筋に力が入っているのがわかる。
舌でクリトリスを探して舐めると妹は簡単に痙攣してイッた。
久しぶり。もうこの前みたいにビビることはなく達成感でいっぱい。
その後はもう簡単で、手マンでもイッたし、おっぱい舐めでもイッた。
2回目にイッた後でちょっと心配になってCDをかけた。
エアコンかけてたので窓は閉めてあったが、いつもは控えめな妹の喘ぎ声が
一度イッた後は少し大きくなったので。

実話体験談関連タグ

||||||||

2013年12月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】妹を愛撫①【実話体験談】

ある日、ベッドでうつ伏せで寝そべって本読んでた妹の横に添い寝し、背中とか尻とか触っている内に止まらなくなった。
無理やり正面向かせ胸に触りキスした。妹は驚いた。
その日はとうとう妹を下着姿にしてキスしながら愛撫した。妹は最初は驚いたが、何ら抵抗せず笑顔で受け入れた。
俺も妹も初めてのキスだった。
キスには抵抗感はなかった。
妹が小さいときはしょっちゅうキスしてくれたし、違和感がなかったのかな。(違うかw)
以後、キスは日常の行為になった。
ただ唇をちょっと吸いあうだけみたいなキスだが、それでも親の目のない時は所構わず、
親が居る時でも目が届かなければ唇を合わせていた。
今振り返れば、当時、俺に倫理感みたいなものが残っていれば、あの時点でやめられたはずだ。
妹と前より仲良くなったのはいいが、どうもヤバい方向に向かっているのはわかる。
妹に対しても、親に対しても罪悪感がある。
自分的に白けてしまったとはいえ、彼女もできたわけだし、妹に性欲を向ける必要は全くない。
周りは彼女のことを歓迎してくれているので、ある意味とても幸せなことだと思う。
でもそれら全部をドブに蹴り込んでもいい位、妹の体には魅力があった。

実話体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年12月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】俺のベットで眠る妹に【実話体験談】

バレた後からの顛末です。
自己責任とはいえ、バレた後の真っ青度は半端じゃなくて、謝ったものの気まずいし、
親にチクられるのをビビって、しばらくは妹を極力避けていた。
そのせいかこの年の年末、正月の妹に関する記憶があまりない。
ただ、高1にもなって、まだオナニー小僧だったし、現実にマ○コ見て指まで入れた妹に対する性欲だけは
しっかり残っていて、オカズは継続していた。
翌年のバレンタインデーに、俺は生まれて初めて本気チョコ貰って有頂天になり、そのコと付き合い始めた。
中学の同級生で地元のコだったので、すぐ親にも知られてしまった上、
母親同士が知り合い(俺は知らなかった)だったので、すぐに公認みたいに。これホントイヤだった。
そのコのことは嫌いではなかったが、いきなりPTAの監視付きみたいなのがイヤで、
付き合い始めたばかりなのに俺の方は消極的になってしまった。
そして、家では妹が露骨にベタついてくるようになった。
彼女に妬いて対抗しているんだとお袋は笑っていたが、本当のところはわからない。
だが、それはそれで可愛かったし、イタズラのわだかまりが解けたような気がして、俺的には歓迎した。
冗談口もきくようになったし。

実話体験談関連タグ

|||||||

2013年12月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】妹「んっ、ふんっ、お兄ちゃん、あんっ」【実話体験談】

妹「お兄ちゃん、出かけてる」
妹「よし……今のうち……」
妹「スカートは邪魔」
妹「しばらくは帰ってこないはずだから」
妹「お兄ちゃん……、んっんっ」
妹「パンツの上から、指で……」
妹「あっ、湿っていく……、あっんっ、ふんっ」
妹「お兄ちゃんの部屋で自慰なんて……」
妹「だめなのに……」
妹「でも指がとまらない」
妹「だめっ、声がでちゃ……あっあっ」
妹「んー、あっふぅ、んっ、どんどんパンツが湿っていくよぉ」
妹「気持ちいい……」
妹「最後まで……」
妹「んっんっ……はやくしないと、お兄ちゃんが……」

実話体験談関連タグ

|||||||||||

2013年12月9日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】激ぽちゃ高学年女子の妹2【実話体験談】

妹の唇はポッテリしていて肉厚だ。
密着した妹の顔を見ると、目をつむっている。
ほっぺのうっすらとしたうぶ毛さえ見える。
思い切って舌を差し込んでみた。
歯を閉じてガードしている。
それでも舌に力を入れてこじ開けて舌を差し込むと
観念して僕の舌を受け入れた。
妹の舌は熱かった。
しかもものすごく柔らかい!
たまらず、舌を強く吸い込んだ。
妹がくぐもった声を漏らした。。。
きっと舌の根元が痛かったんだと思う。
慌てて優しく舌を舐めてやった。
同時に年のわりにとても大きいおっぱいを服の上から揉んだ。
たまらず、服の中に手を入れてブラもずらして

実話体験談関連タグ

|||

2013年12月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

【妹と】激ぽちゃ高学年女子の妹【実話体験談】

僕の妹は激ぽちゃの高学年女子です。
身長は140センチくらい。体重は
先日、妹が体重計に乗っていたのを盗み見した所
68キロ。。。
おっぱいもかなりおっきくて
洗濯物をあさってみたらブラはCカップでした。
妹とは部屋が隣同士です。
いつもテレビを観ていてお笑い番組が好きなようで
よく笑っているのですが、
たまに、テレビはついていても笑い声が聞こえない時があります。
気になってドアをそーッと開けて覗いてみると
ベットに仰向けになっていてあしをたてて股間をさわっていました。。。
太いむっちりとしたふとももとふくらはぎに興奮してしまいます。
パンティははいたままでした。
小さい声を漏らしています。。。

実話体験談関連タグ

|||||

2013年12月8日 | 実話体験談カテゴリー:妹との実話体験談

このページの先頭へ

アクセスランキング